カーペットの捨て方で悩んでいる人は必見! 正しい処分方法と注意点


冬場に大活躍するホットカーペットや電器カーペットを処分したい場合、どのように処分すれば良いのでしょうか。
カーペットを捨てたい人のために“捨て方”について詳しく説明します。
カーペットは何ごみになるのか、処分の手順や注意点を把握しましょう。
きちんと把握しておけばスムーズにカーペットが処分できますよ。
間違った方法で捨てると不法投棄になるので注意してくださいね。

目次

  1. カーペットの処分方法
  2. 処分の手順について
  3. 処分する際の注意点
  4. まとめ

1.カーペットの処分方法

カーペットの正しい処分方法について説明します。
不要なカーペットを処分したい人はぜひチェックしてください。
悩んでしまいがちな「ゴミの種類」についても一緒に考えましょう。

1-1.カーペットは何ごみになるの?

カーペットはほとんどが「粗大ごみ」に分類されます。
自治体によって粗大ごみに分類される大きさが決められていますが、リビングに敷くような大きいカーペットはほとんどが粗大ごみになるでしょう。
粗大ごみとして捨てる場合は「粗大ごみシール」を購入し、指定回収場所に持っていかなければなりません。
自治体によってルールが異なるので必ずチェックしてください。
また、粗大ごみにならないサイズのカーペットは素材によって「不燃ごみ」「可燃ごみ」に分けられます。
不燃ごみに分類される素材は主にレーヨン、ポリプロピレン、ナイロン、アクリル、ポリエステル、タイルカーペットなどが挙げられるでしょう。
一方、可燃ごみに分類される素材は主にウール、麻、絹、綿などの天然繊維になります。
自分が処分したいカーペットはどのような素材でできているのか確認してくださいね。

1-2.カーペットをカットする方法

大きいサイズのカーペットを小さくカットして処分する方法もあります。
大きいままだと運びづらいので小さくカットし、ごみ袋にまとめるのです。
カーペットをカットする場合は気をつけてくださいね。
結構厚みのあるカーペットの場合、なかなかカットできずに怪我をする恐れもあるので要注意です。
もしカットする場合は、大きめのはさみ、軍手、マスクを必ず用意してください。
軍手は怪我を防止するために欠かせません。
必要な道具を用意したら30cm~40cmぐらいの正方形サイズにはさみでカットしましょう。ゆっくりはさみを使いながらカットしてください。
急いでしまうと怪我をするので要注意です。
そしてカットしたカーペットを何枚かひとまとめにして紐でしばりましょう。紐でしばったらそのままごみ袋に入れてください。

1-3.リサイクルショップで売る

まだ使えそうなカーペットならリサイクルショップで売れるかもしれません。
そのまま処分するよりも売れるカーペットは売った方がお得です。
リサイクルショップを訪れて一度査定に出してみてはいかがでしょうか。
リサイクルショップによって買取価格は異なりますが、買取ができるならそれだけで嬉しいですよね。
たとえ買取ができなかったとしてもそのまま回収してくれるところもあります。
自分で小さくカットする必要もありませんし、効率的に処分できるでしょう。
リサイクルショップを利用してホットカーペットや電気カーペットを処分するのもひとつの方法です。

2.処分の手順について

2-1.カーペットに使われている素材・大きさを確認する

カーペットを処分する前に、自分が処分したいカーペットはどのような素材が使われているのか確認しなければなりません。
カーペットにもホットカーペットや電気カーペット、ラグマットなどさまざまな素材が使われています。素材によって何ごみになるのか確認することが大切です。
もし、カーペットを自治体のごみとして処分する場合は「素材」と「大きさ」を確認してください。
そこから適切な処分方法が選択できます。自分が住んでいる地域がどのようなルールになっているのか確認することも大切です。
自治体のホームページや役場・役所に問い合わせをすればすぐにわかるでしょう。
きちんと正しい方法で処分しなければ環境汚染になるので注意してくださいね。

2-2.「売る」「捨てる」どちらを選択するのか決める

使えるカーペットならリサイクルショップで売れますが、壊れている使えないカーペットは捨てるほかありません。
捨てる方法によって手順が異なるので確認しましょう。
捨てる場合は自治体で捨てるのか、それとも不用品回収業者を利用するかどちらかになります。自分にとってどちらがもっとも良い方法なのか考えてください。
費用をできるだけ抑えたいのなら自治体の方がお得です。
しかし、自治体のごみとして処分する際は収集日まで待たなければなりませんし、指定回収場所に持っていかなければなりません。
一人暮らしや高齢者はなかなか1人で持ち運べないでしょう。
そのような場合は不用品回収業者に依頼して回収しに来てもらった方が安心です。
処分方法によって手順が異なり、メリット・デメリットもあるのでしっかり把握してくださいね。

3.処分する際の注意点

3-1.電気カーペットはカットできない!?

電気カーペットは基本的に小さくカットできません。
なぜならカーペット全体に電熱線が張り巡らされているからです。
はさみでカットすると非常に危険ですし、最悪な場合感電することもあります。
そのため、電気カーペットは絶対に解体しないでください。
粗大ごみとしてそのまま処分するか、または不用品回収業者に依頼すると良いでしょう。
解体すれば粗大ごみではなく不燃ごみ・可燃ごみとして捨てられるので費用はかかりません。
費用を抑えるためにカットしたい気持ちもわかりますが、安全性のためにも電気カーペットのような電熱線が通っている種類は絶対にしないでくださいね。
また、自治体によって処分方法が異なります。必ず事前にチェックしておきましょう。

3-2.さまざまな業者を比較する

リサイクルショップや不用品回収業者など、それぞれ異なったサービス内容・買取価格が提示されます。
そのため、より良い業者に依頼するためにはさまざまな業者を比較することが大切です。
無料見積もりを依頼し、見積書とサービス内容を比較してください。その中からもっとも買取価格が高い、費用が安い、サービス内容が良いところを選びましょう。
ひとつの分野だけでなく、トータルで選ぶことがポイントです。
買取価格が高くても対応が悪ければ嫌な思いをするのはあなた自身なので、自分が本当に信頼できる業者に依頼しましょう。
最近は業者とのトラブルも増えてきているのでとくに注意しなければなりません。

4.まとめ

カーペットの捨て方について説明しましたがいかがでしたでしょうか。
スピーディーに処分するためには事前の情報収集が欠かせません。
どのような方法で処分すれば良いのか、カーペットを売る場合どこで売れば良いのか知識をきちんと身につけておきましょう。
知識さえあれば悪徳業者と優良業者も見分けられるので気持ち良く処分できますよ。

  • カーペットはほとんどが「粗大ごみ」
  • 素材によって「不燃ごみ」「可燃ごみ」に分けられる
  • リサイクルショップで売る
  • カーペットに使われている素材・大きさを確認する
  • 「売る」かそれとも「捨てる」のか選ぶ
  • 電気カーペットは小さくカットできない
  • さまざまな業者を比較する

カーペットを処分する時は以上のポイントに注目してください。
ポイントをチェックし正しい方法でカーペットを処分しましょう。