不用になった家電を高く売るコツは?売却するときのポイントをご紹介


引っ越しなどで家電製品が不用になることはありますよね。まだ動くし、捨てるのはもったいないと思うこともあるでしょう。しかし、売却する方法がわからない・高く売るコツがわからないという方も多いのです。
高額な費用をかけて購入した家電製品は、妥協することなく高値で売却し、収益を得るようにしたいと考えることでしょう。中古家電製品は、ものによって需要が異なります。家電製品を高く買い取ってもらうために、上手な売却方法・相場・コツなどを知っておくと安心です。
不用になった家電製品の処分を検討している方は、なるべく高値で売れるようにこの記事を参考にしてみてください。

  1. 需要がある中古家電製品
  2. 家電製品を高く売る方法
  3. なるべく高く売るコツ
  4. まとめ

1.需要がある中古家電製品

古くても需要があるもの、新しくても買い取りが難しいものがあります。ぜひ売却前に知っておいてください。

1-1.製造から5年以内であること

生活必要品である家電製品の中でも、電子レンジ・テレビ・冷蔵庫・洗濯機はニーズがある品です。特に、製造から5年以内の新しいものは、需要もあって高値で引き取ってもらえる可能性が高まります。
新しければ新しいほど高い値段で引き取ってもらえるでしょう。理想は3年以内の家電製品です。ファミリーで使う大型のものより、単身者サイズの方がニーズがあります。

1-2.大型テレビは高値になる

単身者用の家電製品は、リサイクルショップでも需要が高い品です。しかし、テレビにおいては大型でも高値になり、人気があることで知られています。
テレビは新製品を購入すると高額な費用がかかるため、リサイクルショップで少し古くても大型のものを購入しようと考える方が足を運ぶのです。気になる方は、問い合わせてみるといいでしょう。

1-3.生産終了した家電製品

家電製品のほとんどは、製造からあまり年月が経過していないものに値段がつく傾向があります。しかし、意外なものに高額な値段がつくこともあるのです。たとえば、生産が終了してしまったVHSやベータなどのビデオデッキは、古いテープを再生して鑑賞したいという方にとって大変貴重な品となります。
今まで持っていたビデオデッキが壊れてしまったため、古くても動くものを購入したいと探している方もいるのです。ぜひ査定に出してみてください。

2.家電製品を高く売る方法

リサイクルショップによって査定金額に差はあります。差がある理由は、販売に力を入れている分野がリサイクルショップによって異なるからです。また、季節によっても買い取り価格に差が出てくる家電製品もあります。
少しでも高く売却するコツを知って、収益に結びつけましょう。

2-1.まとめて売却

一般的なリサイクルショップなら、幅広い品目を受け付けています。手間をかけたくない方は、買い取り価格より一括処分を考えることもあるでしょう。
冷蔵庫・テレビ・洗濯機・電子レンジなどをまとめて買い取りしてもらうことで、買い取り金額を上乗せしてもらえることもあります。
リサイクルショップによってはキャンペーンで買い取り強化をしている品目もあり、上手に使い分けると高く売ることができるでしょう。
査定は、必ず複数の店舗から出してもらい、比較してから決めるようにしてください。

2-2.専門業者に依頼

オーディオ機器やビデオデッキなど古くても価値ある家電製品は、専門業者に依頼すると高値で売ることができます。多少の不具合があっても、専門知識を持ったエンジニアが修理して再び市場に出すことが可能です。少し調子が悪いけれどまだ使えるという場合は、諦めずに依頼してみてはいかがでしょうか? 
遠方で足を運べないようなら、インターネット査定や配送査定を受ける方法もおすすめです。

2-3.オークションも活用

自分で直接取り引きする方法もあります。インターネットオークションを利用し、自分で直接売買を行う方法です。
オークションだと高値になると想定しがち。きちんと状態・傷・正しい商品情報を記載しないとトラブルになることもあります。
ただし、送料がかかる・買い手がすぐに決まらない・手間がかかるなどのデメリットがあることも覚えておきましょう。

2-4.不用品回収サービスを利用する

大型家電製品は、自分で持ち込むことが難しいものです。冷蔵庫や洗濯機は運び方にも注意しなければ故障にもつながるため、安易に捉(とら)えてはいけません。
リサイクルショップに依頼する方法のほかに、不用品回収サービスの利用もおすすめです。不用品回収サービスを利用するメリットは、自宅まで引き取りに来てもらえる・無料査定を受けられる・即日対応可能などが挙げられます。
忙しい方にも最適で、ご自身の都合に合わせたスケジュールで依頼することが可能です。すぐに処分したい方にも素早く対応してもらえるので、大変便利なサービスだと人気を集めています。
無料査定で納得できない金額だった場合は、売却しなくても問題ありません。

3.なるべく高く売るコツ

せっかく売却するのなら、なるべく高く売りたいですよね。コツを知っておくと、高値になることもありますので気をつけてみてください。

3-1.きれいに掃除しておく

古い家電製品は、少しでもきれいに掃除しておくと買い取り価格アップにつながります。汚れている家電製品は、見た目の印象も悪く、買い取ってもらえない可能性も高まるのです。査定に出す前に、きちんと隅々まで清掃をしておきましょう。
冷蔵庫・洗濯機は臭いが残っていると嫌がられることがあります。また、室内で喫煙している場合は、タバコの臭いが染み付いて残っていることもあり、丁寧に黄ばみや臭いを取り除いておきましょう。

3-2.付属品は保管しておく

取り扱い説明書・コード類・保証書は、きちんとそろえてから査定に出しましょう。外箱が残っていると、より価格に反映されることもあります。
より高値で売りたい場合は、付属品のチェックも怠らずに行ってください。

4.まとめ

家電製品を高く売るコツをご紹介しました。

  • 需要がある中古家電製品
  • 家電製品を高く売る方法
  • なるべく高く売るコツ

冷蔵庫・電子レンジ・洗濯機は製造から5年以内のものだと買い取ってもらえます。単身者用の家電製品は需要が高いのですが、テレビは大型のものでも人気があるので買い取り価格も上がるでしょう。
高く買い取ってもらうためには、査定前に丁寧に清掃して隅々まできれいにしておくこと。きれいにすることで印象がよくなり、査定価格にも影響します。付属品も忘れずに用意しておきましょう。