【まとめ】遺品整理の料金相場&代行依頼の前に知っておくべき注意点


身内や親族が亡くなった際、精神的なショックや葬儀・各種手続きなど、大変負担がかかります。やっと一段落したと思ったら、今度は遺品整理をしなければなりません。故人の遺品を整理するには、大変な労力や時間がかかるものです。遺品整理を業者に依頼する方も少なくありません。そこで今回は、遺品整理のポイントや料金・注意点などについてご紹介します。

  1. 遺品整理の基礎知識
  2. 遺品整理の方法について
  3. 遺品整理業者について
  4. 遺品整理の料金について
  5. 遺品整理についてよくある質問
  6. まとめ

また、業者選びのポイントや、悪徳業者にひっかからないための方法もご紹介します。遺品整理の料金について知りたい方や、遺品整理を代行してほしいという方は、ぜひ最後までこの記事を読んでみてください。遺品整理の負担をなくすことができるでしょう。

1.遺品整理の基礎知識

1-1.遺品整理とは

親族が亡くなったあと、故人が遺(のこ)したものを整理することを遺品整理と言います。遺品の中には、財産や現金、証書のように意図的に残した物と、家具家電・生活雑貨・ゴミなどのように、意図せず残ったものがあるでしょう。今回は、家財などを中心に遺品整理についてご紹介します。

1-2.最近の傾向

最近では、高齢化により高齢者のひとり暮らしが増えてきています。そのため、孤独死のあった部屋の整理や、遠方の親族の遺品を整理するケースも多くなってきているのです。

2.遺品整理の方法について

2-1.自分でする場合

遺品整理を自分で行うには、かなりの心構えが必要です。ものの種類や量が多いだけでなく、思い入れがあって捨てにくいといったものもあるでしょう。不用品の処分だけでも一苦労です。

2-2.業者に依頼する場合

以下のような場合には、遺品整理業者の利用を検討したほうがいいでしょう。

  • 遺品が大量にある
  • 大きくて重い家財が大量にある
  • 粗大ゴミ回収などの手間が面倒
  • 期限がある(立ち退き・家賃更新など)
  • 遺品整理を自分でするための体力や気力がない

自分では手が付けられないような状態の場合には、プロの手を借りることをおすすめします。ただし、遺品整理業者選びには、くれぐれも注意してください。

2-3.よくあるトラブルやについて

遺品整理には、以下のようなトラブルが起きがちです。

  • 形見分けなど、親族間でのトラブル
  • 相続の手続き
  • 遺言・財産分与についてのトラブル
  • 故人宅がゴミ屋敷化してしまった

トラブルが起きるまえに弁護士に依頼しておき、法律上の問題点は一任するという手もあります。

3.遺品整理業者について

3-1.遺品整理業者の業務内容

遺品整理業者の主な業務は、遺品の回収処分・供養などです。ひとりでは持ち運べないような重い家財類も任せることができます。一般的な回収業者と異なり、遺品を一点一点丁寧(ていねい)に整理してくれるでしょう。

3-2.業者に依頼するメリット

遺品整理業者に依頼することによって、以下のようなメリットがあります。

  • 大量の遺品でも、短時間で整理が終わる
  • 自分の時間や手間を省ける
  • 粗大ゴミ料金など、処分費用を抑えられることもある
  • 遺品の供養をしてくれる

3-3.注意点

一見便利そうな遺品整理業者ですが、間違えて普通の回収業者を利用しないように注意してください。普通の回収業者の仕事は、不用品を回収したり運搬するのが主な業務です。大切な遺品を丁寧(ていねい)に整理したいのであれば、遺品整理業務を行っている業者を選びましょう。

4.遺品整理の料金について

4-1.料金相場とは

遺品整理の料金は、たとえば、トラックに乗る分だけ回収などのようなパック料金であれば、2万円~4万円ほどかかるでしょう。部屋の大きさによって料金を決めることもありますが、遺品の量は家によって異なりますので、正確な料金相場とはいえません。業者に見積もり依頼を行うのが、最も正確な料金相場を知る方法といえるでしょう。

4-2.安く済ませる方法とは

遺品整理を安く済ませるには、各業者に見積もりを依頼し、見積もり合わせを行うことをおすすめします。各社の料金を比較できるため、より的確な料金の業者に依頼することができるのです。ただし、料金だけでなくサービス内容も確認しましょう。見積時には入っていなかったオプション料金などがかかることがあるので、なるべく具体的な見積書を提出してもらってください。

4-3.悪徳業者に注意!

遺品整理業者や、回収業者の中には、悪質なところもあるので注意しましょう。「遺品整理」といっておいて、一般的な回収作業と同じ作業内容だったり、見積時には説明をしていなかったオプション料金などを請求されてしまったりなどのトラブルも相次いでいます。次項のポイントを押さえ、悪質な業者を避けるように注意しましょう。

4-4.業者の選び方のポイント

遺品整理を依頼する業者を選ぶ際は、下記のポイントを押さえましょう。悪質な業者を避け、よりよい業者を選ぶことができます。

  • 遺品整理業務を行っている
  • 無料見積もりを行っている
  • 料金が分かりやすい・不明な明細がない
  • 古物商許可などの資格を持っている
  • 複数業者に対して見積もり合わせを行う

5.遺品整理についてよくある質問

Q.相続税がかかる遺品とは?
A.国税庁によって、相続税がかかるものが定められています。国税庁のHPを参考にしてみてください。主に以下のようなものを財産として定義しています。

  • 現金
  • 預貯金
  • 有価証券
  • 宝石
  • 土地・家屋
  • 貸付金
  • 特許権
  • 著作権など金銭に見積もることができる経済的価値のあるすべてのもの

Q.ゴミ屋敷化してしまった故人宅の整理はどうしたらいいですか?
A.ゴミ屋敷化してしまうほどの量の遺品は、個人で整理するのはほぼ無理でしょう。プロの手を借りて、一気に整理することをおすすめします。

Q.遺品を売りたいのですが
A.遺品整理と買い取りを並行して行っている業者がおすすめです。たとえば、埼玉出張買取コールセンターでは、「遺品品整理・部屋片付け」と「出張買い取り」を同時にご依頼いただくこともできます。買い取り可能な商品についてはこちらをご参照ください。※商品の状態・時期・在庫などにより買い取りができかねることもあります。

Q.粗大ゴミ料金はどのくらいかかる?
A.粗大ゴミ料金は、品物によって異なりますが、数百円~3,000円程度です。遺品を粗大ゴミとして自治体処分に出す際、一点ずつ料金を支払う必要があります。そのため、大量に家具家電類がある場合は、粗大ゴミ料金だけでも高額になってしまうことがあるでしょう。また、テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコンは、家電リサイクル法の対象なので、粗大ゴミでは回収できません。2,000~4,000円程度のリサイクル料金と、数千円の運搬料を支払い、小売業者や販売店などに回収してもらう必要があります。家具家電類が大量にある場合は、遺品整理業者や回収業者に依頼したほうが、かえって安く済む場合もあるでしょう。

Q.親族や故人の知人とのトラブルを避ける方法は?
A.基本的には遺言に従いましょう。あらかじめ弁護士に依頼しておくとスムーズです。また、形見分けは親族内だけで済ませるとトラブルを避けやすくなります。もし、知人にゆずるときは、ゆずった旨をほかの友人などに口外しないようにお願いしておくとよいでしょう。

6.まとめ

いかがでしたか? 遺品整理の料金や方法などについてご紹介しました。身内や親族の逝去は、ただでさえつらいものですので、遺品整理にはなるべく労力をかけないことをおすすめします。どうしても精神的につらい場合や、自分ではどうにもできない量の遺品がある場合などには、プロの手を借りることを検討しましょう。故人の遺品を一気にスッキリと片付けることによって、新しい生活をきちんと過ごせるようになるはずです。