断捨離したい! 終活・老前整理の方法とポイントと注意点などのご紹介


最近では、終活・老前整理・生前整理に興味を持つ人が増えてきています。断捨離やエンディングノートに挑戦した方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、実際に終活を始めてみると、意外に大変なものです。何から手を付けたらいいのか分からない・断捨離をしたいけれどうまくいかない、といった悩みも多いでしょう。そこで今回は、終活での断捨離の流れや、家を整理したい方に向けたポイントをご紹介します。

  1. 終活と断捨離の定義
  2. 終活と断捨離について
  3. 終活における断捨離の方法
  4. 終活の断捨離のすすめ方
  5. 終活の断捨離のコツ
  6. 終活における断捨離の不用品について
  7. 終活・老前整理・断捨離についてよくある質問
  8. まとめ

終活と断捨離について知りたい方や、家を整理したい方はぜひ最後まで読んでみてください。終活・断捨離のヒントや知識を付けることができますよ。

1.終活と断捨離の定義

1-1.終活とは?

終活とは、「人生の“終”わりのための“活”動」の略で、読み方は「しゅうかつ」です。人生の最期を迎えるにあたり、事前準備や人生の統括をおこなう活動のことをいいます。

1-2.断捨離とは?

断捨離には、下記の3つの意味があります。

  • 断つ:家に入ってくるものを断つ
  • 捨てる:今ある不要なものを捨てる
  • 離れる:ものへの執着から離れる

自分で作りだしてしまっている重荷・管理しきれないものの多さから解放されるという大きな目的があります。

1-3.社会背景と流行(りゅうこう)について

終活とは、平成21年に週刊朝日が作った言葉で、当初はお墓選びやお葬式の段取りなどを自分で決めるというのがメインの意味合いでした。最近では、家の片付けや整理・断捨離・エンディングノートの作成などの意味合いも含まれます。

1-4.目的・必要性

死について考えることは、縁起が悪いとか、不謹慎だという考えもあります。しかし、終活は、自分の死をしっかりと見つめることで、残りの人生をよりよく生きるという目的があるのです。

2.終活と断捨離について

2-1.終活と断捨離の違い

終活の中に断捨離が含まれます。自分の家の中にある持ち物・不用品などをしっかり整理することで、家族に不要なものを残さない・残りの人生をスッキリと過ごすことができるでしょう。終活という大きな目的を果たすための一つの手段が断捨離というわけです。

2-2.重なる部分

持ち物を整理するということは、自分の人生を振り返ることにもなります。家の中のものを一つずつ整理することで、自分が何を大切にしてきたか、何を持って生きていきたいかが分かってくるでしょう。

2-3.終活における断捨離とは?

前述のとおり、断捨離は終活の一つの手段です。断捨離をすることによって、自分自身の終活がどのようなものであるか、どのような人生のエンドを迎えたいかなど、さまざまなことが分かってくるでしょう。

2-4.生前整理や老前整理と終活・断捨離について

終活と類を成す活動として「生前整理」「⽼前整理」といった行動があります。自分の持ち物や、いつか遺品となるものを整理するだけでなく、家族に何を残したいか、どのように残りの人生を過ごしたいかを見つめる活動という意味で共通しているのです。

3.終活における断捨離の方法

3-1.いつごろから始めるのがいいか

終活は、定年退職後に始める方が多い傾向にあります。早い方では50代から始める方もいるので、いつ始めても早すぎるということはないでしょう。

3-2.具体的に何をするか

断捨離で最も手を付けやすいのが「捨てる」作業です。家の中のものをしっかりと見つめ、残したいものだけを選びましょう。捨て方や不用品の処分については、「6.終活における断捨離の不用品について」を参照してください。

3-3.注意点

断捨離というと「捨てる」をメインに考える方が多いようです。さらに、最近では、ものをたくさん捨てることを「断捨離」と呼ぶことも多くなってきています。しかし、それは本来の意味ではありません。「断つ」「離れる」の意識も持つことが大切です。不要なものを買って家の中にどんどん入れたり、ものへの執着が残った状態で過ごしていては、いくらものを捨てても意味がありません。

4.終活の断捨離のすすめ方

4-1.ポイント

終活中の断捨離では、捨てるものを選ぶのではなく、必要なもの・残したいものを選び、それ以外を処分するという考え方をするのがポイントです。不要なものを選ぶ作業は、「こんなに不用品を持っていたのか」というネガティブな気持ちになりやすくなってしまいます。

4-2.流れ

終活の断捨離をおこなう際は、「衣類→本→書類→小物(アクセサリー・食器・日用品など)→思い出」の品の順番に手を付けるのがおすすめです。ジャンルごとにものを見つめることによって、本当に残したいものが分かりやすくなります。ジャンルごとに残すものと処分するものを一つずつ分けていきましょう。小物は種類が多いので、さらに中分類に分けてもOKです。

4-3.チェックリスト

終活の断捨離では、何を残すかの判断が付きにくくなることもあるので、以下のようなチェックリストを作成しておくとスムーズです。

  • 残りの人生で、そのものを持っていたいと思うか
  • 他のもので代替できないか
  • そのものを残して死んだとき、家族が喜んでくれるか・困らないか
  • 今後そのものとどう付き合っていきたいか

他にも、自分なりの判断基準を付けておくと、迷いが少なくなります。

5.終活の断捨離のコツ

5-1.何から処分するか

終活の断捨離では、衣類から手を付けるのがおすすめです。ただし、明らかに不要なものがあれば、それから先に処分してもいいでしょう。たとえば大きな家具や家電などは、先に処分しておくと後の作業が楽になります。さらに、タンスや収納用品などの「入れ物」がなくなれば中に入れるものも減らしやすくなるのでおすすめです。

5-2.捨ててはいけないもの・必要なものは?

断捨離作業では、捨てる作業が楽しくなって、なんでもかんでも捨ててしまう方もいます。重要な書類や証書などを誤って捨ててしまわないように、書類の整理はゆっくりおこないましょう。書類の断捨離は、家族に立ち会ってもらうのもおすすめです。

5-3.注意点

断捨離をおこなうと、想像以上の不用品が出てきます。不用品の量におののいてしまうかもしれませんが、あわてることはありません。不用品の処分には、さまざまな方法があります。適切な処分方法を選ぶようにしましょう。

5-4.捨てるのに迷った時は?

どうしても捨てられないものや、捨てていいか悩んでしまうものは、少し時間を置いてみましょう。時間を置いて冷静になったり、別のものを捨てていく間に、案外あっさりと手放せるようになっていくこともあります。それでも取っておこうと決めたものは、堂々と保管しておきましょう。

6.終活における断捨離の不用品について

6-1.処分方法について

不用品の処分は、主に下記のような方法があります。

  • 自分で処分する(自治体回収など)
  • 譲る(知人・自治体の広報など)
  • リサイクルショップに売る
  • 不用品回収業者へ依頼する

それぞれのメリット・デメリットなどは、次項よりご説明します。

6-2.自分で処分する方法(自治体回収など)

不用品を自分で処分する際は、主に以下の作業が必要です。

  • ゴミの分別
  • 粗大ゴミなどの手続き
  • 回収所までの搬出

費用は比較的安くすみますが、手間や時間がかかってしまい、高齢者の方にはなかなか厳しい方法でしょう。また、不用品が大量にある場合、粗大ゴミ料金が意外に高くなってしまいます。

6-3.譲る(知人・自治体の広報など)

人に譲ることで、無料で不用品を処分することができます。ただし、相手が本当に喜んでもらえるものだけを譲るようにしましょう。処分する手間や、ものを捨てることの罪悪感を人に押し付けてはいけません。また、自治体の広報を利用して人に譲る場合は、地域センターなどに不用品を持って行く必要があります(自治体によって異なります)。手続きなどについては、自治体のHPなどで確認しましょう。

6-4.リサイクルショップなどに売る

買取してもらえそうな家具・家電類は、リサイクルショップに売るという方法もあります。買取価格が付けば処分費用が浮くばかりか、ちょっとした収入にもなってお得です。ただし、ショップまで不用品を運ぶ手間がかかってしまいます。また、買取不可となった場合には、せっかく持ち込んだものを再び持ち帰らなければならないことも理解しておきましょう。

6-5.不用品回収業者に依頼

終活の断捨離では、大量の不用品が出るので、まとめて業者に依頼したほうがお得な場合があります。回収費用がかかるものの、搬出や分別などの手間が一気に省けておすすめです。また、買取を並行しておこなっている業者であれば、回収料金から買取価格を相殺することもできます。ただし、業者選びは慎重におこないましょう。

6-6.業者選びのポイント

終活の断捨離で出た不用品を業者に依頼する際は、下記のポイントを押さえましょう。

6-7.注意点

回収業者の中には、違法な業者や悪質な業者もあるので注意しましょう。特に、地域を巡回している無料廃品回収車には要注意です。無料回収とうたっておきながら、後から不当に料金を請求したり、回収した不用品を不法投棄されたりといったトラブルが多発しています。高齢者を狙(ねら)って高圧的に接してくる業者もありますので、気を付けてください。業者は身元や資格がしっかりしているところを選びましょう。

7.終活・老前整理・断捨離についてよくある質問

7-1.終活ノート・エンディングノートとはなんですか?

終活ノート・エンディングノートを書くことによって、病気になって自分の意志を伝えるのが困難になった場合や、死亡した後に家族に思いを伝えることができます。さまざまなフォーマットのものが販売されているので、いろいろ探してみるのも楽しいでしょう。ノートを書くことで断捨離のモチベーションが上がることもあります。

7-2.断捨離したいのですが、ものが捨てられません

使える・使えないという基準でものを選ぶと、なかなか捨てられません。最期の日まで着たり触ったり見たりしていたいか、という基準で選べば、ものを手放しやすくなるでしょう。

7-3.古い写真やアルバムの整理方法は?

写真やアルバムは、思い出がつまったものなので、捨てにくいものナンバーワンといっても過言ではないでしょう。写真を整理する際は、アルバムごとなんとなく保管するのではなく、いちど写真をすべて取り出し、1枚ずつ判断するのがおすすめです。大変な作業ですが、思い出をしっかり見つめ直すことによって、本当に大切な写真だけを厳選することができます。

7-4.終活のやることリストとは?

終活では主に以下の作業をおこなうことになります。これをしなければならない、これはしてはいけないというような制限はありませんので、できることから気軽に初めてみてはいかがでしょうか。

  • 持ち物を整理・断捨離する
  • 遺品・貴金属・保険・不動産などの譲り先を決める
  • 葬儀・墓などを決める
  • 遺影用の写真を選ぶ
  • 病気になった際の家族への伝達事項を記録する
  • エンディングノート・終活ノートを作成する

7-5.終活をしたら気持ちが暗くなりそうです

終活は、自分の死を見つめる作業でもありますので、どうしても悲しくなったり暗い気持ちになったりすることもあるかもしれません。しかし、終活は残りの人生を豊かにする作業でもあることを忘れないでください。家族のためにも自分自身のためにも、前向きに終活を始めてみましょう。

8.まとめ

終活や老前整理などについてのご紹介でした。体力がなくなってくると、自分でものを整理したり、不用品を運んだりすることが困難になってきます。終活が気になったら、なるべく早めに始めることがおすすめです。また、終活の断捨離では、大量の不用品や家具家電類が出てきますので、回収業者を利用することも検討してみてください。よりよい老後を過ごすためにも、終活や断捨離を始めてみませんか?