プリンターはリサイクル回収で処分! 廃棄にまつわるリサイクル方法


パソコンの周辺機器では、プリンターが代表格といえるでしょう。プリンターを使い続けているうちに、故障やトラブルが出てくることがあります。買い替えを検討する中で、古いプリンターの処分方法も考えなければなりません。捨てずにリサイクルを行うことで、環境保護への貢献にもつながるでしょう。今回は、プリンターのリサイクルや回収に関する情報をご紹介します。

  1. プリンターのリサイクルについて
  2. プリンターのリサイクルに関する注意点
  3. プリンターのリサイクル方法
  4. プリンターのリサイクルでよくある質問
  5. まとめ

プリンターのリサイクルについては、分からないことが多いものです。さまざまな方法がありますから、きちんと理解して正しいリサイクルを行うようにしてください。この記事を読むことで、プリンターのリサイクル回収について深く知ることができるでしょう。

1.プリンターのリサイクルについて

まず、プリンターのリサイクルが必要な理由やメリットなどを理解しておきましょう。

1-1.プリンターについて

プリンターの普及率はとても高く、パソコン所有者の9割が所持しています。ただし、年賀状を送り合うこともなくなり、所持している方は減少傾向です。多くの家庭用プリンターはインクジェット方式を採用しており、Wi-Fiで接続できるタイプもあります。インク販売で採算が取れるようになっているのです。そのため、軽量かつコンパクトで、プリンター本体は安い値段設定になってきています。事業用プリンターや大判プリンターなども流通もあるでしょう。プリンターは印刷回数が多ければ多いほど、寿命が加速する傾向にあり、平均寿命は3年が目安です。

1-2.プリンターの資源価値

プリンターに含まれるレアメタルの再利用が重要視されているためです。レアメタルの採掘を新たに行った場合、環境破壊が深刻化することが懸念されます。家庭鉱山と呼ばれるのが、自宅にある家電製品に含まれるレアメタルです。不要になったものをリサイクルすることで、環境保護やゴミの削減へ貢献できるとしています。また、高年式のプリンターは中古需要もあり、リセールの対象となる場合もあるでしょう。

1-3.リサイクルの現状

前述にて、プリンターの中古需要について触れました。故障やトラブルがあって買取できない場合でも、回収業者などでは部品を取り出し、再利用する動きも活発化しています。貴重な資源を無駄なくリユースするよう、社会全体で取り組みがなされているのです。

2.プリンターのリサイクルに関する注意点

プリンターを処分する前は、データ流出など心配事も多く出てきます。インクなど付属品の処分方法についても覚えておいてください。

2-1.データについて

家庭用プリンターでは、データが残るリスクはほとんどありません。ただし、USBメモリーなどを指したまま廃棄するのは、データ流出の危険性が高まります。必ず抜いてから処分するようにしてください。
業務用プリンターでは、データを保存するハードディスク機能が搭載されたものがあります。企業情報が漏洩(ろうえい)する可能性が否定できません。データが残っていないかを確認し、データ消去を行ってから廃棄してください。インクリボン形式のプリンターも、簡単に印刷記録が読み取れてしまいます。取り扱いには注意しましょう。

2-2.データ削除の仕方

プリンターのデータ削除は、情報をリセットすれば消去できます。リセールしない場合は、ハードディスクを取り出して破壊する方法が安全に処分できる方法です。また、インクリボンの場合、ハサミで細かく刻むことで情報漏洩(ろうえい)を防ぐことができます。

2-3.インクなどの付属品について

インクは、インクカートリッジのリサイクル回収が積極的になされています。回収ボックスは家電量販店などに設置されており、誰でも利用できるようになっているのです。投函(とうかん)してリサイクルが完了します。利用してみてください。
印刷用紙の場合、古紙回収の対象となります。自治体での回収が可能です。お住まいの自治体に、処分時のルールを確かめてから処分してください。

3.プリンターのリサイクル方法

プリンターのリサイクル方法をご紹介します。利用しやすい方法を選びましょう。

3-1.メーカーでの引き取り

プリンターは、メーカーによる回収ができません。ただし、法人が利用するプリンターは、数が多いことや大型であることなどを考慮し、メーカー回収実施の対象となることもあります。

3-2.販売店による引き取り

買い替える場合、処分と購入を1回で完結できる方法を選びたいと思うことでしょう。販売店でも古いプリンターの回収は実施しています。ただし、引き取り手数料が発生する場合もあるため、あらかじめ確認が必要です。

3-3.リセールする

リサイクルショップやパソコン専門販売店などに、プリンターを売却する方法もおすすめです。製造から3年以内と高年式なものは、買取価格がつく可能性が高いでしょう。処分する前に、査定を受けてみてください。

3-4.回収業者による引き取り

回収業者では、家電製品やパソコンなど幅広い品目を対象に、引き取りを実施しています。プリンター以外にも処分を希望する場合は、同時に引き取ってもらうことができ、大変便利な方法です。出張回収を実施する業者は、手間がかからず楽に処分できるでしょう。

3-5.業者の選び方

回収業者はとても便利だとお伝えしました。業者ごとに回収方法は異なるため、手軽に利用できる方法を採用している業者を選びましょう。埼玉出張買取コールセンターでは、出張回収に力を入れており、重たいものやかさばるものでも自宅まで伺って回収可能です。肉体的負担軽減や時間の短縮にもつながり、ニーズも高まっています。

3-6.注意点

回収業者を選ぶときは、処分に必要な産業廃棄物収集運搬業の許可、リサイクルに必要な古物商の許可を取得していることを確認してください。悪質な業者の場合、許可を得ずに営業し、高額な料金請求や不法投棄などのトラブルも多くなっています。悪質業者を利用しないよう、十分警戒してください。

4.プリンターのリサイクルでよくある質問

プリンターをリサイクルする場合、分からないことがたくさん出てきます。疑問はあらかじめ解消しておき、スムーズにリサイクルできるようにしておきましょう。

Q.自治体の粗大ゴミでもプリンターは処分できる?
A.ゴミの分別ルールは、自治体ごとに規定が異なるため、あらかじめプリンターが処分できるか確認する必要があります。粗大ゴミに該当する場合、事前に粗大ゴミ受付センターへ申請してください。

Q.販売店では下取り対象とならないのか?
A.下取りしている販売店もありますが、一定の購入金額や同一製品への買い替えなど、条件を満たした場合だけ対象となるケースがほとんどです。また、下取り価格を購入価格から相殺するか、引き取り手数料が無料になるといった方法となります。

Q.リサイクルできないプリンターとは?
A.故障しているもの・動作不良があるもの・傷や汚れがひどいものは、リサイクルできません。製造から5年以上経過したものは、中古需要が低くなります。買取価格がつかない恐れもあるでしょう。

Q.プリンターを分解し、自治体の燃えないゴミとして出すことはできないのか?
A.分解は危険です。自治体でも推奨していません。分解せず、自治体のルールに沿って処分してください。

Q.自分の持っているプリンターが中古で需要があるか知りたい
A.「プリンター 中古 ランキング」といったキーワードで、インターネット検索をしてみてください。中古での需要を確認することができます。過去のレビューなども見ることで、売却時の参考になるでしょう。

5.まとめ

いかがでしたか? 古いプリンターを処分する場合、捨てるよりリサイクルすることが求められます。メーカーによる回収はないため、自分でリサイクルしなければなりません。買い替えの場合は、販売店での引き取りも利用できます。また、中古需要のある高年式のプリンターは、リセールも可能です。内部に使われているレアメタルを有効活用するため、リサイクルは積極的に行いましょう。回収業者は、ほかにも処分したいものがあるならまとめて処分でき、出張対応もしています。とても便利な方法で、簡単にプリンターのリサイクルが完結するでしょう。