一眼レフカメラの買取方法が知りたい! 高額買取のポイントとは?


最近の「一眼レフカメラ」は操作性が優れており、初心者でも簡単に撮影できると人気が集まっています。スマートフォン・携帯電話で撮影するよりも本格的な写真が撮影でき、レンズを変えるといろいろな表現で撮影できるのが魅力です。次々と新モデルが登場している中、「新しいカメラに換えて古いカメラを処分したい」など、処分を検討している方もいるでしょう。しかし、一眼レフカメラを処分するのはもったいないことです。使わなくなった一眼レフカメラを買取に出せば、想像以上に高い値段がつくこともあるでしょう。そこで、本記事では、一眼レフの買取方法・業者選びについて説明します。

  1. 一眼レフカメラの買取について
  2. 一眼レフカメラの買取条件・高額査定のポイントなど
  3. 一眼レフカメラの買取方法について
  4. 一眼レフカメラの買取業者選び
  5. 一眼レフカメラの買取に関してよくある質問

この記事を読むことで、一眼レフカメラの買取について知ることができます。処分を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

1.一眼レフカメラの買取について

中古としての一眼レフカメラは、需要があるのでしょうか。買取のメリットについて説明します。

1-1.一眼レフカメラとは

正式名称は「一眼レフレックス・カメラ」といい、レンズを通った被写体像をカメラ内部にあるミラーに反射させてファインダーに結像させる構造を持っています。ファインダーとは、カメラ・デジタルカメラで撮影できる範囲を確認するための機構です。1つのレンズでファインダーと被写体を撮影するため、「一眼」と呼ばれています。一眼レフカメラ=操作が難しいと思いがちですが、操作が簡単な初心者向けのモデルも多数登場しているので安心です。初心者向けの一眼レフカメラは、編集・設定メニューの操作を案内してくれるガイドモードが搭載されている機種もあります。

1-2.買取のニーズ

一眼レフカメラは、デジタルカメラなどほかの種類よりも高額な商品です。レンズと本体のセットを購入するとなれば、約8万円以上かかります。そのため、中古のニーズも高めです。中古としての需要は高いため、積極的に買取を行っている店舗も増えています。また、カメラ本体だけでなく、交換レンズの買取も可能です。

1-3.買取のメリット

処分費用をかけずに手放せる点が大きなメリットでしょう。一眼レフカメラは高額商品なので、買取額も高めになる可能性があります。処分と同時にお金が得られるのは嬉(うれ)しいですよね。また、一眼レフカメラの中には、鉄・鋼・レアメタルなどの貴重な資源が含まれています。処分するとこれらの資源が無駄になりますが、買取を利用すれば資源の有効活用が可能です。

2.一眼レフカメラの買取条件・高額査定のポイントなど

一眼レフカメラの買取を利用する前に、把握しておくべき条件・高額査定のポイントなどを説明します。

2-1.買取の条件

すべての一眼レフカメラが買取対象になるわけではありません。買取できるものは、カビなどの汚れがないものです。特に、レンズ内は湿気がこもりやすく、きちんと管理・メンテナンスをしておかなければカビが発生します。年式が新しいものでも、カビができているなど状態が悪いものは買取不可になるでしょう。
また、年式が古いものでも骨董品(こっとうひん)として価値があるものは、買取対象となります。買取の有無は、無料査定を利用し判断してもらってください。

2-2.人気の種類・メーカーとは

一眼レフカメラの中でも人気があるのは、デジタル一眼レフカメラです。従来のものはフィルムに焼かなければ、どんな写真になっているのか分かりませんでした。しかし、現在の一眼レフカメラはその場で写真が確認でき、パソコンで画像編集をして楽しむことができます。また、人気メーカーは「Canon(キャノン)」「Nikon(ニコン)」「PENTAX(ペンタックス)」です。

2-3.高額査定のポイント

カメラ本体・交換レンズ・周辺機器などのセットで買取に出すことが、高額査定のポイントです。付属品がそろっていると、買取価格が上がる可能性があります。購入時と同じ状態で査定に出しましょう。また、状態のよい一眼レフカメラほど高額買取が期待できます。汚れがある場合は、事前にやわらかい布などでキレイにしてください。

2-4.買取相場について

買取相場は、カメラ本体・交換レンズの状態によって変動します。そのため、一概にいくらで売れるとはいえません。ただし、人気機種や高性能タイプの一眼レフカメラは、高額買取が期待できるでしょう。たとえば、「Nikon(ニコン)」の人気モデル「Dシリーズ」の場合、1万~4万円が目安です。同シリーズでも性能・仕様で異なるため、無料査定を利用してください。できるだけ、高く売りたい方は、複数の業者に査定を依頼して比較しましょう。

2-5.レンズの買取について

交換レンズだけを買取に出す場合は、状態が大きなポイントとなります。カビが生えていたり、傷がついていたりするものは買取価格が下がるでしょう。状態によっては、買取すらできない可能性もあります。また、オートフォーカス機能がきちんと作動しないものも買取不可の可能性が高めです。買取に出す前は、必ず動作確認を行ってください。

2-6.売るタイミング・ポイント

春・秋は、新学期シーズンや行楽・運動会などのイベントごとが多い時期です。そのため、一眼レフカメラを購入する人も増え、業者も積極的に買取を行います。また、発売時期から経過するほど、買取額が下がる可能性もあるので早めに売ることもポイントの1つです。

2-7.注意点

使わなくなった一眼レフカメラは、できるだけ早めに査定を依頼しましょう。きちんとした保管場所で管理しなければ、レンズ内にカビが生えてしまい、買取価格がつかなくなる可能性もあります。早い段階で処分を検討することが大切です。放置したままにならないように気をつけてください。

3.一眼レフカメラの買取方法について

一眼レフカメラはどこで買取をしてくれるのでしょうか。上手に売るためにも、買取方法をチェックしてください。

3-1.買取してくれるところ

リサイクルショップ・買取専門店などで、一眼レフカメラの買取サービスが利用できます。近場に、店舗があれば、直接持ち込むのもアリです。中には、買取だけでなく処分を行っているところもあるため、買取不可になったものでも同時に処分できるでしょう。

3-2.よくあるデジカメの買取相場

デジタルカメラ(通称・デジカメ)は、一眼レフのようなファインダーがありません。レンズ一体型となっており、小型軽量を重視しているので旅行時の撮影に最適です。デジカメは一眼レフカメラよりも低価格で購入できるため、買取相場も低くなります。あくまで目安ですが、買取価格は数百円~5,000円ほどです。

3-3.査定について

正常に稼働するか、汚れや傷がないか、年式・メーカー・付属品の有無などが査定項目に含まれています。最も重視するのは「状態」なので、できるだけキレイにしておきましょう。査定の際は、なぜこの買取額になったのか、査定内容を確認することも大切です。

3-4.回収方法

主な回収方法は、出張回収・宅配回収・持ち込み回収の3つです。業者ごとに回収方法が異なるため、事前にホームページなどで確認しておいたほうがよいでしょう。ライフスタイルやそのときの状況に合わせて、利用しやすい方法を選択してください。一眼レフカメラ以外に処分・買取を依頼したいものがあれば、出張回収をおすすめします。

3-5.注意点

宅配回収を利用したり、持ち込みをしたりする場合は、運搬時に注意が必要です。運んでいるときに故障・動作不良が起きてしまえば、買取できるものもできなくなってしまいます。たとえば、宅配回収を利用する際は、きちんと緩衝材で包んで保護してくださいね。

4.一眼レフカメラの買取業者選び

適した買取価格で売るためには、信用できる業者を選択しなければなりません。ここでは、買取業者選びのポイント・売る前にすべきことなど説明します。

4-1.業者選びのポイント

リサイクルショップ・買取業者は多数存在していますが、その中から安心して依頼できる業者を見つけるポイントがあります。業者選びの際は、以下のポイントに要チェックです。

  • スタッフの対応が丁寧でスピーディー
  • 無料相談・無料見積もりを行っている
  • 高価買取・格安回収が可能
  • 買取・回収可能な品目が幅広い
  • サービス内容が充実している
  • 買取・回収の実績がある
  • 古物商・産業廃棄物収集運搬許可を取得している

4-2.売る前にすべきこと

一眼レフカメラは、メモリーカードの挿し込み口がついています。よくありがちなのが、メモリーカードを入れたまま売ってしまい、写真データが悪用されてしまうことです。情報漏えいにつながるおそれがあるため、メモリーカードは必ず抜き取るようにしてください。抜き取った後は、カメラ本体の初期化もしっかり行いましょう。

4-3.買取方法・流れ・申し込み方法

埼玉県のリサイクルショップ「埼玉出張買取コールセンター」における主な流れを、以下にピックアップしてみました。

  1. 電話またはホームページから無料見積もりを申し込む
  2. 量が多い場合のみ、出張での無料見積もりを行う(量が少ない場合は電話・メールでの見積もり)
  3. 商品情報・作業内容を確認した後、見積金額を提示
  4. 見積金額に納得すれば、作業日時を決める
  5. 予約日時に作業を行い、支払いまたは買取金額を受け取って完了

4-4.注意点

「見積書に記載されていない追加料金を請求された」「安い値段で買い取られた」など、業者との間でトラブルが起きています。業者が増えるにつれ、悪徳業者とのトラブルも多発しているので注意が必要です。業者選びのポイントを踏まえた上で、慎重に選びましょう。

5.一眼レフカメラの買取に関してよくある質問

一眼レフカメラの買取に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.充電器・バッテリーも売ることはできるのか?
A.充電器・バッテリーなどは付属品となるので買取対象です。ただし、故障や動作不良がある場合は、買取不可となる可能性が高いでしょう。買取してもらえるか分からない場合は、無料査定を依頼してください。査定前に、動作確認もしておきましょう。

Q.買取価格が決まるポイントとは?
A.メーカー・機種・発売年代・保存状態・付属品の有無が、査定の大きなポイントとなります。特に、デジタル一眼レフカメラの場合は、初心者が使用する「入門機」、セミプロからアマチュアまで使用する「中級機」、プロ用の「上級機」に分かれているのです。上級機になるほど買取価格が高くなります。

Q.大量のカメラ・レンズがある場合はどうすべきか?
A.出張回収を利用したほうがよいでしょう。宅配回収でも可能ですが、すべてを梱包(こんぽう)するのには時間と手間がかかります。また、きちんと梱包(こんぽう)しなければ、運送中にカメラ同士がぶつかり傷がついて買取不可になる可能性もあるでしょう。出張回収を利用すると業者が自宅にやってきてくれるため、そのような心配はいりません。

Q.初期化のやり方が知りたい
A.カメラのスイッチをオンにして、メニューボタンからカメラ設定初期化を選択します。OKを選び「SET」のボタンを押すと初期化が可能です。ただし、具体的な方法はメーカー・機種で異なるため、取扱説明書を読んでから実行してくださいね。

Q.すぐに買取対応してくれるのか?
A.業者の中には、即日対応が可能なところもあります。「埼玉出張買取コールセンター」では、365日年中無休で営業しているため、お急ぎの方はもちろんのこと、即日対応・早朝・深夜の買取と回収が可能です。ぜひ1度お問い合わせください。

まとめ

いかがでしたか? 一眼レフカメラは、デジタルカメラよりも高額商品ですが、いつかは購入して使ってみたいという方が増えています。本格的な写真が撮影でき、初心者向けも登場しているので人気沸騰中です。そのため、できるだけ安く購入したいと、中古の需要も伸びています。使っていない・要らなくなった一眼レフカメラがあるのなら、処分ではなく買取を利用してみてはいかがでしょうか。目立つ傷・汚れがついていない状態のよいカメラであれば、買取してもらえる可能性があります。交換レンズなどの付属品を一緒に査定へ出せば、高額買取が期待できるでしょう。業者の中には、買取だけでなく処分を行っているところもあるため、買取不可になったとしても同時に処分できます。