遺品整理で売れるものとは? 売るポイント・処分方法まとめ


家族や親族が亡くなった際の作業として、葬儀や各手続きにくわえて大変なのが遺品整理です。故人の思い出の品を整理したり、空き家を片付けるのはとても苦労の多い作業でしょう。そこで今回は、遺品を整理する際のポイントや、遺品の中の売れるものを買取に出す方法などをご紹介します。

  1. 遺品整理について
  2. 遺品整理で売れるものとは
  3. 遺品整理で売れるものの買取方法
  4. 遺品整理についてよくある質問
  5. まとめ

遺品整理に悩んでいる方や、故人の家を片付けたいと考えている方のための情報が満載ですので、ぜひ最後まで読んでみてください。

1.遺品整理について

まずは、遺品整理について基礎情報をご説明します。

1-1.遺品整理とは?

遺品とは、故人が生前に使っていた品物のことをいいます。そして、遺族などが、遺品を整理することが遺品整理です。必要なものは保管したり形見分けしたりします。一方、不要なものは売ったり捨てたりして処分することもあるでしょう。

1-2.遺品整理について

遺品は、遺族が自ら整理・処分することもありますが、遺品整理業者などに一任することも増えてきています。遺品は、家庭によっては家一軒のものが出てきて、数が多く処分が大変です。不要なものの処分を、プロに任せる人も少なくないでしょう。

1-3.最近の傾向

現代では、高齢化が進み、高齢者のひとり暮らしも増えてきています。高齢者が自宅で孤独死をしてしまった場合や、遠方の親族が亡くなってしまった場合など、遺族の負担が多くなってしまうでしょう。

2.遺品整理で売れるものとは

次に、遺品整理で売れるもの・売れないものなどについてご説明します。

2-1.遺品を売ってもいいか?

基本的に、遺族が遺品を売ったり自分のものにした場合は、相続という扱いになります。万が一、個人に借金や債務がある場合、これらも相続しなければならないので、注意しましょう。故人に借金がある場合は、遺品に手を付ける前に、弁護士など専門家に相談してください。

2-2.どんなものが売れるか

売ることができる遺品の例をご紹介します。

  • 家具・家電(新しく美品のもの)
  • ブランド品
  • アクセサリー・貴金属・かばん小物など
  • その他換金価値があるもの

リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターでは、家具家電・ブランド品・工具・道具類・コレクション類など、豊富な買取可能品目があります。この遺品は売れるかな? と思った際は、ぜひ買取可能品目一覧をチェックしてみてください。

2-3.遺品を売るメリットとは?

遺品を売ることで、不用品をお金に変えることができます。人が亡くなると、葬儀費用やお墓の費用など、なにかとお金がかかってしまうのが現実です。遺品がお金になれば、これらの費用の足しになるでしょう。また、不用品をリサイクル・再販売することでエコにもなります。

2-4.売れないもの・売ってはいけないものについて

汚れや使用感が著しいものや、個人の名前などが入っているもの、再利用価値のないもの、定価が安すぎるものなどは、売れないでしょう。また、仏壇は魂抜き(お性根抜き)をしないと売ることはできません。そもそも仏壇は買い取らない業者多い傾向にあります。何が売れて何が売れないかは、業者によってことなりますので、事前に確認しておくとよいでしょう。

3.遺品整理で売れるものの買取方法

遺品整理で売れるものを買取に出すための方法をご説明します。

3-1.遺品はどこに売れるか?

遺品を売る場合、以下のような方法があります。

  • リサイクルショップ
  • ネット(ネットオークション・フリマサイトなど)
  • 買取回収業者

3-2.遺品を売る方法とは?

上記のそれぞれの方法やメリット・デメリットについてご紹介します。

3-2-1.リサイクルショップ

点数が少ない場合や、リサイクルショップの店舗が近い場合には便利でしょう。即日買取査定ができるのがメリットです。しかし、遺品を自分で店舗まで持ち込みにいかなければならないうえに、もし買取査定で買取不可となってしまうと、自宅まで持ち帰らなければならないという手間があるので注意しましょう。店舗や品物によっては、無料で回収してもらえることもあります。

3-2-2.ネット(ネットオークション・フリマサイトなど)

ブランド品・貴金属・バッグ、その他希少価値があるものなどは、ネットを使った買取が便利です。自分で価格を設定できるため、非常に安い価格で買いたたかれることがありません。ただし、買取手が付かないこともあるので注意しましょう。また、故人が使っていたものは嫌がられる可能性もあります。しかし、遺品であることを黙って売ると、あとでトラブルになることもあるので、正直に掲載しましょう。

3-2-3.買取業者

売りたい遺品が大量にある場合や、売れないもの(回収してほしいもの)も混ざっているような場合は、買取業者の利用がおすすめです。一度にまとめて遺品を処分できるため、楽で時間もかかりません。ただし、整理費用や作業料がかかるため、少量の遺品を依頼すると高くついてしまうこともあるでしょう。

3-3.注意点・業者選びのポイントなど

買取業者を選ぶ際のポイントをご紹介します。

  • 遺品整理業務を行っている
  • 地域に対応している
  • 買取品目が幅広い
  • 料金が分かりやすい
  • 無料見積もり・相談ができる
  • 古物商許可・遺品整理士などの資格をもっている

4.遺品整理についてよくある質問

遺品整理についてよくある質問をまとめました。

Q.故人の家がゴミ屋敷のようになってしまったのですが?
A.リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターでは、ゴミ屋敷の片付けにも対応しています。遺品整理・片付けについてのご相談も受け付けておりますのでぜひお問い合わせください。

Q.相続税がかかる遺品は何ですか?
A.国税庁では「現金、預貯金、有価証券、宝石、土地、家屋などのほか貸付金、特許権、著作権など金銭に見積もりもることができる経済的価値のあるすべてのもの」としています。詳しくは、国税庁のHP「相続税がかかる財産」を参考にしてください。遺品整理の前には、一度弁護士など専門家に相談したほうが無難です。

Q.壊れた遺品は売ることができますか?
A.家具家電などの道具類は難しいでしょう。コレクション類・アンティーク品など、希少価値が極めて高いものは、壊れていても買取できる場合もあります。

Q.悪質業者を避けるポイントは?
A.悪質な業者を利用してしまうと、不要な料金を請求されたり売りたくないものまで強引に買い取られてしまうなどのトラブルにあってしまいます。以下のポイントをおさえて、悪質業者を選ばないように注意しましょう。

  • 資格・営業所など身元があいまい
  • 見積もりや説明が口頭だけ(書面がない)
  • 依頼していないのに訪問・営業に来る

Q.思い入れのある遺品の処分方法は?
A.思い出の品など、処分するのに勇気のいる遺品も数多く出てくるでしょう。ものとしっかり向き合う時間を取ることが大切です。じっくり時間をかけて考えることで、本当にとっておくべきものが見えてきたり、案外あっさりと遺品とお別れすることができます。判断に困らない不用品の回収や買取は業者に任せて、自分の時間を確保するとよいでしょう。また、衣類や着物などは小物にリメイクして保管するという方法もあります。

5.まとめ

遺品整理について、売れるもの・売る方法についてご紹介しました。遺品整理は、個人で行うにはなかなか負担の多い作業なので、業者などをうまく利用しながら、よけいなストレスがかかりすぎないようにしましょう。遺品を売ることができれば、葬儀費用などの足しにもなります。遺品は処分するだけでなく、買取も検討するとよいでしょう。