遺品整理はいつから開始するべき? よくある困りごとと解決方法も!


遺品整理をいつから始めるべきかお悩みではありませんか? 大切な家族が亡くなり悲しみに暮れているとき、遺品整理のことを考える気持ちになれない人も多いでしょう。しかし、住居の事情によっては早めに取りかかる必要もあるため、いつからどのように始めるかしっかりと考えなければなりません。この記事では、遺品整理のタイミングやよくある困りごと、業者に依頼する方法などをまとめてご紹介しましょう。

  1. 遺品整理について
  2. 遺品整理はいつから始めるべきか?
  3. 遺品整理の困りごと
  4. 遺品整理に関するよくある質問

この記事を読むことで、遺品整理をいつから始めるべきか、どのように取りかかるべきかが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.遺品整理について

まずは、遺品整理の方法や目的、最近の傾向などをまとめました。

1-1.遺品とは?

遺品とは、亡くなった人が生前所有していたもののことをいいます。貴金属や腕時計などの貴重品を始め、家具や家電・衣服・書籍・CDなども遺品として整理する必要があるのです。ただし、現預金や不動産などは「相続財産」または「遺産」として扱うことになり、遺品整理の対象にはなりません。

1-2.遺品整理とは?

遺品整理とは、故人が残したものを整理することです。「残すもの」と「不要なもの」に仕分けし、不要なものを適切な方法で処分します。まだ使える状態のものはリサイクルに回したり寄付したりする方法もあるでしょう。たとえば、貴金属類などを形見分けする際には相続手続きが必要になる場合もあるため、早めに遺品整理に取りかかる必要があります。また、故人が賃貸物件に住んでいた場合は、明け渡し期限までに遺品整理をしなければならないのです。

1-3.最近の傾向

近年は核家族化や高齢化社会といった背景もあり、「遺品整理をする家族がいない」というケースも少なくありません。また、戦後の時代を生きてきた高齢者の中には「もったいない精神」が強い人も多く、ものが捨てられずに家がゴミ屋敷化してしまっている例も多いのです。そのため、遺族が自分たちで遺品整理をするのが難しく、業者に依頼する人が増えています。遺品整理業者の需要は年々高まり、業者数も増加しているのが現状です。

2.遺品整理はいつから始めるべきか?

遺品整理の一般的なタイミングや注意点をまとめました。

2-1.いつから始めるべきか?

賃貸物件の明け渡し期限が迫っている場合などを除けば、気持ちが落ち着いたタイミングで遺品整理を行って問題ないでしょう。一般的なタイミングとしては、四十九日法要などに遺品整理をするケースが多くなっています。親族内でのトラブルを避けるためにも、この方法はおすすめです。

2-2.相続、形見分けの時期は?

遺品整理の際には、遺品の中に相続財産の対象となるものがないか確認する必要があります。相続税の申告は、被相続人が亡くなってから10か月以内に行わないと加算税や延滞税がかかることもあるため注意が必要です。そのため、相続財産の対象となる遺品を形見分けする場合は、早めに行う必要があるでしょう。一般的には、四十九日法要を目安に形見分けを行うケースが多くなっています。

2-3.注意点

相続財産の対象となるものは早めの対処が必要ですが、そのほかの遺品はゆっくりと整理して問題ありません。優先的に対処しなけらばならないものだけ先に整理し、思い出の品などは時間をかけてじっくり片づけるなど、整理する時期を分けるのもおすすめです。気持ちが落ち着かないうちに片づけようとするとかえって落ち込んでしまうこともあるため、無理はしないでください。

3.遺品整理の困りごと

遺品整理によくある困りごとやプロに頼む方法・メリットなどをご紹介します。

3-1.困りごと

遺品整理をするにあたってよくある困りごととは、以下のようなものです。

  • 遺品の量が多い
  • 遠方に住んでいる
  • 人手が足りない
  • 大型の家具を持ち運ぶのが困難

3-2.生前整理の重要性

生前整理とは、生きているうちに自分の身の回りを整理することです。近年、残された家族が遺品整理で苦労しないために、生前整理をする人も増えてきています。また、自分にとって本当に必要なものだけがある家の中で残りの人生を身軽に生きるためにも、生前整理はおすすめです。

3-3.遺品整理をプロに頼む場合

遺品整理を自分たちの手で行うのが難しい場合は、遺品整理業者に依頼する方法もあります。メリットや注意点をまとめました。

3-3-1.依頼する方法

埼玉出張買取コールセンター」は、不用品の回収や買取・遺品整理などを行う業者です。ホームページの無料見積もりフォームから申し込みが可能なため、ぜひチェックしてみてください。見積もりの内容に納得したら作業日時を決定し、実際の作業という流れになります。

3-3-2.メリット

遺品整理を業者に依頼するメリットには、以下のようなものがあります。

  • 効率的に作業をすすめられる
  • 自分の時間や手間を軽減できる
  • 短時間で済ませられるため、明け渡し期限が迫っていても安心
  • 遠方に住んでいても何度も足を運ばずに済む
  • 状態のよいものは買い取りしてもらえる

3-3-3.注意点

遺品整理業者の中には、悪質な業者も存在しています。作業後に高額な追加料金が発生するなどの不当請求や、遺品の持ち去り被害など、さまざまなトラブルが報告されているのです。また、家族の前で遺品を雑に扱われて悔しい思いをした例も少なくありません。そういった業者を選んで後悔しないように、業者選びは十分慎重に行ってください。

4.遺品整理に関するよくある質問

「遺品整理について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.遺品整理をしようとしたら遺言書が見つかったのですが、どうしたらよいでしょうか?
A.「公正証書遺言」であれば、開封して中身を確認してください。「自筆証書遺言」または「秘密証書遺言」の場合は、家庭裁判所に検認の届け出をする必要があるため、勝手に開封してはいけません。

Q.遺品の中に大量のアルバムがあるのですがどのように整理したらよいですか?
A.アルバムのまま保存しておくのは場所をとるため、データ化することをおすすめします。不要な場合は処分して問題ありませんが、捨てることに抵抗があるのであればお寺や神社でお焚(た)き上げをしてもらうとよいでしょう。

Q.遺品の家電を売りたいのですが、高額査定のポイントを教えてください。
A.正常に動作するかを確認し、状態をできるだけきれいに掃除しておきましょう。説明書や保証書など、付属品はすべてそろえておいてください。

Q.遺品整理業者を選ぶ際にはどこをチェックするべきでしょうか?
A.豊富な実績があるか、事務所の住所と固定電話の番号がホームページに記載されているか、無料見積もりを受け付けているかを確認してください。実際にその業者を利用した人の口コミなどもチェックすることをおすすめします。

Q.悪質な遺品整理業者とのトラブルはどこに相談すべきですか?
A.国民生活センターに相談窓口があります。適切なアドバイスをもらえるため、相談してみるとよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか? 遺品整理をいつから始めるべきか、業者に依頼するメリットにはどのようなものがあるのかなどをまとめてご紹介しました。遺品整理は家族の大切な仕事です。しかし、実際にはさまざまな困りごとが発生する場合もあるでしょう。そうした問題を解決するためにも、遺品整理業者の利用を検討してみてください。