炊飯器の買い替え時期はいつ? 古い炊飯器の処分方法も覚えておこう


炊飯器は、食事作りに必要不可欠な存在です。温かいごはんを食べると、疲れも癒(い)やされます。炊飯器などの家電製品全般に共通するのは、劣化や寿命が訪れるということです。長く使ううちに、故障やトラブルが起こるのは仕方がありません。迷うのは、買い替え時期についてでしょう。突然使えなくなり、慌ててしまったという方もいます。不具合が続くようなら、買い替えるタイミングだと考えておくべきです。また、買い替えと同時に、古い炊飯器の処分という問題も出てきます。処分の仕方も覚えておけば安心です。
今回は、炊飯器の買い替えや処分についてご紹介します。

  1. 炊飯器の買い替えについて
  2. 炊飯器の買い替え・処分について
  3. 炊飯器の買い替え・回収業者に処分を依頼する場合
  4. 炊飯器の買い替えでよくある質問
  5. まとめ

この記事を読むことで、炊飯器の買い替え時期がよく分かります。寿命や故障のサインなども見逃すことがなくなるでしょう。古い炊飯器の処分方法もいくつかあります。処分で迷っている方は必見です。

1.炊飯器の買い替えについて

炊飯器を買い替える目安は、寿命や故障などのサインに気づいたときです。どのような不具合が起こるのか、修理対応は可能なのかなども見ていきましょう。

1-1.炊飯器について

炊飯器は、お米を炊くという単純な機能だけではなく、さまざまな種類の穀物に対応できるよう進化し、高機能な家電製品となりました。以前より、高額なものも流通しており、食感・味わい・炊き上がりにも変化が出てきています。しかし、家電製品であるため、寿命は必ずやってくるものです。毎日使うため、劣化が早いのも特徴でしょう。

1-2.寿命・故障について

炊飯器のトラブルで多いのは、内釜の劣化です。摩耗により、コーティングが剝がれてしまいます。内釜のコーティングは、温度センサーの異常につながる恐れもあるため、放置せずに買い替えを考えたほうがいいでしょう。部品の故障や劣化により、炊き上がりにムラが出てきます。加熱不足など、おいしいごはんにならないと感じるようなら、買い替え時期を迎えている証拠です。古くなった炊飯器は、臭いにも劣化が現れます。独特の臭気で、炊き上がったごはんをおいしく食べることができません。内釜の洗浄で解消しない場合は、買い替えを考えてください。

1-3.買い替えのタイミングは?

前述した異常やトラブルが続発するようになったら、買い替えのタイミングを迎えていると捉(とら)えましょう。掃除やメンテナンスで解決しない場合も多いものです。IH方式を採用している炊飯器では、電気系統のトラブルにより、温度センサーが異常と感知し、炊飯ができなくなってしまうことがあります。多くは、内釜のコーティングが剝がれたことが原因です。内釜の劣化は炊飯器の寿命と考え、買い替えを検討しましょう。炊飯器の寿命は、購入から4〜6年が目安とされていますので覚えておいてください。

1-4.修理はできるのか?

炊飯器は、故障内容にもよりますが、修理可能なものもあります。内釜のコーティングが剝がれた場合は、内釜の交換となるでしょう。しかし、内釜は大変高額な交換費用がかかります。数万円かかる場合もあるため、無理に交換を考えず、買い替えたほうがお得です。

2.炊飯器の買い替え・処分について

炊飯器の買い替えと同時に、古い炊飯器の処分方法も考えておきましょう。いくつかの処分ルートがありますが、それぞれにメリット・デメリットがあることも覚えておかなければなりません。

2-1.家電リサイクル法について

家電リサイクル法は、テレビ・冷蔵庫・エアコン・洗濯機の4品目をリサイクル回収する目的で定められた法律で、炊飯器は該当しません。しかし、小型家電リサイクル法の対象品目となっており、リサイクルが推奨される製品です。自治体ごとに小型家電としてリサイクル回収するかどうかを定めており、該当しない場合は、粗大ゴミや燃えないゴミとして回収しています。いずれも、お住まいの地域に確認することが大切です。

2-2.処分方法

2-2-1.自治体による回収

前述したとおり、自治体ごとに、粗大ゴミとするか、燃えないゴミとするか、小型家電としてリサイクル回収するかは異なります。燃えないゴミや小型家電となる場合は、費用負担は発生しません。燃えないゴミの場合は、ゴミ袋の代金だけです。自治体の粗大ゴミは安く処分ができるのがメリットですが、申し込みや費用支払い手続きなどの手間がかかります。捨てることができる日が限られており、すぐに処分できないのがデメリットです。

2-2-2.販売店・メーカーによる引き取り

買い替えで古い炊飯器を処分するなら、販売店やメーカーによる引き取りを利用する方法もあります。メーカーによる引き取りは、販売店を介して行う形式です。直接引き取りをしているメーカーは少ないでしょう。販売店でも、独自のサービスとして引き取りを実施しているため、手数料などが発生します。数千円かかる場合もあるため、利用前に確認しておきましょう。新しい炊飯器を購入する場合、古い炊飯器の下取りサービスを利用できる場合もあります。

2-2-3.リサイクルショップ

処分するのも費用がかかります。まだ使える炊飯器なら、リセールする方法も含めて考えておきましょう。リサイクルショップでは、高年式で人気メーカーの炊飯器なら、買い取り可能という場合もあります。傷・汚れ・臭い以外にも、動作に問題がないかなど細かくチェックされるのです。査定時に買い取り不可と判断されることもあります。メリットは、売れた場合はわずかでもお金になることです。しかし、査定は持ち込みとなり、買い取り不可の場合は持ち帰らなければなりません。炊飯器を持ち歩くのは面倒という方には向かないでしょう。

2-2-4.回収業者

さまざまな不用品の回収を行うのが、回収業者です。回収業者を利用するメリットは、出張回収などの便利な方法を利用すれば、炊飯器を持ち歩く手間や労力を削減できることでしょう。ほかにも捨てたいものがあるという場合は、炊飯器と合わせて処分を依頼することができます。1回で家の中の不用品をすっきり処分できるのが、回収業者のメリットです。ただし、費用はかかります。回収費用は業者ごとに設定が異なるため、見積もりなどを利用して見比べるようにしてください。

3.炊飯器の買い替え・回収業者に処分を依頼する場合

回収業者に炊飯器の引き取りを依頼する場合、信頼できる業者探しが大切です。業者選びのポイントや注意点などをご紹介します。

3-1.選び方のポイント

回収業者を選ぶときのポイントは、利用しやすい回収方法かどうかに着目しましょう。炊飯器1つでも、運搬や配送が伴う場合は面倒に感じます。ほかにも処分したいものがある場合、自宅まで訪問して回収してくれる業者のほうが利用しやすいはずです。自分にとって楽な方法を用意している業者を選んでください。もう1つ注目したいのは、担当者の対応やスピーディーさです。不用品の処分に時間がかかるのは、依頼者にとって負担となります。迅速かつ丁寧に処理してくれるかどうか、質問にもきちんと答えてくれるかなど、担当者の人物像もよく見ておきましょう。

3-2.料金

炊飯器1つだけの回収なら、数千円程度かかります。不用品の処分をまとめて依頼する場合は、荷物の量に応じた金額が算出されるため、見積もりで確認することが大切です。見積もりの申し込みは、リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターのホームページからできます。お気軽にお申し込みください。

3-3.回収方法

回収業者のリサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターでは、出張回収を積極的に行っています。回収業者の中には、宅配回収や持ち込み回収を行う業者もありますが、弊社の出張回収は、運搬や梱包(こんぽう)の手間が一切ありません。

3-4.注意点

回収業者がたくさんあり、どこを選べばいいか迷うことが多いはずです。迷ったときは、信頼できる業者かどうかの基準として、許可の有無を確認しましょう。リサイクルには古物商の許可、不用品の処分には産業廃棄物収集運搬業の許可が必要です。許可を取得して営業している業者なら、トラブルも少ないでしょう。

4.炊飯器の買い替えでよくある質問

炊飯器の買い替えや処分に関する疑問をまとめました。参考にしてください。

Q.自治体で処分する場合は、炊飯器の分解を求められないのか?
A.炊飯器は異なる材質が混在しているため、自治体によっては分解を求められることがあります。お住まいの地域に確認しておきましょう。

Q.炊飯器はどのくらいのサイクルで買い替えるべきか?
A.平均寿命が4〜6年であるため、1つの目安として5年程度のサイクルで買い替える方法もあります。とはいえ、使い方や使用頻度により、炊飯器は10年ほど持つものもあるでしょう。買い替えサイクルについては、お使いの炊飯器の劣化で判断する方法がベストです。

Q.温度センサーに異常がある場合に考えられる原因とは?
A.温度センサーに異常が発生するのは、金属部分のサビが原因となっています。サビ取りをするだけで改善するケースもあるため、異常を感じたらメンテナンスをしてみてください。

Q.炊飯器は燃えないゴミとなる場合のほうが多いのか?
A.自治体では、ゴミの分類を大きさで区分している場合が多いものです。炊飯器は比較的小型であるため、燃えないゴミとなるケースがほとんどでしょう。ただし、一升炊きなどサイズが大きくなれば、粗大ゴミとなる場合もあるのです。お住まいの自治体が、炊飯器を小型家電リサイクル法の対象品目として入れば、専用のリサイクルボックスに投かんして処分することになります。

Q.買い替えと修理のどちらを選べばいいか迷う
A.購入してからまだ浅いものであれば、保証期間内で無償修理が可能です。製造から数年経(た)ち、部品保有期間が過ぎている場合などは、メーカーでの修理が難しくなります。買い替えか修理か迷ったら、使用年数で考えるといいでしょう。修理より買い替えのほうが安く済むなら、買い替えを考えてください。

5.まとめ

いかがでしたか? 炊飯器は毎日使うものであるため、使用年数が長くなるほど、劣化や寿命が気になってきます。一般的な平均寿命は4〜6年です。炊飯器は、故障や異常など不具合が多くなったら、買い替えを検討しましょう。買い替えと同時に、古い炊飯器の処分方法も考えなければなりません。処分方法は、自治体の回収・リサイクルショップ・回収業者などです。回収業者なら、自宅まで出張回収をしてくれるため、運搬や分解などの手間がかかりません。ほかにも処分したいものがある場合は、まとめて回収を依頼することもできます。炊飯器など不用品の回収は、リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターまでご相談ください。