美容機器の中古買取が知りたい! 買取方法と高額査定のポイント


美容機器は、美顔器・スチーマーなど手ごろな価格で利用できるものから、本格的な性能を持つ高価なものまで非常に幅広いアイテムが販売されています。そんな美容機器を、できる限りお得な値段で購入したい方が中古品を検討する傾向が増えているのです。状態がよく、発売年月日から経過していない美顔機器ほど、高価買取が期待できるるでしょう。本記事では、美顔機器の買取方法とポイントを解説します。

  1. 美容機器の基礎知識
  2. 美容機器は買取対象か?
  3. 美容機器の買取方法
  4. 美容機器の買取業者の選び方
  5. 美容機器の買取に関してよくある質問

この記事を読むことで、美容機器をお得に処分する買取方法とポイントが分かります。処分を検討している方は、ぜひチェックしてください。

1.美容機器の基礎知識

まずは、美容機器の種類や、不要な美容機器をどうすべきか、最近の傾向と需要について解説します。

1-1.たとえばどんなもの?

美容機器を大きく分けると、個人用と業務用があります。個人用には、美顔器・家庭用キャビテーション(余分な脂肪やセルライトを液状化して体外に排出する機器)・美顔ローラーなどがあるでしょう。超音波を使ってリンパの流れを活性化するタイプから、イオン導入タイプ、スチームタイプなど種類はさまざまです。一方、業務用としては、エステサロン・脱毛サロンで使うような大型の脱毛機器・高性能のエステ機器などがあります。業務用は家庭用よりもサイズが大きく、高い性能が特徴的です。

1-2.不要な美顔機器はどうすべきか

要らなくなった美顔機器は、処分するか、買取に出す方法で手放すことができます。できるだけ処分費用をかけたくない方は、買取を検討するとよいでしょう。正常に稼働する美容機器であれば、買い取ってもらえる可能性があります。必要としている人のもとで再利用してもらうことができ、楽に手放せること、処分費用がかからないことが大きなメリットです。買取してもらえなかったものは、ほかの方法で処分することになります。

1-3.最近の傾向、需要は?

年々、最新式の美容機器が登場し、できるだけ安く手に入れたい方が中古品を選択するケースが増えています。特に、美顔器・脱毛器・自宅で使える痩身マシンなどホームエステ機器の需要が上昇中です。また、美容を気にするのは女性が多いと思われがちですが、近年は男性の美容機器にも人気が集まっています。たとえば、ハンドタイプの美顔器・電動シェイバー・エチケットカッターなど、身だしなみを整える美容機器に人気があるのです。需要が高まるアイテムほど、高値で売れる可能性があります。

2.美容機器は買取対象か?

美容機器をお得に処分するために、買取の基礎知識を深めておきましょう。

2-1.美容機器は高く売れる?

人気のある美容機器ほど、高く売れる可能性があります。中でも、新品状態に近いもの・発売年月日から経過していないものなどが、高価買取の可能性が高いでしょう。想像以上に高く売れる可能性は十分にあるので、ぜひ1度査定を依頼してください。複数の業者に査定を依頼すれば、高価買い取りができる業者が見つかりやすくなります。

2-2.買取できるものとできないもの

美容機器の買取を利用する際に注意してほしいのが、買取してもらえないものがある点です。たとえば、壊れているもの・不具合が出ているもの・古いものは、買取対象外になる可能性があります。つまり、需要がないと判断されたものが買取できないものです。一方、動作確認ができるものであれば、買い取ってもらえる可能性が高いでしょう。

2-3.キズ、故障、古いものは?

前述したとおり、故障した美容機器は買取不可と判断されるのが一般的です。また、目立つキズや汚れがついている・発売年月日から経過している古いものなども、買取対象外となります。古さの判断基準は業者で異なりますが、発売年月日から3~5年経過しているものは買取不可の可能性があるでしょう。月日が経過するほど買取の可能性が低くなるため、早めに売ることが大切です。

2-4.人気の商品、ブランド

パナソニックのスチーマー・ハンドタイプのローラー美顔器・ハンディミストなど、肌を美しく整える美容機器に人気があります。エステに通い続けるのはお金が必要ですし、時間がありません。そのため、家で気軽にエステ気分が味わえる美容機器の人気が高まっている状態です。人気のブランドといえば、圧倒的にパナソニックですが、日立の美容機器も人気があります。

2-5.買取金額はいくらぐらいか?

販売額の約5~10%が買取金額になるといわれています。しかし、これはあくまで目安なので、状態がよく人気のあるタイプであれば、もっと高く売れるかもしれません。逆に、悪い状態であれば、買取金額が下がる可能性があります。具体的な買取金額を知りたい場合は、業者へ無料査定を依頼してください。複数の業者に依頼すれば、最も高値がついたところで取り引きができます。

3.美容機器の買取方法

では、美容機器の買取方法を解説します。

3-1.買取してくれるところ

主な買取先は、リサイクルショップ・買取業者・不用品回収業者などがあります。近場に店舗があれば直接持ち込むことができますが、ない場合は出張買取または宅配買取を利用することになるでしょう。また、近年はネットオークションを利用して売る方が増えています。インターネットを利用するのも選択肢の1つでしょう。

3-2.査定方法、高額査定のコツ

具体的な査定内容は、店舗により異なります。たとえば、全国チェーン店はマニュアルがあるため、一律の基準に沿いながら商品をチェックするでしょう。個人経営の場合はマニュアルがないので、それぞれ店主の判断となります。
また、取扱説明書・専用ケース・交換部品などの付属品を一緒に出すことで、買取額がアップするでしょう。査定依頼前に、付属品を用意してくださいね。

3-3.申し込み方法

業者のホームページまたは電話から申し込みが可能です。無料査定を受けつけている業者のホームページをチェックしてください。申し込みの際に、どんな美容機器を売りたいのか、どんな状態なのかをできるだけ詳しく伝えておくと、査定しやすくなり、スムーズなやり取りができるでしょう。

3-4.注意点

美容機器を適切な価格で買い取ってもらえるか否かは、業者の腕にかかっています。なぜなら、中には美容機器に詳しくないスタッフが査定を行い、相場よりも低い買取額を提示する業者があるからです。失敗しないためにも、業者選びのポイントを押さえておさえておかなければなりません。

4.美容機器の買取業者の選び方

それでは、美容機器の買取業者をどのように選べばよいのでしょうか。

4-1.業者選びのポイント

気持ちよく手放すためには、丁寧に対応してくれる優良業者を選ばなければなりません。優良業者と悪徳業者を見極めるポイントを以下にピックアップしてみました。

  • スタッフの対応が丁寧でスピーディー
  • 買取の実績がある
  • 無料見積もり・査定・相談を受けつけている
  • 口コミ・評判がよい
  • 買取だけでなく、回収も行っている
  • 高価買取・格安回収が利用できる
  • 大量の不用品でも回収してもらえる
  • 古物商・産業廃棄物収集運搬業の許可を取得している

埼玉・東京を中心に不用品の買取・回収を行っているリサイクルショップ「埼玉出張買取コールセンター」があります。個人のお客様はもちろんのこと、法人サービスも実施しているので業務用の美容機器も買取・回収が可能です。ぜひ1度お問い合わせください。

4-2.買取の流れ

買取までの主な流れは以下のとおりです。

  1. ホームページのフォームまたは電話で無料見積もりの依頼をする
  2. 量が多い場合だけ、出張での無料見積もりを行う(数量が少ない場合は電話またはメールでの見積もり)
  3. 商品情報・作業内容を確認し、査定額・見積額が提示される
  4. 査定額・見積額に納得すれば契約を交わし、作業日時を決める
  5. 予約日時にスタッフがやってきて作業開始
  6. 作業終了後、確認してから料金の支払い、買取額の受け渡しをして完了

4-3.手数料はかかる?

気になる手数料は、かかるケースとかからないケースがあります。たとえば、出張買取を利用する場合、運搬料金を請求する業者があるのです。宅配買取の場合は、送料が自己負担となっているところがあります。そのため、業者へ依頼する前に手数料の有無をきちんと確認しておかなければなりません。また、買取してもらえない場合は、回収費用を支払うことになります。あくまで目安ですが、1品につき約2,000~4,000円かかるでしょう。

4-4.注意点

「回収後、不法投棄されていた」「見積書に記載されていない追加料金を請求された」など、悪徳業者との間でトラブルが続出しています。不用品回収業者・リサイクルショップが増える中、不正を働く悪徳業者も増加しているので注意が必要です。業者選びのポイントを踏まえた上で、少しでもおかしい点を感じる場合は依頼しないようにしましょう。

5.美容機器の買取に関してよくある質問

美容機器の買取に関してよくある質問を6つピックアップしてみました。

Q.状態のよい美容機器ってどんなもの?
A.故障していない、動作確認ができる状態です。動くけれども途中で止まったり、変な音が出たりなど不具合が起きている美容機器は、買取不可となる可能性があります。たとえ、動作確認ができても不調があるものは「状態がよい」と判断されないので注意が必要です。

Q.査定前に、やるべきことは?
A.美容機器についているホコリ・汚れ・キズをきれいにクリーニングしておきましょう。たとえば、清潔なやわらかい布で拭いたり、アルコール消毒をしたり、水気を拭き取ったりとできることはたくさんあります。また、使用品の場合は買取依頼の前に必ず動作確認を行ってください。動作の不具合が起きている場合は、素直に査定スタッフへ伝えなければなりません。減額の対象となりますが、素直に伝えたほうがスムーズな取り引きができます。

Q.美容機器の売り時が知りたい
A.次々と新商品が登場しているので、早めに売ることをおすすめします。なぜなら、新モデルが登場するたびに、前モデルの価値が下がってしまうからです。価値が下がると、もちろん買取額も下がります。最新式のほうが需要が高く、買取額もアップするため、要らなくなったときこそ美容機器の売り時だと考えてください。

Q.買い取ってもらえなかった場合の処分方法は?
A.買取不可と判断され引き取ってもらえなかった場合は、自治体で処分するか、人に譲る方法があります。自治体で処分する場合は、「粗大ゴミ」に分類されるケースがほとんどです。特に、1辺が30cm以上のものは粗大ゴミになるでしょう。費用が300~2,000円ほどかかりますが、自治体によって費用と処分方法が異なります。事前に、自治体のホームページなどで確認しておきましょう。

Q.単品よりもまとめて売ったほうがいいの?
A.単品で査定を依頼するよりも、複数の美容機器をまとめて売りに出したほうが、査定額が高くなる可能性があります。複数の美容機器を売りたい方は、まとめて査定に出してください。特に、シリーズものとして発売された美容機器は、まとめてそろえたほうが高値で売れる傾向があります。

Q.ネットオークションのメリット・デメリットは?
A.簡単な登録をすれば気軽に利用できる点がメリットです。自分で出品額を決めることができるため、希望値で売れる可能性もあるでしょう。ただし、自分で梱包(こんぽう)しなければならないので手間がかかるのがデメリットです。また、「商品にケチをつけられた」など落札者との間でトラブルが続出しています。トラブルを避けたい方は、ネットオークションを利用しないほうが良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか? 美容機器は人気のある電化製品の1つで、女性だけでなく男性からの需要も高まっています。需要のある商品は、中古品として高く売れる可能性があるでしょう。そのため、要らなくなった美容機器は、買取を利用して手放す方法がおすすめです。ただし、動作確認ができないもの・古いものなどは買取対象外の可能性があるため、査定のポイント等をチェックしておきましょう。買取方法とポイントを押さえておけば、スムーズな取引ができます。