食器棚の整理でもう困らない! キッチンがスッキリするアイデア!


「食器が多すぎてごちゃごちゃする」「食器の出し入れがしにくい」など、食器棚の整理でお悩みではないでしょうか。食器は贈答品として入手することも多く、いつの間にか増え続けるものです。食事の準備や片づけをスムーズに行うためにも、きちんと整理しましょう。しかし、どんな方法で整理するといいのか、よく分からないことも多くあります。そこで、今回は、食器棚の整理について詳しく解説しましょう。

  1. 食器棚の整理について
  2. 食器棚の整理方法とポイント
  3. 食器棚をうまく整理するアイデア
  4. 不要になった食器の処分方法
  5. 食器棚の整理に関するよくある質問

この記事を読むことで、食器棚の整理について詳しく分かります。まずは、記事を読んで参考にしてみてください。

1.食器棚の整理について

最初に、食器棚の整理の基本を解説します。

1-1.出し入れしやすく整理する

食器類は、出し入れしやすいように整理しましょう。食事のたびに使うため、出し入れしにくいとストレスを感じます。特によく使うものは、すぐに出すことができるように手前に配置するといいでしょう。また、食器同士の間隔を詰めすぎないように気をつけてください。出し入れの際に、ぶつかって破損する可能性があります。

1-2.サイズ・種類・使用頻度を考える

食器のサイズ・種類・使用頻度に合わせて整理しましょう。大きなものと小さなものを混ぜて置いてしまうと、取りづらいものです。種類ごとに分けて整理すれことで、どこに何があるか分かりやすくなるでしょう。使用頻度の高いものは手前にし、低いものは後方に配置してください。

1-3.不要な食器類は処分する

必要以上の食器があると、食器棚が使いづらくなります。不要な食器類は、思いきって処分しましょう。処分するときは、以下の判断基準を参考にしてください。

  • 毎日使うもの:残す
  • 個人的に思い入れのあるもの:残す
  • 同じようなものがたくさんある:必要な数だけ残して処分
  • 購入したものの使ったことがない:処分
  • 贈答品などで趣味に合わない:処分
  • 汚れ・破損がある:処分

2.食器棚の整理方法とポイント

食器棚の整理方法とポイントを詳しく解説します。

2-1.食器類の上手なまとめ方

また、スプーンやフォークなどのカトラリーは、引き出しに区切りを作って種類別に収納するのがおすすめです。もしくは、コップなどを使用し、種類別に立ててみてもいいでしょう。家族が多いときや、パーティーなどのときに、コップごと出せて便利です。料理の種類ごとに分けておく方法もあります。和食・洋食・中華など、使い方でまとめておくと調理をするときにスムーズです。

2-2.食器類の置き場所はどうする?

食器の置き場所は、使用頻度によって決めると使いやすくなります。頻繁に使うものは手前かつ手が届きやすい高さに、たまに使うものは奥かつ上段や下段に配置することで、出し入れの手間が減るものです。使うたびにほかの食器を移動することがなくなるため、イライラしません。

2-3.食器類の置き方を工夫しよう

食器の置き方を工夫すると、よりスッキリ見えます。食器類は、大きさや色・形が千差万別なため、ごちゃごちゃして見えがちです。同じ種類・色・形でそろえて収納しましょう。奥行きのある食器棚は、縦横の列を作るように並べるといいでしょう。また、グラスやカップなど、高さのあるものと皿など平たいものを並べず、別々の場所に置いてください。置き場所の間隔を統一すると、よりスッキリします。

3.食器棚をうまく整理するアイデア

食器棚をうまく整理するためのコツやアイデアを詳しく解説します。

3-1.食器棚の整理方法

食器棚の整理方法のコツを、詳しく解説します。

3-1-1.すき間を活用する

食器棚の収納量を増やすためには、すき間を活用することが大切です。食器を単に置くだけでは、縦方向の空間が無駄になります。たとえば、コの字型のラックを使えば上下にお皿を置くことができるだけでなく、取り出しやすくなるものです。つっぱり棒を2列に渡せば、ワイングラスなどをつるして収納できます。ただし、すき間をすべて埋めようすると出し入れがしにくくなったり食器同士が当たって破損したりするので注意してください。

3-1-2.見せる収納をする

お気に入りのデザインの食器は、あえて見せる収納をしましょう。食器棚に目が行くたびに、楽しい気持ちになります。皿類は、スタンドを使って立てるとデザインが映えておすすめです。色や形の統一感を考えて配置すれば美しく収納できます。さらに、見せる特別な食器類と普段使いのものとの棚を分けて収納すれば、実用性を確保できるでしょう。

3-2.収納グッズを活用する

食器棚の整理には、収納グッズが役に立ちます。カゴやトレイを使うことで、こまごまとしたものをまとめて収納でき、出し入れがしやすくなるでしょう。食器棚の引き出しは、豆皿やはし置き・カトラリー類など、仕切りを使って収納するとスッキリします。

3-3.食器棚を整理するときの注意点

食器棚を整理するときは、「とりあえず収納しない」ことを心がけてください。いつか使うだろうと思って収納すると邪魔になるだけです。もったいないと思って残しておいても結局使わず、食器棚がごちゃごちゃして使いにくくなってしまいます。今使わない食器は、不用品として処分しましょう。

4.不要になった食器の処分方法

不要になった食器の処分方法で、主なものをメリット・デメリットを併せて解説します。

4-1.ゴミとして廃棄処分する

自治体では、不要になった食器類をゴミとして回収・廃棄処分しています。食器類は、素材が陶器や金属などでできているため、不燃ゴミとなることが多いでしょう。ただし、自治体によってゴミの区分が異なるため、事前に自治体のホームページなどで確認してから依頼してください。

<メリット>

  • 処分費用が無料
  • 信頼度が高い
  • 汚れや破損があっても処分できる

<デメリット>

  • 集荷日時・場所が決まっている
  • 自分で集荷場所に運ぶ必要がある
  • 十分に使えるものでも廃棄処分されてしまう

4-2.リサイクル・リセールする

未使用だったり人気ブランドのものだったりする場合、リサイクルやリセール可能な場合があります。リサイクルショップに売る・ネットオークションに出品する・フリーマーケットに出すなどの方法から、利用しやすいものを選びましょう。ただし、いずれの方法にもデメリットがあるため、事前に理解してから進めてください。

<メリット>

  • 新たな持ち主の手に渡り、再利用してもらえる
  • 資源を大切にできる
  • お金が手に入る
  • ​条件によっては高額で売却できる

<デメリット>

  • 必ずしも売れるとは限らない
  • 買い取り不可の場合、処分だけを依頼できない(リサイクルショップ)
  • 思ったより安い査定が出ることが多い(リサイクルショップ)
  • 出品手続きがめんどう(ネットオークション・フリーマーケット)
  • 商品クレームや入金トラブルが起きることがある(ネットオークション)
  • 値切られることが多い(フリーマーケット)

4-3.不用品回収業者に依頼する

不要になった食器類は、不用品回収業者に依頼することができます。大量に処分したいときや、手間や時間を節約したいときなどにおすすめです。まずは、業者に連絡し、見積もりをもらってください。食器類のほかに処分したいものがあれば、同時に依頼しましょう。買い取りになるものがあれば、処分費用と相殺できてお得です。

<メリット>

  • 汚れや破損があっても処分できる
  • 自分で運ぶ必要がない
  • 中古品として価値があるものは買い取りになることもある
  • ほかの不用品を同時に処分できる

<デメリット>

  • 処分費用がかかる
  • 少量の食器だけを処分したい場合、費用が高くつく

4-4.食器の処分方法に関する注意点

食器類の処分は、メリット・デメリットをよく理解し、自分にとって最も都合のよい方法を選びましょう。ただし、未使用のものやコレクション価値があるものなどは、リサイクルやリセールすることを積極的に考えてください。また、食器類は重さがあるため、運ぶのが大変です。大量にある・ほかに処分したい不用品があるなどの場合は、不用品回収業者に処分を依頼することをおすすめします。

5.食器棚の整理に関するよくある質問

最後に、食器棚の整理に関するよくある質問に回答します。それぞれ確認し、役立ててください。

Q.食器棚の整理に適したタイミングは?
A.以下のようなときに整理するといいでしょう。

  • 食器棚がいっぱいになった
  • 食器棚が使いづらい
  • 引っ越しをする
  • キッチンのリフォームをする

Q.食器棚の整理は1日で可能ですか?
A.大型の食器棚で物量が多い場合は、1日で終わらないこともあります。無理をせず、数日に分けて作業してください。効率よく整理するためには、不要になった食器類の仕分けや処分をする・残した食器類のレイアウトを考える・実際に配置していく、のように順番に進めるといいでしょう。

Q.食器類の処分に迷う場合は?
A.無理に処分する必要はありません。保留扱いにし、後日改めて考えてください。ただし、1年以上使わないものは、すでに不用品です。特に思い入れのあるもの以外は、処分をおすすめします。中でも、未使用のものや人気ブランドのものは、リセール業者などに売却して、新たな持ち主に利用してもらうといいでしょう。

Q.割れた食器をゴミとして廃棄するときの注意点は?
A.ケガを防止するために、新聞紙などできちんと包んでから「食器(ワレあり)」などと書いておきましょう。包み方が不十分だと破片が突き出し、袋が破れて危険なので注意してください。自治体によっては包んでから指定のゴミ袋に入れる必要があるため、事前に出し方を確認しておきましょう。

Q.食器類の処分はどんな業者に依頼するといい?
A.以下の条件を満たす業者なら安心です。

  • 食器類の処分・リサイクルの実績が豊富
  • 可能な限り買い取りをしている
  • リーズナブルな料金システム
  • 見積もりだけなら無料
  • 日時・場所指定での回収が可能
  • 顧客からの評判がいい
  • 古物商許可などを取得している

なお、当埼玉出張買取コールセンターでも、食器類の処分をお受けしています。まずは、ご相談からお気軽にご利用ください。

まとめ

今回は、食器棚の整理について詳しく解説しました。食器棚が整理されていれば、毎日の食事の用意や片づけも楽にできます。まずは、不要になった食器類を思いきって処分して物量を減らしましょう。整理するときは、使用頻度が高いものを手前にする・種類や大きさごとに分けるなど、使いやすさを考えてください。また、食器類を使用した後は、元の場所に片づけるようにすれば、いつでもキレイに整理された状態が続きます。食器類をきちんと整理し、スッキリとして見栄えがよくて使いやすい食器棚に変えていきましょう。