洗濯機をお得に買い替えよう! 安いタイミングを徹底解説します!


洗濯機は、大量の洗濯物を楽に洗うことができ、生活必需品のひとつといえます。しかし、使い続けるうちに不具合が出たり故障したりするものです。洗濯機が寿命を迎えたり故障して動かなくなったりする前に、できるだけお得に買い替えたいことでしょう。そこで、今回は、洗濯機をお得に買い替えるためのコツを詳しく解説します。不要になった洗濯機の処分方法と併せてぜひ参考にしてください。

  1. 洗濯機を買い替えるタイミングは?
  2. 洗濯機の買い時はいつ?
  3. 古い洗濯機を処分する方法は?
  4. 洗濯機の買い替えに関するよくある質問

この記事を読むことで、洗濯機の買い替えについて詳しく分かります。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.洗濯機を買い替えるタイミングは? 

最初に、洗濯機の寿命や買い替えの目安などを解説します。

1-1.洗濯機の寿命は?

洗濯機の寿命は、約7~8年です。ただし、1日1~1.5回平均で使用した場合を想定しているため、使用頻度が高くなれば寿命が短くなります。また、重量のあるものやかさばるものを多く洗うなど、洗濯機に負荷をかける使い方をする場合も同様です。寿命を迎えた洗濯機はいつ壊れるか予測できないため、早めの買い替えをおすすめします。

1-2.洗濯機を買い替える目安

洗濯機を買い替える目安としては、以下のようなものがあります。

  • 故障した(寿命を迎えた)
  • 不具合が頻繁に出る
  • ライフスタイルの変化(家族が増えた・引っ越しなど)
  • 魅力的な新製品が出た

洗濯機が故障すると洗濯ができなくなるため、とても不便です。故障する前に買い替えることをおすすめします。なお、洗濯機の寿命が近づくと以下のような症状が出るので参考にしてください。

  • 汚れ落ちが悪い
  • 排水がうまくできない
  • 作動音が大きくなる・作動中に異音がする
  • 特定のボタンが反応しない
  • エラー表示が出て止まってしまう
  • 水もれする

1-3.最新機種がほしい場合は?

最新機種が欲しい場合、購入のタイミングが重要です。新製品が発売されるタイミングを見逃さないようにしましょう。また、現在の洗濯機にどんな不満があるのか、書き出してみてください。すると、最新機種がいいのかうを明らかにすることができます。さらに、希望メーカーや種類・予算なども決めておくと購入時に役立つでしょう。

2.洗濯機の買い時はいつ?

洗濯機の買い時について、最安値時期に安く購入するためのコツを解説します。

2-1.洗濯機の最安値時期について

洗濯機の最安時期は、以下を参考にしてください。

  • 縦型:4月後半ごろ
  • ドラム式:6月ごろ

縦型は5~6月ごろ・ドラム式は7~9月ごろに新製品を出すメーカーが多くなります。新製品が出る直前が、洗濯機を安く購入できるタイミングなのです。また、以下のようなタイミングでも安くなるのでチェックしておきましょう。場合によっては、新製品が予想以上に安く購入できることもあります。

  • 決算月(3月が多い)
  • 冬・夏のボーナス時期
  • 月末
  • 新規開店・閉店時

2-2.洗濯機を安く購入できるそのほかのコツは?

まずは、店頭価格から安くならないか店員と交渉することが大切です。家電販売店の中には、現金支払いでさらに安くなるところもあります。可能ならば、現金支払いをすることを伝えて価格交渉するといいでしょう。いくつか家電販売店を回り、他店で提示された価格を示すことで、安くしてもらえることもあります。相場を把握しておくと、価格交渉を有利に進めることができるので、ぜひ試してみてください。また、洗濯機以外の家電と同時購入することで値引きしてもらえることもあるので検討してみるといいでしょう。

3.古い洗濯機を処分する方法は?

洗濯機の買い替えに伴い、古い洗濯機の処分が必要になります。主な処分方法についてメリット・デメリットを併せて解説しましょう。

3-1.家電リサイクル法に基づいて処分する

洗濯機は、家電リサイクル法の指定品目であるため、自治体にゴミとして処分を依頼できません。メーカーが責任を持って回収・資源リサイクルする義務があるからです。家電リサイクル法に基づいて処分する場合、メーカーの受付窓口に連絡し、回収方法や日時などの指示を仰ぎましょう。なお、洗濯機1台につき2,484円もしくは3,202円が必要です。メーカーごとのリサイクル料金は、こちらを確認してください。また、運搬費用が別途1,000~2,000円程度かかります。

メリット

  • 確実にリサイクルしてもらえる
  • メーカーに依頼するので安心できる

デメリット

  • リサイクル費用がかかる
  • 手続きが面倒
  • 回収までに2週間程度かかることがある

3-2.家電量販店による下取り・引き取りを利用する

家電量販店では、洗濯機を買い替える場合、下取りや引き取りサービスを利用できることがあります。下取りや引き取りサービスを利用できる場合、新しい洗濯機を購入するのと同時に、古い洗濯機を回収・処分してもらうことが可能です。なお、メーカー・機種・年式指定があることがあるので事前に確認しておきましょう。

メリット

  • 買い替えと同時に処分できる
  • 洗濯機を引き取りにきてもらえる
  • 下取りになれば実質的に値引きとなる

デメリット

  • 下取り・引き取りだけの利用はできない
  • 対象機種が限られる場合がある

3-3.ネットオークションやフリマアプリで売る

比較的新しくてキレイ・人気メーカーのものなど条件がそろっている洗濯機は、ネットオークションやフリマアプリで売ることも考えてみましょう。利用するためには専用サイトに会員登録し、必要事項を入力して出品してください。欲しい人が現れて取り引きが成立したら、直接連絡先をやり取りし、代金の支払い確認・洗濯機の発送などの手続きを行うことになります。

メリット

  • 欲しがっている人と直接やり取りできる
  • 思わぬ高値落札になる場合もある(ネットオークション)
  • 気軽に出品できる(フリマアプリ)

デメリット

  • 必ずしも取り引きが成立するとは限らない
  • 出品手数料(1回数百円~)がかかる
  • 値切られることが多い(フリマアプリ)
  • 個人間トラブルが多い(入金トラブル・商品クレームなど)

3-4.リサイクルショップで買い取ってもらう

不要になった洗濯機は、リサイクルショップで買い取ってもらうこともできます。まずは、業者に連絡して買取査定を受けてください。買取可能となり、提示金額に納得できる場合は買い取ってもらいましょう。なお、リサイクルショップでの買取は直接持ち込みが原則です。しかし、直接持ち込みが難しい場合には、直接回収可能かどうか問い合わせてみましょう。

メリット

  • 買取代金が手に入る
  • 中古品としてほかの人の役に立つ

デメリット

  • 必ずしも買取になるとは限らない
  • 処分だけでは依頼できない
  • 直接回収してくれる業者がいなければ、自分で持ち込むことになる

3-5.不用品回収業者に依頼する

不要になった洗濯機は、不用品回収業者に処分を依頼すると便利です。まずは、業者に連絡して見積もりをもらいましょう。通常、1回数千円程度の回収費用がかかります。ほかにも処分したい不用品がある場合は、同時に依頼するといいでしょう。ほかの不用品が買取になった場合、洗濯機の処分費用と相殺できてお得です。

メリット

  • 故障していても処分できる
  • 条件がいいものは買取になることがある
  • ほかの不用品を同時に処分できる
  • 都合のいい日時を指定できる

デメリット

  • 処分費用がかかる

4.洗濯機の買い替えに関するよくある質問

最後に、洗濯機の買い替えに関するよくある質問に回答します。それぞれ役立つので参考にしてください。

Q.小さい子どもがいる家庭におすすめの洗濯機は?
A.小さい子どもがいる場合は、縦型洗濯機がおすすめです。ドラム式洗濯機は、子どもの好奇心をかき立て、閉じ込められてしまう事故が多数報告されています。子どもが判断できる年齢になるまでは、縦型洗濯機を使うほうが安心でしょう。

Q.乾燥機能つきの洗濯機のメリット・デメリットは?
A.以下を参考にしてください。 

メリット

  • 雨天でも洗濯・乾燥ができる
  • 家事の時短になる
  • 屋外に干さないので花粉対策になる

デメリット

  • 衣類にシワがつくことがある
  • 初期費用が高い

Q.購入後2年で故障した場合は買い替えたほうがいいですか?
A.条件によって買い替えか修理か判断しましょう。

  • 販売店の保証期間内(購入時のオプションなど)は修理
  • メーカーで修理可能かつ安価なら修理
  • 修理期間(平均1週間~)洗濯機がないと困る場合は買い替え
  • 修理費用が高いもしくは修理不可能なら買い替え

Q.洗濯機をできるだけ有利に買い取ってもらうコツは?
A.以下のポイントに注意してください。

  • 本体や洗濯槽の汚れをキレイに掃除しておく
  • 説明書・付属品などをそろえておく
  • できるだけ早く買取依頼に出す

Q.不用品回収業者を選ぶポイントは?
A.以下の条件を満たすところがおすすめです。

  • 洗濯機の処分・買取で豊富な実績を誇る
  • 再販可能なものはできるだけ買取している
  • ​見積もりは無料
  • 処分費用がリーズナブル
  • 都合のいい日時・場所を指定できる
  • スタッフの対応が丁寧で親切
  • 古物商許可などを取得している

なお、当埼玉出張買取コールセンターも、洗濯機の処分をお受けしています。まずは、お気軽にお問い合わせください。

まとめ

今回は、洗濯機の買い替えについて詳しく解説しました。洗濯機にも寿命があるため、長く使用しているうちに故障したり不具合が出たりします。また、魅力的な新製品に買い替えたいこともあるでしょう。せっかく買い替えるのなら、できるだけお得に買い替えしたいものです。そのためにも、今回の記事を参考にお得に買い替えできるタイミングを理解しておきましょう。また、不要になった洗濯機は、家電リサイクル法の指定品目となるため、ゴミとして処分できません。買い替える場合は、販売店の引き取りや下取りサービスが利用できることもあるので調べてみましょう。洗濯機のほかにも、処分したい不用品が多い場合などは、不用品回収業者への依頼が便利でおすすめです。