故人の思い出の品を処分する!~遺品整理を行なうのに最適な時期とは?~


遺品故人の遺品整理を行なうというのは、故人にできる最後の奉仕です。
近年では高齢化・核家族化などの影響から、“一人暮らしで生涯を終える”という事例も多くあり、遺品整理の規模や方法が複雑化しています。

大規模で複雑化している遺品整理を家族だけで行なうのは非常に難しいものです。

そこで、“遺品整理をいつから始めるのか?”、“遺品整理の際に遭いやすいトラブル”、“形見分けの時期”など遺品整理に関する様々な疑問について解説します。

遺品整理はいつ行なう?:遺品整理を行なうのに最適な時期

・仏教の遺品整理の目安は没後49日後

仏教の葬儀を行なった場合の遺品整理は、“没後49日以降”というのが目安です。

49日というのは仏教の法要で、近親者の没後49日間を「喪中」として“故人の冥福を祈る”という期間になります。

喪中は“できる限り外交的な行動を控える”というのが一般的なので、遺品整理などは喪中明けの49日以降に行なうというのが一般的です。

・神道の遺品整理の目安は没後50日後

神葬祭で葬儀を行なった場合の遺品整理は、“没後50日以降”というのが目安です。

神道では近親者の没後50日は「忌中」という期間で“故人を偲んで生活を行なう”という期間になります。

故人を偲ぶ期間という性質上、神道では没後50日は故人の遺品整理は行なわないというのが一般的です。

・賃貸住宅などの場合には早めに遺品整理と手続きを行なう

仏教や神道など宗教によって遺品整理を始める目安がありますが、賃貸住宅の場合には一般的な目安よりも早く遺品整理を行なうことも少なくありません。

賃貸住宅の場合には、遺品整理を行なわないことで賃貸料が発生してしまいます。

賃貸住宅に住んでいた故人の遺品整理は、葬儀終了後など比較的に早い時期に行なうというのが一般的です。

賃貸住宅では賃貸契約の解約が必要になります。
解約には“賃貸契約書”が必要になるので、本格的な遺品整理前を始める前に賃貸契約書などの必要書類を先に探しましょう。

・遺品整理は気持ちの整理がついてから…

故人に対する気持ちの整理ができず、整理する気持ちが湧かないという場合には、無理をして遺品整理を行なう必要はありません。

遺品整理というのは故人との思い出の整理を行なうことです。
気持ちの整理には個人差があるため、自分や家族の気持ちの整理が付いてから行なうというのが適切な時期となります。

形見分けの時期とマナーを知ろう

日本では古くから“形見分け”という遺品整理の慣習があります。形見分けは、“故人の思い出の品を近親者で分け合う”という習慣です。

では、形見分けのマナーについてご紹介しましょう。

【形見分けのマナー①~高価な形見分けには贈与税がかかる~】

形見分けは法律上“贈与”に該当します。
当然、贈与税の対象になることから高価な形見分けを贈るという場合には注意が必要です。
贈与税は1年間に贈与された財産の合計が110万円を超えると課税の対象になります。

【形見分けのマナー②~押し付けるような形見分けはしない~】

形見分けは故人の愛用品を贈るということから、送られる側にとっては迷惑になってしまう場合があります。
形見分けは無理強いせず貰いたいと思う近親者に対して贈るようにしましょう。

【形見分けのマナー③~形見分けの時期とは?~】

形見分けを行なう時期は遺品整理同様に喪中明け(49日)または忌中明け(50日)というのが一般的となっています。
それぞれ、“四十九日法要”や“五十日祭”に形見分けを贈るというのが一般的です。
葬儀に参列できない近親者や友人に形見分けを贈る場合には、葬儀後に手渡します。

“形見分けは手渡しが基本”なのですが、遠方の近親者や友人に贈る場合には簡単な挨拶文を添えて送るのも良いでしょう。

遺品整理トラブルを知ってトラブルを避けよう!

・遺品整理トラブル①~一定期間残す必要のある遺品~

遺品の中には一定期間保管することが望ましいものがあります。

遺品整理の際に、書類などを不用意に捨ててしまったために各種手続き上のトラブルや金銭的なトラブルなどの可能性もあるため、“一定期間保管する遺品”というものを確認しておきましょう。

一定期間保管する遺品として代表的なものは、“故人の通帳”、“故人宛の年賀状・手紙”、“各種契約書類・権利書類”などがあります。
これらの書類は遺品整理の際に紛失しないように保管したうえで遺品整理を進めましょう。

・遺品整理トラブル②~遺品整理業者とのトラブル~

最近では遺品整理を業者に依頼するということが増え、遺品整理業者とのトラブルも多く年々増加しています。

遺品整理業者とのトラブルで特に多いのが“大切な遺品の破棄”というトラブルです。

遺品の価値の判別というのは非常に難しく、依頼者にとって大切な遺品であっても業者にとっては不用品に見えてしまうというものも少なくありません。

このようなトラブルに遭わないためにも、“遺品整理に立会う”、“大切な遺品を明確に伝える”などを対策が大切です。

遺品整理業者に依頼する

・遺品整理業者とは?

一人暮らしを行なっていた故人の部屋や家などの遺品整理というのは、遺族にとって肉体面や精神面でも重い負担となります。
こうした中、注目を集めているのが“遺品整理業者”です。

数名の作業員で遺品の分別や保存・廃棄を行い、業者によっては、遺品のなかで再利用できるものに関しては買取サービスを行なっているところもあります。

・遺品整理業者のメリットとは?

遺品整理業者のメリットは円滑な遺品整理の他にも、遺族の精神的な負担の軽減があります。

遺品を整理するというのは遺族にとって精神的に大きな負担です。
遺品整理業者に作業を任せることで、遺族の精神的な負担を軽減することができます。

また、大型の遺品など個人での廃棄や運搬の難しい遺品の整理・処分の手間を大幅に減らすことができるというメリットもあるのです。

・買取サービスとの併用でお得に遺品整理が行なえる

買取サービスを受けられる遺品整理業者に遺品の整理を依頼することで金銭面の負担を抑えた遺品整理を行なうことができます。

遺品整理業者の中には不用品の買取サービスを行なう業者もあり、こうしたサービスを利用することで、遺品整理に必要な費用を軽減することが可能です。

・遺品整理業者選びの注意点

遺品整理を業者に依頼する場合には“しっかりとした業者選び”が大切です。

遺品整理に関するニーズの高まりと共に、遺品整理業者とのトラブルは増加傾向にあり、トラブルを回避するためにも信頼のできる業者を選びましょう。

遺品整理業者では無料相談や無料見積もりなどのサービスを行なっています。
複数の業者のサービスを比較し、コスト面やサービス面など様々な面で充実した業者を選ぶように心掛けましょう。

まとめ

遺品整理を行なう場合に最適な時期というのは個人によって大きく異なります。
喪中や忌中など遺品整理を避けるべき期間の目安というのはありますが、絶対的な禁忌というわけではありません。

遺品整理の最適な時期というのは“自分で選ぶ”ということが大切です。

遺品整理のための作業が個人で難しいようであれば、業者に生理を依頼するなど臨機応変に対応して上手に遺品整理を計画しましょう。