いらないテレビを高値で売るための6つのポイント


テレビ

季節と同じように家電の世界にもシーズンがあることを知っていますか?
特にテレビは近年すばらしい成長をしており次々に新しい商品が販売されています。

ブラウン管テレビから液晶テレビへ、そして今では3D視聴から4K(フルハイビジョンの4倍精細に見える画質のキレイなテレビ)に進化しています。

テレビは普通の粗大ゴミとは違い、リサイクル法に定められているためお金を払って処分しなければいけません。

そこでオススメしたいのが、テレビの買取業者を使った処分の方法です。

目次

  1. テレビを買い取ってもらう方法
  2. 業者にテレビを買い取ってもらう手順
  3. 買取できるテレビの種類
  4. 買取価格の相場
  5. 買い取れないテレビはあるの?
  6. テレビを高く売るポイント

1.テレビを買い取ってもらう方法

テレビを買い取ってもらうには2種類あります。

それぞれにメリット・デメリットがありますので自分に合わせて選ぶといいでしょう。

1-1.テレビ専門の買取業者

家電を専門で買い取っている業者もいれば、さまざまな商品を買い取っている業者もいます。その中にテレビだけを専門としている業者が存在します。

テレビ専門の買取業者は、中古テレビ売買の市場調査がいち早くできるためそれに応じた価格帯になり高額買取になることが多いです。

また、テレビに詳しいスタッフが査定をするので一般的なリサイクルショップより高値になるようです。

1-2.一般的なリサイクルショップ

テレビの買取はリサイクルショップでも行っています。

比較的どこにでもリサイクルショップはありますので気軽に売ることができます。また、ジャンク品でも取り扱っているリサイクルショップもありますので、後で売りたいと思った時には見積りだしてもらうといいでしょう。

ただし、テレビ専門ではありませんので価格帯が安くなったり、使用感や人気に応じた値段になると思います。

2.業者にテレビを買い取ってもらう手順

業者にテレビを買い取ってもらう時にしっかり手順を踏まなければ損をしてしまうことがあります。日本にはいくつもの業者がありますので見積りや査定をしてもらうことは売買の間では常識です。

2-1.買取専門業者

パソコンや携帯電話でテレビ対応の買取業者を探すとたくさん出てくると思います。
この中でもどこの業者がいいのかわかりませんよね?

(1)買取の手順としてまずは見積り、査定をしてもらいましょう。

だいたい業者では無料で査定をしてもらえます。電話だけでもできますし、業者のホームページに型番や使用年数を記入するだけで料金が表示されるシステムもあります。

(2)買取料金に納得すると買取金額の支払いをしてもらう。

買取方法は、店頭はもちろん出張や宅配を受け付けている所もあるので自分のライフスタイルに合わせて選ぶといいでしょう。

2-2.リサイクルショップ

リサイクルショップで買取をする場合、基本的に家の近くのショップに持ち込むことが多いでしょう。

(1)買取専門業者と同じように見積りをしてもらう。

ショップに直接持ち込んで査定をしてもらうか、家まで来てくれる出張サービスを使って査定をしてもらいましょう。

(2)買取価格に納得したら買取金額を受け取る。

しかし、買値が安くて納得できなかった場合、パソコンや携帯電話で宅配買取をやっている業者を探して見積もりを出してもらいましょう。

見積もりは必ず行いましょう。

3.買取できるテレビの種類

テレビにも種類があります。

今現在日本で普及しているテレビのほとんどが液晶テレビですが、昔懐かしいブラウン管テレビを使っている人もいるといらっしゃいます。テレビの買取に種類は関係あるのでしょうか。

3-1.液晶テレビ

私たちが普段目にする多くのテレビが液晶テレビではありませんか?

薄くて映像がキレイに見えるのが特徴で、売買共に人気のテレビです。業者でも高価で買い取ってくれることが多いため、液晶テレビは大切にしておきましょう。

3-2.プラズマテレビ

液晶テレビが主流になる以前に使用されていたテレビです。

大型のテレビのほとんどがプラズマテレビでしたが、液晶が流行し始めてから今では電機メーカー3社しか取り扱っていません。

買取に関しては、液晶と同様に買取をしてくれますのでプラズマテレビでも不用品があれば見積もりに出してみましょう。

3-3.ブラウン管テレビ

おじいちゃん、おばあちゃん世代から受け継がれてきたブラウン管テレビは、今では見かけることがなくなってしまいました。

テレビの買取でもブラウン管を取り扱っている業者は数えるほどしかいません。

また、買取できても高くて5000円、安くてたったの10円ほどなのであまり期待しない方がいいでしょう。

4.買取価格の相場

新品のテレビの購入は安いものではありません。そのため、買取価格もできるだけ高値であってほしいと思いますよね?

実は液晶テレビに相場はありません。人気やメーカー、使用年数や状態によって価格に大きな差があるためです。いくつか例をあげてみたいと思います。

4-1.液晶テレビ

  • 東芝レグザ46インチ(1年使用、中古、状態・備品良)約25000円~43000円
  • シャープAQUOS46インチ(半年使用、中古、状態・備品良)約39000円~57000円
  • ソニーBRAVIA46インチ(ほぼ新品、中古、状態・備品良)約40000円~60000円

4-2.プラズマテレビ

  • 日立Wooo46インチ(半年使用、中古、状態・備品良)約19000円~35000円
  • パナソニックVIERA42インチ(2~3ヶ月使用、中古、状態・備品良)約15000円~24000円

4-3.ブラウン管テレビ

古い形や取り扱い店舗が少ないため残念ながら相場が割り出せませんが、買取価格は安いです。

  • 最低価格14~20型で10円、21型で100円など、ほとんどお金になりません。

リサイクル料がいらないだけでも良しと考えるといいでしょう。

5.買い取れないテレビってあるの?

買取業者はなんでも買い取ってくれるわけではありません。

テレビでも買い取れる商品とリサイクル料金が発生する商品があります。自分の持っているテレビは買取可能なのか確認しましょう。

5-1.壊れており動作しない

テレビの買取は中古として再販売を目的としていることがほとんどです。そのため、動作しなかったり映らないテレビの買取はしません。業者によっては無料で引き取ってくれることもありますので、壊れたテレビは引き取ってくれる業者に任せるといいでしょう。

5-2.古い製造のテレビ

テレビが作られた製造日が古いと買取が難しくなることがあります。

商品の人気がなく売れないという理由の他にも、メーカーが部品の製造を行っていないこともあげられます。

もし中古でテレビを買って壊れてしまっても部品がなければ修理できませんよね?

テレビを買い取って再販売するためにもアフターサービスはできるようにしておく必要があります。

6.テレビを高く売るポイント

テレビを高値で買って貰うためにはいくつかポイントがあります。

少しでも高額の値がつくように見積もりの前にはチェックしましょう。

6-1.見た目第一

絶対にはずせないのが見た目です。小さな傷といった使用感は消せませんが、ホコリや汚れはキレイにしておきましょう。配線部分にホコリはたまりやすいです。

6-2.付属品の確認

中古の商品として販売するときに備品は重要です。そのため、買取の際にも備品が揃っていると高値になることがあります。テレビを買ったときの箱等もあればいいでしょう。

6-3.1つの業者だけでなく何社かの業者に見積もりをしてもらう

買取業者によって買取の値段が変わってきます。少しでも高値で買ってもらいたいのであれば、見積りを何社かにお願いして一番高い業者に買取をお願いするといいでしょう。

まとめ

テレビは買取価格の変動がとても早いのが特徴です。

高値で売りたいと思ったときにはすぐに行動しなければ価格はどんどん下がっていきます。

  1. テレビを買い取ってもらう方法
  2. 業者にテレビを買い取ってもらう手順
  3. 買取できるテレビの種類
  4. 買取価格の相場
  5. 買い取れないテレビはあるの?
  6. テレビを高く売るポイント

できるだけ高値で買い取ってもらえるように、ここで紹介したテレビの買取知識をぜひ活かしてください。