使わなくなった洗濯機、処分費をかけずに買取してもらう方法


洗濯機

生活をする上で必要な家電はいくつかありますが、洗濯機もその一つです。一人暮らしならコインランドリーという手もあります。しかし、自宅で自分の好きなときに洗えるので、洗濯機は購入する人が多いでしょう。

では、買い替えをする際やもう使わなくなった洗濯機、どう処分しますか?買い替えと同時に引取りをしているお店もありますが、処分費は別で取られる場合がほとんどです。少しでも負担を減らすために、買取を考えてみてはどうでしょうか。

買取してもらえる洗濯機の見分け方・買取してもらう方法や高価買取のポイントを紹介します

1.洗濯機を買取してもらう方法

1-1.近くのリサイクルショップへ持ち込みをする

家電や家具を扱うリサイクルショップ、一昔前と比べると店舗が増えています。近くにそういったお店があれば、持ち込んでもいいでしょう。

リサイクルショップは買取をした洗濯機をそのままお店で販売しています。買取された後にどこで売られるんだろう…という心配をしなくてよくなるという点がメリットではないでしょうか。

ただ洗濯機は軽い家電ではありません。1人では到底運べないですし、部屋から車までの移動距離によっては難しい場合もありますね。家族で協力し合いながら、リサイクルショップまで持っていってください。

1-2.知人・友人に譲る

買取となるとお店に売ることをまず一番に考えますが、近くに中古洗濯機を探している人はいないでしょうか?知人・友人に聞いて回ると、洗濯機を探している人が見つかるかもしれません。査定がいくらになるのかを気にすることなく、自分がどれぐらいで譲りたいのか希望を提示し、交渉も全て当人同士で可能です。

全く知らない人に売るよりも、知っている人に譲るほうが安心ではないでしょうか。

しかし問題なのが、知っている人だけにあまり高い買取価格を提示できない…というところです。これからも付き合いもありますし、相手に負担はかけたくないですよね。

高く買取してもらうつもりではないけど、処分費が浮けばいいな、と考えている人にオススメの方法です。

1-3.買取業者に家まで取りに来てもらう

買取を専門でおこなっている業者も今は増えてきています。自分たちでお店を持っているところもあれば、リサイクルショップに卸しているところもあるので、どういう販売をしているかは事前に確認してください。

買取業者のメリットは、売る側がとにかく楽だという点です。家まで来て査定をしてくれますし、その額に同意して売るとなったときには、家まで取りに来てもらえます。自分で持っていく必要もないため、手間隙がかからず楽です。

また、高く買取してくれる業者も多いです。できるだけ高く売れればいいと思うのは皆同じですよね。高く買取してもらえることを期待して買取業者に依頼してみてはどうでしょうか。

2.売れる洗濯機とは?

2-1.有名な国産メーカー

やはりメーカーは大切です。どれほど性能がよくても、知らないメーカーの洗濯機を購入したいという人はほとんどいません。自分が知っているメーカーであることが大前提で洗濯機を探すと思います。アフターサポートのことも考えると、国内のメーカーが安心ですよね。

中古洗濯機も、有名な国産メーカーのほうが高く買取してもらえます。

2-2.状態がいい

中古であっても、状態がいい洗濯機のほうが人気なのは当然です。洗濯機としての機能を果たすのはもちろんですが、見た目もキレイで、洗濯機の中もキレイとなると高く買取してもらえる可能性が高まるでしょう。

洗濯機は洋服の汚れを落とすために使われるものなので、最初から汚れていて状態が悪いものよりも、キレイかどうかが重要視されます。

また、長く使い続けているものや使い方が悪いものは、カビ臭くなっています。汚れだけではなく臭いも気をつけなくてはいけません。

2-3.人気のあるモデル

洗濯機はシーズンごとに入れ替えられており、常に新しい洗濯機が店頭には並んでいます。その中で特に人気が出ているモデルがあるはずです。

少しぐらい古くても人気モデルであれば、高く買取してもらえるかもしれません。

今はドラム式洗濯機のほうが買取額が高くなる傾向にあります。

3.売れない洗濯機とは?

3-1.製造から期間が経ちすぎている

リサイクルショップが中古で扱う洗濯機は、製造から大体5年までです。2010年に製造されたものは、売るなら2015年までということになりますね。

それ以上期間が経ってしまうと、買取対象外となる場合が多いです。そんなに使っていないからキレイだといっても、製造年で判断されてしまうため、5年以内に買取してもらうようにしましょう。

3-2.汚れや傷がひどい

製造年は5年以内までですが、それはキレイな状態であることが前提で、見た目や洗濯機としての性能に問題がない場合の判断材料です。

汚れや傷がひどいとなると、1年前のものでも買取不可能となります。

3-3.室外置きで使用していた

洗濯機は住む家によって、室内置きか室外置きかが違います。最近はほとんど室内に設置できる家が増えましたが、一人暮らしのアパートなどでは室外で使用しているところもあるでしょう。室外は雨風にさらされる状態なので、短い期間で劣化してしまいます。

そのため、室外で使っていたというと買取してもらえない可能性が高いです。

4.高く売るためのポイント

4-1.付属品を揃えておく

洗濯機に限らず、高く買取してもらうためには付属品の有無が非常に大切です。最近の洗濯機は性能が良く機能も多いので、取扱説明書がないと使いこなせないこともあるでしょう。付属品としてつけられていたものは、全て一緒に売るようにしてください。

ドラム式洗濯機は、運ぶ際にドラムを固定する輸送用ボルトが必要です。もう運ぶことはないと捨ててしまう人が多いのですが、売るときのことを考えると取っておかなくてはいけません。

4-2.できるだけ新しいうちに売る

製造から5年以上経つと買取不可能になってしまうこともありますので、できるだけ新しいうちに売りましょう。新しい洗濯機が欲しいけど、まだ使えるし…と考えていて、5年経過した後に新しい洗濯機を購入したとします。そして古い洗濯機を買取に出したら、すでに5年を過ぎていて買取してもらえなかったとしたら、もったいないですよね。もっと早く行動に移して売りに出していれば、買取で受け取った費用を新しい洗濯機の足しにすることができたかもしれません。行動が遅いと損をしてしまいます。

売りたい、新しい洗濯機を買いたいと思ったら早めに行動に移してください。最長で7年ぐらいまでは買取してもらえる可能性はあります。

4-3.高く買取してもらえる方法を探す

洗濯機を買取してもらう際、どこで依頼をしようか迷うでしょう。お話した買取方法の中では、買取業者に依頼をする方法がオススメです。

やはり買取専門で販売経路も確立しているだけあって、中古の洗濯機を多く仕入れる必要があるため、高く買取しようと頑張ってくれます。

どこで売るかによって買取額が変わってしまいますので、慎重に考えたいですね。

まとめ

いかがでしたか?

  • 洗濯機を買取してもらう方法
  • 売れる洗濯機とは?
  • 売れない洗濯機とは?
  • 高く売るためのポイント

洗濯機は生活に必要なものなので、新品で購入せずに中古で安く手に入れたいと思う人も多いです。どの程度の性能を希望するかは買い手次第ですが、継続して中古洗濯機の需要はあります。

もしも不要になった洗濯機があり、買取してもらえる洗濯機であると判断した場合は、一度査定をしてもらうといいでしょう。高く買取してもらえれば嬉しいですよね。本来なら処分するのには処分費がかかりますが、それがかからずに済むだけでもお得です。