ベッドを買取に出す方法とポイント〜高価買取のコツも紹介!〜


「ベッドを買い取ってもらう方法は?」「自分で搬出・運搬できない場合はどうしたらいいの?」など、ベッドの買取で悩んでいる方は多いでしょう。大型家具のベッドは搬出や運搬がとても難しく、買取・処分に出すのもひと苦労です。しかし、買取業者によっては、出張買取を行っているところもあります。また、状態がよく有名なメーカーのベッドは高価買取が期待できるでしょう。

本記事では、ベッドを買取に出す方法やポイントを解説します。

  1. 買取対象になるベッドの基準は?
  2. ベッドの買取相場は?
  3. ベッドを高く買い取ってもらうコツ
  4. ベッドを買取に出す方法
  5. ベッドの買取に関してよくある質問

この記事を読むことで、ベッドを高く買い取ってもらうポイントが分かります。悩んでいる方はぜひチェックしてください。

1.買取対象になるベッドの基準は?

まずは、買取対象になるベッドの特徴や査定基準をチェックしておきましょう。

1-1.1番の査定ポイントは状態の良さ

ベッドの買取査定で最も重要視されている要素は、ベッド自体の状態の良さです。長く使っているベッドほど側面やヘッドボードに傷ができたり、へこんだりしていることが多くあります。ベッドとしての機能を果たしていても激しい傷みやへこみが現れている場合は買取不可になる可能性が高いので注意してください。自分が買う側になると、状態が悪いベッドに手を出したくないですよね。有名メーカーやブランドもののベッドであっても使用感が強く出ているものは、まったく価値がつかないケースが多いでしょう。

1-2.使用年数が5~10年以内のもの

買取業者によって具体的な年数は異なりますが、使用年数が5~10年以内のものかどうかも買取基準に含まれています。ベッドは肌に触れている時間が長く、汗やシミがどうしても付着してしまうものです。ほかの家具なら手入れしだいで劣化を防ぐことができますが、ベッドは使用年数が長くなるほど劣化がどんどん進行してしまいます。また、機能性を重視したベッドは新商品と比較されやすいので買取額が下がりやすくなるでしょう。使用年数が短いものほど高く売れるので、不要になったベッドは早めに売ることをおすすめします。

1-3.有名メーカーや人気があるベッドか

ベッドの買取基準は、有名メーカーや人気商品かどうかも重要視されます。たとえば、低反発マットレスで有名なテンピュール、スタイリッシュなデザインが人気のカッシーナ・イクスシーといった有名ブランドのベッドは高価買取が期待できるでしょう。逆に、ノーブランドのベッドは買取額が安くなる傾向があります。ノーブランドで使用感があるベッドは、買い取ってもらえない可能性が高めです。事前に、不要になったベッドのブランド名や型番をチェックしておくといいでしょう。

2.ベッドの買取相場は?

では、ベッドの買取相場は一体いくらぐらいになるのでしょうか。

2-1.ノーブランドは購入金額の0~20%が目安

ノーブランドのベッドは、購入金額の0~20%が買取額になる可能性が高いでしょう。たとえば、ホームセンターで5万円のベッドを購入した場合、最大1万円で買い取ってもらうことができます。ただし、5~10年以上使用していたり、傷やへこみがあったりする場合はまったく価値がつかないこともあるのです。買い取ってもらえないか、2,000~3,000円と低い買取額になります。ノーブランドは中古市場で人気が低いので、買取業者の在庫状況によっても買い取ってもらえるか判断が変わりやすくなるでしょう。

2-2.ブランドものは購入金額の0~40%が目安

ノーブランドのベッドよりもブランドもののベッドのほうが、多くの買取業者で買い取ってもらいやすい傾向があります。ブランドものはもともとの購入金額も高めに設定されているため、購入金額の0~40%程度が買取額です。あくまで目安なので、状態がよいベッドであれば買取額がさらに高くなる可能性もあります。逆に、ブランドのベッドでも汚れがひどくマットレスの劣化が激しい場合は、まったく価値がつかない場合もあるので要注意です。

2-3.売りたいベッドの中古品を探してみよう

自分の持っているベッドのブランド名や品番を確認し、同じ型の中古品を探してみてください。同じベッドの中古品がいくらで買い取ってもらえるのか、いくらで売れているのか分かります。買取業者は自社で再販した場合の値段を基準に買取額を決めているため、買取額の目安になるでしょう。また、いくらで買い取られているのか複数の業者を比較することで、最も高く売れる業者に買い取ってもらうこともできます。

3.ベッドを高く買い取ってもらうコツ

ベッドを高く買い取ってもらうコツをいくつか紹介しましょう。

3-1.できるだけキレイな状態にする

高価買取のポイントは、ベッドをできるだけキレイな状態にすることです。前述したように、使用感が強く出ているベッドは買取額が低くなってしまいます。できるだけ新品に近い状態にすることで、高値で買い取ってもらいやすくなるでしょう。ベッド本体をキレイに磨いたり、細かい汚れを取ったりするだけでOKです。マットレスにシミがついている場合は、シミ取りをしておくといいでしょう。汚れを放置するほど除去しにくくなるため、日ごろからシーツを使ったり、マットレスを持ち上げてカビ対策をしたりと手入れをするのが1番です。

3-2.メーカーの保証書を準備する

有名メーカーのベッドや介護用の電動型ベッドなどには、メーカーの保証書がついています。保証書はメーカーのベッドであるという証拠になるため、忘れずに買取業者に持ち込んでください。買取業者の中には、保証書がないと買取不可になるところもあります。また、保証書のほかにも取扱説明書や予備の部品などの付属品があるはずです。付属品も買取額がアップする大切なものなので、一緒に買取業者に提示してください。

3-3.家具を取り扱っている買取業者に依頼する

ベッドを高く売るために、家具を中心に買取を行っている業者に依頼するのも大切なポイントです。買取実績が豊富なところほど、適切な値段で買い取ってくれる可能性があります。何社かに無料査定を依頼し、自分が求めているサービスや買取額を提示してくれる業者を選んでください。買取業者がたくさんあって選べない場合は、得意とするベッドの種類に注目してみるといいでしょう。買取業者の中には、特定のサイズやブランドを得意とする業者もあります。

4.ベッドを買取に出す方法

それでは、ベッドを買取に出す方法とポイントを紹介します。

4-1.買取業者またはリサイクルショップに依頼する

ベッドを買取に出す方法としては、買取業者またはリサイクルショップに依頼する方法があります。ベッドを含めた家具の買取を行っている業者に依頼するのがいいでしょう。中古市場に詳しいところが多いので、リサイクルショップよりも高値で買い取ってもらいやすいのです。ブランドものや人気メーカーのベッドは買取業者に無料査定を依頼してみてください。買取業者で買取してもらえなかったベッドは、かなり安値になりますが、リサイクルショップに依頼するといいでしょう。ただし、業者の中には出張買取を行っていないところがあります。ベッドは大型家具がほとんどなので、搬出・運搬を行ってくれる業者に依頼してください。

4-2.不用品の回収も行っている業者を利用する

ベッド以外に処分したい不用品があれば、不用品の回収と買取を同時に行っている業者に依頼することをおすすめします。不用品回収業者の中には、回収だけでなく買取を行っているところがあるのです。買取と回収が同時にできる業者に依頼すれば、買取不可になってもそのまま回収してもらえるので手間と時間がかかりません。また、不用品の中に買い取ってもらえるものがあれば、処分費用が節約できます。リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターでは、不用品の回収と買取を行っているので、ぜひ1度ご利用ください。

4-3.欲しがっている人に譲る

周囲に欲しがっている人がいれば、ベッドを譲るのも方法の1つです。買取業者やリサイクルショップに買い取ってもらえなかったとしても、周囲に欲しがっている人がいれば譲ることができます。買取額を得ることはできませんが、処分費用を抑えることができるでしょう。また、「もったいなくて捨てられない」という方でも、譲り先が見つかれば再利用してもらえるので気持ちも楽になります。ただし、譲る場合はどのようにベッドを運ぶのか考えなければなりません。

4-4.ネットオークションやフリマサイトを利用する

ネットオークションやフリマサイトを利用してベッドを売却するのも方法の1つです。多くの新品または未使用品・ブランドものが出品され落札されています。使用感が出ているベッドは買い手がつかない傾向があるので注意してください。また、ネットオークションやフリマサイトで買い手がついたとしても、自分でこん包して送らなければなりません。大型家具のベッドをこん包するには時間と手間がかかり、送料も高くなることなども頭に入れて出品手続きをすることが必要です。

5.ベッドの買取に関してよくある質問

ベッドの買取に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.マットレスの状態も買取基準に含まれるのか?

A.ベッドの買取基準にマットレスの状態も含まれます。状態がよくブランド品のマットレスほど高額で買い取ってもらえる可能性が高いでしょう。けれども、生活に密着した家具なので汚れやシミがついたり、激しく傷んでいたりするマットレスは買い取ってもらえないこともあります。特に、タバコやペットの臭いがついているマットレスは買取が難しいと言えるでしょう。自分自身の臭いが染みついている場合も減額の対象になります。

Q.ベッドの買取相場を調べるコツは?

A.ネットオークションでの取り引きや買取業者の買取実績を調べる方法があります。どんなベッドがいくらで買い取ったのか、買取業者のホームページに記載されているので確認するといいでしょう。自分が売りたいベッドに近いものがあれば、買取額の目安が分かるはずです。また、無料査定を利用すれば、査定金額に納得できなくてもキャンセル料はかかりません。

Q.出張買取を利用する際の注意点は?

A.運搬・搬出費用がいくらかかるのか必ず確認することです。ベッドを買い取ってくれることになったとしても、運搬・搬出費用が高額になると意味がありません。運搬・搬出費用がいくらかかるのか、入念に確認してから依頼する必要があります。悪徳業者の中には、高額な費用を請求するところもあるので注意してください。また、運び出しの際は壁や柱に傷がつかないようにきちんと養生を行ってくれるかも要チェックです。

Q.業者選びのポイントは?

A.事前に評判や実績をチェックすることがポイントの1つです。対応が良くない・サービスが充実していない業者ほど、悪い評判がつきます。地域ごとの買取業者ランキングをチェックするなどして、できるだけ評判の良い業者を選んでください。また、ベッドを売ったことがある友人がいれば、話を聞いてみるといいでしょう。そのほか、スタッフの対応や出張買取の有無などもチェックしてください。

Q.組み立てタイプのベッドは売れるのか?

A.組み立てタイプのベッドは、安い値段で買い取られるか、価値がつかないかのどちらかになります。組み立てタイプのベッドは元値が安いので、買取額も安くなるでしょう。また、素人でも組み立てられるベッドは、強度がなく長持ちすることもないため、価値が低くなりがちです。買い取ってもらえないケースが多く、どの業者にも売れない場合は、不用品回収業者に依頼して回収してもらいましょう。

まとめ

正常に使うことができる状態のベッドなら、リサイクルショップや買取専門店などで買い取ってもらえる可能性があります。ベッド自体の状態が良いのはもちろんのこと、マットレスにシミや汚れがない・使用年数が5〜10年以内など買取条件が決まっているので注意してください。ベッドは直接肌に触れる家具なので、何よりも状態の良しあしが査定の基準となります。ベッド専門メーカーやブランドものであるほど、高価買取が期待できるでしょう。