液晶テレビの処分方法を詳しく! 最も簡単でお得に処分するコツは?


不要になった液晶テレビの処分方法をお探しではないでしょうか。実は、液晶テレビは家電リサイクル法により粗大ゴミに出すことができません。そもそも、どこにどんな方法で処分を依頼できるのか、よく分からないですよね。それに、できるだけ簡単で安く処分したいことでしょう。

そこで今回は、液晶テレビを処分する方法について詳しく解説します。

  1. 液晶テレビは粗大ゴミで処分できない?
  2. 液晶テレビのリサイクル料金は?
  3. 液晶テレビを家電リサイクル法に基づいて処分する方法
  4. 液晶テレビを処分するそのほかの方法
  5. 液晶テレビの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、液晶テレビを簡単に処分するポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.液晶テレビは粗大ゴミで処分できない?

最初に、液晶テレビを粗大ゴミで処分できない理由を見ていきましょう。

1-1.液晶テレビは家電リサイクル法の対象品目

液晶テレビは家電リサイクル法の対象家電に指定されているため、自治体回収で粗大ゴミとして出すことができません。家電リサイクル法は、液晶テレビなどの対象家電に含まれる資源を再利用し、有効活用することなどを目的にした法律です。なお、家電リサイクル法に基づいて液晶テレビを処分する場合は、規定のリサイクル費用を支払う必要があります。

1-2.業務用の液晶テレビは産業廃棄物になる

業務用の液晶テレビは産業廃棄物扱いになるため、産業廃棄物収集運搬許可を取得済みの業者に処分を依頼する必要があります。処分する際は、業者との間で産業廃棄物に関するマニフェストに沿って進めましょう。

2.液晶テレビのリサイクル料金は?

液晶テレビのリサイクル料金について詳しく見ていきましょう。

2-1.メーカーと画面の大きさにより決まっている

液晶テレビのリサイクル料金は、メーカーと画面の大きさにより以下のように決まっています。

  • 15型以下:1,836円もしくは3,148円
  • 16型以上:2,916円もしくは3,688円

なお、メーカーごとの詳しい金額は、一般財団法人家電製品協会家電リサイクル券センターの2019年4月版家電リサイクル券システムリサイクル料金一覧表をご覧ください。なお、家電リサイクル法に基づいて液晶テレビを処分する場合、1台ごとにリサイクル料金が必要になります。複数台まとめて処分しても、安くなりません。

2-2.引き取りの際に運搬費用がかかる

液晶テレビを処分するときは、引き取りの際に運搬費用がかかることも忘れてはいけません。液晶テレビを引き取る際、車両と人員の手配が必要になるからです。液晶テレビ1台につき、1,500~3,000円程度が運搬費用の目安になります。したがって、液晶テレビを処分する場合、リサイクル料金と運搬費用を併せて1台に付き数千円かかるのです。

3.液晶テレビを家電リサイクル法に基づいて処分する方法

液晶テレビを家電リサイクル法に基づいて処分する場合、料金販売店回収方式と料金郵便局振込方式の2つがあります。

3-1.料金販売店回収方式

料金販売店回収方式とは、液晶テレビを販売店に依頼して回収・処分してもらう方法です。詳しくは、以下をご覧ください。

  1. 販売店の店頭で液晶テレビの回収を申し込み、家電リサイクル料金と運搬費用を支払う
  2. 販売店から家電リサイクル券を受け取る
  3. 指定日時に運送業者が来たら液晶テレビを引き渡し、家電リサイクル券の控えを受け取る

3-2.料金郵便局振込方式

料金郵便局振込方式は、家電リサイクル料金を郵便局で支払い、販売店に回収依頼もしくは自治体の指定引取場所に持ち込んで処分する方法です。具体的な流れは、以下を参考にしてください。

販売店に回収依頼する場合

  1. 郵便局で家電リサイクル費用を支払い、家電リサイクル券を受け取る
  2. 家電リサイクル券を販売店の担当窓口に持ち込み、運搬費用を別途支払って液晶テレビの回収を依頼する
  3. 指定日時に運送業者がやってきたら液晶テレビを引き渡し、家電リサイクル券の控えを受け取って完了

指定引取場所に持ち込む場合

  1. 郵便局で家電リサイクル費用を支払い、家電リサイクル券を受け取る
  2. 自治体の指定引取場所に家電リサイクル券と液晶テレビを持ち込む
  3. 液晶テレビを引き渡し、家電リサイクル券の控えを受け取って完了

4.液晶テレビを処分するそのほかの方法

液晶テレビを処分するそのほかの方法を詳しく解説します。

4-1.販売店の下取りを利用する

液晶テレビを買い替える場合は、販売店の下取りを利用できないか確認してみましょう。

メリット

  • 買い替えと同時に処分できる
  • 条件によっては、数千円程度の値引きになることがある
  • 下取りが可能な場合は家電リサイクル費用がかからない
  • 新規購入品の配達時に不要な液晶テレビを渡せば、自分で運ぶ必要がない

デメリット

  • メーカーや製造年月が限定されることが多い
  • 回収手数料が別途かかることがある

4-2.不用品回収業者に処分してもらう

不要になった液晶テレビは、不用品回収業者に処分してもらうことが可能です。不用品回収業者では、以下のような方法で液晶テレビを回収しています。

  • 店頭持ち込み:業者の店頭に直接持ち込む
  • 宅配回収:宅配便で業者に送付する
  • 出張回収:日時・場所指定で業者に回収してもらう

なお、液晶テレビは大型で重量があるため、出張回収で引き取り処分してもらうことをおすすめします。

メリット

  • 液晶テレビ以外の不用品を同時に処分してもらえる
  • 条件のいいものは買取してもらえることがある
  • 宅配回収や出張回収は自分で運ぶ手間がかからない
  • 出張回収は都合のいい日時・場所で回収してもらえる

デメリット

  • 宅配回収はこん包が面倒
  • 宅配回収や出張回収は回収費用がかかる

なお、当埼玉出張買取コールセンターでも、不要になった液晶テレビの引き取り処分をお受けしています。また、産業廃棄物収集運搬許可も取得済みですので、法人のお客様もお気軽にお問い合わせください。

4-3.リサイクルショップに売る

比較的新しく中古品として十分に使える液晶テレビは、リサイクルショップで買取してもらうことも可能です。買取を希望するときは、業者の査定を受けてみましょう。

メリット

  • 査定から代金受け取りまでその場で完了する
  • 液晶テレビ以外の不用品も同時に買取してもらえる
  • 買取後は中古品として再販してもらえる

デメリット

  • 個人店の多くが店頭持ち込みだけに対応可能
  • 店頭まで持ち込むのが大変
  • 買取不可の場合は引き取り処分も依頼できない
  • 買取価格が安い

4-4.ネットオークションやフリマアプリで売る

不要になった液晶テレビは、ネットオークションやフリマアプリで売ることもできます。普段から出品しており、個人間取り引きに慣れている人におすすめです。

メリット

  • リサイクルショップなどで買取不可の液晶テレビも出品できる
  • 自分が売りたい価格を設定できる

デメリット

  • なかなか落札されないことがある
  • 業者の出品も多いため、出品情報が埋もれてしまうことがある
  • 商品クレームや支払い遅延などのトラブルが起きやすい
  • 出品から配送完了まで数日以上かかる
  • こん包や配送が面倒
  • 出品中はこまめなチェックとやり取りが必要

5.液晶テレビの処分に関するよくある質問

最後に、液晶テレビの処分に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください

Q.画面が割れた液晶テレビを処分するときの注意点は?

A.割れた破片でケガをしないよう、ビニールテープなどを貼っておくといいでしょう。広範囲に割れている場合は、ダンボール紙で画面全体を覆ってビニールテープで固定し、「画面割れあり注意」と記入しておくと、運ぶ人にも分かりやすくて親切です。

Q.液晶テレビの処分で個人情報が流出する心配はある?

A.あります。たとえば、録画機能が付いているもので記録メディアを挿入したままだったりHDDを消去しなかったりしたために、個人情報が流出するケースです。また、メーカーのユーザー登録を解除し忘れでも流出することがあります。

Q.付属ケーブルやマニュアル類の処分方法は?

A.付属ケーブルは小型家電や不燃ゴミなど、マニュアル類は可燃ゴミなどで出すことができます。なお、液晶テレビを買取に出す場合は、付属ケーブルとマニュアルの有無が査定金額に影響するため、処分せず添付してください。

Q.液晶テレビを買い替えるタイミングは?

A.以下のようなタイミングで買い替えるといいでしょう。

  • 画面のちらつきなどの不具合が目立つようになった
  • 魅力的な新製品が発売された
  • 購入後10年が経過した

Q.液晶テレビの査定金額が不当に安い気がするのですが?

A.まずは、業者に査定理由を説明してもらいましょう。相場より安い場合は、何らかの理由があるものです。ただし、説明を受けても納得できない場合は、改めてほかの業者の査定を受けることも考えましょう。

まとめ

今回は、液晶テレビの処分について詳しく解説しました。液晶テレビは家電リサイクル法の対象品目なので、自治体回収にゴミとして出すことができません。買取に出す・不用品回収業者に処分してもらうなどの方法を考えましょう。なお、不用品回収業者なら、買取・処分の両方に対応できておすすめです。都合のいい日時・場所を指定でき、運ぶ手間もかからないなど、メリットも多いので検討してみてください。