覚えよう! 引っ越しで出たゴミ・不要品の処分方法とは! 


引っ越しの際には家具や電化製品など、古くなった道具を新しいものに入れ替えるチャンス。皆さんも買い替えを検討されているのではないでしょうか。

しかし、そうなると困るのがゴミの処分法ですよね。特に電化製品などはさまざまな法律が絡んでくるので、どうやって処分すれば良いのか悩んでいる方も少なくないでしょう。

そこで、今回は引っ越しの際にしっておくべき家財道具処分法についてご紹介します。ぜひ、最後までお付き合いくださいね!

目次

  1. 引っ越しの際に出るゴミの処分法とは?
  2. パソコンは自治体に出せない!?
  3. 不用品買い取り・回収業者を選ぶ際の注意点
  4. まとめ

1.引っ越しの際に出るゴミの処分法とは?

1-1.粗大ゴミとして自治体に回収してもらう

引っ越しの際に出るゴミで処分に困るものの代表格といえば、冷蔵庫や洗濯機などの大型家電。または、タンスや食器棚などの大型家具でしょう。これらのゴミは粗大ゴミという扱いになります。

粗大ゴミには通常の家庭ゴミと違って処分に手順が必要なため、どうすれば良いのか分からず困る人が多いようですね。そこで、この項目では粗大ゴミの出し方をご紹介していきます。

粗大ゴミの出し方

  1. 自治体に収集を依頼し、必要となるゴミ処理券の金額や受付番号などを聞きます。
  2. ゴミ処理券をコンビニやスーパーなどの取扱店で購入します。この際、処分するものによって金額が変わってきますので、間違えないように注意しましょう。
  3. 最後に、ゴミ処理券に受付番号などの必要事項を記入し貼り付け、回収日当日の朝に指定の場所へと運んで終わりです。

自治体による回収は、単純に処分費用だけで考えると一番お得です。また、自治体が回収しているので悪徳な業者によるトラブルに巻き込まれるリスクがなく、安心して処分することができるのも利点でしょう。

ただし、粗大ゴミの出し方には手間と時間がかかってしまうのがデメリットです。手続きが面倒で時間がかかる上、回収日が決められているので、最終的に処分するまで1週間ほどかかることも珍しくありません。

引っ越しの際には部屋の引き払いなどの関係で早く処分したいはず。堅実ではありますが、引っ越しにはあまり向いていない処分法かもしれませんね。

1-2.引っ越し業者に家具の処分を依頼する

引っ越し業者にも家具や電化製品の処分を依頼できます。引っ越しのついでにやってもらえるので、時間のロスや手間を最小限にすることができるおすすめの処分法です。

処分料金は引っ越し業者によってさまざまで、無料で行ってくれるところもあれば有料のところもあります。ただし、総じていえることはテレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコンの4品目は家電リサイクル法に引っかかるため無料で回収してくれることはありません。

また、パソコンにも『パソコンリサイクル法』という法律があるため、有料になるでしょう。場合によっては、引き取ってもらえないこともあります。便利ではありますが、確実性という意味では少々頼りないでしょう。

1-3.リサイクルショップに売る

引っ越しの際に出るゴミの中には、まだ使えるもの多いはず。たとえば食器棚やタンスなどは、古いものでも十分に使えるはずです。そのような、まだ使用できるものに関しては、リサイクルショップに売却するのも一つの手でしょう。

リサイクルショップの利点といえば、買い取ってもらえるということ。自治体や引っ越し業者は処分はしてくれますが買い取ってはくれません。引っ越しには何かとお金がかかりますから、こういうところで費用が抑えられるのは非常に助かりますよね。

では、デメリットはなんでしょうか。

一番の問題は、どうやって店まで不要品を持っていくのかという点です。テレビや電子レンジぐらいならば車に乗せて持っていけるでしょうが、家具や大型家電となると難しいでしょう。

また、せっかく苦労して持っていっても、場合によっては値段がつかないこともあります。売れるかどうか事前に電話して確認するか、確実に売れる確証がない場合以外は避けた方が良いでしょう。

1-4.回収・買い取り業者を利用する

自治体や引っ越し業者では処分に費用がかかり、リサイクルショップでは運搬に手間がかかる。そんなデメリットをすべて解消してくれるのが回収・買い取り業者に依頼することです。

回収・買い取り業者は自宅まで出張してきてくれ、不要品の査定から運び出し、運搬まですべて行ってくれます。

一見、引っ越し業者に依頼するのと変わらないように思えますが、実はこちらの方がお得。売れるものがある場合には買い取ってくれることがあるからです。業者によっては買い取り強化中の商品などもありますから、事前にどのようなものを強化しているか確認してから業者を選ぶと良いでしょう。

とはいえ、二つデメリットがあるので注意しましょう。一番のデメリットは出張地域が限られていることです。ほとんどの業者や関東地方だけですとか関西地方だけといった風に、活動地域が限られています。また、エリア内でも孤島にお住まいの方や、極端に山奥に住んでいる方なども難しいでしょう。

都市部とはいわず、交通の便の悪くない地域に住んでいるようなら、とても便利な処分法です。ぜひ、検討してみてくださいね!

2.パソコンは自治体に出せない!?

引っ越しの際に、古くなったパソコンをついでに処分しようと考えている方、いらっしゃいませんか?

パソコンというと家電製品。家電製品というと不燃ゴミや粗大ゴミとして出すのが一般的ですよね。しかし、中には不燃ゴミとしても粗大ゴミとしても捨てることができない家電製品があります。

そう、それがパソコンです。

パソコンにはレアメタルなどの有用な資源が多く含まれていることから、平成15年に『資源有効利用促進法』が改正され、メーカーによる自主回収・リサイクルが義務づけられました。対象は以下の通りです。

  • デスクトップパソコン
  • ノートパソコン
  • 液晶ディスプレイ
  • CRT(ブラウン管)ディスプレイ
  • 液晶本体一体型パソコン

このように、パソコン関係が多く指定されたことから『パソコンリサイクル法』とも呼ばれています。

このパソコンリサイクル法によって自治体での処分・回収は行われなくなり、不燃ゴミや粗大ゴミとして出せなくなってしまったのです。では、パソコンの処分はどのようにして行えば良いのでしょうか?

2-1.既製品はメーカーへ回収してもらおう

すでにお話しした通り、パソコンは販売メーカーが責任を持って回収することとなっています。ノートパソコンなどの既製品は販売メーカーに問い合わせて回収してもらいましょう。連絡先は『PC3R 有限責任中間法人 パソコン3R推進センター』のHPで確認できるようです。

気になる回収料金ですが、パソコンリサイクル法の施行後に購入したパソコンに関しては、無料で引き取ってもらえるでしょう。ただし、法律施行前のパソコンの場合には、3,000~5,000円程度の費用が処分にかかります。

捨てたいパソコンが法律施行後に販売されたものかそうでないかの確認方法については、パソコン本体の側面や背面に『PCリサイクルマーク』がつけられているどうかで判断しましょう。PCリサイクルマークがつけられていれば、法律施行後の商品なので無料で引き取ってもらえます。

PCリサイクルマークは、空き缶などに描かれているリサイクルマークと同じような形をしているので、すぐに分かるはずです。確認してみてください。

2-2.自作パソコンは3R推進協会に回収してもらおう

自作パソコンや機種のメーカーが倒産したなどの理由で回収してくれるメーカー自体が存在しない場合は、『パソコン3R推進協会』に頼みましょう。有料で回収してもらえます。

ただし、データの消去に関しては自己責任なので、HDDには行っているデータは事前に消去しておきましょう。

2-3.不用品買い取り・回収業者に回収してもらおう

すでにご紹介した買い取り・回収業者に依頼して引き取ってもらうことも可能です。上記二つの方法と違って、再利用可能なものなら売却することもできます。自作パソコンの買い取りは難しいでしょうが、回収自体は問題なくしてもらえるでしょう。

3.不用品買い取り・回収業者を選ぶ際の注意点

「サービスは一緒なのだから、どの業者を選んでも一緒」……なんて考えは止めましょう。不要品買い取り・回収買い取り業者はトラック1台あれば始められる職業のため、最近は不良業者も多く出現してきているからです。金銭トラブルに巻き込まれたという例も1件や2件ではありません。

そこで、この項目ではより良い業者を選ぶために押さえておくべき注意点についてご紹介します。

3-1.所在地が明らかな業者を選ぼう

最も避けなければいけない業者は、事務所を構えずトラックだけで営業するような業者です。この様な業者はいい加減な仕事をしていることが多く、金銭トラブルや不法投棄によるトラブルが絶えません。

また、そのようなトラブルが起きたときに所在地が分からないと泣き寝入りするハメになる可能性があります。所在地と固定電話番号がホームページに記載されているか、必ず確認しましょう。ここでポイントなのですが、所在地が記載されていても連絡先が携帯番号しかない場合はウソの所在地の場合があります。念のため依頼するのは避けた方が無難でしょう。

3-2.古物商の許可を持っているかどうか

古物商の許可を持っているかどうかも非常に重要な見極めポイントですので、ぜひ覚えておきましょう。

中古品の売買には『古物商』の認可を受けている必要があります。つまり、これを持たずにものを買い取る業者は違法業者ということです。

古物商には個別の許可番号があり、普通はホームページの会社概要などに記載されています。記載されている個別番号は『古物商許可番号データベース』などで確認することができますので、活用してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、引っ越しの際に出るゴミの処分法やについてご紹介しました。

  1. 引っ越しの際に出るゴミの処分法とは?
  2. パソコンは自治体に出せない!?
  3. 不用品買い取り・回収業者を選ぶ際の注意点
  4. まとめ

ゴミ処分業者にはさまざまな種類があり、それぞれに特徴があります。自分に合った方法を見極め、お得に引っ越しを行ってくださいね!