引っ越しの時に出るゴミをスムーズに出す方法は? コツや注意点を解説


引っ越しの際、最も大変な作業の1つがゴミ出しです。「荷造りに手いっぱいで、ゴミの処分までは手が回らず困っている」という人もいるでしょう。引っ越しのときは荷造りと同じように、ゴミ出しにも準備が必要です。また、いざというときに不用品を一度に処分する方法を知っておくといいでしょう。今回は、引っ越しの際に出るゴミの処分方法を紹介します。

  1. 引っ越しの際にゴミ出しをスムーズに行う方法
  2. 引っ越しのゴミ分別について
  3. ゴミの処分が間に合わないときの対処方法
  4. 引っ越しのゴミ出しに関するよくある質問

この記事を読めば、引っ越しの際のゴミ出しに悩むことはありません。引っ越しを控えている人やゴミ出しに悩んでいる人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.引っ越しの際にゴミ出しをスムーズに行う方法

この項では、引っ越しでゴミ出しに悩まないよう、ゴミ出し計画の立て方や注意点を紹介します。

1-1.自治体のゴミ出しルールや回収日を再確認する

引っ越しの際は、普段よりたくさんゴミが出るうえ、粗大ゴミなど、普段あまり出ないゴミもたくさん出る可能性があります。また、自治体によって、「ゴミとして捨てられないもの(土など)」が定められていることもあるでしょう。引っ越しの日が決まったら、まずはゴミ出しルールと各ゴミの回収日を再確認してください。この際、自治体のゴミ処分場にゴミを直接持ち込めるか、確認してみましょう。

1-2.家電リサイクル法対象家電やパソコンはすぐに処分法を考える

引っ越しの際、テレビ・冷蔵庫・エアコン・洗濯機などの家電リサイクル法対象家電や、パソコンが不要になる場合、できるだけ早く処分法を考え、申し込んでおきましょう。前記4つの家電リサイクル法対象家電や、デスクトップパソコンは、どの自治体もゴミとして回収してくれません。家電リサイクル法対象家電は家電量販店に回収を依頼するか、自分で指定引取場所に持ち込むかを検討しましょう。パソコンの場合は、メーカー回収が基本です。どちらも回収まで手間と時間がかかるので、早めに申し込んで回収日を決めてしまいましょう。

1-3.普段使わないものから不用品の選別を始める

引っ越しが決まったら、まず当分使う予定のないものから、要るものと要らないものを分別していきます。引っ越しの1か月前からゴミ出しが可能になれば、すべてのゴミの回収日が一通り回ってくるはずです。特に、粗大ゴミなど回収日が少ないものは、早めに回収に出せるように準備してください。

2.引っ越しのゴミ分別について

この項では、具体的なゴミ分別方法について紹介していきます。

2-1.燃えるゴミや不燃ゴミはぎりぎりまで捨てられる

紙くずや生ゴミなどの可燃ゴミ、プラスチック類などの不燃ゴミなどは回収日も多く、ぎりぎりまで捨てることができます。また、引っ越しの際に最も多く出がちなのもこの2つのゴミなので、計画的に分散して捨てていきましょう。一度に大量に出すと、ゴミ収集場がいっぱいになり、迷惑をかけることがあります。

2-2.リサイクルゴミはスーパーなどでも回収している

ペットボトルやトレー、牛乳パックなど一部のリサイクルゴミは、スーパーなどでも回収しています。「ゴミの日が引っ越し日までない」という場合は、スーパーなどまで持ち込みましょう。また、新聞・雑誌・段ボールなどの古紙も、専用の回収ボックスを設けているところがあります。

2-3.粗大ゴミはバラすと可燃ゴミになることもある

大型の家具は、切ったり分解したりすれば、可燃ゴミになることもあります。組み立て式の家具の場合、分解して可燃ゴミにする方法もあるでしょう。ただし、無理をしてはいけません。また、家電は分解したら回収できない自治体もあります。その場合は、不燃ゴミや粗大ゴミとして処分してもらいましょう。

2-4.ゴミ処分場へ持ち込む

自治体によっては、自分でゴミ処分場に持ち込んだゴミを一気に受け入れてくれるところもあります。自治体によって持ち込める日や料金、予約の要・不要などが異なるので、事前に調べておきましょう。軽トラックをレンタルできると便利です。

3.ゴミの処分が間に合わないときの対処方法

この項では、ゴミの処分が間に合わないときにどうすればいいか、その方法を紹介します。

3-1.新居に持っていく

生ゴミなど腐るゴミ以外ならば、新居にいったん運び、そこで捨てる方法もあります。しかし、ゴミが大量だとこの方法は難しいでしょう。

3-2.引っ越し業者に処分を依頼する

大手引っ越し業者の中には、有料でゴミを処分してくれるところもあります。業者によって回収できるゴミの種類や量が異なるので、事前に問い合わせて確認しておきましょう。

3-3.管理会社や大家さんに処分を依頼する

大家さんがこまめに住人の世話を焼いてくれる賃貸物件の場合、引っ越し後のゴミ出しをお願いできる可能性があります。ただし、依頼するのは必要最低限の量だけにしましょう。

3-4.不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者は、家庭や企業から出る不用品を有料で回収してくれる業者です。大型家具や家電はもちろんのこと、家電リサイクル法対象家電やパソコンも回収してくれるところもあります。また、回収と買取を同時に行っているところもあるので、「まだ新しい家具や家電が不要になったから買取してほしい」という場合も便利です。早ければ、依頼したその日に見積もりを出してくれるので、引っ越しの際にゴミ出しが間に合わない場合は利用してみましょう。ただし、街中を流している業者はトラブルが多いので、利用しない方がいいでしょう。自分でネットやイエローページから業者を見つけ、依頼してください。

4.引っ越しのゴミ出しに関するよくある質問

この項では、引っ越しの際に必要なゴミ出しに関するよくある質問を紹介しましょう。

Q.不用品回収業者でも回収できないゴミはありますか?

A.不用品回収業者は、一般的に粗大ゴミに分類されるゴミを回収する業者です。燃えるゴミや生ゴミなどは回収不可のところが多いでしょう。また、危険物や農薬なども回収できません。これらは専門の業者に回収を依頼してください。

Q.出しきれなかったゴミを回収日以外の日にゴミ収集所に出して引っ越してはいけませんか?

A.不法投棄になるので、絶対にやめましょう。

Q.家電リサイクル法対象家電は、家電量販店に持ち込めば大丈夫ですか?

A.はい。回収してくれますが、冷蔵庫や洗濯機など大型の家電はあらかじめ店舗側に承認を得ておかなければなりません。日数が必要なので、早めに申し込みましょう。

Q.売却できる家具・家電にはどのような種類がありますか?

A.発売されて5年以内の家電や使用感の少ない家具、ブランド家具などが買取してもらいやすいでしょう。

Q.大家さんに許可を取れば、ゴミ収集場にゴミを置かせてもらい引っ越すことは可能ですか?

A.マンションなどのゴミ収集場ならば可能でしょう。自治体で管理しているゴミ収集場では、回収日以外の日にゴミ出しすることは認められていません。

まとめ

今回は、引っ越しの際に出るゴミをスムーズに処分する方法を紹介しました。可能な限りお金をかけたくない場合は、自治体に回収を依頼できるゴミを忘れないように捨てていくことです。粗大ゴミなど、回収日の少ないゴミから出せるようにしておきましょう。また、万が一のことを考え、すぐに不用品を回収してくれる業者を探しておくと便利です。