パソコンディスプレイを廃棄する方法は? 買い取ってもらうことはできる?


「パソコンディスプレイは何ゴミになるのか?」「自治体回収で処分できるのか」など、パソコンディスプレイの廃棄で悩んでいる方は多いでしょう。使えなくなったからといって、正しい方法が分からないまま処分するのはいけません。また、まだ使えるパソコンディスプレイは買取に出すこともできます。

本記事では、パソコンディスプレイを廃棄する方法などについて解説しましょう。

  1. パソコンディスプレイは何ゴミになるのか?
  2. パソコンディスプレイの廃棄方法は?
  3. まだ使えるパソコンディスプレイは買取に出せることも
  4. パソコンディスプレイの廃棄に関してよくある質問

この記事を読むことで、パソコンディスプレイを正しく廃棄する方法や買取に出すコツなどが分かります。悩んでいる方はぜひチェックしてください。

1.パソコンディスプレイは何ゴミになるのか?

まず、パソコンディスプレイは何ゴミになるのか、基本情報をチェックしておきましょう。

1-1.自治体回収で処分できない

パソコンディスプレイは、PCリサイクル法の対象品目になっているので自治体回収のゴミとして処分できません。いつものゴミ捨て場にパソコンディスプレイを持っていっても回収してもらえませんし、法律に違反したとみなされる恐れがあるので注意してください。なお、PCリサイクル対象品目になっているものは、メーカーによる回収とリサイクルが義務付けられています。消費者は、PCリサイクル法に基づいて正しく処分しなければなりません。

1-2.PCリサイクル法の対象品目

PCリサイクル法の対象品目になっているのは、以下の機器です。

  • デスクトップパソコン本体
  • ノートパソコン
  • CRTディスプレイ
  • 液晶ディスプレイ
  • CRTディスプレイ一体型パソコン
  • 液晶ディスプレイ一体型パソコン

パソコンディスプレイは一体型にせよ、ディスプレイ単独だとしてもPCリサイクル法の対象品目になっています。なお、回収対象外になっているものもあるので、違いをしっかりと把握しておかなければなりません。PCリサイクル法対象外の機器は以下のとおりです。

  • プリンター
  • スキャナー
  • ワープロ
  • ワークステーション・サーバー
  • ゲーム機
  • 取扱説明書やマニュアル
  • CD-ROMなどの記録メディア

1-3.PCリサイクルマークの有無

PCリサイクル法に基づいて処分する前に、PCリサイクルマークの有無を確認しておく必要があります。PCリサイクルマークがついているものは無償での回収が可能ですが、PCリサイクルマークがついていないものは回収再資源化料金がかかるので要注意です。回収再資源化料金に関しては、パソコンメーカーによって異なるため、事前に問い合わせて確認しておきましょう。PCリサイクルマークは、平成15年10月以降に販売された家庭向けパソコンに貼り付けられているものです。PCリサイクルマークがついていない場合、1台あたり4,000~5,000円の回収再資源化料金がかかるでしょう。

1-4.処分前にパソコンディスプレイの状態をチェックする

パソコンディスプレイを処分する前に、状態をチェックしておきましょう。まだ正常に使える状態であれば、買取に出すことができるからです。買い取ってもらえる状態なのに処分するのは、とてももったいないことといえるでしょう。買い取ってもらうことができれば、処分費用をかけることなく廃棄できますし、買取額の分だけお金が得られます。その買取額新しいパソコンディスプレイを購入することもできるでしょう。上手に廃棄するためにも、パソコンディスプレイの状態をチェックしてくださいね。なお、買取に出す方法については、後ほど【3.まだ使えるパソコンディスプレイは買取に出せることも】で説明するので、こちらも要チェックです。

2.パソコンディスプレイの廃棄方法は?

ここでは、パソコンディスプレイの廃棄方法を詳しく説明します。

2-1.メーカーに回収を依頼する

パソコンディスプレイを処分する一般的な方法は、メーカーに回収を依頼する方法となります。メーカーに回収を依頼する際の主な流れは以下のとおりです。

  1. メーカーのホームページまたはお客様サポートセンターから回収の申し込みをする
  2. 後日メーカーから送られてくるエコゆうパック伝票を受け取る
  3. 自分でパソコンディスプレイをこん包する
  4. エコゆうパック伝票を貼り付けた後、郵便局に持ち込むまたは集荷を依頼する

メーカーによってこん包方法が異なるため、その点に関してもメーカーのホームページ等で確認しておきましょう。また、PCリサイクルマークがない場合は回収再資源化料金が必要になるので、メーカーに問い合わせて支払い方法も確認してください。

2-2.パソコン3R推進協会に回収を依頼する

パソコンメーカーがなくなっていたり、分からなかったりする場合は、パソコン3R推進協会に回収を依頼する方法があります。ただし、パソコン3R推進協会に依頼する際は、有料回収となるので注意が必要です。液晶ディスプレイと液晶ディスプレイ一体型パソコンの回収費用が4,000円、CRTディスプレイとCRTディスプレイ一体型パソコンが5,000円となります。回収料金を郵便振込で支払うことになるでしょう。電話での申し込みではなく、パソコン3R推進協会内の専用ページまたはFAX・郵送での申し込みとなっています。こん包と回収についてもホームページに記載されているので、ぜひチェックしてください。

2-3.不用品回収業者に依頼する

パソコンディスプレイを廃棄する方法として、不用品回収業者に依頼する方法があります。不用品回収業者では、さまざまな不用品の回収を行っており、自治体回収ができないものも回収が可能です。PCリサイクル法の対象品目のほか、テレビ・洗濯機・エアコン・冷蔵庫といった家電リサイクル法の対象品目も回収してもらうことができるでしょう。さらに、ほとんどの不用品回収業者では出張回収が利用できます。大量の不用品があっても、液晶ディスプレイが重くて運べなかったとしても、スタッフが回収しにきてくれるので安心です。

2-4.友人や知人に譲る

なるべくお金をかけたくない方は、液晶ディスプレイを欲しがっている友人や知人に譲る方法も選択肢としてあります。周囲に古い液晶ディスプレイであったとしても欲しがっている人がいる可能性があるので、聞いてみるといいでしょう。譲るのであれば、後でトラブルにならないように稼働チェックを必ずしてください。きちんと映像が映るか・線が入ったりしていないか、きちんと確認してから譲りましょう。

3.まだ使えるパソコンディスプレイは買取に出せることも

ここでは、パソコンディスプレイを買取に出す方法を解説します。

3-1.正常に使える状態なら買い取ってもらえる

一般的に、問題なく正常に使える状態であれば、パソコンディスプレイを買い取ってもらうことができるでしょう。完全に壊れて使えなかったり、不具合が出ていたりするものは買取不可になります。中には、壊れているものでも買取を行っているところがありますが、あまり期待しないほうがいいでしょう。買取を検討している方は、査定を依頼する前に一度自分で状態をチェックしてください。不具合が出ていないか・きちんと映像が映るかどうかを入念に確認し、気になるところがあれば、その旨を先方に伝えることが大切です。

3-2.人気メーカーや型番が新しいほど高く売れる

パソコンディスプレイでも、人気メーカーや型番が新しいものほど高く売れる傾向があります。たとえば、アップル社のパソコンディスプレイや高品質で有名なEIZOのモニターなどは高価買取が期待できるでしょう。元値が高いパソコンディスプレイは、中古市場での需要が高めです。できるだけ安く購入したい方が中古品を選ぶため、買取業者も買取に力を入れているのでしょう。発売されたばかりの新製品や未使用品なども高く売れる傾向があります。

3-3.買取専門店またはリサイクルショップ

主な買取先としては、買取専門店またはリサイクルショップが挙げられるでしょう。パソコン関連の商品を中心に買取を行っている専門店は、中古市場における需要を把握しているので、より適切な査定額で買い取ってもらうことができます。査定は厳しめですが、価値があるパソコンディスプレイほど高価買取が期待できるでしょう。一方、リサイクルショップはたくさんの不用品を扱っているため、査定はやさしめです。そのため、買取専門店で売れなかったものでも売れる可能性があります。

3-4.買取サービスを行っている不用品回収業者も

不用品回収業者の中には、不用品の回収だけでなく買取サービスを行っているところもあります。買取と回収が同時にできるため、買取不可になったとしてもほかの業者を探す手間と時間がかかりません。また、パソコンディスプレイのほかにも処分したいものがあれば、まとめて買取に出すこともできるでしょう。思いがけないものが買取対象になり、処分費用が節約できたというケースもあります。

3-5.業者選びのポイントをチェック!

たくさんの不用品回収業者やリサイクルショップがありますが、どこに依頼すればいいのか分からずに悩んでいる方は多いでしょう。中には、回収したものを不法投棄したり、後で高額な追加料金を請求したりする悪質な業者が存在しているので注意しなければなりません。業者選びで悩んでいる方は、以下のポイントを参考にしてください。

  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 不用品の回収と買取実績があるか
  • 無料相談や無料見積もりを受け付けているか
  • 見積書の内容が具体的に記載されているか
  • サービス内容などがホームページ等に記載されているか
  • 実際に利用した人の口コミや評判がいいか

不用品の買取から回収・処分まで行っているリサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターでは、無料相談や無料見積もりを行っています。パソコンディスプレイの処分で悩んでいる方はぜひ一度ご相談ください。

4.パソコンディスプレイの廃棄に関してよくある質問

パソコンディスプレイの廃棄に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.パソコンと一緒に回収を依頼する際の注意点は?

A.パソコンのHDDに記録されているデータを消去しなければなりません。初期化すれば大丈夫と思っている方が多いのですが、初期化だけでは不十分です。復元ソフトを使えば、データが復活してしまうのでHDD自体のデータを消去しなければなりません。カナヅチなどを使う物理的破壊と専用ソフトを使う論理的消去法がありますが、自分でするのが不安な方は専門業者に依頼するといいでしょう。

Q.こん包で注意しておきたいことは?

A.メーカーにパソコンディスプレイを送る際、液晶画面が割れてしまわないように注意しておかなければなりません。液晶画面はダメージに弱く、すぐに傷ついたり画面が割れたりする恐れがあります。破損がひどいと回収不可になる可能性があるため、ダンボールや緩衝材できちんと保護しましょう。

Q.パソコンディスプレイを高く売るコツは?

A.できるだけ、購入時と同じ状態にして売ることが1番効果的です。新品状態に近いものほど高価買取が期待できるため、ホコリや汚れを落としてから査定を出しましょう。元箱や付属品があれば、一緒にして査定に出してください。

Q.不用品回収業者に依頼する際の処分費用はいくらぐらいか?

A.パソコンディスプレイの大きさや種類などによって異なりますが、1点あたり3,000円~が処分費用の目安になるでしょう。あくまで目安となるため、もっと費用がかかる可能性もあります。また、不用品回収業者の中には、基本料金や収集・運搬費用がかかるケースもあるので注意が必要です。

Q.悪徳業者の特徴は?

A.スタッフの対応が悪かったり、すぐに契約を交わそうとしたりする業者には注意が必要です。また、「今なら無料で回収します」という回収業者にも気をつけましょう。無料回収といっておいて、回収後に高額な追加費用を請求する恐れがあります。

まとめ

パソコンディスプレイはPCリサイクル法の対象品目になっているため、自治体回収での処分ができません。基本的に、メーカーに回収を依頼することになります。ただ、まだ使える状態であれば、買取専門店やリサイクルショップなどに買い取ってもらえる可能性もあるでしょう。処分前に、パソコンディスプレイの状態を入念にチェックしてください。不用品回収業者の中には、不用品の回収と買取の両方を行っているところもあるので、一度問い合わせるといいでしょう。


リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンター