捨てられない性格の人必見! モノを捨てる判断基準を知れば片付けがうまくいく


「部屋が片付けられない」とお悩みではありませんか?
部屋を片付けてきれいにするためには、モノを減らして片付けやすくする必要があるでしょう。
しかし、片付けが苦手な人は、モノを捨てることも苦手としています。

  • 自分はモノを捨てられない性格なので困っている
  • モノを捨てるときは何を判断基準にすれば良いのか?
  • いらないモノはどうやって処分すべきか?

そんな人たちのために、部屋の片付けでモノを捨てる際の判断基準についてまとめてみたいと思います。
不用品の処分方法や処分する際の注意点もご紹介しましょう。

目次

  1. モノを捨てる判断基準
  2. 不用品の処分方法
  3. 捨てる際の注意点
  4. まとめ

1.モノを捨てる判断基準

モノを捨てることができない人は、必要なモノと不要なモノを判断できません。
モノを捨てて部屋をきれいに片付けるためには、モノを捨てる判断基準を身につければ良いのです。

1-1.今現在使っているモノかどうか

今現在使っているモノは、当然あなたにとって「必要なモノ」です。
しかし、捨てられないモノの例としてよくあるのが「いつか使うつもり」のモノ。
部屋の中を見渡してみてください。
「今は使っていないけれど、いつか使うつもりのモノ」「もしかしたらいつか必要になるモノ」はありませんか?
きっと、誰の部屋にもあるはずです。
「いつか使う」の「いつか」がいつなのか決まっているなら問題ありません。
しかし、決まっていないなら、その「いつか」は一生こない可能性が高いでしょう。
そんな日はこないと思って捨ててしまった方が、部屋がスッキリして気持ちが良くなりますよ。

1-2.ほかでは代用できないモノかどうか

もちろん今使っていなくても「捨てたら後悔するモノ」「もう二度と手に入らないモノ」もあるでしょう。
必要になったときに捨ててしまったことを後悔するようなモノであれば、捨てる必要はありません。
ただし、本当にその「モノ」じゃないとダメなのか、冷静になって考えてみてください。
何かほかに代用できるモノはありませんか?
必要になったときに新しく買えば済むようなモノなら、思いきって捨ててしまいましょう。

1-3.「捨てるのがもったいない」だけのモノではないか

「捨てるのがもったいない」というのは、モノが捨てられない理由のひとつです。
大切な人からもらったプレゼント、若いころの思い出の品…。
使うことはなくても、捨てられないモノもあるでしょう。
また、「自分では使っていないけれど、まだ使える状態のモノ」についても、捨てるには抵抗がありますよね。
そういうモノは、思い出だけ胸にしまって、どんどん捨ててしまいましょう。
どうしても思いが残るなら、写真に撮ってアルバムにはさめておけば良いのです。
まだ使えそうなモノなら、捨てずに売る方法を考えてみてはいかがでしょうか?

2.不用品の処分方法

では、捨てることに決めたモノたちは、どのように処分すれば良いのでしょうか。
不用品の処分方法をいくつかご紹介します。

2-1.リサイクルショップに売る

明らかにゴミだと思うモノは、捨てるしかありません。
しかし、まだ使える状態のモノは、捨てるより売る方法を考えましょう。
最も手軽に不用品を売る手段としては、リサイクルショップがあります。
近所にリサイクルショップがあるなら、見積もりを出してもらってはいかがでしょうか。
ただし、リサイクルショップでは商品として売れないと判断した場合、買い取り不可になります。
再び家に持ち帰らなければならなくなる可能性もある、ということを覚えておきましょう。
確実に売りたいなら、ほかの方法を検討すべきです。

2-2.ネットオークションで売る

価値のありそうなモノなら、ネットオークションで高く売れる場合もあります。
何といっても利用者数の多さがメリット。
時間はかかりますが、確実に売れる可能性は高いでしょう。
ただし、買い手が見つかるまで手元に置いておかなければなりません。
すぐに部屋を片付けたい人には不向きでしょう。
また、取り引き相手とのトラブルが発生する可能性もあるため、慣れていない人にはあまりおすすめできません。

2-3.不用品回収業者に依頼する

民間の不用品回収業者に依頼する方法はおすすめです。
家庭から生じた不用品なら、たいていのモノは回収してもらえるでしょう。
最大のメリットは、自宅まで取りに来てもらえること。
大変な思いをして自分で運ぶ必要はありません。
普通なら不燃ゴミや粗大ゴミとして捨てなければならないようなモノでも、まとめて回収してもらえるでしょう。
分別の必要もないため、大変便利ですよ。
インターネットで検索すればすぐに見つけることができます。
自宅の近くにないか、チェックしてみてください。

3.捨てる際の注意点

最後に、不用品を捨てる際の注意点をまとめてみました。

3-1.自治体のルールを守って捨てる

自治体が回収するゴミの日に捨てる場合は、自治体が定めたルールに従って捨てるようにしましょう。
何ゴミに分類されるのか分からないモノについては、自治体に確認を取ることを忘れないでください。
特に、粗大ゴミは事前にシールを購入して所定の場所まで不用品を持って行く必要があります。
料金や日時、場所をしっかり確認しておきましょう。
ルールを守らないと、不法投棄になってしまう可能性があります。

3-2.不用品回収業者選びには注意が必要

不用品回収業者は全国にたくさんあります。
しかし、すべてが良心的な業者とは限らないでしょう。
実際に、不用品回収業者と利用者とのトラブルは、年に何件も報告されています。
悪質な営業をしている業者を選ばないように、慎重になる必要があるでしょう。
そのためにも、悪徳業者の見分け方を知っておくべきです。

  • 一般廃棄物運搬収集業の許可を持っていない
  • 事務所の所在地が明らかになっていない
  • 事前に見積もりを出さない
  • 領収書の発行を嫌がる
  • スタッフの対応が雑

以上のような業者を選んでしまうと、何らかのトラブルに巻き込まれる心配があります。
そのようなことにならないためにも、複数の業者に見積もりを依頼して、比較してから決めるのがおすすめですよ。

4.まとめ

片付けの際にモノを捨てる判断基準についてご紹介しました。

  • モノを捨てる判断基準
  • 不用品の処分方法
  • 捨てる際の注意点

「モノを捨てられない性格で困っている」「モノを捨てるときの判断基準を知りたい」という人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。