忙しい人でもできる!キレイな部屋を維持するための3つのコツ


キレイな部屋はいつだって気持ちのよいものです。しかし、一度キレイに部屋を片付けても、やがてすぐに散らかってしまうということはよくありませんか?実はキレイな部屋を維持するのは、だれでもほんのわずかなルールを決めておくだけでできることです。わたしも実際にやってみて成功した、キレイな部屋を維持するための3つのコツをご紹介します。

  1. どうして部屋をキレイに維持できないの?
  2. 部屋をキレイに片付ける方法
  3. キレイな部屋を維持するための3つのコツ

1.どうして部屋をキレイに維持できないの?

1-1.モノが多いと部屋は散らかりやすい

キレイ好きではあっても部屋が散らかりやすくて困っているという人は少なくないようです。これは一見矛盾しているように感じますが、多くの場合、なかなか部屋が片付けられない理由は、キレイ好きであるかどうかによるものではありません。実は、モノが多すぎることにその理由があるのです。ある専門家も「モノが増えれば、問題が増える」と述べているように、部屋の片付けの第一歩は「モノを増やさない」であると言えます。ときにはモノを大切にするというよい性格が、部屋の片付けを難しくすることもあるのです。

1-2.忙しいから片付けられない?

毎日忙しいから、つい片付ける時間がなくなってしまうのも理解できることです。しかし、忙しいからこそ片付けるのは大切だと言えます。なぜなら、片付けられていない部屋が、実は生活を忙しくしている原因にもなっているからです。部屋がキレイに片付いていなければ、探し物のための時間もかかってしまいます。お客さんがくるたびに、掃除をすることで、さらに忙しくなってしまうのです。忙しくなれば、また部屋を片付ける時間がなくなりますので、悪循環になります。

1-3.毎日の習慣で部屋をキレイに維持しよう

部屋をキレイに維持することは、ほんの3つほどのコツを押さえておけばだれにでも簡単にできることです。これには確かに毎日の努力が必要ですが、わずかな努力がたくさんのメリットを生み出します。まず、なにより部屋がキレイでさわやかになりますし、モノが整頓されていれば、どこになにがあるかわからなくなって探す時間が省けることでしょう。そして、突然のお客さんにもいつでも部屋に入ってもらえるので、社交性も増します。部屋が散らかっていると、自分への自信もなくしかねません。だからこそ、ぜひキレイな部屋を維持する秘けつを身に付けたいものですが、そのためには、そもそも部屋をキレイに片付ける方法をしっかりと知っておく必要があります。それでは、どうすれば部屋をキレイに片付けることができるのでしょうか?実はそこには、その後に部屋をそのままずっとキレイに維持するための秘けつも隠されているのです。

2.部屋をキレイに片付ける方法

2-1.床の上にはモノを置かない

なかなか部屋が片付かないの理由のひとつは、家具などに収納されていないモノが床や家具の上にあふれてしまっていることです。一方、家具が多くても、床にモノがないだけで、部屋をキレイにしやすくなりますし、部屋の見栄えもよくなります。また、床にモノをおかないというだけではなく、家具の上にモノを置かないようにするのも大切です。もし、ついモノを床や家具の上に置いてしまうことが多いのであれば、それは部屋のモノが多すぎるということかもしれません。

2-2.モノの数を減らそう

モノが多ければ多いほど片付けは難しくなります。では、モノの数を減らしていくためにはどうすればよいのでしょうか?まずは「もったいない」という気持ちがモノを増やすことがないようにしましょう。「まだ壊れていないから」と思って、ついついモノを取っておいてしまうと、やがて家の中はモノであふれかえってしまいます。「将来役立つかもしれない」という気持ちでモノを取っておきたくなるのはわかりますが、ときには大胆な決定も必要です。いっそ売ってしまうことで無駄なくモノを減らしていくこともできるでしょう。その中でも、特に処分が難しいのはもらいものや思い出の品です。思い出の品については、つい感傷的になってしまうかもしれません。そんなときは、思い出の品はしっかりと感謝の思いで写真にとって保存しておいて、実際のモノはやがて処分することもひとつの方法です。

2-3.収納を上手に利用しよう

目に見えないところにモノを押し込んでしまえば、一見片付いたように見えますが、これは根本的な解決策にはなっていません。また、いずれはクローゼットが入らなくなるほどモノがあふれてしまうのも時間の問題と言えます。ですから、見えない収納をどれほど上手に利用するかが、片付け上手になるための大切なポイントなのです。クローゼットの下や奥に収納ボックスを置くスペースがあるかもしれません。使用する頻度の少ないモノは、そのような隙間を活用して収納しましょう。見えないところのためではあっても、収納用の棚や箱を購入するのは、快適でキレイな部屋にするためには必要な投資です。

3.キレイな部屋を維持するための3つのコツ

3-1.使ったところに必ず戻す

きちんと部屋が片付いたならば、ぜひそれを維持したいものです。すでにモノの数を減らして、収納場所を確保していれば、部屋をキレイに維持するのは実はそれほど難しいことではありません。キレイな部屋を維持するためのまず大切なコツは、「使ったところに必ず戻す」ことです。部屋を片付けたときに、収納場所を決めておいているわけですから、そこにモノをしっかりと戻しましょう。当たり前のことのように聞こえますが、部屋がまた散らかってしまう最も大きな要因はここにあります。しっかりと「使ったところに必ず戻す」習慣をつけましょう。

3-2.増やしたら減らす習慣をつける

部屋をキレイに維持するためには「今あるモノをどうするか」に加えて、「これから買うモノをどうするか」を決めておくことも大切です。新たにモノを買ったりもらったりしても、今あるモノを減らさないならば、やがてモノは部屋にあふれていきます。キレイな部屋を維持するなら、部屋に保管できるモノの数をコントロールすることが大切なのです。特に服や靴などについては、このルールをしっかりと適用しておきましょう。

3-3.「一時ボックス」を活用する

部屋のモノの数をコントルールするために、何をいつ処分するかの決定はなかなか難しいものですし、時間も結構かかります。そのようなときは、「一時ボックス」としていくつかの箱を用意しましょう。そこに「絶対必要」「おそらく必要」「ほとんど使わない」などのラベルを貼って、とにかくモノをそこに入れ込んでしまいます。そして、必要に応じてそこから出して使っていけばよいわけです。おそらく「ほとんど使わない」に入れたモノは、数ヶ月も数年も使わないモノであることに気づくでしょう。そのようなときには、思いきってそれを処分してしまうわけです。

まとめ

さて、このように部屋をキレイに片付けるためには、

  • 床や家具の上にモノを置かない
  • モノの数を減らす
  • 収納スペースをしっかり活用する

ことです。

そして、一度キレイになった部屋を維持するための3つのコツは、

  1. 使ったところに必ず戻す
  2. 増やしたら減らす習慣をつける
  3. 「一時ボックス」を活用する

ということでした。

部屋をキレイに片付ける最大の秘けつは、一見当たり前のことのように思えることをとにかく実践するということに尽きるかもしれません。毎日のコツコツした努力が必要ですが、さわやかな毎日の生活を楽しむためにもぜひ実践していきましょう。


リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンター