物を増やさないコツを知る!物に支配されないシンプルライフのすすめ


衝動買いがやめられず、物が増えて部屋が片付かない…とお悩みの方は少なくありません。物をムダに増やさず、シンプルに暮らすためには、考え方や習慣を見直すことから始まります。物に支配されないシンプルライフのコツをご紹介しましょう!

目次

  1. 物が増えてしまう人とは
  2. 物を増やさない考え方と生活習慣
  3. 物が増えない片付け方
  4. まとめ

1.物が増えてしまう人とは

部屋の中もクローゼットも、たくさんの物であふれている人は、要領よく片付けるのが苦手なだけではないようです。

物がどんどん増えてしまう人には、共通した考え方があります。

1-1.物を増やしてしまいがちな人とは

  • 流行している、最新トレンド…というキーワードに弱い。
  • 新しい物がすぐ欲しくなる。
  • 雑誌やテレビのCMに影響されやすい。
  • ブランドネームにひかれる。
  • 激安、無料の品に手が出る。

上記のような理由で、衝動買いしがちな人は、部屋にどんどん物を増やすようです。

衝動買いをする人は、本当に自分が使うか、本当に自分が欲しいものなのかを深く考えずに雰囲気で買い物をします。

ある心理学者によると、「衝動買いの一番の原因はストレス」とのことなのです。

1-2.衝動買いをする心理

新しい物を買えばモヤモヤがすっきりする、買い物するだけでテンションが上がるという人は、理想と現実のギャップにストレスを抱えている人が多いといわれています。

ストレスを抱えてる自分を変えたい!という欲求が高まると、衝動買いに走ってしまうのです。

ひとめぼれした物を衝動的に購入すると、高揚感を得ます。

しかしながら、家に帰ってから「それほど欲しくはなかったかも」と、後悔することもあるはずです。

さらに、カードで買い物をした後、送られてきた請求書の金額を見て青ざめた人も多いでしょう。

衝動買いをしてはクローゼットにしまう…の繰り返しがやめられず、物があふれて片付かない生活は、自分でも快適ではないはずです。

考え方や習慣を改めて、衝動買いをするクセを改善し、物を増やさないように心がけましょう。

そして、本当に自分が気に入った上質な物だけに囲まれたシンプルライフに切り替えてください。

2.物を増やさない考え方と生活習慣

ついつい衝動買いをしてしまう…という人は、高価なブランド物ばかりを買っているわけではありません。

値ごろ感・買いやすさ・限定品・希少品にも弱いので、日常的にもムダ使いが多いのです。

「新作」・「期間限定」・「今だけ半額」などのキャッチフレーズに弱く、おなかがすいていないのにコンビニやスーパーでお菓子を購入するクセが身に付いていませんか?

また、夜ネットを見ているうちに欲しくなって、必要でもないのについクリック…が習慣になっている人もいるでしょう。

食べないお菓子・使わない生活雑貨・買っただけで読まない本・見ないDVDなど、気軽に購入したものほど祖末に扱うので、放置したままため込んでしまうのです。

そこで、物を増やさない方法としては、考え方や生活習慣を見直すことが重要になります。

どのようなことに気をつければよいのでしょうか?

2-1.物を増やさない!という強い気持ちを持つ

何かを購入するとき、すぐ手に取ってレジに向かう前に以下のようなことを考えてください。

  • 本当に必要なものか?
  • 本当に自分が欲しいものか?(CMや雑誌でよく見かけるため「欲しい気分」にさせられているだけではないか)。
  • 同じような物をすでに持っていないか?
  • 買ったら収納する場所はあるのか?

2〜3分考えると、物欲がさめることも多いものです。

洋服・靴・雑貨・食器・家電など、欲しい!と思ったら、まずは家のなかのどこに収納するかを想像してください。

クローゼット・靴箱・押し入れなどがすでにパンパンではないですか?

収納する場所がない…と気が付くと、衝動買いはセーブできます。

買い物をするときには、常に「余計な物は増やさないぞ!」という強い気持ちを持つようにしてください。

2-2.物を増やさない習慣を身につける

物を増やさないためには、衝動買いをやめることが一番でしょう。

そのほかにも、以下のような習慣を身につけると、部屋やクローゼットの中が物であふれて片付けができない状態になるのを防げます。

  • ひとつ買ったら、ひとつ捨てる。
  • 買い物以外の物が増えない方法で、ストレスを解消する(映画を見る・エステに行くなど)。
  • 「検討期間」を設ける(1日、3日、1週間など、欲しいと思ったときから買うまでに、自分で検討期間を設ける)。
  • 無料サンプルや試供品はもらわない。
  • できるだけレンタルを利用する(図書館で本を借りる、CDやDVDはレンタルするなど)。
  • 買う前に「ほかの物で代用できないか」と考える習慣を身につける。
  • 使い回しが効くものを選ぶ(食器なら小さな物をいくつもそろえるよりも、シンプルな大皿をひとつにしてワンプレートで盛り付けるなど)。
  • 友人や知人同士で貸し借りをする。
  • 収納アイテムは買わない(カゴやボックスなど収納アイテムを置くと、そこに物を入れてしまうので不用品が増える)。

上記のようなことを意識し、物を増やさないように努めましょう。

2-3.家計簿をつけて自分と向き合う

以前はやったレコーディングダイエットは、自分が1日食べたり飲んだりしたものをノートに詳しく書くことで、ダイエットできるという方法でした。

朝のコーヒー1杯、通勤途中のチョコレート1個など、口にしたものは正直にすべて書くことで、自分が食べた量を正確に知るのです。

そうすると、本当におなかがすいて食べたのではなく、なんとなく食べたり飲んだりしていることが多いことに気がつきます。

そこで、太るもとになる間食の習慣を断ち切りやすくなるのです。

家計簿も、レコーディングダイエットと同じ効果があります。

駅の売店で買った雑誌、お昼にコンビニで買った新発売のお菓子…細かく記録することで、自分がムダにお金を使ってモノを増やしていることに気がつくでしょう。

ムダ使いをセーブすることは、物を増やさないことにもつながるのです。

家計簿をつけることが習慣になると、衝動買いしそうになっても家計簿につけるのが面倒になり、気持ちをコントロールできるというメリットもあります。

3.物が増えない片付け方

物を増やさないためには、衝動買いやムダな買い物をしないことが一番です。

さらに、片付け方を工夫することで物を増やさないようにしましょう。

3-1.玄関にゴミ箱を置く

ポストで取り出したDMやデリバリーのメニューなど、後で見ようと部屋に持ち込んで積み重ねていませんか?

玄関にゴミ箱を置き、大切な郵便物以外はすぐ捨てましょう。

3−2.雑誌は積み重ねない

読み終わった雑誌は、床に置くと何冊でも積み重ねてしまいます。

箱やマガジンラックに入れて、いっぱいになったら読まない雑誌は処分しましょう。

3-3.ショップの紙袋は入れる場所を決める

オシャレなデザインが多いので、ショップの紙袋はためてしまいがちです。

箱やカゴなど、紙袋専用の収納場所を決めてサイズ別に順番に重ねて収納しましょう。

入りきらなくなったら、古い紙袋は処分してスペースを作ってください。

3-4.本棚に本を横積みにしない

書籍は縦に背表紙を見せて並べましょう。

隙間に横積みにするのはやめてください。

縦に並べられなくなったら、買取りショップに売却して一定の量を保つように心がけましょう。

3-5.収納ケースや家具は増やさない

収納家具やケースなどは便利なので、つい部屋のあいているスペースに置きたくなります。

しかしながら、収納スペースが増えると捨てようと思っていた物を「もったいないから」と入れてしまいがちです。

余分な収納スペースは増やさないことも、物を増やさないコツといえるでしょう。

3-6.不用品の買い取り・回収業者に依頼する

家電や家具、趣味の道具など不用品がまとまったら、買い取り・回収業者に出すのもおすすめです。

使用できるものは現金で買い取ってくれ、買い取りできない品物は回収してくれます。

粗大ゴミなどに出す手間もいらず、一気に片付くので定期的に利用すると部屋がきれいに片付くでしょう。

4.まとめ

いかがでしたか?

つい衝動買いをしてしまう、物が増えてしまうとお悩みの方に向け、物に埋もれないシンプルライフに切り替える方法をご紹介しました。

  1. 物が増えてしまう人とは
  2. 物を増やさない考え方と生活習慣
  3. 物が増えない片付け方

本当に必要な物、本当に好きな物だけに囲まれたシンプルな生活を送りたいなら、ただ片付けるだけではなく、考え方や生活習慣をチェンジすることから始めましょう。

物を増やさない生活は、部屋がスッキリと片付くだけではなく、お金の節約にもなります。

さらに掃除も簡単になるので、時間の節約にもなるのです。

気持ちよいシンプルライフを手に入れるために、できることから始めてみてください!


リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンター

不用品のお悩み全てお任せください!高価買取&格安回収!