部屋のにおいを手軽に消臭するコツ


部屋の消臭に悩むことはありませんか?自分では部屋のにおいが気にならなくても、ほかの人はにおいを敏感に感じることもあるでしょう。ですから、自分では気になるかどうかは関係なく、定期的に部屋を消臭する必要があるのです。しっかりした消臭をするために、部屋からのにおいの原因を調べてみました。また、今日からすぐにできる簡単な消臭方法もお伝えします。

  1. 部屋のにおいは何が原因?
  2. お金をかけない消臭方法
  3. ひとたび消臭した部屋を持続するコツ

1.部屋のにおいは何が原因?

1-1.玄関のにおいはどこから?

家の中でも場所ごとに「におい」の原因は違います。玄関のにおいは、靴や靴箱から発生する雑菌が原因です。靴にしみつく汗がその発生原因であることが多いでしょう。玄関のにおいはリビングにも広がります。特に、閉め切った靴箱は雑菌が発生しやすいので注意しましょう。玄関マットも雑菌と湿気によってにおいの根源になります。

1-2.キッチンのにおいはどこから?

キッチンのいやなにおいの原因は、多くの場合生ゴミが原因です。毎日出る生ゴミをきちんと処理しないなら、いやなにおいの発生源になります。バクテリアが生ゴミを分解するときに、異臭をはなつのです。シンクの排水口やゴミ箱は異臭が発生しやすいので気をつけましょう。水回りのカビからも異臭がするためチェックが必要です。

1-3.リビングのにおいはどこから?

家族が集まるリビングは、体臭や汗、また食べ物やペットのにおいが集まります。においが混ざって複雑な異臭になることもあるでしょう。また、布製の家具や備品は、においが染み付きやすいものです。ソファーやカーテンのにおいをチェックしてみましょう。布製のものには、ひとたびいやなにおいが付着するとなかなか取れません。

2.お金をかけずに消臭する方法

2-1.コーヒーかすを使った消臭方法

コーヒーかすは異臭の根源となるアンモニアを溶かします。アンモニアはアルカリ性ですが、コーヒーかすは酸性であるため、異臭の根源を中性にする働きがあるのです。ですから、コーヒーを飲んだ後のコーヒーかすは捨てないでください。消臭剤として活用しましょう。まずは、コーヒーかすをカビないようにしっかり乾かしてください。その後、通気のよい容器や布製の袋に入れます。適当な器がなければ、ジャム容器の布をかけて使うとよいでしょう。かわいい布を使って工夫すると見た目もよいのでおすすめです。できあがったコーヒーかすの消臭剤を、玄関やキッチン、リビングに置いてください。また、靴の中にも袋づめしたコーヒーかすを入れるのもよいでしょう。台所では、生ゴミが入っているゴミ箱にコーヒーかすを直接ふりかけると便利です。

2-2.重曹を使った消臭方法

重曹も消臭剤としての効果があります。重曹もコーヒーかすと同じように、通気のよい容器や布製の袋に入れてから部屋に置くとよいでしょう。重曹は定期的に新しいものに取り替えてください。また、重曹をそのままカーペットにまいてから、掃除機をかけると消臭効果があります。重曹をカーペットにもみこんでから掃除機をかけるのもよいでしょう。

2-3.アロマオイルを使った消臭方法

アロマオイルも消臭に活用できます。アロマオイルを選ぶときは、人工的につくられたものではなく天然のものにしてください。アロマオイルはディフューザーを使って部屋に拡散(かくさん)しましょう。アロマオイルには消臭効果と共に、リラックス効果もあります。ディフューザーがないなら、あらためて買う必要は心配ありません。無水エタノールと精製水、そして自分の好きなアロマオイルを数滴垂らしたものをスプレーのボトルに入れます。そのアロマスプレーを部屋に噴霧(ふんむ)してください。さらに、重曹にアロマオイルを数滴垂らして使うこともおすすめです。アロマオイルは毎回、数滴使うだけでよいので経済面でも助かります。

3.ひとたび消臭した部屋を持続する方法

3-1.こまめな掃除と換気は消臭につながる

定期的な掃除と換気は、においの原因となる雑菌やカビを減らします。消臭した後の靴箱も、閉め切ったままにせず定期的に換気しましょう。キッチンではこまめに生ゴミを捨ててください。食べ物が入っていたケースやジュースなどの缶もきちんと洗ってからゴミ箱に捨てましょう。ゴミ箱も定期的にきれいに洗ってください。料理や食事をした後に、換気をしながら掃除することも心がけましょう。

3-2.部屋で使用するものを工夫する

においが染み込みやすい素材を使わないように工夫しましょう。においがつきやすい布製のカーテンはブラインドに変更できます。床はカーペットを使わずフローリングのままにしましょう。ソファーもにおいがつきにくい素材を選んでください。布製のソファーであれば、カバーを使います。カバーをこまめに洗えば、消臭効果が期待できるでしょう。

3-3.清掃業者に依頼する

どうしてもにおいが取れない場合は、清掃業者に相談しましょう。清掃業者は、専門の洗剤や機材を使って部屋を消臭します。無料の見積もりをしてくれる業者に依頼するなら予算も明確で安心です。業者に徹底的に消臭してもらった後に、自分で消臭を維持するのもよいでしょう。

まとめ

においの原因は多くの場合雑菌です。雑菌は部屋のあちこちに発生するため、部屋の場所に応じた消臭をしましょう。

いやなにおいを消臭するために、

  • コーヒーかす
  • 重曹
  • アロマオイル

を使うのがおすすめです。

また、消臭効果を持続するために、

  • 定期的な掃除と換気
  • 家具などの素材を注意して選ぶ
  • 清掃業者に頼む

などを行うとよいでしょう。

部屋を定期的に消臭するなら誰が来てもくつろいでもらえるので安心です。さわやかな毎日を部屋で楽しむためにも、今日からしっかり消臭しましょう。