部屋を整理してもリバウンドする原因とリバウンドしない片付け方


せっかく片付けをしてもすぐ汚くなってしまうと落ちこみます。
「自分は片付けできない」とネガティブな考え方になってしまうでしょう。
しかし、片付けが苦手な人でもリバウンドする原因がわかれば、リバウンドしない片付け方ができるようになります。
これから、リバウンドする原因やリバウンドしない部屋の片付け方、綺麗(きれい)な部屋を維持するコツについて説明していきましょう。
片付けが苦手な人、すぐに散らかる人はぜひ参考にしてください。

  1. リバウンドする原因
  2. リバウンドしない片付け方
  3. 綺麗(きれい)な部屋を維持するコツ
  4. まとめ


1.リバウンドする原因

片付けてもすぐに散らかるのは「原因」が必ずあるものです。
リバウンドを防ぐためにも、原因を突き止めなければなりません。
いくつかリバウンドする原因をあげていくので、自分に当てはまるかどうかチェックしてください。

1-1.片付けができない→自己嫌悪という“悪循環”

リバウンドするのは“心”に原因があります。
片付けができない、苦手意識を持っている人は片付けに対してネガティブな考えです。「何をしても自分はできない」という諦めモードに入っています。
また、片付けに対する意欲が出てきたとしても結局、片付けができない状態になる→自己嫌悪という悪循環に陥るのです。
片付けがいつの間にか心の負担になっているのでしょう。
コンプレックスを抱いている部分があるからこそ、片付けをしてもリバウンドが起きやすくなっています。
リバウンドの悪循環から抜け出すには、心のセルフケアも大切になるでしょう。

1-2.日々の生活が改善できていない

何度片付けてもリバウンドするのは“日々の生活が改善できていない”のが原因です。
前と同じ生活を続けているからこそ、せっかく片付けをしてもリバウンドしてしまいます。
改めて自分の生活習慣を見直してみてください。
リバウンドしやすい人は、すぐに“ものをためこむ”共通点があります。
「いつか使うから」とつい保管してしまう傾向があるのです。
しかし、実際、1年以上使っていないものはこれから先も使いません。
部屋の中に保管していても収納スペースの無駄になるでしょう。
ついものをためやすい人は「断捨離」が必要です。
捨てることができないのなら、「今必要かどうか」をじっくり考えてみてください。
冷静になって考えたら捨てることができるでしょう。断捨離は“思いきり”が大切になります。

1-3.ものを散らかるままにしている

ものをためこみやすいと同時に、リバウンドする原因は「ものを散らかるままにする」点があります。
ものを散らかるままにしている部屋は常にごちゃごちゃしている状態です。
せっかく片付けをしても散らかったままにしておけばすぐにリバウンドしてしまいます。
ものの散らかりを防ぐためにも、“置き場所”をきちんと決めなければなりません。
今、置き場所が決まっていない人は改めて決めておきましょう。
また、置き場所を決めたから安心ではなく、決めた置き場所にきちんと置かなければなりませんよ。
基本、使った後はすぐに片付けることを意識してくださいね。

2.リバウンドしない片付け方

2-1.「要らないもの」と「要るもの」に分類する

リバウンドしない片付け方はとても簡単です。
「要らないもの」と「要るもの」に分類するだけである程度片付けることができます。なかなか捨てることができない人は、“1年以上使っていないものは捨てる”というルールを決めておきましょう。
大切な写真やアルバムをのぞき、使っていないものはすべて処分してください。
ルールを決めても捨てることができない場合は、「迷ったもの」として一時的にわけると良いでしょう。
そして、時間が経過した後再び迷ったものと対じしてください。
1度冷静になって考えることが大切です。自分にとって本当に必要なものかどうか判断しやすくなります。
また、要らないものと判断したときはすぐに処分してください。
いつまでも部屋の中に置いていては、リバウンドしてしまいます。

2-2.心のケアをして「前向き」にシフトチェンジする

片付けをしても毎回リバウンドしてしまう人は、“心のケア”が必要になります。
気乗りしないまま片付けをしても意味がありません。
ネガティブな気持ちを改善することが大切です。
自分でできる心のケアとして、まず「片付けが苦手」「片付けがイヤ」という気持ちを認めてください。
片付けがイヤと感じても良いのです。決して悪いことではありません。自分の気持ちを認めることこそ、ポジティブな気持ちに変える第1歩になります。
イヤな気持ちを拒否しないで認め、自分のペースで片付けをすすめていきましょう。
片付けしたくないときは無理にしなくてもOKです。
基本、したいときに片付けをするというやり方でゆっくり部屋を綺麗(きれい)にしてください。

3.綺麗(きれい)な部屋を維持するコツ

3-1.使った後はすぐに片付ける

綺麗(きれい)な部屋を維持するのは難しい…と思っていませんか?
毎日掃除をすることはもちろん大切ですが、少しの工夫と努力で綺麗(きれい)な部屋が維持できます。
たとえば、「使った後はすぐ片付けること」です。
衣類や本、CD・DVD、調理器具などものを使った後はすぐ定位置に戻してください。
整理整頓がなっている部屋は置き場所を決めています。
あらかじめ置き場所を決めて、使用後は必ず片付けることを意識していきましょう。
また、部屋の中に置いているものを極力減らすことも維持するコツです。
ものをたくさん持っている人は、必要最低限のものだけ残してください。
綺麗(きれい)な部屋はものが少なく、全体的にスッキリしていますよ。

3-2.できるだけものを部屋にいれない

人からもらう、拾う、買うなどものを部屋にいれるきっかけはたくさんあります。
できるだけものを部屋にいれないことも、綺麗(きれい)な部屋を維持するコツです。
人からもらったものは仕方ないですが、拾う、買うものは自分でコントロールできます。
つい衝動買いしてしまう人は1度冷静になって考えてみてください。
“本当に今必要なものなのか”考えてみて必要だと思ったら購入すると良いでしょう。
しかし、必要だと感じないもの、迷ったものは購入しないでください。
購入するものが多ければ多いほどリバウンドしやすい環境になってしまいます。
リバウンドを防ぐためにも自分の行動を見直して改善することが大切です。
また、新しいものを購入した場合は古いものを捨てていきましょう。
捨てることは悪いことではありません。新しい生活を始めるための大切なポイントになります。

4.まとめ

リバウンドする原因やリバウンドしない片付け方、綺麗(きれい)な部屋を維持するコツについて説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
片付けをしてもリバウンドする原因は人によってさまざまです。
主な原因は、片付けできない悪循環や日々の生活習慣、ものの増えすぎなどがあがっています。
自分にとって当てはまる原因がないかどうか確認してください。原因がわかれば対策も立てやすくなるでしょう。
そして、リバウンドしない片付け方を実践してくださいね。
リバウンドしやすい人ほどものであふれているため、要らないものを処分することが大切です。
要らないもの、不用品はすぐに処分して整理整頓を心がけていきましょう。
片付けで出た不用品は一気に処分できる業者に依頼してください。
不用品回収業者は自宅まで回収しにきてくれるので非常にスピーディーです。効率的に処分できる方法といえるでしょう。