不要な布団はどう捨てる?様々な布団の捨て方をご紹介


布団は生活必需品です。布団を捨てる機会は、引っ越しなどの時間がない時に訪れます。そして、布団は大きく重たいため、ついつい、箪笥の肥やしになりがちです。そこで、今回は古くなった布団を捨てる方法や、無料回収・リサイクルする方法などを詳しく説明します。

  1. 布団の寿命は?
  2. 布団は何ごみになるの?
  3. 販売業者の下取りサービスはあるの?
  4. リサイクルできるの?
  5. 不用品回収業者に頼めるの?
  6. 自分でできる布団のリメイク
  7. 布団の捨て方についてよくある質問

布団の処分方法としては大きく分けて「捨てる」「寄付」「売る」かの3パターンがあり、どの場合でも処分するには、ある程度前から計画的に行う必要があります。現在、ごみを処分する場合でもお金がかかることが多く、リサイクルショップなどを利用して、 なるべく捨てない、リサイクル方法を見つけていきましょう。

1.布団の寿命は?

お使いの寝具が買ったときに比べて、布団が薄くなった気がする、ほこりが出るようになった等の症状はありませんか? この場合、布団の寿命がきている場合があります。

1-1.布団の一般的な耐久年数

布団の寿命は、お使いになる方や、使用環境によって大きく異なる為、衛生面からみても購入した時と同じような性能・形状を保てる年数は、目安として下記となります。

  • 掛け布団:10年~15年
  • 敷き布団:5年~10年

1-2.掛け布団の寿命の目安

使っていく中で、中綿がくたびれて体温を吸収する空気層がうすくなります。保温されないため寝ていて寒い、中綿が布団の中で分裂したり、出てくる場合は寿命です。

1-3.敷き布団の寿命の目安

中芯がぺたんこになり腰などの重い部分が床に底つきしてしまった場合、寝ていて痛かったり、寝心地が悪い、などといった場合は寿命です。起きてからも体がだるい等も布団の影響が考えられます。そうなったら買い替えのサインです。寝具を替える事で、寝つきが悪く、夜間によく目が覚めるといった不眠などの症状が改善されるでしょう。

2.布団は何ごみになるの?

布団は布や綿などの燃えるものからできており、可燃ごみと考えられますが、大きいため粗大ごみかとも悩んでしまいます。自治体で回収される場合は何ごみになるのでしょうか。

2-1.粗大ごみ

布団は大きいため、ほとんどの自治体では粗大ごみとして扱っており、お住まいの自治体で回収費用が異なりますが、1,000円程がかかります。

2-2.可燃ごみ

基本的には粗大ごみですが、自治体指定のごみ袋に入るサイズに布団を切った場合は、可燃ごみとして回収されます。この方法は費用をかけたくない方にオススメです。自治体に燃えるごみとして捨てられるかどうかの確認されても良いでしょう。

可燃ごみにする場合、布団をハサミ等で切断する必要があります。布団を切る場合、室内で行うことはお薦めできません。なぜなら、長く使っていた布団はカビやダニの温床となっている場合があるからです。

布団には、ダニが30万匹存在すると言われています。ダニはホコリや人間のフケや垢などをエサにし、じめじめした高温多湿の環境で増殖するのです。

ダニの死骸やフンが布団の中に多くある場合、小さな子供はアレルギーを引き起こし、大人でも、アレルギー症状や喘息を起こす可能性が考えられます。その為、古くなった布団はできる限り屋外で切るか、室内であっても風通しの良い換気できる場所で行いましょう。くれぐれも、マスクなどの装着は忘れずに。

3.販売業者の下取りサービスはあるの?

布団を新しく購入する場合、購入店が古い布団を引き取ってくれる場合があります。そのような販売業者から購入するのも一つの方法です。

ベルメゾン
大手通販サイトのベルメゾンは、不要家具引き取りサービスも行っており、一定額以上の商品を購入するなどの条件を満たした場合のみに適応されます。
新しい布団を購入後、商品と引き換えにいらなくなった布団を渡すことで、回収可能です。

昭和西川株式会社
昭和西川で引き取り対象の寝具を購入した場合に無料で回収してもらえます。また、羽毛布団の打ち直しリフォームも行っており、捨てる前にこちらを利用するのも良いのではないでしょうか。

4.リサイクルできるの?

4-1.リサイクルショップに出す

多くのリサイクルショップでは、使用済みの布団を買い取りは行っていないのが現状です。しかし、中には他のリサイクルショップでは取り扱わない布団などを買取り、回収してくれるところもあります。

それらのリサイクルショップでは、店舗販売だけでなくインターネット販売、業者間取引、海外リユース、オークションなどの独自の転販売ルートをもっており、幅広い販売網が特徴です。

以下のような布団が買取されています。

  • 有名布団メーカーのもの
  • 購入から3年以内のもの
  • マザーグース等の高級羽毛布団

以下のような布団が回収されています。

  • 目立つシミがあるもの
  • タバコの匂いがするもの

発展途上国への支援団体に寄付 ワールドギフト
布団や毛布を海外支援物資として活用している支援団体が日本には数多くあり、その中で支援団体のワールドギフトをご紹介します。ワールドギフトはリユース・再資源化によって発生する収益により、国連WFPや国境なき医師団などに募金や物資支援をしている団体です。発展途上国では布団は贅沢品となります。新品の布団はもちろんですが、使用済みの布団でもとても喜ばれるのでしょう。日本ではごみとして扱われ、捨てられてしまう物が世界の誰かの生活に役立つのです。

残念なことに、日本ではこのような支援団体の周知は遅れています。このような誰かの為に活動している団体を支えるためにも、選択肢の一つに加えていただきたいです。

動物愛護市民団体に寄付 ジャパン・ケイナイン・ディフェンス・リーグ(JCDL)
日本では、年に14万匹以上の動物達が殺処分されています。残念ながらそのほとんどが人間の身勝手さからくるものです。動物愛護団体は個人レベルから財団法人まで様々な規模で動物達を護っています。

その尊い活動はほとんど寄付でまかなわれおり、私達の身の回りの多くのものが役立つのです。特に、毛布や布団のような暖を取れるものは、保護された動物達にとってどれだけのやすらぎを与えるのでしょうか。動物達が使用しますので、古い布団で問題ありません。また、シーツのようなリネンも喜ばれます。こちらも選択肢の一つになるのではないでしょうか。寄付をされる場合は、愛護団体に確認の連絡をお願いします。

5.不用品回収業者に頼めるの?

不用品回収業者の最大のメリットは、リサイクルショップで断られた場合でも買取り、回収を行ってくれます。また、都合に合わせて家まで買取り、回収してくれますので、大量の布団を処分したい人や引越しなどですぐに捨てたい方にはメリットが多いでしょう。回収の場合、費用がかかりますので、事前にいくつかの業者から見積りを取って納得の上お願いしましょう。

業者を選ぶ際は以下を参考にしてください。

  1. 一般廃棄物の許可がある業者
  2. 明朗会計で費用が安いこと
  3. 回収の即日対応・日時指定が出来ること
  4. プライバシーの保護ができる業者であること

①一般廃棄物の許可は市町村ごとにされます。この許可を所持している会社だけが、ご家庭からでる粗大ごみ、不用品、廃品を回収することができるのです。許可の有無は各市町村のホームページ(一般廃棄物収集運搬業許可業者一覧等)にありますので、ご確認ください。

例) 平塚市

②『不用品の無料回収です!』と謳っておきながら、回収すると威圧的な態度で回収費用として『1万円かかる』等と請求してくる業者も残念ながらあります。ホームページの内容や見積りの段階で一切の追加費用はないことを確認してください。また、業者の電話、接客対応を吟味する必要があります。

③即日対応が可能なフットワークの良い業者は、事業規模も大きい場合が多いです。また、一刻も早く処分をしたい利用者の立場に立っているといえるでしょう。

④ホームページ等で総務省管轄の個人情報保護法を元に作成された、プライバシーポリシーが明記されている業者かどうかご確認ください。

個人情報保護法

6.自分でできる布団のリメイク

布団の捨て方や売ることを中心にご紹介しましたが、こちらではご自身でできる、布団のリメイク方法をご紹介します。

6-1.敷布団をソファとクッションにリメイク

通信販売ベルメゾンをはじめ、多くの通信販売サイトで敷布団を入れる事でソファやクッションとして使える収納袋が販売されています。この収納袋は様々な柄があり、インテリアとしても楽しめそうです。

http://www.bellemaison.jp/

6-2.羽毛布団をクッションにDIYしよう

羽毛布団はキルティング加工されているものが主流です。このキルティングを利用して羽毛布団をクッションにDIYしましょう。

クッションの中身の作り方

  1. 羽毛布団のキルティング目に沿って縦もしくは横一列を切断します。
  2. 切り口をミシン等で縫い合わせます。
  3. 羽毛が飛び出てないことを確認して丸めます。

クッションカバーの作り方

  1. クッションにする生地は羽毛が飛び出ないような目狭い布にします。(例:サテン生地)
  2. 丸めた羽毛布団を包み込める大きさに布を切ります。(例えば、50cm×50cmサイズのカバーを作るには120cm×60cmが必要です。)
  3. 両端を2cm幅の3つ折りにして縫います。
  4. 柄面で横幅が50cmになるように柄合わせし、待ち針で仮留め、上下を1cm幅で縫います。
  5. 柄面をひっくり返して、裏面にし、上下を2cm幅で縫います。
  6. 裏面をひっくり返せばクッションカバーが出来上がります。
  7. 丸めてある羽毛布団をクッションカバーに入れれば完成です。

7.布団の捨て方についてよくある質問

Q.布団はどんなハサミで切れますか?
A.万能バサミがお勧めです。刃がストレートタイプよりも、カーブしている刃が切りやすく、女性の場合、手が小さいため万能バサミを選ぶ際はグリップの開き幅に注意してください。

Q.布団の切断にどのくらいの時間がかかりますか?
A.可燃ごみの袋に入れることを考えると、シングルサイズの布団の場合は4分割程が好ましいです。女性の場合、所要時間は20分程を見込んでください。万能バサミなどの切れ味の良いものを使うと思いますので、急がず安全に切断しましょう。

Q.粗大ごみとして捨てられた布団はどうなりますか?
A.焼却処分され、残った灰は埋め立て処分となります。燃やしたからといって無くなるわけではありません。全国的に布団は粗大ゴミとして出された様々なごみの容積割合の中で最も多いです。

Q.布団を処分するまでの保存方法について教えてください。
A.圧縮袋で収納するとかさばらなくなります。また、紐で縛るとそのまま粗大ごみとして捨てやすく、手間がかかりません。

Q.布団がとても重くて運びにくいです。何か方法はありますか?
布団は特に古い場合、湿気吸いやすく、重くなっていることがあるので、捨てる前に天日干しをしてください。天日干すことで軽くなって運びやすくなります。

まとめ

今回は布団の処分方法についてご紹介しました。一口に布団を捨てるといっても様々な方法があります。捨てればごみとなりますが、ご自身でリメイクをして、布団を別のものに変えることも楽しいかもしれませんね。

大まかに下記のようにまとめてみました。

無料処分

  • 自治体に可燃ごみとして出す
  • 発展途上国への支援団体に寄付する
  • 動物愛護団体に寄付する

条件付き無料処分

  • 通信販売会社等の下取りサービス

有料処分

  • 自治体に粗大ごみとして出す
  • 不用品回収業者に依頼する
  • リサイクルショップ(目立つシミ、タバコの匂いがある場合)

買取

  • リサイクルショップ(有名ブランド、高級羽毛布団)

リメイク

  • 布団がソファになる収納ケース
  • 掛け布団がクッションになる

私達がごみだと思っているものが、誰か役に立つこともあります。リメイクする事で新しい物に生まれ変わることもわかりました。ごみを捨てるといっても、相応のコストや用地が必要となります。また、リサイクルによって商品化する場合にも捨てる側からは見えない様々なコストが必要です。私たち一人一人がごみを捨てた先に思いを巡らせ、有効な処理方法を選択するためにどのような方法があるのかを知ることは重要なことでしょう。そうすれば、自ずと資源の無駄遣いや環境を汚染をする方法は選択しないはずです。私達が捨てようと考えているものは、誰かの役に立つかもしれないことを認識し、正しく処分しましょう。