包丁の処分方法を知りたい人は必読!安全な刃物の捨て方と注意点は?


古い包丁の処分方法について、安全な捨て方と注意点をまとめました。
包丁の捨て方が判(わか)らなくて困っている人は、ぜひ参考にしてください。

  1. 包丁の処分方法には何がある?
  2. 包丁を処分するときの注意点は?
  3. 包丁の切れ味が復活する方法を紹介!
  4. まとめ

この記事では、包丁の捨て方や処分方法をしっかり学ぶことができますよ。

1.包丁の処分方法には何がある?

いらない包丁の処分方法には、何があるでしょうか。
包丁の捨て方や処分方法について、具体的にご紹介しましょう。

1-1.ごみの回収に出す

包丁も、ごみとして自治体の回収に出すことができます。
包丁は、燃えないごみか危険物扱いとなる可能性が高いでしょう。
実際に包丁をごみとして出すときは、自治体の指示に従ってください。
包丁をごみとして出す場合は、回収に関係する人がケガをしないように注意して出すようにしましょう。

1-2.リサイクルショップに相談する

まだ使用できる包丁の場合は、リサイクルショップに売る方法も考えましょう。
未使用の状態だったり、名のある作家の作品だったりする場合は、リサイクルショップで買い取ってもらえる可能性があります。
捨てるのはもったいない、と思うのならばリサイクルショップに相談をしてください。
高額ではなくても、お金に替えることができる場合もありますよ。

1-3.不用品回収業者に依頼する

包丁も、不用品回収業者に回収を依頼することも増えています。
特に、料理店の片付け時など、大量に包丁がある場合は不用品回収業者に回収を依頼する方が何かと楽でしょう。
引き取るときの見積もりは無料、という業者もあります。
また、リサイクルショップへの依頼と異なり、リサイクル不可能と判断した場合でも引き取ってもらえる点がメリットと言えるでしょう。
なかには、買い取り可能な物も出てくる可能性もあります。
さらに、包丁と同時にそのほかの不用品を引き取ってもらうこともできるでしょう。
不用品回収業者に包丁の回収を依頼することは、メリットが大きいですよ。

2.包丁を処分するときの注意点は?

包丁は危険物なので、きちんと注意して処分する必要があります。
処分するときにけが人が出ないように、気を付けてください。

2-1.ごみに出す場合は指定の方法で処分する

包丁は危険物となるので、通常の燃えないごみとは別に回収の指示が出ることもあります。
出し方が判(わか)らない場合は、自治体のごみ回収担当窓口に問い合わせましょう。
雑な出し方をすると、ごみ回収の担当者がケガをする原因になるので十分に注意してください。
指定の日時や方法で出していないと判断した場合は、回収不可能となることもあるので気を付けましょう。

2-2.刃物部分でケガをしないようにする

包丁を処分するときは、刃物部分でケガをしないようにしてください。
包丁の刃物部分は、とても危険です。
切れ味が悪くなって処分する場合でも、簡単に人の肌に傷を付けてしまうでしょう。
具体的には、刃物部分で切ることができないように段ボール紙で挟(はさ)むように覆(おお)ってください。
挟(はさ)んだ段ボール紙の上から、ガムテープなどで巻いて固定します。
処分を依頼するときに、刃物部分が外側に出ないように細心の注意を払いましょう。

2-3.包丁だと判(わか)るようにする

包丁を処分するときには、刃物部分で切れないようにすることが大切です。
しかし、包丁であることが判(わか)るようにしておくことも忘れないでください。
段ボールでしっかり刃物部分を覆(おお)ったつもりでも、何かの理由ではずれてしまうこともあるでしょう。
刃物部分が出てしまっている包丁は、とても危険ですしケガの原因になります。
処分する前には、刃物部分を覆(おお)った段ボール紙の上に、マジックで「包丁在中」などと書いておいてください。
中身が包丁であることが判(わか)ると、回収をする人も気を配るようになるでしょう

3.包丁の切れ味が復活する方法を紹介!

使えことができなくなった包丁も、切れ味が復活する方法があります。
捨てたり処分したりする前に、包丁の切れ味が復活する方法を試してみてください。

3-1.砥石(といし)で研(と)ぐ

包丁の切れ味が復活する方法としては、砥石(といし)で研(と)ぐことが基本でしょう。
普段から砥石(といし)で研(と)いでいる場合は、包丁の切れ味が悪くなることは無いはずです。
砥石(といし)で研(と)ぐことは、難しいことでありません。
インターネットには、砥石(といし)を使った包丁の研(と)ぎ方を動画で説明しているところもあります。
正しい研(と)ぎ方で研(と)いだ包丁は、とてもよく切れるはず。
包丁の切れ味を普段からよくしたい人は、ぜひ試してみると良いでしょう。

3-2.アルミホイルを切ってみる

包丁の切れ味をよくするために、包丁でアルミホイルを切ってみるという方法もあります。
実際に、包丁でアルミホイルを切ってみてください。
野菜などを切ったときに、切れ味がよくなっていることを感じるでしょう。
アルミホイルを切ることで、自然と刃物部分を磨(みが)くことになるので切れ味が戻るというわけですね。
簡単な方法ですが、効果は抜群と言えるでしょう。
それに、台所にある物で包丁の切れ味が復活するのですから費用も必要ありません。
包丁の切れ味をよくするためにアルミホイルを使うことは、コストパフォーマンスが高いとも言えるでしょう。

3-3.大根でこする

切った大根で、包丁の刃物部分をこする方法です。
大根で包丁の切れ味が復活するとは、驚く人も多いことでしょう。
でも、実際に行ってみると切れ味が復活するのです。
まずは、厚く切った大根の表面にクレンザーをかけましょう。
クレンザーをかけた大根の上で、包丁を研(と)ぐようにこすってみてください。
まるで、砥石(といし)で研(と)いだように切れ味が復活しますよ。
最後に、包丁に付いたクレンザーをしっかり洗い流すことを忘れないでくださいね。
使った大根は、処分しましょう。

4.まとめ

今回は、包丁の処分方法についてお話をしました。
包丁は、そのまま処分すると危険です。
ケガをしないように、しっかり気を付けましょう。
では、最後にポイントをまとめておきます。

  • 包丁の処分方法を学ぶ
  • 包丁を処分するときの注意点を知る
  • 切れ味が復活する方法を試してみる

皆さんも、この記事を参考にして安全に包丁を処分してくださいね。