不良在庫を処分したい人必見! 方法やメリット、注意点を解説!


「不良在庫を抱えてしまい、困っている」と悩んでいる経営者は珍しくありません。しかし、捨てるのももったいないとそのまま残しておくより、思いきって処分した方が節税になる場合もあります。また、不良在庫の内容によっては換金できることもあるでしょう。

今回は、不良在庫の処分方法や処分するメリットを紹介します。

  1. 不良在庫の定義と問題点
  2. 不良在庫を出さないようにするために
  3. 不良在庫を処分する方法とメリット
  4. 不良在庫を処分するときは時期を見る
  5. 不良在庫の処分に関するよくある質問

この記事を読めば、不良在庫を処分する際、気をつけるポイントもよく分かるでしょう。不良在庫を処分したいと考えている人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.不良在庫の定義と問題点

不良在庫とは、どのようなものでしょうか? この項では、不良在庫の定義と問題点を紹介します。

1-1.不良在庫は売れる見込みがない在庫

一般的な在庫とは、商品販売会社を例に挙げると、売れることを見越してストックしてある商品です。一方、不良在庫とは売れる見込みのない在庫を指します。売れると思ってたくさん商品を仕入れたが、思ったほど売れずに時間が経って不良在庫になることは珍しくありません。また、不良品や保管しているうちに劣化した在庫も不良在庫になります。

1-2.不良在庫は経営に悪影響を与える

不良在庫は売れる見込みがないだけでなく、保管しているだけで費用がかかります。また、不良在庫を抱えていることで、利益を生み出す一般的な在庫を抱える余裕がなくなるため、会社の業績を圧迫することもあるでしょう。

1-3.在庫管理が難しくなる

不良在庫と一般的な在庫が混在していると、在庫管理が難しくなります。特に、人の目と手で管理している現場だと、一部の在庫がいつの間にか不良在庫になっていたというケースも起こりやすくなるでしょう。その結果、気がついたら会社の業績が悪化していたと言うことにもなりかねません。

2.不良在庫を出さないようにするために

不良在庫を出さないようにするには、以下のようなことに注意しましょう。

  • 在庫管理システムソフトなどを利用するなどしてより正確に管理できるようにする
  • 在庫回転率をこまめに見直し、常に適正な在庫管理率を維持できるよう、仕入れの参考にする
  • 在庫を抱えていれば安心という思い込みをしない
  • 在庫を減らすことを常に意識する

しかし、いくら注意しても不良在庫が出ることがあります。次の項で処分方法を紹介しましょう。

3.不良在庫を処分する方法とメリット

では、不良在庫を処分するとどのようなメリットがあるのでしょうか? この項では、その方法とともに紹介します。

3-1.不良在庫を処分すれば在庫管理が楽になる

不良在庫を処分すれば、在庫管理が楽になります。在庫回転率も計算しやすくなり、利益が出る在庫を新しく仕入れることもできるでしょう。また、不良在庫を管理するのに必要だった費用も節約できます。

3-2.廃棄損を計上することで節税になる

廃棄損とは、特別損失に計上できる会計処理です。これを計上することで、節税効果が期待できます。また、不良在庫を大幅値引きして販売した場合も、値引きした分の売上粗利益がなくなるため、節税効果が期待できるでしょう。このように節税目的で不良在庫を処分したい場合は、廃棄理由や値引き理由の妥当性を税務署に説明しなければならないこともあるので、税理士と相談しながら行うのがおすすめです。

3-3.不良在庫の廃棄は専門業者に依頼するのがおすすめ

企業から出たゴミは、自治体で回収してもらうことができません。企業は、専門の業者にゴミの廃棄処理を委託する際、マニフェストを作成する必要があります。不良在庫を廃棄する際も、廃棄業者から請求書・廃棄証明書をもらい、税務署などに提出する必要も出てくるので保管しておきでしょう。埼玉出張買取コールセンターなど、不良在庫の引き取り実績が豊富な業者を利用するのがおすすめです。なお、廃棄処分を委託した企業は、年度ごとにマニフェストに関する報告書をまとめ、自治体の担当部署へ提出しなければなりません。

4.不良在庫を処分するときは時期を見る

不良在庫を処分し、廃棄損として費用計上したい場合は、廃棄のタイミングの正当性や理由を税務署から聞かれることがあります。正当性や理由をしっかり説明できないと、損金=費用とし認められないこともあるでしょう。不良在庫があるから処分しようと考えた場合、廃棄する時期や、損失として計上したい場合に必要な書類などをよく確認してください。また、不良在庫を赤字でもいいので値引きして販売できないかなど、複数の方法を考えてみましょう。

5.不良在庫の処分に関するよくある質問

この項では、不良在庫の処分に関する質問を紹介します。

Q.不良在庫に法律的な定義はあるでしょうか?

A.いいえ。「この基準を満たせば不良在庫」というような法律はありません。

Q.不良在庫を処分せずに節税する方法はありますか?

A.棚卸資産の評価損を計上する方法を検討してもいいでしょう。詳しくは税理士に相談してください。

Q.不良在庫は自分で知り合いに配るなどして処分してはダメですか?

A.不良在庫であっても特定の人に無償譲渡するのは税務上の問題がからみますので、やはり税理士に相談しましょう。

Q.不良在庫のうち、売却できるものはどんなものですか?

A.たとえば、調理器具や雑貨など流行に大きな変化がないものであれば、売値が安ければ、売却できる可能性があります。

Q.不良在庫は食品にも当てはまるでしょうか?

A.もちろんです。消費期限が近づくほど不良在庫となります。

まとめ

今回は、不良在庫の処分方法について説明しました。不良在庫はどれだけ厳しく管理しても発生する可能性があります。節税効果が期待できる方法などで処分できれば、損失は最小限に抑えられるでしょう。不良在庫になりそうだから廃棄ではなく、少しでも損失が少なくなるように工夫してみてください。