スーツケースの捨て方は? 処分後はレンタルに変える方法もおすすめ


旅行はとても楽しいですよね。旅の計画を立てるだけでもワクワクします。しかし、荷物をパッキングして出発したスーツケースは、回数を重ねるごとに傷みが気になるものです。キャスターの不具合・ロック機能の故障・本体の歪(ゆが)みなどが起こります。荷物の量に見合わなくなり、買い替えを考える方もいるでしょう。新しく購入するにあたり、古くなったスーツケースを処分するのも、やり方がわからなく慌ててしまう方もいます。ですが、 難しく考える必要はありません。
スーツケースは、状態によってはリサイクルや寄付といった手段で、手放すことができます。知らない方もいるため、この記事で処分方法やリサイクルについて触れてみましょう。

  1. スーツケースを処分したい
  2. 自分でスーツケースの処分をする場合
  3. 販売業者による下取りでスーツケースを手放す場合
  4. スーツケースをリセールする場合
  5. スーツケースを寄付する場合
  6. 回収業者にスーツケースの処分を依頼する場合
  7. スーツケースの処分でよくある質問
  8. まとめ

スーツケースは旅行以外で使う機会はあまりなく、使うときだけレンタルというスタイルも取り入れられています。使っていないスーツケースがあって困るという方は、リセールで収益を得る方法もおすすめです。リセールでも、いくつかのやり方があります。スーツケースを処分する知識として、ぜひ覚えておいてください。

1.スーツケースを処分したい

スーツケースの処分を考える前に、スーツケースとはどのくらいもつ製品なのか、起こりやすいトラブルなどからご紹介します。お使いの製品と状態を比べてみてください。

1-1.スーツケースの耐用年数

旅行以外に、普段から仕事でスーツケースを愛用している場合もありますよね。20〜30kgほどの重量が常にスーツケースにはかかっており、使う年数が経(た)つにつれ、寿命や耐用年数が気になってくるはずです。突然壊れては困ります。問題なく使える期間は知っておきたいことでしょう。
スーツケースの寿命は、年数よりも走行距離で算定されます。理由は、製造時に数十kmのテストを行っているからです。まず、故障が起こるのは、荷物の重量によって押しつぶされるキャスターでしょう。キャスターが壊れ、動かなくなったという事例が多いです。

1-2.スーツケースでよくある故障

前述でもご紹介した、キャスターの故障は最も多いです。磨耗によって回転しなくなった、キャスターのつけ根が折れたというものがよくあります。
続いて多いのは、プルアップバーの可動が悪くなるトラブルです。収納できなくなる例もあります。高さが変えられず、機内に持ち込みができなくて困る方もいるでしょう
スーツケース本体の異常もあります。歪(ゆが)みや開閉時の不具合などが起こり、荷物を入れても閉めることができないといったトラブルです。

1-3.スーツケースのトラブルは修理か廃棄か? 

トラブルの内容により、修理対応が可能です。キャスター部分の修理だけで解決するなら、スーツケースは問題なく使えるでしょう。プルアップバーも交換などの対応で、収納ができるようになります。どちらのトラブルも、普段の誤った使い方が原因で起こるものです。キャスターは転がすときの角度が負担となっています。なるべく平行に転がすよう意識してみてください。
プルアップバーは、スーツケースを持ち上げる際に無理な力がかかっているために起こります。スーツケースは持ち手を使って持ち上げ、プルアップバーで引き上げないようにしてください。
一方、本体の歪(ゆが)みや亀裂などのトラブルは、本体を覆う樹脂やシェルの交換対応となります。キャスターやプルアップバーより交換費用が高くなるため、修理より廃棄を選んだ方が賢い手段です。

1-4.スーツケースは何ゴミにあたる? 

どんなゴミでも、自治体ごとに出し方が異なります。スーツケースも自治体での取り扱いが可能で、分別には注意が必要です。
スーツケースはサイズが大きいものがほとんどであるため、粗大ゴミに分類している自治体が多くあります。自治体の規定を超えるサイズは粗大ゴミとなり、お住まいの地域が定めているルールは事前に確認してください。粗大ゴミは有料で事前申し込みとなります。粗大ゴミ処理料を支払い、証明書となるシールを貼りつけて出すのが、粗大ゴミの一般的な出し方です。
ご自身で粗大ゴミ処理場への持ち込みも可能で、粗大ゴミの日まで待つことができない場合は、自分で運搬して出してもいいでしょう。ただし、持ち込みの場合も、事前に連絡が必要です。

1-5.スーツケースは正しい捨て方が重要

粗大ゴミは、月に2回程度の回収日が定められており、事前申し込みの際に出す日を指定されます。家に置いておくと場所を取って困るため、すぐに出してしまおうと思う方もいるでしょう。しかし、持ち去り被害も増えているため、指定日に出さなくてはいけません。というのも、スーツケースの持ち去り後、不法投棄されてしまう事例があり、ゴミの排出者が責任を問われることになる危険性があるからです。ですから、ルールに添った正しい捨てる方が求められます。

2.自分でスーツケースの処分をする場合

自治体のルールに従い、ご自身で処分される場合の方法をご紹介します。

2-1.自治体の回収で処分する

前述でご紹介したとおり、多くの自治体では通常のゴミとして捨てられるサイズの上限を定めています。そのため、スーツケースのような大きなものは粗大ゴミです。パーツだけを処分する場合は、燃えないゴミとして出すこともできます。しかし、スーツケースのパーツだけという例は少ないため、スーツケースをそのまま処分せざるを得ないでしょう。

2-2.自治体の回収で処分するときにやるべきこと

粗大ゴミは事前申し込みが必要であるとご説明しました。各自治体の粗大ゴミ受付センターに連絡し、捨てたい数・大きさ・状態などを申請してください。分解は特別必要ありません。分解することで破片や鋭利な部分が露出し、回収時に作業員がケガをする恐れもあります。スーツケースをそのまま出した方が安全です。
ただし、自治体に指定された日に、指定廃棄場所までの運搬が必要となります。普段ゴミを出す場所とは異なるため、あらかじめ場所の確認をしてください。

2-3.自治体の回収でスーツケースを処分するメリット・デメリット

自治体では、粗大ゴミ処理券を設けており、大きさや種類別に支払うべき料金が明らかになっています。処分費用としては最も安く、捨てるのにお金をかけるのはもったいないと感じる方には、自治体の回収に出す方がお得です。
とはいえ、自治体では申し込み・粗大ゴミ処理券の購入・運搬といった手順が必要となり、1回で処分が完結しないのがデメリットでしょう。面倒だと感じ、ほかに処分する方法はないか探す方も多いです。粗大ゴミの回収日も少ないため、処分を急ぐ場合には向きません。

3.販売業者による下取りでスーツケースを手放す場合

買い替える場合、販売業者に今まで使っていたものを引き取ってもらう手段もあります。

3-1.買い替えがベストなのはどんなとき? 

荷物容量が変わった・修理代金が購入費用と差がない・修理部品がないなどの場合、買い替えを検討すべきです。使えるものは修理したいと思っても、修理費用が高額になるようなら、買い替えの方がベストでしょう。たとえ修理したとしても、ほかのパーツが寿命を迎える可能性もあります。
荷物容量に変化がある場合、無理にスーツケースを閉めるような動作を繰り返すうちに、鍵の故障やトラブルが増えてしまうはずです。トラブル回避策として、買い替えを考える方がいいでしょう。
頻繁に使わない・ずっとしまったままというなら、買うより使うときだけレンタルに切り替える方がおすすめです。

3-2.スーツケースが安い時期は? 

スーツケースのモデルチェンジは、2〜3年周期となっています。新製品が一斉に出る時期は、前のモデルを安く購入できるでしょう。新製品となったから、大きく機能が向上するわけではありません。機内持ち込み可能サイズはとても人気があり、セールを利用して購入するとお得です。

3-3.販売業者によるスーツケースの下取りはある? 

スーツケースやバッグなどを専門に扱う販売業者では、使わなくなったスーツケースの下取りも行っています。ただし、一定条件が求められており、同一製品購入代金が条件に満たない場合は下取りができません。
サムソナイト小田急百貨店新宿店では時期を限定して下取りしています。キャンペーン時期に合わせ、買い替えをするとお得です。小田急百貨店新宿店の場合、下取りで500円分の商品券発行がなされ、キャンペーン期間中は1000円に増額されます。
リモワでも下取りキャンペーンを実施しており、故障があっても下取り対象です。下取り実施時期は限定されているため、ホームページでチェックしておくといいでしょう。

3-4.通販業者でもスーツケースの下取りは可能? 

通販でスーツケースの購入ができるようになり、とても便利になりましたよね。購入もできるものの、下取りではなく無料引き取りとしている通販業者がほとんどです。
Traveler Storeでは、2つの方法から引き取りを選ぶことができます。商品到着時に配送員に渡すか、到着日の別時間帯に引き取りを依頼することも可能です。

3-5.下取りや無料引き取りにかかる手数料は? 

一定の購入条件を満たしている場合、手数料は発生しません。販売業者の場合、店舗へ出向いて購入するため、交通費などは考慮しなければならないでしょう。Traveler Storeでは、1つの製品購入で1つだけの無料引き取りとなります。

3-6.販売業者による下取りや通販業者による無料引き取りを利用するメリット・デメリット

いずれも、買い替えが条件となっているため、スーツケースを捨てたいだけという方は利用できません。買い替えを検討している場合は、購入と処分をセットでできるメリットがあり、とても便利なシステムとなっています。
買い替えで条件を満たさない製品だった場合、無料引き取りが利用できないのがデメリットです。販売業者の下取りも、あくまでもキャンペーンで行っていることが多く、期間外の場合は処分できないこともあるでしょう。

3-7.販売業者や通販業者を利用するときの注意点

先にも述べたとおり、販売業者のキャンペーン情報は事前にチェックしておくことをおすすめします。時季が外れてしまうと対象外となり、下取り価格が下がる・下取り対象にならないといった事態も起こるでしょう。
通販業者の場合、インターネットでの購入がメインとなります。そのため、購入時に無料引き取り希望欄に必ずチェックを入れ、行き違いが起こらないようにしなければなりません。

4.スーツケースをリセールする場合

リセールの方法は、ネットやリサイクルショップといったルートがあり、ブランドや状態によって高額買取となる場合もあります。

4-1.買い取りしてもらえるスーツケースとは? 

売れるスーツケースの条件は、正常に使えることが第一です。動かないものはジャンク品として、処分をすすめられてしまいます。ノンブランドよりメーカーがはっきりしている方が、査定でも有利です。リモワ・ゼロハリバートン・サムソナイト・トゥミ・グローブトロッターなどの有名ブランドは、大変人気がある製品となります。
使用回数はなるべく少なめで、製造から年数が浅い方が買い取りしやすいでしょう。古くて傷や汚れがあるものは避けられるため、処分した方がいいと捉(とら)えてください。

4-2.リサイクルショップにスーツケースを買い取ってもらう

リサイクルショップではさまざまな商品を扱っています。多くの商品がある中で、買取強化品目を定めているのです。スーツケースの買取に注力しているショップを選ぶ方が、ブランドにこだわりなく買い取りをしてくれるでしょう。
ただし、リサイクルショップの査定は厳しいため、臭い・汚れ・シミ・傷は差し引かれてしまいます。買い取りまでの流れは、お店に直接持ち込んで査定を受け、納得できる査定額なら契約して売却です。持ち込む手間があること、査定で思うような金額を提示されるとは限らないことが、リサイクルショップのデメリットでしょう。買い取り相場は、有名ブランドかつ使用頻度が極端に少ないもので、2〜3万円です。

4-3.ネットオークションでスーツケースをリセール

ネットオークションは、自分が売りたいものを売れるメリットがあります。古いタイプでもニーズと価格がマッチングしたら、取引が成立です。「とにかく処分したい」「安くてもいいから手放したい」という場合、ネットオークションならニーズがある限り売ることができます。フリマアプリを使う方も増えており、新たなリセールの方法となるでしょう。
ネットオークションは価格設定が自由であり、どのように売るかは出品者しだいです。とはいえ、落札後の取引は慎重に行わなければ、キャンセルや振り込みがなされないなどのトラブルも起こります。まれに、状態が思っていたのと違うなどのクレームもあるのです。発送や梱包(こんぽう)の手間や時間も考慮し、ネットオークションを利用してください。

4-4.スーツケースを高額査定に結びつけるコツ

高額買取を目指す場合、使用回数が少ないうちに売ることがコツです。キャスターの劣化や材質の傷みが少ない方が、値段もプラスされやすいでしょう。有名ブランドならより高額買取が可能です。
査定に出す前は、必ず全体をチェックして汚れやホコリを取り除(のぞ)くことをおすすめします。きれいに見える方が印象もぐっとよくなるからです。わずかでも査定額を上げたい方は実践してください。

5.スーツケースを寄付する場合

売る・捨てるといった選択肢以外に、寄付という手段があります。スーツケースも寄付を募っており、発展途上国の支援にもつながる社会貢献活動です。

5-1.スーツケースの寄付先は? 

NPO法人や社会支援団体を通じ、スーツケースの寄付ができます。発展途上国では物資の支援を必要としており、我々の不用品からさまざま国の人々を支えることができるのです。廃棄すればゴミとなり、環境汚染の原因となります。ところが、寄付によって無駄がなくなり、支援を必要とする人々に幸せを与えることができるのです。

5-2.スーツケースを寄付するまでの流れ

寄付を募る団体を探し、まず連絡を取ってください。寄付ができるかの確認もしましょう。海外支援ばかりではなく、国内の児童養護施設なども寄付が有効活用されています。連絡後、送り方を聞いてから発送手続きです。寄付はありがたいものでも、急に送られてきては困る場合もあります。事前に寄付の方法を聞いておきましょう。

5-3.スーツケースの寄付にかかる料金

寄付そのものにお金が発生しません。スーツケースを送る代金は、発送者負担となります。送り先が遠方である場合や、スーツケースの重量がある場合は、発送料金が高くなるでしょう。寄付はあくまでも気持ちを表現するものです。送ると決めたら、費用負担は必然となります。

5-4.スーツケースを寄付するメリット・デメリット

スーツケースは高級品であり、必要とする人々はたくさんいます。発展途上国や児童養護施設などでは購入することができず、困っている方が寄付を待っているのです。粗大ゴミを減らすため、リサイクル運動が盛んになっています。捨て方に困っている場合は寄付を利用してみてはいかがでしょうか? 重宝され、喜ばれることが寄付のメリットです。ただし、発送にかかる費用が負担となるのがデメリットとなります。時期により、スーツケースの寄付を行っていない場合もあり、事前に確認しなければなりません。

6.回収業者にスーツケースの処分を依頼する場合

スーツケースのリセールができなかった・粗大ゴミに出すのが面倒・捨てたい数が多いという方は、回収業者に処分を依頼してみてはいかがですか? 捨て方が難しいと戸惑っていたことも、すっきり解決しますよ。

6-1.スーツケースを回収する流れや方法

弊社では、売れるものかどうか不安に感じる方でも気軽に相談できるよう、無料相談を設けております。インターネットのフォームに従い、必要事項を記入してください。電話でも対応しています。
無料見積もりで金額を提示し、納得していただいてから契約です。重量がある場合や数が多い場合は、出張対応しています。気軽にご相談ください。料金を当日現金にて精算し、スーツケースの回収となります。

6-2.スーツケースの回収料金

回収の基本料金として、3,000円前後が必要です。品目によって回収料金を別途設定しており、スーツケースの大きさなら1,000〜5,000円となるでしょう。
スーツケースは持ち運びができるため、さほど高額な費用となることはありません。数が多い場合は、事前に見積もりで確認しておくと安心です。

6-3.回収業者にスーツケースの処分を依頼するメリット・デメリット

捨てる手続きをしている時間がない・捨て方がわからない・たくさんあって自分で処理できないという場合、回収業者なら速やかに処分することができて便利です。分別や粗大ゴミの手続きもいらず、スーツケースをそのまま回収してもらえます。
粗大ゴミの方が費用負担が軽いメリットがあり、回収業者は基本料金と回収料金がかかるのがデメリットです。しかし、粗大ゴミの手続きや捨てるまでの時間を大幅に削減でき、すぐに廃棄したい場合には大変便利な手段といえるでしょう。市場価値があるものに対しては、買取も実施している業者もあります。スーツケースを売りたいという希望にも添う柔軟さが、回収業者の魅力です。

6-4.回収業者を見つけるときのポイント

まず、スーツケースをゴミとして回収するなら、「産業廃棄物収集運搬業」として登録しているかを確認してください。登録番号の発行があるのは、ゴミの処理が適切に行う許可を得た会社である証拠です。許可なしで営業している場合、不法投棄や高額請求などのトラブルに巻き込まれる可能性が高いでしょう。
買取に対応している業者では、古物商の許可番号を付与されています。リサイクルをするために必要な許可となり、査定を受ける前に確認しておくと安心です。古物商の許可を受けていることは、商品価値などを一定基準で把握できている証拠でもあります。

6-5.費用をかけずに回収してもらうコツ

弊社では、なるべくコストをかけずに処分したいというニーズにも応えており、状態のいいものは無料回収を実施しています。買取査定を受け、スーツケースの価値を見てから判断するため、すぐに処分費用を請求することはありません。機内持ち込みサイズのものや有名ブランドは人気があるため、使用年数などと合わせて事前にお知らせください。
注意したいのは、無料回収とアナウンスする回収車です。回収車は営業に必要な許可を得ていない車が多く、違法行為を繰り返す業者の可能性が高いでしょう。むやみに利用するのはやめてください。

7.スーツケースの処分でよくある質問

家庭ゴミとは違い、スーツケースの処分は困ることが多いですよね。質問集を参考に、捨て方のポイントにしてください。

7-1.捨てる前に注意すべきことは? 

スーツケースの中をよく確認し、中身が残っていないかをチェックしてください。個人情報にかかわるものがある場合、捨てた後に何らかのトラブルに巻き込まれる恐れがあります。すべてを取り出し、空(から)にしてから捨てましょう。

7-2.1回使っただけでも中古スーツケースになる? 

1回でも使用していたなら、中古となります。使用頻度によって買取査定は決まるため、高額査定を狙うなら早めの売却がおすすめです。

7-3.鍵が壊れている場合は修理可能? 

鍵の修理はできます。しかし、修理代金を考慮した場合、買い替えの方が安く済む場合もあるでしょう。鍵はスーツケースを守る大切な場所です。壊れているようなら、処分した方が安全と考えてください。

7-4.回収業者の買取を利用するにあたって予約は必要? 

事前に予約した方がスムーズな案内ができます。特に、土日や祝日は混雑するため、時間を指定した方がお待たせせずに済むでしょう。

7-5.スーツケースに染みついた臭いが取れなくても買い取ってもらえる? 

スーツケースには服や大事なものをしまいます。そのため、臭いが残っているものは避けられ、査定額がつかないです。可能な限り臭いを取る方法として、通気のいい場所で天日干しを試してみてください。スーツケースを開いて行い、臭いが発散するようにしましょう。

8.まとめ

いかがでしたか? スーツケースは、故障があっても修理対応可能な場合もあります。しかし、鍵が壊れた・交換部品が廃盤になった・修理代金が高いなどの場合、買い替えた方がお得です。スーツケースを頻繁に使わない方は、レンタルする方法も採られています。自宅に抱え込んでおくより、スマートな手段といえるでしょう。
新しいものを購入した後に、古いスーツケースを置いておくのは場所を取って気になります。すぐに回収でき、状態がいいものや有名ブランドは買取もできる回収業者を利用してみてください。使用回数が少ないものは、高額買取になる場合もあるでしょう。とても便利で、楽な処分方法として需要が高まっています。無料相談で買取可能かも判断できるため、気軽にお問い合わせください。