倒産品の処分はどうやる? 買取に出す方法やメリットなどを徹底解説


倒産品の処分は、費用や手間がかかるなどの問題が出てきます。しかし、倉庫に保管し続けると、維持管理費用が重くのしかかるのです。倒産品は、買取に出すなどの方法を利用して処分したほうが賢明でしょう。倒産品を買取に出す方法やメリットなどをご紹介します。

  1. 倒産品とは?
  2. 倒産品を買取に出すことは可能か?
  3. 倒産品を買取に出して処分するメリット
  4. 倒産品を買取に出す方法
  5. 倒産品の処分でよくある質問

倒産品の処分方法は、倒産した会社にとって悩むことが多いものです。買取に出す方法などを覚えておけば、倒産品を収益化することができます。依頼先や依頼時の注意点なども併せて理解しておきましょう。

1.倒産品とは?

まず、倒産品とはどのようなものを指すのかを考えていきましょう。

1-1.企業の備品など

倒産品の中には、倒産した企業の備品などがあります。たとえば、事務用品・家電製品・厨房(ちゅうぼう)用品などです。破産した場合ならば、破産管財人が備品などを処分して換金後、債権者への弁済や配当原資に充当しなければなりません。

1-2.倒産した企業の在庫品

倒産した企業が抱えていた在庫品も、倒産品とみなされます。在庫品は、在庫処分品やアウトレット品などとして販売することも可能です。とはいえ、倒産した企業が自社で在庫処分品を販売するのは困難でしょう。破産した場合ならば、破産管財人が専門業者に一括買取してもらう手法が多く行われています。

2.倒産品を買取に出すことは可能か?

倒産品は、買取してもらえるのでしょうか? 条件や注意点などを考えていきます。

2-1.換価処分対象品

倒産品を買取に出すには、品物が換価処分対象品であることが前提です。通常は、裁判所の許可を得て、破産管財人は、倒産品を信頼できる業者に適正な価格で売却処分しています。一方で、換価処分できないものは、多少の費用をかけてでも廃棄処分せざるを得ないと考えられるのです。

2-2.買取に出す正当な理由がある

在庫品や備品などの倒産品を処分する破産手続きには、債権者への弁済だけでなく裁判費用や弁護士費用などもあり、多額の費用がかかります。倒産品を通常価格で売却することは困難であり、債権者などに弁済するために買取に出すのであれば、正当な理由として裁判所に認められるでしょう。

3.倒産品を買取に出して処分するメリット

倒産品を買取に出して処分した場合、どのようなメリットが生まれるのでしょうか?

3-1.処分費用を削減できる

倒産品は、廃棄するだけでも多額の処分費用がかかります。買取に出すことでわずかでも換金することができ、処分費用の削減ができるでしょう。

3-2.迅速に処分できる

業者によっては、倒産品の一括買取が可能な場合があります。迅速に倒産品の処分ができるため、無駄な時間をかけずに済むのです。

3-3.破産にかかる費用の補塡ができる

2-2でご紹介したとおり、倒産品を買取してもらうことで、破産にかかる費用の補塡ができます。裁判費用や弁護士費用に加え、倒産品の処分費用がのしかかると、負担が大きくなってしまうでしょう。少しでも負担を減らし、残預金があれば、債権者への弁済資金に充当できるようにします。

4.倒産品を買取に出す方法

倒産品を買取に出す方法を具体的にご紹介します。

4-1.買取に出す手順

在庫品や倒産品などの買取を専門に行う業者にメールや電話で申し込みをし、査定に来てもらいましょう。スムーズに査定をしてもらえるよう、あらかじめ品目別にリストを作成しておくと便利です。査定後、買取価格を記載した見積もりを提示してくれます。1社だけでなく、複数の業者を比較して決めましょう。

4-2.良心的な業者を選ぶこと

業者のサービス内容はさまざまであるため、見積もりや対応を比較し、良心的な業者を選ぶことが大切です。倒産品だからと安価に買取されないよう、業者を見極める力を身につけることが求められます。

4-3.買取後の再販ルートが不明な業者は避ける

悪徳業者の中には、買取した倒産品の再販ルートが不明な場合があります。流通ルートや売り方によっては、企業のイメージが大きく傷つく恐れがあるでしょう。悪徳業者に引っかからないように注意し、再販ルートまで事前に把握しておくことが、トラブル回避のポイントとなります。

5.倒産品の処分でよくある質問

倒産品の処分に関する質問を集めました。

Q.買取業者は倒産品を仕入れた後、どのような再販ルートを持っているのか?

A.オークションで再販することが多くなっています。ドンキホーテなどが落札業者から仕入れ、店舗で安価な商品として売り出すこともあるでしょう。再販ルートは業者によってまちまちです。

Q.衣類など流行(りゅうこう)があるものは、買取価格も変動するのか?

A.はい、変動します。とはいえ、倒産品は売り時を待つわけにはいきません。なるべく高値で買取をしてくれる業者を探すことになります。マザウェイズなど子ども服メーカーの場合、流行の影響は多少あっても、大人向けのメーカーほど大きな変動はないでしょう。

Q.倒産品の管理を行う破産管財人とはどのような存在なのか?

A.破産管財人は、裁判所から選任されて破産手続きを行う人物です。企業だけでなく、個人が破産した場合、破産管財人が財産の管理・処分などを行います。破産管財人に選任されるのは弁護士などの法律家が多いでしょう。

Q.買取専門業者で倒産品の買取が難しいといわれた場合はどうすべきか?

A.業者ごとに買取の得意分野があります。売れ残ってしまう場合は、バッタ屋と呼ばれる安値で買取をしてくれる業者にまとめて依頼するか、廃棄する方法を考えるでしょう。バッタ屋は非常に安価での買取となるため、最終手段として残しておくのが、破産管財人の手法といわれています。

Q.倒産品に食品が含まれる場合の注意点は?

A.食品には賞味期限や消費期限があるため、迅速に買取を依頼することになります。買取依頼を急ぐだけでなく、対応が素早い業者を選ぶことが必要です。

まとめ

倒産品は、処分費用や処分までの手間がかかるのが問題です。とはいえ、商品として価値はあるため、処分せずに買取してもらうことを考えるのが、破産管財人に求められています。倒産品や在庫品の買取を専門に行う業者のを利用することが多くなりますが、安価の買取とならないよう、複数の業者を比較して最高値を提示した業者に売却することになるでしょう。