製氷機は中古でも買取可能! ホシザキなどは処分前に査定を受けよう


厨房機器は、なるべく安く仕入れたいと考える方が多く、中古市場が大きい商品です。中でもニーズが高いのが、製氷機になります。飲食店では製氷機がなければ営業にも差し支えがあるため、冷蔵庫や冷凍庫に続いて導入を検討する経営者が多くいるのです。
一般家庭にある冷蔵庫の製氷機とは違い、業務用製氷機は性能が高く、効率よくたくさんの氷を生産することができます。氷の種類もさまざまで、ロックアイス・クラッシュアイスなどが一般的でしょう。
閉店や店舗改装などを機に、「製氷機を処分したいけれど、買取してもらえないだろうか?」という疑問が出てきます。使えるものを捨てるのは忍びないですよね。リサイクルして有効活用する道を探していきましょう。思わぬ価格で買取してもらえる可能性もあるため、捨てる前に査定を受けることも大切です。

  1. 製氷機について
  2. 製氷機の買取について
  3. 製氷機の買取方法
  4. 製氷機の買取をしてくれる業者選び
  5. 製氷機の処分や買取でよくある質問
  6. まとめ

この記事を読むことで、リサイクルにかんする知識や、中古品の人気メーカーや傾向などもわかるでしょう。処分前の参考にしてみてください。

1.製氷機について

種類や耐用年数など、製氷機の基礎知識を覚えておきましょう。

1-1.製氷機の概要

製氷機は、自動で氷を作る機械のことです。飲食店ではドリンク用に使われ、スーパーや量販店では保冷用として設置しているケースもあります。業務用製氷機は、リースやレンタルといったシステムも導入されているのが特徴です。

1-2.製氷機の種類や大きさ

業務用のサイズや種類は幅広いラインナップがあります。1日あたりの製氷能力で大きさは決まり、小さいものでは12〜25kg、大きなものでは140kgを超えるものもあるでしょう。氷の形状もさまざまで、クラッシュアイス・キューブアイス・チップアイスなどの種類があります。

1-3.製氷機の使用シーン

業務用製氷機は、保冷用や食品保存、ドリンクバーや冷製食品の供給に使用されます。家庭では、ホームパーティーやかき氷作りなどに重宝するでしょう。

1-4.製氷機のニーズ

製氷機のニーズは、季節ごとに違いがあるといえます。夏は飲料や食品の冷却に重点を置かなければならないため、ほかの季節よりニーズが高くなるでしょう。業務用に限らず、家庭用の需要も増えてきています。

1-5.製氷機は何年で寿命を迎えるのか? 

製氷機を購入してから、6年で耐用年数を迎えるとされています。使用頻度が高い場合、電気系統の故障やトラブルの発生も起こりやすく、6年を迎える前に寿命となる場合もあるでしょう。あくまでも、6年は目安と考えておいてください。

1-6.製氷機の販売価格にかんする相場

12kg相当の製氷能力のものでは、10〜15万円が相場です。容量が大きくなるにつれ、価格も上昇します。また、夏は高騰しやすい傾向にあるため、購入時期には注意しましょう。

2.製氷機の買取について

製氷機は店舗移転やリニューアルオープンなどの際に、中古で購入したいというニーズもあります。そのため、買取してもらえる可能性が高いものです。

2-1.製氷機は中古でも需要がある

業務用は、特に中古ニーズがあります。飲食店のオープンに際し、初期投資を抑えるため中古品を導入する方がいるためです。大容量タイプは新規購入すると高額な費用が必要となるため、中古で探す方が多くいます。リースやレンタルより、中古で購入の方が安く済むケースもあるからです。

2-2.どんな製氷機が買取対象となる? 

製氷機にも人気の傾向はあります。ブランドや状態など、需要のポイントを覚えておきましょう。
中古でも人気があるのは、ホシザキやパナソニックといった大手メーカーです。ホシザキは特に業務用厨房機器として名高いブランドとなるため、中古市場でもニーズがあります。なるべくきれいな状態のものが好まれ、使用年数が浅いものが選ばれるでしょう。製氷機の平均寿命である6年を踏まえ、製造から3年以内が理想です。カビの発生がなく、製氷機能に問題がないことも前提となります。

2-3.どこに製氷機の買取依頼をすればいい? 

買取を依頼するときは、厨房機器を専門に扱う業者へ依頼することがポイントです。リサイクルショップでも製氷機の買取は実施しています。しかし、厨房機器は特殊なものであるゆえ、再販ルートをしっかり確保している専門業者の方が、査定額がつきやすいものです。不用品回収業者など、厨房機器を得意とする業者に依頼してください。

3.製氷機の買取方法

製氷機を買取してもらうときの流れや、査定についてご紹介します。

3-1.製氷機買取までの流れについて

まず、査定を受け、製氷機の状態を判断してもらうことから始まります。

  1. 業者に買取依頼を出す
  2. 査定で状態をチェックしてもらう
  3. 査定金額の提示
  4. 査定内容に納得できたら契約
  5. 引き取り日を決める
  6. 引き取り日に回収作業を開始
  7. 回収後、買取金額の支払い
  8. 支払い後、買取が完了

上記の流れで買取となります。製氷機のような大型製品の場合、訪問査定となることがほとんどです。査定前はなるべくきれいに掃除をしておきましょう。

3-2.製氷機の査定や買取相場について覚えておこう

査定時は、ブランドと状態が大きく影響します。機能に問題がなく、カビやフィルターなどの衛生面でも良好な状態であることが、査定のポイントです。破損や汚損は、査定額が下落する要素になります。
不用品回収業者の査定金額はさまざまです。複数から見積もりを比較し、納得できる業者を選びましょう。比べていく中で、買取相場も自然と見えてきます。

3-3.製氷機を高額査定に結びつけるポイント

高額査定に結びつけたいなら、メンテナンスをしっかりしておくことをおすすめします。細かな部分まで掃除をし、故障などがないかも確認しましょう。メーカーの保証書や定期点検の記録があれば、買取査定時に添えてください。

3-4.製氷機を買取してもらうときに注意したいこと

同じ製品でも需要が高い時期とそうではない時期があります。夏を迎える直前に手放す方が、査定でも有利となるでしょう。時期を外してしまい、損をすることがないよう、買取してもらう時期にも注意が必要です。1社だけで査定は終えず、必ずいくつかの業者を比較してください。

4.製氷機の買取をしてくれる業者選び

少しでも高く買取してもらうことも重要です。しかし、信頼できる業者を選ぶことが、気持ちのいい取り引きをするために重視すべきことでしょう。業者選びのポイントをご紹介します。

4-1.製氷機買取業者の選び方

製氷機など、厨房機器を中心に買取を強化している業者であることと、査定で正しく評価してもらうためにも知識が豊富であることが重要です。問い合わせへの対応もスムーズで、迅速かつ丁寧に行動してくれる業者なら、安心して取り引きができます。
埼玉県を中心に厨房機器を取り扱っているリサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターでは、製氷機の買取から処分まで幅広く手がけており、取り扱い実績も豊富です。気軽にご相談ください。

4-2.製氷機の買取前に準備しておくべきこと

製氷機の運搬前には、水抜きという作業が必要です。運搬中に水漏(も)れ被害が起こらないようにしなければなりません。前日に電源を抜き、内部の水を抜きましょう。こびりついた霜(しも)も落としてください。
買取契約が決まった時点で、業者からの指示もあるはずです。指示内容に従い、手順とおりに準備を終えておきましょう。

4-3.製氷機の買取依頼にかんする注意点

製氷機の買取は、納得して契約することが重要です。業者によって得意分野はそれぞれ違うため、査定額にも差が生じます。そのため、安いと感じたら無理に手放さず、ほかの業者を探すこともおすすめです。査定額と製品への評価も聞いておくといいでしょう。他社と比べる際の参考になります。
また、業者を決めるときは、リサイクルに必要な古物商の許可と、処分に必要な産業廃棄物収集運搬業の許可を確認してください。強引な買取をしようとする業者の中には、許可を得ずに営業している場合があります。違法トラブルに巻き込まれないためにも、必ずチェックしてください。

5.製氷機の処分や買取でよくある質問

製氷機を手放す際に覚えておきたいことを、質問集としてまとめました。買取や処分の前にご一読ください。

5-1.普段からやっておくべき製氷機のお手入れとは? 

日ごろのお手入れをきちんとしていれば、買取の査定も高額になることがあるのです。霜は普段からこまめに取り除(のぞ)き、カビやばい菌の繁殖を抑えます。中の氷をすべて取り出し、定期的に掃除をしてください。パッキンの緩みを確認することも忘れずに行いましょう。

5-2.使用中の製氷機も査定することができる? 

査定時に使用中でも問題ありません。細かな部分まで見て判断するため、可能であれば中の氷は取り除(のぞ)いておいた方がいいでしょう。実際に買取契約となった場合、引き取り前日は必ず水抜き作業をしてください。

5-3.ほかにも処分したい厨房機器がある場合は? 

弊社では、厨房機器全般の買取と処分に力を入れています。再販ルートも確保しているため、他社より自信を持って対応できるのがメリットです。製氷機のほかにも処分したいものがある場合、お気軽にご相談ください。一緒に査定をいたします。

5-4.匂いが付着しているものは買取対象にならない? 

氷は口に入れるものですから、匂いの付着は敬遠される傾向にあります。査定でも買取価格がつきにくく、処分となる場合がほとんどです。匂いがつく前に、普段からお手入れを十分にしておきましょう。

5-5.古い製氷機でも買取してもらえる? 

寿命は6年とされていても、中には状態が良好なものがあります。見積もりで買取可能となる場合もあるため、まずは処分せずに査定を受けてみましょう。

6.まとめ

いかがでしたか? 製氷機には、家庭用の小さなものから業務用の大きなものまで、幅広いラインナップがあります。中でも業務用は、店舗移転やリニューアルオープンに際しての初期費用を抑えたいという方に、中古でのニーズが高い製品となっているのです。リサイクルショップでも買取はしています。しかし、中古市場での再販ルートをしっかり確保し、製氷機など厨房機器の買取を強化している専門業者の方が、査定額に納得できるでしょう。ほかに処分したいものがあるときも、買取や処分がスムーズです。普段からこまめに清掃し、メンテナンスが行き届いている製氷機なら、高額査定になることもあります。なるべく新しい製品で、傷や汚れがなく、機能面でも問題ないことを確認しましょう。複数の業者を比べ、信頼できる業者に買取依頼をしてください。製氷機に思わぬ価格がつくこともあります。処分を決めたら、まず査定で買取価格をチェックすることが大切です。