エアコンを買取に出してお得に処分! 買い替える前に知っておこう!


「不要になったエアコンを買取に出したい」とお考えではありませんか? エアコンは毎年のように新しいモデルが発売されるため、「まだ使えるけれど新しいものに買い替えたい」という人も多いのではないでしょうか。まだ使える状態のエアコンは、廃棄するよりも買取に出したほうが絶対にお得です。少しでも高額で売るためには、一体どうしたらよいのでしょうか。この記事では、不要になったエアコンを買取に出す方法についてご紹介します。

  1. エアコンの買取について
  2. エアコンの買取方法
  3. エアコンの買取業者選び
  4. エアコンの買取に関するよくある質問

この記事を読むことで、エアコンを買い替える際に知っておくべき買取の方法が分かるはずです。ぜひ参考にして、不要になったエアコンをお得に処分してください。

1.エアコンの買取について

まずは、エアコンの種類や買取のポイントなどをまとめました。

1-1.エアコンについて

エアコンには家庭用と業務用があります。家庭用エアコンは「ルームエアコン」とも呼ばれており、床置きタイプや天井埋め込みタイプ・壁埋め込みタイプ・壁掛けタイプなど用途に合わせて選ぶことが可能です。最近のエアコンは優れた機能が豊富で、室内のカビを抑制するものや、体感温度の変化を予測できるものなどが大変人気を集めています。
一方の業務用エアコンはオフィスや店舗に設置するエアコンのことで、家庭用に比べてパワーが強く、サイズも大きめにつくられているのが特徴です。

1-2.エアコンは買取してもらえるのか?

エアコンは価格が高いため、中古で購入する人も少なくありません。そのため、高額買取の可能性は十分にあります。普通であればお金を払って処分するエアコンを、お金をもらって処分できることには大きなメリットがあるでしょう。特に、製造から5年以内のもので動作に問題がなければ、買取の対象になる場合がほとんどです。ただし、エアコンの買取は室外機もセットで依頼するのが基本になります。買取に出す方法によっては、室外機の取り外しを自力で行わなければならないでしょう。重さがあるため、自分で取り外して持ち運ぶのが困難な場合は、しっかりと検討した上で買取方法を選択してください。

1-3.買取に出すタイミング

エアコンを買取に出す最大のポイントは、タイミングです。エアコンの需要が高まるのは、夏になる直前の時期でしょう。この記事は中古のエアコンを購入しようとする人も増えるため、高額買取してもらえる可能性が高くなります。

1-4.需要について

製造から5年以内のエアコンは、中古での需要が高いのが特徴です。逆に、10年経過したエアコンは中古市場でほとんど値がつかなくなります。エアコンを買取に出すか迷っているうちに、買取価格はどんどん下がっていってしまうというわけです。そのため、できるだけ需要が高いうちに買取に出すことをおすすめします。

1-5.買取できないものはどうするのか?

製造から5年以上経過していて動作に問題があるエアコンは、買取対象にならない場合がほとんどです。買取できないエアコンについては、家電リサイクル法に則(のっと)った形で処分する必要があります。消費者がリサイクル料を支払って家電量販店やメーカーに回収を依頼し、認定事業者によってリサイクルされるというしくみです。もちろん、取り外しや運搬を依頼する場合は、別途料金が発生します。

2.エアコンの買取方法

エアコンの買取について詳しくご紹介しましょう。

2-1.買取してくれるところとは?

エアコンの買取を依頼できるのは、リサイクルショップや買取専門業者などです。近所にリサイクルショップがある場合は、エアコンの買取を実施しているか確認してみてください。買取可能であれば、その場で査定して現金化できるため、すぐに処分することができます。そのほかにも、家庭から出た不用品の買取を行っている専門業者に依頼することも可能です。買取だけでなく回収も受け付けている業者であれば、エアコンの状態にかかわらず確実に処分することができます。

2-2.査定について

査定の基準は業者ごとに異なります。同じエアコンでも業者によって買取金額に大きな差が出る場合もあるのです。一般的には、エアコンの状態がよいほど高額査定の対象になります。具体的にはどうすればよいのか、次項でご紹介しましょう。

2-3.高額査定のコツと事前にしておくこと

1円でも高く買取してもらうためには、できるだけエアコンをきれいにしておいてください。特に、ペットや喫煙者がいる家庭のエアコンは臭いや汚れがつきやすいものです。分解可能な部品を取り外して洗浄しておくとよいでしょう。また、フィルターの掃除も忘れずにしておいてください。フィルターが目詰まりしていると冷えが悪くなるため、「劣化している」と判断されてしまう可能性があります。あとは、正常に動作するかの確認をし、付属品をそろえておきましょう。いかに新品の状態に近づけることができるかが、高額査定のポイントなのです。

2-4.高額査定商品とは?

高額査定となるエアコンは、以下のような条件のものです。

  • 認知度の高いモデルのもの
  • 製造から5年以内のもの
  • 変色やカビ・黄ばみ・傷がない
  • 保証書やリモコン・説明書などの付属品がそろっている

2-5.買取方法と流れ

不用品の買取を行っているリサイクルショップ「埼玉出張買取コールセンター」では、出張買取を行っています。以下のような流れでご利用いただけますので、ぜひチェックしてみてください。

  • ホームページのフォームから無料見積もりをお申し込みいただく
  • 見積もり内容にご納得いただけたら、作業日時を決定
  • 買取・回収作業
  • 精算

3.エアコンの買取業者選び

買取業者選びのポイントや注意点をまとめました。

3-1.業者選びのポイント

不用品の買取を依頼する業者は、以下のポイントを参考にして選んでください。

  • 豊富な実績があるか
  • 必要な許可を得て営業しているか
  • 無料見積もりを受け付けているか
  • 見積書の内容が明確であるか
  • 回収と買取を同時に受け付けているか
  • 固定電話の番号が明記されているか
  • スタッフの対応が丁寧であるか

3-2.申し込み方法

埼玉出張買取コールセンター」では、ホームページから無料見積もり無料相談を受け付けています。フリーダイヤルでもお問い合わせを受け付けていますので、ぜひご利用ください。

3-3.注意点

不用品の買取や回収を行っている業者の中には、必要な許可を持たずに違法な営業をしているところも存在しています。そのような業者を利用することはトラブルの原因になるため、十分注意してください。実際に「見積もり内容と違う高額な料金を請求された」「回収した不用品を不法投棄された」という報告例は数多くあるのです。インターネットの口コミなどもチェックした上で、慎重に業者選びをしましょう。

4.エアコンの買取に関するよくある質問

「エアコンの買取について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.エアコンは粗大ゴミとして捨てられないのですか?
A.エアコンは「家電リサイクル法」の対象になるため、リサイクルすることが義務づけられています。そのため、自治体が回収する粗大ゴミとして捨てることはできないのです。

Q.エアコンをメーカーに回収してもらった場合のリサイクル料はいくらになりますか?
A.メーカーや機種によって違いはありますが、標準的な料金は1,400円程度です。

Q.製造から5年以上経過したエアコンは絶対に売れませんか?
A.必ずしも売れないわけではないでしょう。国内有名メーカーのエアコンで高機能なモデルのものであれば、中古市場でも値段がつくこともあります。

Q.業務用のエアコンも中古では需要があるでしょうか?
A.エアコンは商業施設などでも必要な家電製品であり、大型の業務用は高額になることもあります。そのため、中古での購入を検討するケースも少なくないのです。

Q.買取業者では、エアコン以外の不用品も買取してもらえますか?
A.基本的に家庭から出た不用品は買取の対象になるため、ほかにも不要なものがあればまとめて依頼しましょう。

まとめ

いかがでしたか? 不要になったエアコンを買取に出す方法や高額買取のポイントなどをご紹介しました。エアコンは高価なものなので、まだ使える状態で手放す場合は買取に出したほうが絶対にお得です。ぜひこの記事を参考にして、どうすればよりお得にエアコンを処分できるか考えてみてください。