冷蔵庫を売却したい人必見! 買取を行っている業者や相場を解説


冷蔵庫は生活に必須の家電です。そのため、1人暮らし用~ファミリータイプまで、さまざまなサイズが販売されています。ライフスタイルの変化によっては、まだ使える冷蔵庫が不要になることもあるでしょう。冷蔵庫は、中古でも一定の需要があります。
今回は冷蔵庫を買い取ってもらう方法や買取相場などを解説しましょう。

  1. 中古でも需要がある冷蔵庫とは?
  2. 冷蔵庫の買取相場や高く売れる時期など
  3. 冷蔵庫を買い取ってもらう方法
  4. 冷蔵庫の買取に関するよくある質問

この記事を読めば、売却可能な冷蔵庫の条件や高く買い取ってもらうコツもよく分かります。冷蔵庫の売却を検討している人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.中古でも需要がある冷蔵庫とは?

前述したように、冷蔵庫は中古でも一定の需要があります。しかし、冷蔵庫はどんなものでも買い取ってもらえるわけではありません。買取可能な冷蔵庫は、以下のようなものです。

  • 製造・販売されてから5年以内
  • シャープ・日立・パナソニックなど、国内の有名なメーカー製
  • 真空チルドなど高性能な機能がついている
  • 目立つ傷や汚れ・臭いなどがない

なお、製造年についてはメーカーと型番で検索すればすぐに分かります。冷蔵庫のサイズは、200Lまでが1人暮らし用、300L以上がファミリータイプと覚えておくといいでしょう。

2.冷蔵庫の買取相場や高く売れる時期など

冷蔵庫の買取相場は、製造されてからの年数・サイズ・メーカー・機能・状態で変わってきます。この中で最も重要視されるのは、年数です。製造年が1年違うだけで、同じような性能とサイズの冷蔵庫ならば数千~1万円ほど買取額に差が出てきます。ですから、冷蔵庫が不要になったらできるだけ早く売却することが大切です。なお、1年落ちの冷蔵庫は数万円、5年落ちになると数千円~1万円前後まで買取相場が下がってしまうでしょう。
また、冷蔵庫は就職・進学等でライフスタイルが大きく変わる人が増える3月や、冷蔵庫が活躍する6・7月に需要が高くなります。そのため、リサイクルショップでは1,2月や5月くらいから冷蔵庫の買取に力を入れるところも増えてくるでしょう。買取額がアップする可能性があります。

3.冷蔵庫を買い取ってもらう方法

この項では、冷蔵庫の買取を行っている業者や、高く売るコツなどを解説します。ぜひ、参考にしてください。

3-1.冷蔵庫の買取を行っている業者

冷蔵庫は、リサイクルショップや不用品回収業者などが買取を行っています。今は、家電専門のリサイクルショップも増えてきました。また、不用品回収業者の場合は、値段がつかなくても不用品として回収してもらえるというメリットがあります。リサイクルショップ・ワールドポップスでも冷蔵庫の買取・回収を行っていますので、ぜひご利用ください。値段がつかない場合も、格安で処分いたします。

3-2.冷蔵庫の査定方法

冷蔵庫は大型家電のため、店に持ち込んで査定してもらうのは難しいでしょう。そのため、出張査定が一般的です。ただし、1人用の小型冷蔵庫の場合は、持ち込みで査定を受けることもできるでしょう。出張査定を依頼したい場合は、業者の出張範囲も調べてから査定を依頼してください。

3-3.冷蔵庫を高く売るコツ

冷蔵庫を査定してもらう前に、丁寧に掃除をして付属品をすべてそろえておきましょう。説明書などがそろっていれば、査定額がアップします。長期保証に加入している場合は、その旨も伝えてください。また、冷蔵庫以外にも買取希望のものがあれば、まとめて査定してもらいましょう。見積もりを出してもらい、金額に納得したら契約してください。

3-4.値段がつかない場合の処分方法

冷蔵庫を査定してもらった結果、値段がつかないこともあります。この場合は、家電リサイクル法に沿って処分してください。冷蔵庫は自治体でゴミとして回収してもらうことはできません。郵便局で家電リサイクル券を購入し、家電量販店に回収してもらいましょう。冷蔵庫のリサイクル料金は、3,672~4,644円です。これに運送料もかかります。ただし、3-1でご紹介したように不用品回収業者に査定してもらった場合は、値段がつかなくても不用品として有料で回収してもらうことができるでしょう。費用については、業者ごとに違うので、見積もりを作成してもらってください。

4.冷蔵庫の買取に関するよくある質問

Q.冷蔵庫のカラーによって買取額に差が出ることはありますか?
A.期間限定の特別カラーや、赤や黒などのあまり冷蔵庫には使われないカラーは、査定額が低くなる可能性があるでしょう。シルバーやホワイトなど、無難な色が人気です。

Q.製造から5年以上たった冷蔵庫は、なぜ値段がつかないのでしょうか?
A.メーカーは、製品の製造を終了しても修理の依頼に備えて部品を取っておく義務があります。冷蔵庫の部品保管期間は9年です。つまり、製造から5年以上の冷蔵庫は中古で購入しても、数年後に故障したら修理ができない可能性もあります。また、故障のリスクも高いので、値段がつかないのです。

Q.ファミリー用と1人暮らし用の冷蔵庫では、どちらが需要がありますか?
A.ファミリー用のほうが需要がありますが、1人用でも買取は可能です。問い合わせてみてください。

Q.冷蔵庫を売却した場合、業者が家まで引き取りにきてくれるでしょうか?
A.出張買取・査定などを行っている業者に売却した場合、家まで引き取りに来てくれます。表だって出張買取をしていない業者でも、冷蔵庫だけは特別に引き取りに行くという業者もあるでしょう。売却が確定している場合は、引き取りは無料という業者もあります。値段がつかなかったので回収してほしいという場合は、改めて見積書を作成してもらいましょう。

Q.冷蔵庫と並んで需要がある家電はなんですか?
A.テレビや洗濯機等は冷蔵庫と同じように、中古でも一定の需要があります。

まとめ

いかがでしたか? 今回は冷蔵庫の買取相場や、買取を行っている業者、買取方法等を紹介しました。使用期間が5年未満の冷蔵庫は、1万円以上で売却できる可能性があります。不要になったらできるだけ早く売却しましょう。