液晶テレビの買取相場を知りたい! 買取方法やポイントを一挙紹介


テレビにもさまざまな種類がありますが、現在主流になっているのが「液晶テレビ」です。液晶テレビが必要なくなったときは、廃棄ではなく「買取」を検討しましょう。主流になっているテレビだからこそ、中古需要もあり、状態の良いものなら買取可能です。特に、人気モデルや、製造日から経過していないものは高価買取が期待できるでしょう。本記事では、液晶テレビの買取方法とポイントを解説します。

  1. 液晶テレビの買取基本
  2. 液晶テレビの買取方法
  3. 液晶テレビを高く売るポイント
  4. 液晶テレビの買取・処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、液晶テレビの買取と処分方法、高価買取のポイントが分かります。処分で悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

1.液晶テレビの買取基本

最初に、液晶テレビの買取事情をチェックしておきましょう。買取できるものと買取できないものの違いも把握しておいてください。

1-1.液晶テレビの買取事情をチェック!

液晶テレビは、現在の主流となっている種類なので、中古需要も高めです。新品よりも安く購入できることで、中古の購入を検討している方がたくさんいます。ただし、すべての液晶テレビが買取可能なわけではありません。当たり前ですが、壊れていて使えない・不具合が起きている液晶テレビは買取不可となるので注意してくださいね。

1-2.買取できるもの、できないものは?

液晶テレビは、年々技術が進化しており、最新機能のモデルがたくさん登場しています。次から次へと新しいタイプが登場しているため、発売年月日から5年以上経過している液晶テレビは買取不可になる可能性があるでしょう。つまり、買取価格がつきやすいのは、年式が5年以内の液晶テレビです。HDDや3Dなど最新の機能がついているもの、新品状態に近いものなどは、買い取ってもらえる可能性が高いでしょう。逆に、買取できないものは、破損や汚れが目立つ・リモコンなど付属品が欠品している・HDMI端子がついていないものなどです。

1-3.最近の人気モデルは?

最近は、「4K液晶テレビ」に注目が集まっています。画面を構成する画素数が約800万画素という、超高精細液晶テレビのことで、美しい映像が特徴です。また、「フルHD液晶テレビ」も人気があります。4Kよりも映像美は劣りますが、約200万画素でも十分に映像を楽しむことができるでしょう。さらに、テレビ番組表はもちろん、インターネットや地図検索ができる機能、動画サービスやゲームなどアプリをインストールして楽しめる多機能型も人気です。

2.液晶テレビの買取方法

液晶テレビの主な買取方法と、それぞれのメリット・デメリットを解説します。

2-1.リサイクルショップを利用する

近くにリサイクルショップがある場合は、直接液晶テレビを持ち運び、査定してもらうと良いでしょう。すぐに現金化したい人や、処分したい人におすすめの方法です。ただし、リサイクルショップによって、買取額が大きく異なります。また、査定する人がアルバイト店員ということもあるため、適切な買取額で取り引きできない可能性があるでしょう。できるだけ高く売りたい方は、複数のリサイクルショップに査定を依頼し、買取額を比較してください。

2-2.不用品回収業者へ依頼する

買取可能な液晶テレビか分からない場合は、不用品回収業者への依頼がおすすめです。不用品回収業者の中には、不用品の回収だけでなく買取サービスを行っているところがあります。買取不可になったとしても、処分してもらえるので手間と時間がかかりません。また、ほかに処分したい不用品があれば、まとめて処分できるのも大きなメリットでしょう。ただし、処分費用がかかるので、事前に見積書を細部まで確認する必要があります。

2-3.主な買取方法は?

主な買取方法は、「持ち込み」「宅配」「出張」と3つの方法があります。液晶テレビが大きい場合は、自分での運搬が難しいでしょう。そんなときは、宅配または出張買取を利用してください。宅配買取は、ダンボールに詰めて送るだけなので、忙しい方や自分のペースで処分したいという方におすすめです。液晶テレビのインチ数が大きく運搬が困難、ほかにも処分したい不用品がある方は、出張買取を利用すると良いでしょう。出張買取は、直接家に業者スタッフがやってきて査定を行います。買取可能なら、その場で現金化してくれるので安心です。状況や液晶テレビの大きさに合わせて、買取方法を選択してください。

2-4.自分で売る場合は?

ネットオークションまたはフリマサイトを利用して売ることができます。大きなメリットは、自分で出品額が決められる点です。落札者がたくさんいるほど競い合うため、予想以上の高値で売れる可能性もあります。しかし、必ずしも買い手がつくとは限りません。また、「商品を送ったのに入金されない」「ケチをつけられた」など、落札者との間でトラブルが多発しています。これらのデメリットを踏まえた上で、ネットオークションまたはフリマサイトを利用してください。

2-5.業者選びのポイントは?

リサイクルショップ・不用品回収業者などを選ぶ際は、複数の業者を比較することが大切です。悪質業者は、対応が悪く、いい加減な査定を行うので適切な買取額を提示してくれません。また、買取事業を行うためには、「古物商」の許可を都道府県から取得する必要があります。取得していない業者は、悪質業者の可能性が高いので注意が必要です。店舗に許可証が掲載されているか、ホームページに許可番号が記載されているか確認してくださいね。

3.液晶テレビを高く売るポイント

液晶テレビを高く売るポイントを紹介します。

3-1.おすすめの買取時期は?

液晶テレビを買い替える時期は人それぞれですが、新生活シーズンに新しいテレビを購入する方が増えます。そのため、3~4月の新生活シーズンは中古需要が高まるおすすめの買取時期といえるでしょう。ただし、前述したとおり、液晶テレビの買取額は、年式が新しいものほど高くなるので早めに売ってください。また、リサイクルショップなどの「強化買取期間」を利用するのも方法の1つです。

3-2.高価買取のポイントは?

早めに売るのはもちろんのこと、ほかにも高価買取のポイントが2つあります。それぞれのポイントについて解説しましょう。

3-2-1.付属品を一緒に査定へ出す

1つ目は、「付属品をつけること」です。リモコン・取扱説明書・B-CASカードなどの付属品を一緒に査定へ出してください。ただし、BSやCSを視聴するために必要なB-CASカードは、所有権がB-CASにあり、転売した場合は著作権法違反に問われるので注意しなければなりません。「B-CASカードがなければ買取不可」と謳(うた)っている業者は悪質な業者の可能性があるため、安易に依頼しないでくださいね。

どうしてもB-CASを売却したい場合は、使用者の変更手続きを行いましょう。変更手続きは、B-CASカスタマーセンターへの連絡で済ませることができます。譲渡される方、新たに入手される方どちらが行っても良いですが、ネットオークションの場合はトラブル防止のために出品者が手続きを行ったほうが良いですよ。

また、液晶テレビの外箱も買取価格に影響する場合があるので、外箱があれば一緒に査定時に出してください。

3-2-2.キレイに掃除する

そして、2つ目は「キレイに掃除すること」です。ホコリだらけの液晶テレビは見た目が悪くなるだけでなく、内部の部品にも悪影響をおよぼします。新品に近い状態のテレビほど高く売れるため、ある程度のホコリと汚れをキレイに取りのぞいておきましょう。エアスプレーや乾いたぞうきんなどを使って、しっかりと汚れを落としてくださいね。

3-3.買取金額の相場はいくらぐらいか?

液晶テレビの買取金額は、メーカー・種類・状態・付属品の有無・インチ数などで異なります。特に、画面サイズを表すインチ数は、買取金額に大きく影響するでしょう。たとえば、2018年発売の液晶テレビ(49インチ)は約8万円~、同じインチ数で2015年に発売されたモデルは約3万円~です。2~3年以内に発売された液晶テレビは、数万円で買取されるケースが多いですが、2011年など5年以上が経過している場合は数千円程度になるでしょう。あくまで目安の買取金額なので、具体的な金額に関しては査定を依頼して確かめてください。

3-4.悪質な業者に要注意!

リサイクルショップ・買取業者・不用品回収業者の中には、安い金額で買取を行う悪質な業者がいます。悪質な業者に引っかからないために、複数の業者に査定を依頼し買取金額を比較してください。また、スタッフの対応が丁寧か、買取の実績があるか、古物商の許可を取得しているかなど、細部までチェックしましょう。

4.液晶テレビの買取・処分に関してよくある質問

液晶テレビの買取・処分に関してよくある質問を6つピックアップしてみました。

Q.高価買取が期待できるメーカーは?

A.海外メーカーよりも東芝・ソニー・三菱電機・パナソニック・シャープなど有名な国内メーカーのほうが買取額がアップします。中でも、パナソニックのVIERAシリーズや、映像美で評判が良いシャープのアクオスシリーズは人気があるので買取額も高めです。査定前に、売りたい液晶テレビのメーカー・型番・発売年月日などを確認し、メモしてから査定を依頼すると良いでしょう。

Q.宅配買取を利用する際の注意点は?

A.宅配買取の場合は、送料の有無に注意が必要です。悪質な業者の中には、高額な送料を請求するところがあります。できれば、送料がかからない業者を選びましょう。また、きちんと梱包(こんぽう)して送らなければ、運搬時に壊れてしまい、買取額が下がる可能性があります。液晶テレビをダンボールに入れた後は、すき間を新聞紙などの緩衝材で埋めてくださいね。

Q.買取不可になった液晶テレビはどうすれば良いのか?

A.液晶テレビは「家電リサイクル法」の対象品目なので、自治体で処分することができません。そのため、購入した家電量販店または買い替えをする店舗に依頼して引き取ってもらいましょう。また、専用のリサイクル券を購入し、自分で店舗に持ち込むか指定日時に引き取りに来てもらう方法があります。ほかに処分したい不用品があれば、不用品回収業者に依頼するのも選択肢の1つです。自治体でゴミに出さないよう気をつけてくださいね。

Q.処分費用はいくらかかるのか?

A.液晶テレビのリサイクル料金は、メーカー・インチ数によって異なります。たとえば、ソニー・パナソニック・シャープ・東芝など大手メーカーは15インチ以下で約1,700円~、16インチ以上で約2,700円~です。具体的なリサイクル料金が知りたい方は、メーカーのホームページ等で確認してください。また、

Q.おすすめの業者が知りたい

A.不用品買取から回収・処分まで対応しているリサイクルショップの「埼玉出張買取コールセンター」では、液晶テレビを含めた家電・家具の対応が可能です。無料相談・無料見積もりはもちろんのこと、高価買取・格安回収を行っています。買取不可になっても処分ができるので、手間と時間がかかりません。電話またはホームページのフォームから無料相談を受けつけているので、ぜひ1度ご相談ください。

Q.買取に必要なものは?

A.液晶テレビの買取時には、本人確認書類が必要になります。本人確認書類とは、運転免許証・パスポート・健康保険証などです。買取をしてもらうときは、これら本人確認書類の提示を忘れないようにしてください。また、未成年からは買取してもらえないので、保護者同伴が必要になるケースがあります。業者によって買取時に必要なものが異なるため、ホームページ等で確認しておきましょう。

まとめ

いかがでしたか? 幅広く使われている「液晶テレビ」は、まだ使える状態なら買取という方法で手放すことができます。特に、発売されたばかりのモデルや、新品に近い状態、人気のある液晶テレビなどは、高価買取が期待できるでしょう。売却方法は、買取専門店・リサイクルショップ・ネットオークションなどさまざまです。それぞれのメリット・デメリットを知り、そのときの状況や液晶テレビの状態に合わせた方法で処分してください。