原付の処分方法は? 注意点・リサイクルのポイントを知ろう!


「原付を処分したいけど方法が分からない」「廃棄手続きをしなければならないのか」など、原付の処分に頭を抱えている方が多いでしょう。原付は、きちんと市役所で手続きを済ませてから、正しい方法で処分する必要があります。廃車手続きをしなければ、身に覚えのない事件に巻き込まれ責任を取らされる可能性があるので注意が必要です。本記事では、原付の正しい処分方法と注意点について解説します。

  1. 原付を処分する前に確認すること
  2. 原付の処分方法
  3. 原付を買取に出す方法
  4. 原付を自分で売る方法
  5. 原付処分の注意点は?
  6. 原付の処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、原付の処分方法と注意点が分かります。悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

1.原付を処分する前に確認すること

まずは、原付を処分する前に確認してほしいことがあります。トラブルを未然に防ぐためにも、必ずチェックしてください。

1-1.処分前に原付の種類・状態をチェック!

最初に確認してほしいのが、原付の種類と状態です。原付の正式名称は「原動機付き自転車」で、車両区分の1つとなります。ほとんどの原付は、自転車に小型ガソリンエンジンを取りつけたスクータータイプです。中には、ホンダのカブや、トランスミッションつきのフルオートバイタイプがあります。これら原付の種類とあわせて確認しておきたいのが、状態です。再び使える状態か、完全に壊れて使えないのかなど、どんな状態なのか把握しておきましょう。当たり前ですが、壊れていて使えない原付は買取対象外となります。

1-2.ゴミとして処分できるのか?

原付は自治体での処分ができません。ゴミ置き場に持って行っても回収してくれないので注意してください。そのまま放置すると、不法投棄扱いになり罰金を科せられる可能性があります。原付を処分する場合は、廃棄二輪車取扱店に引き取ってもらうことになるでしょう。廃棄二輪車取扱店は、ほとんどのバイク屋が加盟しています。具体的な処分方法に関しては、後ほど【2.原付の処分方法】で説明するので、ぜひチェックしてください。

1-3.廃車手続きとは?

原付を処分する前に、「廃車手続き」を済ませる必要があります。手続きをしなければ、所有者が自分のままになるため、たとえ処分しても事件に巻き込まれると責任を問われてしまうからです。廃車手続きは、市区町村の役所で行います。廃車申告書・ナンバープレート・標識交付証明書・印鑑が必要になるため、忘れずに用意しましょう。廃車申告書は、役所の窓口でもらうことができます。

不用品回収業者やリサイクルショップの中には、廃車手続きを行ってくれるところがあるでしょう。仕事で忙しく手続きする時間がない・面倒という方は、業者に依頼するのも選択肢の1つです。

1-4.自賠責保険会社へ連絡する

廃車手続きが完了したら、自賠責保険会社への連絡も必ず行ってください。自賠責保険会社へ連絡しなければならないのは、保険料の払い戻しができる可能性があるからです。すべての人に払い戻しがあるわけではありませんが、自賠責保険の有効期間内であれば可能でしょう。契約している保険会社の担当窓口に直接行くか、コールセンターに電話で問い合わせてください。

2.原付の処分方法

では、原付の処分方法とポイントを紹介します。

2-1.販売店に依頼する

購入したバイク店や近くのお店に、回収を依頼します。ほとんどのバイク店は廃棄二輪車取扱店に加盟していますが、念のため、加盟店かどうか確認しましょう。電話で確認し、原付が動く状態なら直接持ち込んでください。動かない場合は、出張回収として取りに来てもらいます。一般的な原付の処分費用は、約数千円ですが、依頼前に見積書や追加料金の有無などの確認が必要です。

2-2.専門業者に依頼する

バイクの廃棄専門業者に依頼するのも方法の1つです。専門業者は、バイクの種類・廃棄方法の知識が豊富なので、適切な費用で正しく廃棄してくれるでしょう。また、パーツ取りができる状態なら、数千円~数万円で買取してもらえる可能性もあります。その際は、バイクの状態をできるだけ詳しく伝えてください。

2-3.リサイクルショップ・不用品回収業者に依頼する

処分費用をかけたくない・ほかにも処分したい不用品があるという方は、リサイクルショップ・不用品回収業者への依頼がおすすめです。直接店舗に持ち込む場合、行きは原付に乗り移動できますが、帰りのことを考えなければなりません。出張回収なら、直接家にやってきてくれるので、帰りの心配もなく処分ができます。また、中には、買取を行っているところもあるため、気軽に査定を依頼できるでしょう。依頼前に、回収・買取方法、追加料金の有無、サービス内容などを確認してくださいね。

3.原付を買取に出す方法

原付を買取に出す前に、チェックしておきたい内容を紹介します。

3-1.買取できるもの、できないもの

買取できる原付は、走ることができる状態に限ります。不具合が起きたり壊れていて乗れない原付は、当たり前ですが買取対象外になるので注意してください。また、新品に近い状態であることが、買取の条件になっているところが多いでしょう。走行距離1,000km未満で、キズやサビがほとんどない状態が好まれます。走行距離も買取の可否につながるので、嘘(うそ)をつかずに正しく伝えましょう。

3-2.高価買取が期待できるものは?

走行距離が少なく、発売年月が新しい原付ほど、高価買取が期待できます。また、ホンダ・ヤマハ・スズキなど有名メーカーの人気車種は、中古需要が高いので予想以上の買取額になる可能性があるでしょう。

3-3.高く売るポイントは?

原付を高く売るポイントは、査定前にキレイにすることです。見た目の印象は、査定時に大きな影響を与えます。査定前にボディーについている泥などの汚れをキレイに洗ってください。また、複数の業者に査定を依頼して、最も高値がついた店舗を選ぶのもポイントです。さらに、自分で部品をカスタマイズした場合、純正パーツを一緒に買取へ出してください。純正パーツは高く売れる可能性があります。

3-4.買取先の選び方は?

リサイクルショップ・買取専門店・不用品回収業者などがあります。できれば、処分と買取を行っている業者に依頼してください。たとえ、買取できなくても、処分してもらえるので一石二鳥です。わざわざほかの方法で処分する必要がないので、手間と時間をかけずに手放すことができるでしょう。また、買取先を選ぶ場合は、複数の業者を比較するのがポイントです。車種・状態・時期・地域などによって、買取額が異なるので相性の良い売却先を見つけましょう。中には、個人情報なしでオンライン査定ができるところがあります。

3-5.買取相場はいくらぐらいか?

比較的良い状態の原付で、人気車種であれば、10万円前後で売れる可能性があります。走行距離が1,000~5,000km未満で、目立つキズ・サビがない状態なら、約3~4万円が買取相場といえるでしょう。ただし、走行距離が5,000km以上の場合は、値段がつかないことがあります。一般的な原付は、発売年月日から経過するほど価値が下がるため、できるだけ早めに売るのも買取額アップのポイントです。

4.原付を自分で売る方法

自分で売る場合は、ネットオークションやフリマアプリを利用する方法があります。ここでは、具体的な方法と注意点について解説しましょう。

4-1.ネットオークション・フリマアプリ

登録するだけで簡単に出品できるネットオークション・フリマアプリは、自分で出品額を決めて売ることができます。すぐに買い手が見つかれば良いですが、必ずしも落札者が現れるとは限りません。また、買い手が見つかっても、原付を送らなければならないので手間がかかります。

4-2.落札された原付の発送方法は?

一見、便利に思えるネットオークションとフリマアプリですが、取り引きが成立したら、原付を落札者へ発送しなければなりません。基本的に、原付などのバイクは郵便や宅配便業者では輸送できないので注意してください。原付を発送する際は、車やバイクなどを全国各地へ輸送する専門業者に依頼することになります。

5.原付処分の注意点は?

原付の処分で押さえておきたい注意点について説明します。

5-1.税金はかかるのか?

原付登録をしている方は、毎年4月1日現在の所有者に対して課税されます。そのため、5月に廃車手続きをする場合は、軽自動車税を支払わなければなりません。軽自動車税は、月割課税制度がないので年度途中で廃車されても払い戻しがないので注意してください。税金を支払いたくない方は、4月1日までに廃車手続きを済ませましょう。

5-2.解体はしてはいけないのか?

原付を解体して処分する方がいますが、時間がかかり、ケガをするおそれがあるのでおすすめしません。解体業者に依頼する場合は、廃車手続き・解体・引き取りの依頼をすべて自分でおこなわなければならないため、手間と時間がかかります。基本的に、解体をせず、前述した方法で処分または買取をしてください。

5-3.悪質な業者に要注意

バイクの回収・買取を行っている業者の中には、悪質業者が存在しています。たとえば、回収費用を高く請求したり、不当な方法で処分したりするなどです。優良業者と悪質業者を見極めるために、スタッフの対応や見積書・サービス内容を確認しましょう。複数の業者を比較して、慎重に選ぶことが大切です。

6.原付の処分に関してよくある質問

原付の処分に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.走行距離を確認する際の注意点は?

A.走行距離が4桁しか表示されない原付は、9,999kmを超えると再び0kmからスタートします。そのため、メーターを確認したときに「500km」と表示されていても、実は1万km以上走っていたというケースがあるのです。走行距離を確認する際は、実際に走行した距離と相違がないか、4桁しか表示されないタイプかどうか確認しましょう。

Q.事故車や転倒アリの原付でも買取対象になるのか?

A.リサイクルショップや買取業者などによっては、買取不可になる可能性があります。査定を依頼する前に、事故車・転倒したことがある原付でも買取可能か確認してください。また、リサイクルショップ「埼玉出張買取コールセンター」では、事故車なども買取対象となります。買取から処分まで対応しているので、1度ご相談ください。

Q.買取の際に、絶対してはいけないことは?

A.高く買い取ってもらうために、メーターの巻き戻しを行う方がいます。しかし、原付に詳しい査定員は、走行距離と車両状態の相違をチェックし、あっさりと違法行為を見抜くのです。メーター巻き戻しは違法ですし、査定員に悪い印象を与えるので絶対にしないでください。素直に原付の状態を伝える誠意を見せることが大切です。

Q.処分費用を抑えるコツは?

A.原付以外の不用品がある場合は、まとめて処分を依頼しましょう。不用品の中には、買取対象になるものもあります。原付が買い取ってもらえなくても、ほかの不用品で買い値がつけば処分代にまわすことができるでしょう。また、業者の中には、不用品をまとめて売ったほうがお得になるところもあります。

Q.二輪リサイクルシステムとは?

A.自動車リサイクル促進センター(JARC)がサポートしている二輪車リサイクルシステムです。フレーム・エンジン・ハンドル・ガソリンタンク・ホイールなどが一体になっている二輪車なら、公益財団法人自転車リサイクル促進センターが引き取ってくれます。引き取った二輪車は、適正処理・再資源化されるので安心です。ただし、引き取り基準が決まっているので、詳しくはホームページで確認してください。

まとめ

いかがでしたか? 原付の処分は、ゴミではなく、リサイクルするのが基本です。鋼・鉄・レアメタルなど貴重な資源でできているため、動かなくてボロボロになった原付でもリサイクルができます。有限ある資源だからこそ、リサイクルで再利用していかなければなりません。また、使える状態の原付なら、買取という方法で手放すことができます。ただし、原付を廃車する際は、市役所で手続きをし、抹消作業をする必要があるので気をつけてくださいね。