冷凍ショーケースは使わなくなったら買取へ!具体的な方法や注意点も


スーパーや飲食店などで使用する冷凍ショーケースが不要になった場合、「廃棄するのはもったいない」「買取してもらえないのか?」と疑問に思う人は多いでしょう。閉店やリニューアルオープン・買い替えなどで冷凍ショーケースを処分する際は、買取に出すのがおすすめです。冷凍ショーケースのような厨房(ちゅうぼう)機器は中古市場でも需要が高いため、廃棄する前にぜひ検討してみてください。この記事では、不要になった冷凍ショーケースの買取事情や買取に出す方法についてご紹介しましょう。

  1. 冷凍ショーケースの買取について
  2. 冷凍ショーケースを買取に出す前に
  3. 冷凍ショーケースの買取方法
  4. 冷凍ショーケースの買取に関するよくある質問

この記事を読むことで、冷凍ショーケースの中古需要や高く売るポイント・買取に出すおすすめの方法などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.冷凍ショーケースの買取について

まずは、冷凍ショーケースの種類や中古需要などをご紹介しましょう。

1-1.冷凍商品を陳列するための厨房機器

冷凍ショーケースとは、スーパーや飲食店などで冷凍商品を陳列するための厨房機器のことです。商品に合わせて温度を設定でき、そのまま出し入れができるオープンタイプと、冷気が外に漏れないように開閉ができるクローズタイプがあります。

1-2.中古市場でも人気が高い

冷凍ショーケースは新品だと高額なため、中古で購入しようとする人も少なくありません。そのため、状態のよいものは買取してもらえる可能性が高いでしょう。特に、パナソニックやホシザキ電機・ダイレイなど有名メーカーのものは中古市場でも人気が高く、高額買取も十分に見込めます。

1-3.買取できるもの・できないもの

故障や破損などがなく正常に動作するものや目立つ汚れがないものであれば、買取してもらえる可能性は高くなります。反対に、汚れやサビ・腐食などが目立つもの・故障しているもの・使用感が多いものは買取対象にならない場合が多いということを覚えておきましょう。また、建物に組み込まれているタイプの冷凍ショーケースは買取できません。

2.冷凍ショーケースを買取に出す前に

冷凍ショーケースを買取に出す前に、買取に適した時期や高額査定のポイント・買取金額の相場などを把握しておきましょう。

2-1.早めの買取がおすすめ

冷凍ショーケースのような厨房機器は、少しでも新しいうちに買取に出したほうが高額買取してもらえる可能性が高くなります。処分することを検討したら、すぐにでも買取に出すことを検討しましょう。

2-2.高く売るポイントを知っておこう

せっかく買取に出すであれば、1円でも高く売れたほうがよいでしょう。高く売るためのポイントは以下のとおりです。

  • 状態をきれいに掃除しておく
  • 付属品をそろえておく
  • 正常に動作するか確認しておく
  • 複数台またはほかの厨房機器もまとめて買取に出す

2-3.買取金額の相場を把握することも大切

冷凍ショーケースの買取金額は状態やメーカー・機種で異なりますが、買取業者によっても査定基準に差があります。そのため、大まかな買取金額相場を把握するために、事前に複数の業者に無料見積もりを依頼して比較しておきましょう。

3.冷凍ショーケースの買取方法

冷凍ショーケースを買取に出す方法についてまとめました。それぞれのメリットとデメリットを理解した上で、自分に合った方法を選択してください。

3-1.リサイクルショップや不用品回収業者に依頼する

冷凍ショーケースの買取先には、リサイクルショップや不用品回収業者などがあります。台数が少なく自分で持ち運べる場合は、リサイクルショップに持ち込んでみるとよいでしょう。その場で査定して現金化してもらえます。ただし、状態によっては買取不可になることもあるため、その場合は持ち帰らなければならない点がデメリットです。台数が多い場合や自分で持ち運ぶのが難しい場合などは、買取も行っている不用品回収業者に依頼するとよいでしょう。買取対象外と査定されても回収してもらえるため、確実に処分できます。

3-2.買取方法を3つ紹介

不用品回収業者による買取方法には、主に「出張買取」「宅配買取」「店頭持ち込み」の3つがあります。出張買取を依頼すると指定した日時にスタッフが買取にきてくれるため、大型の冷凍ショーケースにはおすすめです。自分で持ち運ぶ必要がなく、都合のよいタイミングで依頼できるため便利でしょう。宅配買取は段ボールなどに不用品をこん包して宅配で送る方法です。誰にも会わずに不用品を処分できるというメリットがありますが、冷凍ショーケースのように大型のものの場合は利用が難しいでしょう。業者に直接持っていく「店頭持ち込み」は、その場で査定してもらえるというメリットがあります。自分で持ち込むのが可能な場合は利用してみるとよいでしょう。

3-3.ネットオークションやフリマサイトを利用するのは難しい

不用品を売却する方法としてネットオークションやフリマサイトもあります。自分で出品価格を設定できるため、うまくいけば高額買取も可能です。ただし、買い手が見つかったとしても大型の冷凍ショーケースを宅配で送るのは現実的に難しいでしょう。可能だとしても高額な送料がかかってしまうため、おすすめはできません。

4.冷凍ショーケースの買取に関するよくある質問

「冷凍ショーケースを売りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.冷凍ショーケースを廃棄する場合はどのような方法がありますか?

A.業務用として使っていた冷凍ショーケースは産業廃棄物として廃棄する必要があるため、専門の回収業者へ依頼しましょう。自治体が回収するゴミとして捨てることはできません。

Q.冷凍ショーケースを買取に出すとどのようなメリットがありますか?

A.お金を手に入れることができるだけでなく、資源を無駄にしない、ゴミを減らすことができるなどのメリットがあるでしょう。

Q.業者に依頼したところ、買取はできないが無料で回収できるといわれました。なぜ無料回収が可能なのでしょうか?

A.回収した不用品をリユース・リサイクルすることで利益を得ているためです。

Q.不用品回収業者を選ぶポイントを教えてください。

A.豊富な実績があるか、無料見積もりを受け付けているか、事務所の所在地を明らかにしているか、スピーディーな対応をしてくれるかなどをチェックしましょう。

Q.悪質な不用品回収業者も存在するというのは本当ですか?

A.残念ながら存在します。高額な回収料金をだまし取られた例や、回収した不用品を不法投棄された例などもあるため、注意して業者選びをしてください。

まとめ

いかがでしたか? 不要になった冷凍ショーケースを買取に出す方法や知っておくべき注意点などをまとめてご紹介しました。冷凍ショーケースは中古市場でも比較的需要があるため、廃棄を検討する際は買取に出してみるのがおすすめです。ぜひこの記事を参考にして、納得のいく買取方法を選んでください。