遺品整理で残すものは何? 仕分けのコツ・処分方法を詳しく教えます!


「遺品整理で残すものの基準が分からない」「遺品を効率よく片付ける方法を知りたい」などと、お困りではありませんか? 遺品整理は、たくさんのものを仕分けて処分する必要があり、大きな労力と時間を伴います。効率よく作業するためにも、残すものをきちんと理解しておきたいですよね。

そこで今回は、遺品整理で残すものについて詳しく解説し、不用品の処分方法もご紹介しましょう。

  1. 遺品整理で何を残すべきか残すものは?
  2. 遺品整理で残すものの選び方は?
  3. 遺品整理の仕分けのポイント
  4. 遺品整理を自分でやる方法・ 業者に依頼する方法
  5. 遺品整理で残すものに関するよくある質問

この記事を読むことで、遺品整理で残すものについてよく分かり、遺品の処分がスムーズにできるようになります。まずは、記事をじっくり読んで参考にしてください。

1.遺品では何を残すべきか

最初に、捨てていけない遺品と間違って捨てた場合のデメリットを見ていきましょう。

1-1.捨ててはいけない遺品とは?

遺品の中でも、以下のものは勝手に捨ててはいけません。

  • 現金
  • 預金通帳
  • 有価証券(株券・債券など)
  • 家や車・貸金庫などのカギ
  • そのほか資産価値があるもの

1-2.捨ててしまった場合はどうなる?

遺品で残すものを間違って捨ててしまった場合、再び手にすることはできません。廃棄・処分してから後悔しても遅いのです。特に、遺産相続に関連するものは、捨てないように気をつけましょう。複数人で遺品整理を行う場合、行き違いにより捨てられないようにしてください。

2.遺品整理で残すものの選び方は?

遺品整理で残すものの選び方や基準を解説します。

2-1.残すものの選び方や基準

遺品整理では、最初に何を残すべきか選び方や基準を決めておく必要があります。たとえば、以下を参考にしてください。

  • 金銭価値の高いもの
  • 故人との思い出にまつわるもの
  • 処分すると取り戻せないもの
  • 形見分けをする可能性があるもの

2-2.遺品整理で残すものの例

遺品整理で残すものの例は、以下をご覧ください。

  • 新しい家電や家具(故障や不具合がない)
  • 絹の着物(大きなシミや傷みがない)
  • 骨とう品やコレクション品
  • 貴金属類(金・プラチナ製・ダイヤつきなど、金銭価値が特に高いもの)
  • 故人との思い出の品(アルバム・写真類)

3.遺品整理の仕分けのポイント

遺品整理の仕分けポイントを詳しく解説します。

3-1.捨てる決心がつかないものは保留する

仕分け途中で、故人との思い出があるものだから捨てるか残すか迷ってしまうものは保留にし、最後に考えるといいでしょう。さらに捨てる決心がつかない場合は、一定期間残しておいても構いません。捨ててしまって後悔すると感じるものは、無理に捨てずにゆっくり判断してください。

3-2.置き場所に困るものはリサイクルを

家具などで、捨てるのはもったいないけど置き場所に困るものは、リサイクルすることを考えましょう。たとえば、十分に使えるものは福祉施設に寄付する・知人や友人に譲るなどもできます。また、状態のいいものは中古品として不用品回収業者などで買取してもらえることもあるでしょう。汚れや傷みなどで買取不可でも、資源リサイクルできればゴミとして廃棄するよりも役立ちます。

3-3.遺品整理のプロに依頼することもできる

遺品が大量にあるなど自分の手には負えない場合は、プロに依頼することがおすすめです。プロの遺品整理業者に依頼した場合、以下のようなメリットがあります。

  • 自分でやるよりも効率よくキレイに仕上がる
  • 遠方の物件でも対応可能
  • 希望日時に作業してもらえる
  • 労力・時間の大幅な節約になる
  • 不用品の処分・買取をしてもらえる
  • 特殊清掃なども対応してもらえる

4.遺品整理を自分でやる方法・ 業者に依頼する方法

遺品整理を自分でやる方法と業者に依頼する方法、それぞれ詳しく解説します。

4-1.遺品が少量なら自分でもできる

遺品が少量の場合は、自分で作業をしてもいいでしょう。自分で行う場合、以下のポイントを参考にしてください。

  • 遺品の作業整理日程・内容の計画を立てる
  • 不用品の仕分け基準と処分方法を決める

自分で遺品整理をする場合、不用品の処分やリサイクルの手配を行う必要があります。自治体にゴミとして出したり不用品回収業者に処分してもらったりなど、具体的に考えておきましょう。

4-2.専門業者に遺品整理を依頼する方法

遺品整理を専門業者に依頼する場合、最初に現場視察をしてもらって見積もりをもらいましょう。見積もりの内容や費用を確認し、特に問題がなければ正式に依頼してください。なお、遺品整理は、以下のポイントを満たす業者に依頼すると安心です。

  • 遺品整理の実績が豊富にある
  • 丁寧かつ迅速な作業で定評がある
  • 再販可能な不用品を買取している
  • 再販できない不用品は資源リサイクルしている
  • 希望の日時に作業してもらえる
  • 現場視察・見積もりは無料
  • リーズナブルな費用設定
  • スタッフが親切で感じのいい応対ができる
  • 古物商許可を取得している

なお、当埼玉出張買取コールセンターでも、遺品整理のご依頼をお受けしています。お気軽にご相談ください。

5.遺品整理で残すものに関するよくある質問

最後に、遺品整理で残すものに関するよくある質問に回答します。それぞれ確認しておきましょう。

Q.物量が多すぎるので2回に分けて作業してもいい?

A.賃貸物件などで退去期限がないのなら、構いません。ただし、遺産相続に関するものが出てくる可能性もあるため、早めに作業してください。

Q.遺品整理をした後に親族からクレームを受けないコツは?

A.処分するものと作業日程をあらかじめ伝えておくといいでしょう。親族とのトラブルは「遺品整理の内容や日程を知らされていなかった」ことが最大の原因です。さらに、捨てるとトラブルになりそうなものは、親族に確認してから処分することをおすすめします。

Q.仏壇や仏具は残しておくべきですか?

A.仏壇や仏具は、不要なら処分して構いません。ただし、遺品供養(魂抜きをする・読経をするなど)を行ってから処分しましょう。なお、遺品供養は寺社や仏具店に依頼できるほか、遺品整理業者に業者を紹介してもらうこともできます。

Q.アルバムや写真などの引き取り手がいないのですが?

A.思い出のものであっても誰も引き取らないのなら、処分してもいいでしょう。実際に処分するときは、親族にひとこと伝えておけば問題ありません。

Q.大量のコレクション品が見つかった場合は残すべきですか?

A.まずは、業者に価値があるかどうか査定してもらうといいでしょう。価値がある者の場合は、買取してもらうか自分たちで分けるかなど、親族たちで処分方法を話し合うことをおすすめします。

まとめ

今回は、遺品整理で残すものについて詳しく解説しました。遺品整理は、想像以上に物量があり、何を残すべきか・処分するべきか迷いがちです。効率よく仕分けを行うためにも、まずは、残すものの基準を決めることから始めましょう。遺産相続にかかわるものや貴重品は、基本的に残す必要があります。そのほかのものは、淡々と仕分けていくことがコツです。仕分け作業の際に思い出にひたると手が止まってしまうので注意しましょう。なお、遺品整理で出た不用品は、ゴミとして廃棄せず、できるだけ買取やリサイクルに回すことをおすすめします。