冷蔵庫は粗大ゴミじゃない!? 知っておくべき冷蔵庫処分の常識!


冷蔵庫は頻繁に買い替えるようなものではないため、いざ処分したいときにどうやって処分すればいいのか分からないものの代名詞です。イメージで粗大ゴミと思っている方もいると思いますが、実は粗大ゴミではありません。少し特殊な処分法が必要です。そこで、今回は冷蔵庫を手軽に安く処分する処分法をご紹介します!

  1. 冷蔵庫は粗大ゴミでは出せない!?
  2. 冷蔵庫をなるべく手間やお金をかけずに処分するには?
  3. 不用品回収業者を利用する前に知っておくべきこと
  4. 冷蔵庫処分に関するQ&A

この記事を読むことで、冷蔵庫の正しい処分方法を知ることができます。手間なく安く処分するための方法もご紹介してるので、最後までお見逃しなく!

1.冷蔵庫は粗大ゴミでは出せない!?

かつては冷蔵庫もゴミとして処分することができました。しかし、今では家電リサイクル法に基づいて廃棄が禁じられています。家電リサイクル法に背くと罰則が科せられることもあるので、正しい知識を備えておくことが大切です。

1-1.家電リサイクル法と冷蔵庫の関係性とは?

家電製品の中にはレアメタルや金などの有用な資源が多く含まれています。これらをただ捨てるだけではもったいないですよね。さらに、日本は国土が狭いのでそのまま捨てていたのではいずれ廃棄場が足りなくなってしまいます。そこで、廃棄物を減らすとともに資源を有効活用するために生まれたのが家電リサイクル法です。家電リサイクル法では冷蔵庫(冷凍庫も含む)・冷蔵庫(CRT・液晶・プラズマ)・エアコン・洗濯機(乾燥機も含む)に対してリサイクルを義務づけています。

1-2.リサイクルの流れ

1-2-1.販売店に依頼する場合

廃棄する家電を購入した店、あるいは新しく購入する店に依頼すると、有料で処分してもらうことが可能です。前者の場合はリサイクル料金+運搬費がかかります。後者の場合も原則として同じ費用がかかりますが、サービスやキャンペーンで無料にしてもらえることもあるでしょう。依頼に面倒な手続きなどはなく、電話などで依頼するだけなので気軽に依頼してください。

1-2-2.リサイクル券でリサイクルする場合

購入した店が倒産するなどして依頼先がない場合は、郵便局でリサイクル券を購入してリサイクルすることもできます。こちらの場合は収集・運搬料金が不要です。

  1. 郵便局で「家電リサイクル券システム 郵便局手続き用 リサイクル料金表」から、製造業者等名コードと品目・料金区分コード、リサイクル料金を確認します
  2. 「料金郵便局振込方式」の家電リサイクル券に住所氏名電話番号等の排出者情報を記載してください。次に、3桁の製造業者等名コードと2桁の品目・料金区分コード、リサイクル料金を記入しましょう
  3. 郵便局・ゆうちょ銀行の窓口、もしくはATMを利用してリサイクル料金の振込手続きを行います。この際に手元に残る「振替払込受付証明書」は後で必要になるので、必ずなくさないように保管してください。また、ATMの場合はご利用明細票も保管しましょう
  4. 「ご利用明細票」と「振替払込受付証明書」を郵便局・ゆうちょ銀行の貯金窓口に提出します
  5. 「ご利用明細票」と受付局日附印が押印された「振替払込受付証明書」を受け取りましょう
  6. 家電リサイクル券・振替払込請求書兼受領証・日付印が押印された振替払込受付証明書を受け取ります
  7. リサイクル券の「⑤現品貼付用」に、押印された「郵便振替払込証明書」を貼りつけましょう。リサイクル券を持ち帰ります
  8. 最後に処分する冷蔵庫の右上側面に「リサイクル券」を貼りつけたら、指定引取場所へ持ち込みましょう

1-3.リサイクル料金はどのぐらい?

リサイクル料金は一般的にメーカーに関係なく容量で値段が変わります。

  • 170L以下:3,672円
  • 171L以上:4,644円

2.冷蔵庫をなるべく手間やお金をかけずに処分するには?

この項目では冷蔵庫を手間なく安く処分するためのコツをご紹介しています。別段難しいことが必要なわけではないので、ぜひ気軽に実践してください。

2-1.おすすめの処分方法

2-1-1.下取り・引取の活用

処分を考えている冷蔵庫を購入した店で引き取ってもらうことが可能です。冷蔵庫を買い替える場合は、下取りに出すことで本体料金を値引きしてもらえたり、リサイクル料を肩代わりしてもらえたりします。買い替えなら最も安く抑えられる方法です。

2-1-2.不用品回収業者で手間を減らす

不用品回収業者はほかの方法に比べて処分費用が割高ですが、その代わりに手間がかからない方法です。リサイクル券の購入手続きをする必要もなければ、指定引取場所に持ち込む必要もありません。電話かインターネットから依頼し、指定日時に自宅まで引き取りに来てもらうだけです。また、買取を行っている業者なら、冷蔵庫の状態によっては買い取ってもらえることもあります。

2-1-3.リサイクルショップやインターネットオークションなどで売却

年式が新しく傷や汚れがない「美品」と呼ばれる状態なら、リサイクルショップ・ネットオークション・フリマアプリなどで売却することも可能です。買い取ってもらうので処分費用がかからないだけでなく利益も出ます。まさに、一石二鳥の処分方法です。キレイな方が買い取ってもらいやすくなるので、シール・汚れ・臭いなどはしっかりと取り除いておきましょう。

ただし、いくつかのデメリットがあります。一番のデメリットは二度手間になるリスクがあることです。せっかくリサイクルショップに持ち込んだり出品手続きをしたりしても、買い取ってもらえなければ労力と時間が無駄になってしまいます。処分を第一にするなら選ばない方が良いでしょう。

また、ネットオークションやフリマアプリでは出品手続き・発送手続き・落札者との値段交渉・クレーム対応・詐欺対策など、煩わしい手間がかかることも難点です。

2-2.売却のコツ

2-2-1.価格比較サイトを確認しよう

価格比較サイトでどのぐらいの価格になのか把握しておきましょう。これをしておくだけで業者との交渉が有利になります。また、法外に安く買いたたこうとする不良業者を見極めることにも役立つでしょう。

2-2-2.査定前に掃除をする

冷蔵庫は食品に関わる家電なので、衛生面は査定額の重要なポイントです。汚れや臭いは査定額に影響するので、必ず庫内も庫外も掃除してください。

3.不用品回収業者を利用する前に知っておくべきこと

不用品回収業者は便利な反面リスクも伴います。適当に選ぶと思わぬトラブルに巻き込まれるかも知れません。業者選びのポイントをしっかりと把握しておきましょう。

3-1.業者選びのポイント

3-1-1.許認可を得ているか確認しよう

不用品業者選びにおいて最も重要なのが、特定の「許認可」を取得しているかを確認することです。実は、不用品回収業者を開業するために必要な資格が存在しません。ですから、何の知識もない素人業者もあると言うことです。そのような業者に依頼すると金銭トラブルなどに発展するリスクもあるので避けなければいけません。そこで、一つの指標となるのが「古物商許可」「産業廃棄物収集運搬業」の2つの許認可です。たとえば、ワールドポップスではこれら2つの資格をしっかりと保有しています。真っ当な不用品回収業者なら必ず保有している許認可なので、保有していない業者には依頼しないようにしましょう。

3-1-2.数社から見積もりを取って比較しよう

多くの業者がHPから簡単な見積もりを取ることができます。手間もかからないので、3社程度から見積もりを取ってください。それぞれの見積もりを比較することで条件のいい業者を見つけることができます。また、対応の早さも比較できるので、この点も大きなメリットです。ただし、飛び抜けて安い業者は注意しましょう。特に「完全無料」をうたっている業者はほぼ間違いなく悪徳業者なので利用しないでください。見積もりの比較は悪徳業者を見つけることにもつながるので、必ず行いましょう。

3-1-3.住所を確認しよう

悪徳業者の多くは実態がありません。記載してある住所を調べると空き地だったり民家だったりすることがあるのです。ひどい場合には公園の住所が記載されていたケースもあります。このような業者は間違いなく危険なので依頼しないようにしてください。

3-2.押し買いに注意しよう

押し買いとは貴金属などの高価値な品物を法外な価格で強引に買い取ってしまう悪徳商法です。「不用品を無料で回収します」などと甘い言葉で巧みに家に上がり込んだかと思うと、態度が急変して宝石類や貴金属を無理やり売るように強要します。いくら断ってもしつこく食い下がるため、お年寄りや女性などは恐怖を感じて売ってしまうケースが多いようです。押し買い業者の多くはアポ無しで訪問販売をしてくることが多いので、そのような業者は絶対に家に上げないようにしましょう。

4.冷蔵庫処分に関するQ&A

Q.リサイクル券の購入方法がよく分かりません

A.郵便局やゆうちょ銀行には、手続きに関して詳しく説明した「家電リサイクル券システムご案内」が掲示されています。分からない場合にはこちらを参照するか、貯金窓口の方にご相談ください。

Q.ATMでのリサイクル券の使い方が分かりません

A.まずは振替払込書をミシン目から切り取りましょう。次に、右端の「振替払込受付証明書」をミシン目に沿って切り離します。この際に「振替払込請求書兼受領証」は切り離さないように気をつけましょう。最後に、残った部分(「払込取扱票」と「振替払込請求書兼受領証」)をATMへ入れて、振込手続きを行います。

Q.許認可はどこで確認すればいいのですか?

A.許認可を得ているかどうかは、業者HPの会社概要・会社案内などから確認ができます。ちなみに、許認可の欄には必ず識別番号が併記されているので、その番号をネットで検索することで本物かどうかの確認が可能です。

Q.業者とトラブルになったらどこに相談すればいいでしょうか

A.トラブルの相談先として最も一般的なのは消費生活センター(国民生活センター)です。無料で相談ができますし、独立行政法人なので信頼もできます。

Q.見積もりは無料ですか?

A.一般的には無料で見積もりを出してくれることが多いでしょう。ただし、業者によって異なるので、詳しくはHPで確認するか電話で確認しましょう。

まとめ

いかがでしたか? 今回は冷蔵庫の処分方法に関してご紹介しました。冷蔵庫は家電リサイクル法の対象品目のため、粗大ゴミとしては捨てられません。処分するにはリサイクルする必要があります。郵便局でリサイクル券を購入するのが一般的ですが、面倒な手続きが必要ない不用品回収業者もおすすめです。ただし、不用品回収業者の利用にはリスクもあるので、依頼する際には今回ご紹介したポイントを参考にして選びましょう。ぜひ、今回ご紹介した情報を有効活用してくださいね。