北欧家具を買取してもらう方法を解説!! イケアの家具も売却可能?


北欧家具は、スタイリッシュなデザインで人気があります。高価なものは中古でも一定に需要があるので、「不要になった北欧家具を買取してほしい」という人も多いでしょう。しかし、北欧家具といっても売却可能なものと難しいものがあります。そこで今回は、北欧家具を買取してもらう方法や注意点を紹介しましょう。

  1. 北欧家具は中古市場も活発
  2. 北欧家具を売る前に確認しておくこと
  3. 北欧家具を買取してもらう方法
  4. 北欧家具の買取に関するよくある質問

この記事を読めば、北欧家具を高く査定してもらうコツもわかります。北欧家具の売却を考えている人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.北欧家具は中古市場も活発

はじめに、北欧家具の買取基準や人気について解説します。

1-1.北欧家具とは北欧諸国で作られた家具全般を指す

北欧家具とは、デンマークやノルウェーなど北欧諸国のメーカーで作られた家具全般を指します。カール・ハンセン&サンやボー コンセプト、フリッツ・ハンセンなどの世界中で展開する高級ブランドがある一方で、イケアに代表される手ごろな値段のものも豊富です。スタイリッシュなデザインで、2000年代から人気が高まりすっかり日本にも定着しました。

1-2.高価なブランドは中古市場も活発

北欧家具のうち、カール・ハンセン&サンやボー コンセプトなど高価なブランドの家具は中古市場も活発です。たとえば、カール・ハンセン&サンのYチェアは正規の値段では10万円以上しますが、中古だと数万円で手に入るので人気があります。日本に支店がある北欧家具ブランドの家具は、見た目がキレイなら売却できる可能性は高いでしょう。

1-3.イケアの買取は難しい

ただし、同じ北欧メーカーのものでも、イケアは元値が安く自分で組み立てることが基本です。ですから、使用できる期間が短く、組み立てた状態での長期輸送には耐えられないというデメリットがあります。ソファーなど元値が高いごく一部の製品を除いて、買取不可のところが多いでしょう。

2.北欧家具を売る前に確認しておくこと

この項では、北欧家具を査定してもらう前に確認しておくことを解説しましょう。

2-1.保証書や刻印・タグを確認する

ブランドものの北欧家具には、保証書やタグ・刻印がついています。ブランドものの家具によく似た製品や、デザイナーの著作権が切れた後に作られたリプロダクト品は、買取不可のこともあるでしょう。また、元値が安いため、買取価格もかなりの差が出ます。ですから、売却を考えている家具が本物の北欧家具なのか、まずは確認してください。

2-2.傷や汚れを確認する

家具は、傷や汚れがある場合、大幅に査定額が下がります。目立つ場所に大きな傷や汚れがある場合は買取不可になることもあるでしょう。汚れがある場合は、落とせるか試してみてください。

2-3.自力で家具を持ち出せるかどうか確認

リサイクルショップなどで家具を買取してもらう場合、自分で店舗まで持ち込みしなければならないこともあります。ですから、家具を自力で家から持ち出せるかどうか確認してみましょう。無理な場合は、出張査定を行っている業者を探してください。

3.北欧家具を買取してもらう方法

この項では、北欧家具を買取してもらう方法を紹介します。

3-1.北欧家具を専門に買取してくれるリサイクルショップは査定額が高め

家具専門のリサイクルショップでは、北欧家具を買取強化しているところも多く、査定額が高めです。人気商品ならば、定価の3~4割くらいで買取してくれるところもあるでしょう。買取方法は、持ち込み査定や出張査定が一般的です。ただし、自宅近くに買取してくれるショップがあることが条件になります。出張費用はショップによって異なり、近くならば無料なところもあるでしょう。

3-2.買取できなくても引き取ってほしい場合は不用品回収業者がおすすめ

買取してもらえなくても回収してほしいという場合は、不用品回収業者に査定を依頼しましょう。ただし、家具専門のリサイクルショップほど高値は期待できません。一般的な家具と同じくらいの買取額になるでしょう。家まで回収に来てくれるので、運搬が難しい場合も安心です。なお、不用品の回収だけで買取不可な業者もあるので気をつけましょう。埼玉出張買取センターは、買取・改修を行っている不用品回収業者です。他店より高価買取・安価回収をおこなっているので、ぜひ利用してみてください。

3-3.ネットオークションやフリマサイトならイケアでも売却できるかも

ネットオークションやフリマサイトを利用すれば、自分で全国から買い手を探すことができます。ただし、大きな家具は搬送方法が限られるうえ、送料もかなりかかるので事前に調べて記載しておくか、取りに来てくれる人限定にしてもいいでしょう。リサイクルショップで買取不可なものや、イケアの製品でも買い手が現れることもあります。出品する場合は、メーカー・状態・使用年数を記載したうえ、写真を添付するのがおすすめです。

4.北欧家具の買取に関するよくある質問

この項では、北欧家具の買取に関する質問を紹介しましょう。

Q.北欧家具はどのようなものでも人気ですか?

A.大きなソファーなど置く場所が限られたものより、どこの家にでもなじみやすい椅子やサイドテーブルに人気が集まっています。

Q.北欧家具は古くても買取してもらえるでしょうか?

A.はい。古くても有名ブランド品でキレイならば大丈夫です。

Q.北欧風の家具は北欧家具ではないのでしょうか?

A.はい。北欧家具に似せて作られた家具の総称で、無印良品などが作っています。

Q.北欧家具はセットで売ったほうがお得ですか?

A.はい。ダイニングテーブルなどはイスとテーブルのセットで売却しましょう。

Q.大型家具を運搬したい場合は家から運び出してくれたりする業者はありますか?

A.ヤマト運輸では、らくらく家財宅急便など家具専用の宅配便などを利用すれば運搬可能です。また、メルカリでは大型らくらくメルカリ便があるので、利用してみてもいいでしょう。そのほか、大型家具を配送してくれる特別な運送会社や、運送会社の引っ越し便などを利用する方法もあります。

まとめ

いかがでしたか? 今回は北欧家具を買取してもらう方法を紹介しました。北欧家具は中古市場も活発な一方、類似品や安価な品では家具のリサイクル専門店などでは買取不可なケースもあります。「まだ使えるが、リサイクルショップでは買取不可だった」という場合は、ぜひ埼玉出張買取センターに連絡してください。買取可能なこともあります。