粗大ごみを出し忘れた場合の対処法は? 買取も可能な回収業者が便利


粗大ごみは、出し忘れてしまうことがあります。申請手続きから捨てる日まで日数がかかる・出すのが面倒などの理由から、出し忘れることがあるのです。粗大ごみを出し忘れてしまった場合、どのように対処すればいいのでしょうか?

本記事では、粗大ごみを出し忘れたときの対処法をご紹介します。

  1. 粗大ごみを出し忘れてしまった場合はどうすべきか?
  2. 出し忘れた粗大ごみを処分する方法
  3. 粗大ごみの出し忘れでよくある質問

この記事を読むことで、出し忘れた粗大ごみの捨て方がよく分かります。粗大ごみの処分で困っている方は必見です。

1.粗大ごみを出し忘れてしまった場合はどうすべきか?

粗大ごみの出し忘れは、対処法が分からず困ってしまうことがありますよね。出し忘れた場合は、再申請が必要なのでしょうか? 手順などをご紹介します。

1-1.粗大ごみを出し忘れるのはなぜ?

粗大ごみを出し忘れてしまうにはさまざまな理由が考えられます。事前申請から数週間ほど回収日まで時間があるため、申し込んだこと自体を忘れてしまうケースも珍しくありません。また、粗大ごみは、布団・家具・ソファー・自転車などの大型製品が中心なので、面倒で後回しにしてしまうこともあるでしょう。

1-2.自治体には連絡をするべきか?

粗大ごみを回収してもらう事前申請は手続きしたが、指定日に出し忘れてしまった場合は、まず自治体に連絡してみましょう。回収時間帯までゆとりがあるようなら、回収場所まで出すように指示があるケースもあります。自治体に連絡する際は、インターネットではなく、電話で連絡するようにしてください。

1-3.自治体によっては再申請が必要になる

自治体によっては、粗大ごみを出し忘れた場合、再申請が必要です。インターネットで再申し込みをするよう指導される場合があります。申し込み後、次の回収日まで粗大ごみを出すのを待ちましょう。

1-4.自家用車があれば指定場所に持ち込もう

粗大ごみの回収に間に合わなかった場合、自治体の指定場所に直接持ち込む方法も検討しましょう。ただし、大型製品でも自力で運搬しなければならないため、自家用車を所有している方に限られてしまう方法です。指定場所に持ち込む際は、自治体のホームページで検索し、受付時間などを確認しておきましょう。また、大型製品の持ち込みをする場合は、事前に連絡をしておけば、スムーズに処分を進めることができます。

1-5.自治体以外の手段も視野に入れよう

自治体の粗大ごみとして出す以外に、リサイクルショップや不用品回収業者などを利用して処分する方法があります。まだ使えるものなら、買取対象となる場合があるため、処分する前に査定を受けてみましょう。

2.出し忘れた粗大ごみを処分する方法

リサイクルショップの買取や、回収業者の利用方法などをご紹介します。

2-1.買取に出すか、無償譲渡する方法でリサイクルすることも考えよう

粗大ごみの中にまだ使えるものがあれば、買取価格がつく場合があります。しかし、リサイクルショップの買取は、店頭に持ち込む必要があるため、大型製品の輸送に苦労する方が多いものです。人手を確保し、安全に配慮して運搬を行ってください。また、1箇所の査定で買取先を決めず、複数の店舗を回って買取価格の相場を探ることが大切です。なるべく高値で買取してくれるところを探すこともポイントになります。買取に出すこと以外では、譲渡という手段もあるでしょう。欲しいという人に譲れば、無料で処分することができるのもメリットです。ただし、運搬方法については、事前に譲渡先とよく相談してください。

2-2.回収業者に依頼すればすぐに処分できる

粗大ごみをすぐに処理したい場合は、回収業者に依頼して引き取ってもらいましょう。回収業者に依頼する場合は、業者のホームページに記載されている申し込みフォームや無料見積もりなどを利用してください。多くの回収業者では、家電リサイクル法の対象品目である冷蔵庫・洗濯機・テレビ・エアコンの回収も行っています。粗大ごみ以外のものでもまとめて引き取ってくれるため、家の不用品を一掃するいい機会になるでしょう。回収業者では、即日対応や大量のごみでもまとめて処分できるお得な料金プランを用意しているところがあります。状態がいいものは買取が可能な場合もあるため、あらかじめ買取をしてもらいたいものがある旨を伝えておきましょう。業者の対応なども比較し、良心的なところを選ぶようにしてください。自宅まで訪問し、不用品の回収を行ってくれるため、運搬の心配をしなくていいのは非常に大きなメリットでしょう。

2-3.ネットオークションなどを使って自分で売却する方法も盛んになっている

業者を利用せず、自分で売却する方法も盛んです。たとえば、ネットオークションやフリマサイトなどがあります。価格設定が自由であるため、買い手が現れた場合、希望価格で売却することができるのがメリットです。とはいえ、ネットオークションやフリマサイトは個人売買になるので、入金や価値観の相違によるトラブルも多くなっています。傷みや劣化のある箇所は、商品紹介文や画像などできちんと伝わるよう、細かな配慮が必要です。また、ネットオークションでは、専門のショップや業者が未使用品や展示品などの美品を出品しているケースが多くなっています。そのため、個人売買で中古品を売却するのは限界があるのが現状です。ネットオークションやフリマサイトでは、送料無料の商品が早く売れる傾向にあります。損失を防ぐため、送料とサイト利用手数料を含めた価格設定をするように心がけてください。輸送時に故障や不具合などが起こらないよう、こん包も厳重に行いましょう。

2-4.自分にとって楽な方法を選ぶことが大切

冷蔵庫・自転車・布団・家具・ソファーなどの大型製品を処分する場合、運搬やこん包などの手間をよく考え、自分にとって楽な方法を選ぶことが大切です。人手や輸送手段が確保できない場合は、出張対応をしてくれる業者を探しましょう。

3.粗大ごみの出し忘れでよくある質問

粗大ごみの出し忘れに関する質問を集めました。ご一読ください。

Q.自治体の指定場所に持ち込んだ場合、費用はいくらぐらいかかるのか?

A.指定場所では、重量に応じた費用を支払うことになります。10kgまでは100〜200円前後、100kgの場合は500〜1,000円前後と、自治体ごとに決まりが異なるため、自治体のホームページなどで費用を確認しておきましょう。

Q.リサイクルショップと回収業者の買取では、どちらが高値になりやすいのか?

A.回収業者のほうが、高値で買取となりやすいでしょう。家電などは、金属部品をリユースする目的で回収する場合があるため、リサイクルショップでは買取が難しい粗大ごみでも、回収業者なら買取可能という場合があります。

Q.回収業者が多すぎて、どこに粗大ごみの引き取りを依頼すればいいのか分からない場合はどうすべきか?

A.粗大ごみの回収実績が豊富で、迅速な対応をしてくれる業者を選びましょう。無料見積もりやリーズナブルな料金体系なら、安心して利用できます。粗大ごみの回収は、出張対応しているワールドポップスまでご相談ください。

Q.引っ越し前に粗大ごみを出し忘れてしまった場合はどうすべきか?

A.引っ越し業者でも、不用品の処分を請け負っている場合があります。なるべく早めに問い合わせをし、粗大ごみの回収を依頼しましょう。ただし、引っ越し費用とは別に、粗大ごみの処分費用がかかります。

Q.粗大ごみを出し忘れたのに気づき、遅れて回収場所に出す行為はいけないのか?

A.すでに回収を終えている場合、粗大ごみが放置されたままになってしまいます。近隣の迷惑になるばかりか、不法投棄とみなされる可能性があるため、自治体に連絡をして指示を仰いだほうが安心です。

まとめ

粗大ごみは申請してから処分するまでに日数がかかるため、出し忘れてしまうことがあります。出し忘れに気づいた場合は、慌てずに自治体へ連絡しましょう。再申請が必要になる場合があります。次の回収日まで待つか、自治体の指定場所に持ち込むことも可能です。また、急いで処分したい場合は、回収業者による出張買取などを利用する方法が便利でしょう。自宅訪問が可能で、買取にも対応しています。冷蔵庫など家電リサイクル法の対象品目でも引き取り可能であるため、不用品をまとめて処分したい方におすすめです。粗大ごみの回収は、実績豊富なワールドポップスまでお問い合わせください。