物置を整理する必要性やメリットは? 整理整頓の方法と共に解説


「物置の整理整頓がうまくいかない」「物置がいつのまにかいっぱいになり、新しいものを入れられない」と悩んでいる人はいませんか? 物置はいろいろなものが収納できる反面、整理がおろそかになりがちというデメリットもあります。今回は、物置をすっきりと整理するコツや不用品の処分方法を紹介しましょう。

  1. 物置のメリットデメリット
  2. 物置を整理する必要性とやり方
  3. 用品の処分方法
  4. 物置の整理に関するよくある質問

この記事を読めば、物置に何が入っているか分からなくなることもなくなります。物置の整理整頓方法に悩んでいる人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.物置のメリットデメリット

はじめに、物置の特徴や種類、使用するうえでのメリット・デメリットを紹介します。

1-1.物置は便利な収納スペース

物置は、多目的で一定の広さを持つ便利な収納スペースです。家の中のデッドスペースに作られることもあれば、庭やベランダに設置するタイプのものもあります。庭やベランダに設置するタイプの物置は後付けも簡単なので、収納スペースを増やしたいときにも便利です。

1-2.物置は使う時期が限られているものを収納するのに便利

物置はどのような使い方をしてもかまいませんが、一般的に使う時期が限られているものを収納することが多いでしょう。たとえば、暖房器具や冷房器具、冬用のカーペットやイグサのラグなどです。また、外に設置した物置はアウトドア用品やレジャーグッズ、タイヤなど屋内には置きにくいものを収納するのにも適しています。

1-3.物置は温度管理ができず整理がおろそかになりがち

物置は「とりあえず使わないものを一時的に置いておこう」という場所になりがちです。その結果、無造作にものを詰めこんでしまい、大きな物置ほど「中に何が入っているか分からない」となることが多いでしょう。また、庭やベランダに置く物置は作りが簡単なものが多く、温度管理もできません。ですから、暑さ・寒さ・湿気に弱いものを置くと傷んだり寿命が短くなったりします。

2.物置を整理する必要性とやり方

この項では、物置を整理する必要性とタイミング、さらに物置整理の基本的なやり方を紹介します。

2-1.定期的な整理をしないと物置はブラックボックス化する

物置を整理しないと、「物置の中身がいっぱいだけれど何が入っているか分からない」となりがちです。また、ものがたくさんあるほど整理が難しくなり、中のものも傷みやすくなります。物置を置いているスペースも無駄になることでしょう。物置は定期的に整理して中に何が入っているか把握しておくことが大切です。

2-2.物置の整理は季節の変わり目がおすすめ

冬から春、夏から秋へ季節が変わる時期は、物置の中のものを取り出す機会が増えます。このタイミングで整理と掃除をするのがおすすめです。春か秋で気温が20~25℃の日がいいでしょう。たとえば、ストーブをしまうときとか、夏もののインテリアを出すときなどに整理をするのがおすすめです。

2-3.物置の整理はものを全部出すところから始める

物置の整理の基本は、ものを全部出しているものといらないものを分けるところから始めます。小さい物置ならば、2時間もあれば空にできるはずです。捨てるかどうか迷うものが多い場合は、「1年間全く使わなかったものは捨てる」など、ルールを決めましょう。

2-4.大きな物置は収納棚を置くと便利

大きな物置の場合、ダンボールなど収納箱にものを入れて積み重ねてしまうと、出すのが大変になります。メタルラックなど簡易的な収納棚を置き、そこに収納箱に入れた荷物を収納すると出し入れが格段にしやすくなるでしょう。また、ダンボールを収納箱として利用する場合、側面や上面に中身を書いてください。自転車やアウトドア用品など大きなものでないかぎり、むき出しのまま無造作に置いておくことはやめましょう。こまごまとしたものほど、ジャンルごとにまとめて収納箱に入れて片付けると便利です。

2-5.重いものを下に軽いものを上に置く

収納の基本は重いものを下に、軽いものを上に置くことです。また、広い物置の場合はものの種類ごとにざっくりとでいいのでスペースわけをし、暖房器具、レジャー用品などのようにジャンルごとにまとめて置いておくといいでしょう。そして、定位置を決めたら、しまうときは必ずそこに置くようにします。そうすれば、家族全員が何をどこに置いているか把握しやすくなり、物置内でものが行方不明になることはありません。奥行きが広い収納の場合、手前によく使うもの、奥に使う時期が限られ、出し入れの回数が少ないものを置きましょう。

2-6.スペースに余裕を持って収納する

隙間がないほどぎっちりものを詰めこんでしまうと、出し入れがしにくくなります。物置は常に2割くらいのあきを作って収納しましょう。そうすれば余裕を持って出し入れできるのはもちろんのこと、ものの一時置き場としても利用できます。

3.不用品の処分方法

この項では、物置を整理した際に出た不用品の処分方法を紹介します。ぜひ、参考にしてください。

3-1.基本は自治体にゴミとして回収してもらう

物置に長年放置されていたものは、劣化がすすんでいます。基本的には自治体にゴミとして回収してもらいましょう。ゴミ出しのルールは自治体によって異なります。まずは、自治体のサイトでゴミの分別方法を確認してください。ゴミによっては月に1度程度しか回収日がないところもあるため、時間に余裕を持ってゴミを出しましょう。

3-2.小型家電はリサイクルできることもある

自治体や家電量販店では、小型家電をリサイクル目的で回収しているところがあります。回収対象の家電がある場合、自治体の施設や家電量販店に設置されたリサイクルボックスを利用すると、家電の部品がレアメタルなどがリサイクルされてエコです。

3-3.新しい家電などは売却可能

発売されて5年以内の家電・ゲーム機・ホビー用品・書籍などは中古でも一定の需要があります。ただし、新しくても汚れていたり傷がついていたりするものは売却できる可能性は低いので、注意しましょう。中古品を売却したい場合、リサイクルショップに査定を依頼するか、ネットオークションやフリマサイトを利用し、自分で買い手を探す方法が一般的です。リサイクルショップに持ち込めば、すぐに査定・買取が行われ、現金化できます。ネットオークションを利用すれば、リサイクルショップで買取不可だったものにも買い手がつく場合もあるでしょう。その一方で、こん包や発送の手間がかかります。それぞれのメリット・デメリットをよく考えて売却先を探しましょう。

3-4.不用品回収業者を利用するメリットと注意点

埼玉出張買取コールセンターをはじめとする不用品回収業者を利用すれば、費用はかかりますが不用品を一度に回収してもらえます。ゴミの分別が大変、粗大ゴミをゴミ捨て場まで持っていけない、理由があって今すぐたくさんの不用品を一度に処分したい場合は、利用すると便利です。また、埼玉出張買取コールセンターは回収だけでなく買取も行っています。「値段がつくようならば不用品を売却したい」と思っている人にもおすすめです。ただし、不用品回収業者の中にも、顧客と頻繁にトラブルを起こす悪徳業者もいます。回収を依頼する際、理由をつけて見積もりを作らない業者や、連絡先が携帯電話しかない業者、しつこくセールスをしてくる業者は利用しないほうがいいでしょう。不当に高い回収料を請求されたり、無理やり貴金属を買取されることもあります。

4.物置の整理に関するよくある質問

この項では、物置の整理に関する質問を紹介します。

Q.大きな物置のほうがものがたくさん入りそうですが、デメリットはあるでしょうか?

A.大きな物置はものを無造作に詰めこみやすく、使いやすいように管理するのが大変です。片付けが苦手な人は、小さめの物置のほうが管理しやすいこともあります。

Q.ベランダに置くタイプでベンチとしても利用できるボックス型物置は使いにくいですか?

A.ベンチとしても利用できるボックス型物置は、大きな収納箱のようなもので収納できるものが限られています。小型家電などは収納できないこともあるので、収納したいものをよく考えて使いましょう。

Q.物置内の整理を何年もしていないのですが、整理する際に気をつけることはありますか?

A.何年も整理していない場合、ほこりがたまってる可能性があるのでマスクをつけ、まずはほこり掃除から始めてください。

Q.物置に灯油の類は保管しないほうがいいでしょうか?

A.灯油や缶詰になっているガソリンを保管することはかまいません。ただし、火気に気をつけて劣化しないよう定期的に点検しましょう。なお、専用の樹脂容器にいれていても灯油は長期保管は不可です。冬の終わりに余った灯油はガソリンスタンドに引き取ってもらいましょう。

Q.物置を整理する場合、便利な道具はありますか?

A.物置に長期間保管しておいたものはほこりを大量にかぶっていることもあるでしょう。ほこりを取るモップやぞうきんを用意し、不用品を分別できるゴミ袋を複数用意してください。

まとめ

今回は、物置の整理方法や必要性、不用品の処分方法を紹介しました。物置は、押し入れやクローゼットなどの収納スペースに比べると、整理を後回しにしがちな場所です。しかし、物置も定期的に整理しなければ、中に何が入っているか分からなくなり、死蔵品置き場になってしまいます。物置にものをたくさんしまうときなどを利用して、定期的に整理する習慣をつけましょう。そうすれば、「物置があるのに収納スペースが足りない」と悩むこともなくなります。