不要なドラム式洗濯機は買取に出すのがお得! 高価買取のポイントも!


「まだ使えるドラム式洗濯機を買取に出したい」「どこに依頼すればいくらで買取してもらえるのか?」とお悩みではありませんか? 洗濯機は生活必需品です。「容量が少なすぎる」「引っ越しを機に新しくしたい」などの理由で処分する際は、新しい洗濯機に買い替える必要があります。まだ使える状態であれば買取に出してお得に処分し、新しい洗濯機の購入費用にあてたいところですよね。

この記事では、ドラム式洗濯機の中古需要や買取価格相場・高価買取のポイントなどをまとめてご紹介しましょう。

  1. ドラム式洗濯機の買取事情は?
  2. 人気のドラム式洗濯機と買取価格相場を紹介
  3. ドラム式洗濯機を買取に出す前にチェックすべきこと
  4. ドラム式洗濯機を買取に出す4つの方法
  5. ドラム式洗濯機の買取に関するよくある質問

この記事を読むことで、ドラム式洗濯機を買取してもらえる理由や買取相場の調べ方・買取先ごとのメリットやデメリットなどが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.ドラム式洗濯機の買取事情は?

まずは、ドラム式洗濯機の人気や中古需要についてご紹介しましょう。

1-1.節水できるドラム式洗濯機は人気が高い

ドラム式洗濯機は導入費用こそ縦型式洗濯機より高いというデメリットがありますが、節水できることや洗濯物がシワになりにくいことなど、メリットもたくさんあります。そのため、近年は縦型式洗濯機より人気が高く、多くの家庭がドラム式洗濯機を使用しているのが現状です。

1-2.元値が高いので中古品も人気

ドラム式洗濯機はもともとの値段が高いため、少しでも安く購入できる中古品を探す人も少なくありません。特に、一人暮らしで新生活を始める人などは、新品より中古で購入しようとする人が多いでしょう。中古需要が高いため、積極的に買取を行っている業者がたくさんあります。

1-3.家電リサイクル法の対象品目なので捨てにくいという特徴も

洗濯機は家電リサイクル法の対象品目です。処分する際はリサイクル料金を払って家電量販店などに回収してもらう必要があるため、捨てにくさを感じる人も多いでしょう。そのため、まだ使える状態であれば買取に出すケースが多いのです。手間とお金をかけて回収してもらうよりも、買取に出してお得に処分したほうがメリットは大きいでしょう。

2.人気のドラム式洗濯機と買取価格相場を紹介

ドラム式洗濯機の人気ブランドや種類・買取価格相場などをご紹介しましょう。

2-1.人気のドラム式洗濯機は?

特に人気が高いのは、シャープの「プラズマクラスター搭載洗濯機」や東芝の「マジックドラム」・パナソニックの「泡洗浄洗濯機」などです。人気機種なので中古品でも値段が下がりにくく、高額で買取してもらえる可能性は十分にあります。

2-2.買取価格相場は元値の10%前後

ドラム式洗濯機は元値が100,000~300,000円前後のものが多く、買取価格相場は元値の10%前後です。メーカーや機能はもちろんのこと、使用年数や状態などによっても買取価格に大きく差が出ます。自分が売りたい洗濯機の買取価格相場はどのくらいなのか、ヒカカク!などの買取価格比較サイトで調べてみるとよいでしょう。

3.ドラム式洗濯機を買取に出す前にチェックすべきこと

買取不可になるドラム式洗濯機の特徴や買取に出す前に確認すべきことなどをまとめました。

3-1.状態の悪い洗濯機は買取不可になる場合も

以下のような条件の洗濯機は、買取不可になる可能性が高いでしょう。

  • 購入から10年以上経過している
  • 正常に動作しない
  • 目立つ汚れや破損がある

3-2.型番や製造年月日を確認しておく

買取価格相場を調べる際や実際に買取に出す際には、洗濯機の型番や製造年月日を調べておく必要があります。この2つが確認できないと適正な価格で買取してもらえる可能性が低くなるため、必ずチェックしておきましょう。

3-3.高価買取のポイントは?

少しでも高く買取してもらうために、以下のポイントを参考にするとよいでしょう。

  • きれいに掃除しておく
  • 保証書や説明書・輸送用のボルト・排水ホースなど付属品をそろえておく
  • 正常に動作するか確認しておく

4.ドラム式洗濯機を買取に出す4つの方法

ドラム式洗濯機を買取に出す方法について詳しくまとめました。

4-1.家電量販店で下取りしてもらえるケースもある

家電量販店によっては、新しい洗濯機の購入と引き換えに古い洗濯機の下取りサービスを行っているところもあります。新しい洗濯機の購入代金が値引きされるケースもあるため、お得なサービスといえるでしょう。ただし、下取りの対象となる条件は店によって異なるため、事前の確認が必要です。また、前述したように洗濯機は家電リサイクル法の対象であるため、基本的に下取りしてくれる店は多くありません。

4-2.ほかにも不用品がある場合は回収業者がおすすめ

洗濯機のほかにも不用品が大量にある場合は、買取も行っている不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。状態のよいものは買取・悪いものは回収という形で引き取ってもらえるため、まとめてお得に処分できるでしょう。ドラム式洗濯機は単品だと8,000~12,000円前後の回収費用がかかります。しかし、複数の不用品を買取も合わせて依頼すれば、回収費用を抑えることが可能です。

4-3.こん包や配送の問題がクリアできるならネットオークションという手も

ネットオークションでドラム式洗濯機を売る方法もあります。人気が高いため高値で落札される可能性は十分にあるでしょう。しかし、大型家電なのでこん包や配送の面で苦労することが多く、売りにくいアイテムであることは間違いありません。配送方法によっては送料が割高になってしまうこともあるため、直接会って引き渡しができる相手に限って取り引きするなど、工夫が必要です。

4-4.リサイクルショップは手軽だが搬入が難しい

リサイクルショップに持ち込めばその場で査定してもらえるため、買取に出す方法としては手軽でしょう。しかし、基本的に自分で持ち込む必要があり、運ぶ手段や人手がない場合は難しいのが現実です。また、家電の買取に特化しているわけではないため、適正な価格で買取してもらえる可能性は低いでしょう。状態が悪く買取不可になった場合、再び持ち帰らなければならないというデメリットもあります。

5.ドラム式洗濯機の買取に関するよくある質問

「ドラム式洗濯機を買取に出したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.ドラム式洗濯機を廃棄する方法を教えてください。

A.家電リサイクル法に従い、販売店に回収・処分を依頼するか、市区町村が定めた回収業者に依頼して回収してもらうのが一般的です。

Q.ドラム式洗濯機の寿命は何年ぐらいでしょうか?

A.一般的には10年前後といわれています。「途中で止まる」「脱水や乾燥がちゃんとできなくなってきた」などの症状が現れるようになったら、寿命が近い証拠でしょう。

Q.海外メーカーの洗濯機でも買取してもらえますか?

A.状態がよければ買取してもらえる可能性はありますが、買取金額は国内メーカーより低くなる傾向があるでしょう。使用年数が長ければ買取不可になることもあります。

Q.ドラム式洗濯機を高く買取してもらえる時期はいつごろですか?

A.新生活が始まる前に2~3月や、洗濯物の量が増える7~8月ごろになると洗濯機の需要が高まります。ただし、新しければ新しいほど買取価格は高くなるため、「売りたい」と思ったときが買取に出すタイミングと考えたほうがよいでしょう。

Q.洗濯機のほかにも処分したいものがあるので不用品回収業者に依頼しようと思います。業者選びのポイントは何でしょうか?

A.豊富な実績があるか・一般廃棄物収集運搬業や古物商の許可を得ているか・無料見積もりを受け付けているかなどをチェックしてください。

まとめ

まだ使えるドラム式洗濯機を買取に出す方法や高価買取のポイントなどを詳しくご紹介しました。ドラム式洗濯機は中古市場でも人気が高いため、買取に出すとお得に処分できておすすめです。いくらぐらいで買取してもらえるのか・買取に出す前にチェックしておくべきことは何なのかなど、ぜひこの記事を参考にしてください。