断捨離に失敗する原因は? 後悔しない方法・コツを詳しく教えます!


「断捨離に興味があるが、失敗する人が多いと聞いて不安だ」「断捨離に失敗する原因や失敗しないコツを知りたい」とお考えではありませんか。スッキリと片付いた家に住みたいのなら、断捨離で不用品を処分することが大切です。しかし、まずは、どんな失敗をしやすいのか・原因は何かなどを知り、失敗しないための準備を整終える必要があります。

そこで今回は、断捨離に失敗する原因について詳しく解説しましょう。

  1. 断捨離でやりがちな失敗は?
  2. 断捨離に失敗してしまう原因は?
  3. 断捨離の失敗を防ぐためコツやポイント
  4. 断捨離の失敗に関するよくある質問

この記事を読むことで、断捨離の失敗を防ぐコツがよく分かります。断捨離を予定している人は、記事を読んでみてください。

1.断捨離でやりがちな失敗は?

最初に、断捨離でやりがちな失敗にはどんなものがあるか見ていきましょう。

1-1.計画を立てずに始めてしまった

断捨離では、無計画にやり始めてしまい収拾がつかなくなる人が多くいます。計画を立てて始めないと、特定の場所で時間がかかりすぎたり仕分けに悩んだりしてしまうのです。最初はやる気があって作業できても、だんだん面倒になって放置するようになります。テレビや書籍の影響を受けて断捨離を決意した人ほど、陥りやすい失敗です。

1-2.必要なものまで処分してしまった

断捨離では、必要なものまで処分してしまう失敗も多いものです。断捨離をしていると、何でも捨てたくなる衝動が起きやすくなります。大切なものや生活必需品まで処分してしまうのはいけません。断捨離は、あくまでも不用品を片付けてスッキリとした暮らしを目指すものであることを忘れないことが大切です。

1-3.断捨離したのに再度大量にものを買い込んだ

せっかく断捨離して不用品を処分したのにもかかわらず、再度大量にものを買い込んでしまったという失敗も見られます。断捨離したのだから、多少は買ってもいいだろうと考えているうちに、結局ものであふれてしまうのです。これでは、苦労して断捨離した意味がありません。断捨離後に新しいものを購入するときは、本当に必要なものか考えてからにしましょう。

2.断捨離に失敗してしまう原因は?

断捨離に失敗してしまう原因で主なものをご紹介します。

2-1.何となくノリで断捨離した

断捨離に失敗する理由で目立つのが、何となくノリでやってみたということです。断捨離は、一次的なノリで完了できるほど簡単な作業ではありません。最近の断捨離ブームにより、自分もやらなくてはと意気込んで始めてみたものの、途中で挫折してしまう人が多くいます。

2-2.不用品の仕分け基準や処分方法を決めていない

断捨離を効率よく進めるためには、不用品の仕分け基準と処分方法を決めておくことが大切です。仕分け基準を決めていないと、途中で手が止まったり時間がかかりすぎたりします。すると、大量のものを目の前に力尽きてしまい、挫折するのです。

2-3.無理なスケジュールを立てた

無理なスケジュールで断捨離しようとすると、必ず挫折します。断捨離では、仕分け・処分・整頓それぞれに多くの時間と労力が必要です。余裕を持ったスケジュールを立てておかないと、ダウンしてしまいます。特に、物量の多い家の断捨離を行うときは、注意が必要です。

3.断捨離の失敗を防ぐためコツやポイント

断捨離の失敗を防ぐためには、いくつかのコツやポイントがあります。

3-1.断捨離の目標や目的を意識する

断捨離の失敗を防ぐためには、最初に何のために行うのか目標や目的を認識しておくことが大切です。しっかりした目標や目的があれば挫折しにくく、無事にやりとげることができます。たとえば、大切な友人を招待しても恥ずかしくないようにする・ストレスフリーのシンプルな生活にするなどです。目標や目的があれば、モチベーションも維持しやすいでしょう。

3-2.余裕を持ってスケジュールを立てる

断捨離は、手間と時間がかかる作業です。まずは、余裕を持ってスケジュールを立てましょう。1日の作業時間を決め、無理のない計画を立てることで成功に近づくことができます。具体的には、以下のようなことを考えておくといいでしょう。

  • 断捨離する場所・順番
  • 場所ごとの作業時間
  • 家族で行う場合は誰がどの場所を担当するか

なお、断捨離は心身ともに疲労します。適度に休憩時間を取ることも忘れないでください。また、急な用事が入っても対応できるよう、予備日を設定しておくこともおすすめです。

3-3.不用品の仕分け基準と処分方法を決めておく

断捨離では、大量の不用品が発生します。不用品の仕分け基準と処分方法を事前に決めておけば、スムーズに作業が進むことでしょう。具体的には、以下を参考にしてください。

仕分け基準

  • 汚れや傷みがひどい
  • 好みが変わって愛着がなくなった
  • 今後使う予定がない
  • 同じようなものが複数ある

処分方法

  • 自治体回収でゴミとして出す
  • リサイクルショップなどの業者に買取してもらう
  • ネットオークションやフリマサイトで売る
  • 不用品回収業者に処分を依頼する

3-4.完璧を目指さない

断捨離では、完璧を目指さないことも重要です。完璧に仕上げようとすれば、大きなプレッシャーになります。すると、スケジュールに少し遅れが出ただけでもイライラするようになるでしょう。最終的には、断捨離自体が苦痛になって放り出してしまうこともあります。断捨離は、不用品を処分し必要なものだけでシンプルに暮らすためのものです。1回で作業が完了しなかったら、何回でもやり直すことができるので、自分を追い込まないようにしてください。

3-5.専門業者を上手に活用する

断捨離では、専門業者を上手に活用するのもひとつの方法です。特に、以下のようなケースでは自分たちだけで対応するのは難しいので、業者に依頼するといいでしょう。たとえば、当リサイクルショップ埼玉出張買取センターでも、断捨離のお手伝いをお受けしています。大量のものがある・指定期日までに片付けたいといった場合もご相談に応じますので、お気軽にご連絡ください。

4.断捨離の失敗に関するよくある質問

最後に、断捨離の失敗に関する質問に回答します。それぞれ役立ててください。

Q.家族で断捨離するときの注意点は?

A.家族のものを無断で仕分け・処分しないようにすることが大切です。自分にとっては不用品でも、家族にとっては宝物であることもあります。勝手に処分すると、トラブルの原因になるので注意してください。

Q.断捨離のモチベーションを維持するコツは?

A.成功したら小旅行に出かける・おいしいレストランで食事するなど、自分にプチごほうびを用意しておくといいでしょう。また、定期的に友人や知人を呼んで人の目を気にすることで、キレイに片付いた状態を維持しやすくなります。

Q.オフィスの断捨離で出た不用品の処分はどうすればいい?

A.オフィスの不用品は産業廃棄物扱いとなるため、自治体回収でゴミとして出すことができません。産業廃棄物収集運搬許可を取得済みの業者に依頼して、処分してもらいましょう。なお、当リサイクルショップ埼玉出張買取センターも、産業廃棄物収集運搬許可を取得していますので、安心してご依頼ください。

Q.断捨離は週末に行うべきか?

A.特に決まりはありません。週末にまとまった時間を取っても、平日にコツコツ行ってもいいので、無理せず進めてみてください。

Q.アルバムや記念品を捨てる決心がつかないのですが?

A.捨てると後悔しそうなものは、無理に処分しないでください。特に、アルバムや記念品など、処分すると二度と手にすることができないものは、後悔する可能性が高くなります。

まとめ

今回は、断捨離の失敗について詳しく解説しました。せっかく断捨離を始めても、途中で失敗してしまうのでは意味がありません。まずは、何のために断捨離するのかを考えてみるといいでしょう。断捨離は、想像以上に労力と時間がかかります。むやみに手をつけず、きちんと作業計画を立てておくことも必要です。また、不用品の仕分け基準を決めておくと、時間の節約になるでしょう。なお、断捨離で出た不用品の処分は、信頼できる不用品回収業者に依頼することをおすすめします。