ホワイトボードの処分方法は? 買取に出す方法やポイントも紹介!


まだ使えるホワイトボードをゴミとして処分するのは、とてももったいないことです。「実際に使えるのに処分するなんて……」と躊躇(ちゅうちょ)している方は多いでしょう。オフィスなどで活躍するホワイトボードは、状態や種類によって売れる可能性があります。

そこで、本記事では、ホワイトボードを買い取ってもらうコツや処分方法などについて解説しましょう。

  1. ホワイトボードは何ゴミに分類される?
  2. ホワイトボードを自治体で処分する方法
  3. 自治体以外の処分方法は?
  4. ホワイトボードを買取に出す方法
  5. ホワイトボードの処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、ホワイトボードを上手に処分するポイントが分かります。悩んでいる方はぜひチェックしてください。

1.ホワイトボードは何ゴミに分類される?

まずは、ホワイトボードが何ゴミに分類されるのかチェックしておきましょう。

1-1.粗大ゴミに分類されることが多い

さまざまなサイズや素材でできているホワイトボードですが、基本的に粗大ゴミに分類されることが多いようです。だいたいの自治体が、粗大ゴミになるものを一辺30cm以上のものと規定しています。ホワイトボードは一辺が30cm以上を超えるものがほとんどなので、粗大ゴミに分類される可能性が高いのです。ただし、粗大ゴミサイズ以内であれば、燃えないゴミとして出せる可能性もあります。

1-2.自治体が規定しているゴミの分類と処分方法をチェックする

自治体で処分する前に必ずチェックしてほしいのが、お住まいの地域の処分方法です。具体的な処分方法やゴミの分類は、自治体ごとで異なります。全国で共通しているわけではないため、自治体のホームページまたは掲示板等で確認しなければなりません。そこで確認できない場合は、直接自治体の窓口に問い合わせるといいでしょう。ハッキリと分からないまま処分してしまうと、不法投棄とみなされ罰金が科せられることもあるので注意が必要です。

1-3.素材やサイズによってゴミの分類が異なる

ホワイトボードが何ゴミになるかは、素材やサイズによって異なるので注意が必要です。主に、ホワイトボードはアルミホーロー製とスチール塗装製の2種類があります。アルミホーロー製は傷がつきづらく長持ちしやすい、スチール塗装製はリーズナブルでも表面の劣化が早い点が特徴です。また、持ち歩きやつり下げができるタイプは最大で900×1200mmほどのサイズですが、キャスターつきタイプは、ミニサイズでもボード面が700×560mmほどのサイズ感となります。まずは、処分したいホワイトボードのサイズと素材をチェックしましょう。

2.ホワイトボードを自治体で処分する方法

ここでは、ホワイトボードを自治体回収で処分する方法を解説します。

2-1.粗大ゴミとして処分する大まかな流れ

ホワイトボードを粗大ゴミとして処分する際の大まかな流れは以下のとおりです。

  1. 自治体の粗大ゴミ受付センターに電話かインターネットで回収を申し込む
  2. 収集日を予約し、処理料金や受付番号などを教えてもらう
  3. 収集料金に相当する金額の粗大ゴミ処理券を購入する
  4. 粗大ゴミ処理券に受付番号を記入し、目立つ場所に貼る
  5. 収集日の時間までに回収指定場所に粗大ゴミを出す

なお、粗大ゴミは直接処理センターに持ち込むことも可能です。持ち込みしたいときは、申込時にその旨を伝えましょう。具体的な方法は自治体によって異なるため、事前の確認が必要です。

2-2.費用は抑えられるが手間と時間がかかる

自治体回収で処分する大きなメリットは、費用を最小限に抑えられる点です。粗大ゴミで処分する場合、300~500円ほどで粗大ゴミ処理券が購入できます。自分で直接処理センターに持ち込めば、さらに処分費用が安くなることもあるのです。自治体で処分してもらえるという安心感が強いのも大きなメリットと言えるでしょう。ただし、回収日や回収指定場所が決まっているのですぐに処分できない・申し込みや排出の手間がかかるなどのデメリットがあります。

2-3.会社で使用したものは産業廃棄物に

キャスターつきのホワイトボードなどは、会社で使用することが多いと思います。会社で使用したものは家庭ゴミではなく、産業廃棄物扱いになるので自治体回収で処分できません。一般的に、自治体が認可した回収業者に依頼することになります。事業目的で使用したものは産業廃棄物になることを、しっかりと頭の中に入れておきましょう。

3.自治体以外の処分方法は?

では、自治体回収で処分する以外の方法は何があるのでしょうか。

3-1.まとめて処分できる不用品回収業者

自治体回収以外の方法としては、不用品回収業者にお願いする方法があります。回収業者のほとんどは、事業目的で使用した不用品の回収を行っているので、わざわざ仕分ける必要がありません。中には、買取サービスを行っているところもあるため、買取と処分が同時に利用できるでしょう。また、不用品をまとめて処分できるのも大きなメリットです。自分が好きなときに好きな回収方法を選ぶことができ、急を要する際でもすぐに処分できます。ただし、回収費用がかかる・出張回収は対応可能エリアが限られることもあるという点がデメリットです。

3-2.欲しがっている友人や知人に譲る

周囲にホワイトボードを欲しがっている人がいないか、探すのも方法の1つです。欲しがっている人が見つかれば、処分費用をかけず手放すことができるでしょう。「まだ使えるのにもったいない」という気持ちがある場合は、気持ちを楽にして処分できるのも大きなメリットです。欲しがっている人のもとで再利用してもらえると、とても気持ちが軽くなります。ホワイトボードを手放そうとしていることを、周囲に伝えてみてください。もしかしたら、欲しがっている人がすぐに見つかるかもしれません。

3-3.まだ使える状態のものは買取に出す

ホワイトボードを処分する前に、まだ使うことができるか状態をチェックすることが大切です。状態がよく、再利用できるものであればリサイクルショップや買取専門店などで買い取ってもらうことができるでしょう。中古市場で価値があるホワイトボードを、そのまま処分するのはとてももったいないことです。まだ使えるもの・売れるものは売ってしまったほうが、お得に処分できます。

4.ホワイトボードを買取に出す方法

それでは、ホワイトボードを買取に出す方法とポイントを解説します。

4-1.マーカーで文字が書けるか状態をチェック

ホワイトボードが買い取ってもらえるかは、状態が大きく響くことになります。一般的に、マーカーで文字や絵が書ける状態であれば、買い取ってもらえるでしょう。ただし、マーカーで文字が書けない・激しい汚れや損傷があるなど、ホワイトボードとしての役割が全うできない状態であれば、買取不可になるので注意しなければなりません。また、業者によっては状態がよくても、中古市場で価値がないと判断されたものは買取不可になることもあります。自分で判断できない場合は、1度無料査定を利用するといいでしょう。

4-2.高く売れるメーカーと特徴をチェック!

多くの業者が積極的に買取を行っているホワイトボードは、自立タイプです。脚がついている自立タイプはオフィスなどで需要があるため、中古市場でも価値が高くなっています。また、片面・両面などの一般的なホワイトボードでも、コンディションがよければ高く買い取ってもらえるでしょう。さらに、最近では、無地タイプよりも日付枠がついているものに人気が集まっています。スタイリッシュなデザイン・インターフェイス機能つきのホワイトボードは高価買取が期待できるでしょう。なお、人気のメーカーは、ナカバヤシ・コクヨ・アスカ・ヤマゼン・ライオン事務器・アーテックなどがあります。

4-3.高価買取のポイントは全部で4つ

できるだけ、ホワイトボードを高く売りたいときは、以下の4点が大きなポイントとなります。

  • 各機能が正常に動作するか
  • ひどい傷・汚れがないか
  • しっかりと清掃されているか
  • 取扱説明書・保証書などの付属品がそろっているか

特に、汚れ具合と付属品の有無は買取額に大きく響くことになるでしょう。査定に出す前に、状態をしっかりと確認し、汚れているところがあればキレイに掃除してください。購入時についてきた付属品がないか、確認も必要です。

4-4.買取業者選びのポイント

買取業者によっては、低い買取額を提示する悪質業者が存在しています。悪徳業者と優良業者を見極めるためには、以下のポイントをチェックしてください。

  • ホームページ等に買取実績が記載されているか
  • 買取だけでなく回収サービスも行っているか
  • 高価買取・格安回収が可能か
  • 産業廃棄物収集運搬許可や古物商許可を取得しているか
  • 無料見積もりや無料相談を受け付けているか
  • 口コミや評判がいいか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか

出張買取リサイクルショップの埼玉出張買取コールセンターでは、さまざまな不用品の買取と処分を行っています。悩んでいる方はぜひ1度ご相談ください。

5.ホワイトボードの処分に関してよくある質問

ホワイトボードの処分に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.自治体回収で処分する際の注意点は?

A.引っ越しシーズンとなる3~4月は早めに予約を行うことです。粗大ゴミの収集が混み合いやすい時期でもあるため、早めに予約しなければ収集日まで待たなければならなくなります。また、処分する際はマグネットや磁石つきイレーサーなどの付属品をつけたままにしてはいけません。必ずそれらをはずしてから処分してください。付属品は買い取ってもらえる可能性があるため、買取に出すといいでしょう。

Q.不用品回収業者の主な回収方法は?

A.持ち込み・宅配・出張回収の3つがあります。近くに回収業者の店舗があり、すぐに処分したいときは持ち込むといいでしょう。ただし、ホワイトボードによっては持ち運びが困難なものもあります。その際は、出張回収がおすすめです。業者がやってきて回収してくれるので、自分たちで運搬したりこん包したりする必要がありません。宅配回収を利用する際は、送料に気をつけてください。高額な送料を請求する悪徳業者がいるので要注意です。

Q.買取が難しいホワイトボードの特徴は?

A.著しい汚れや破損がある・安易な壁かけタイプなどは、買取が難しい傾向があります。リサイクルショップや買取店によって査定基準が異なるため、複数の業者に査定を依頼するといいでしょう。そうすることで、最も高値がついたショップが利用できます。悪徳業者と優良業者が見極めやすくなるため、1社だけに最初からしぼらず、最低でも3~4社を比較してください。

Q.ホワイトボードを売る前に確認すべきことは?

A.ボードの背面やラック部分・キャスター付近に貼られているラベルを確認することです。ラベルにはホワイトボードの型番が記載されています。型番が分かれば、買取業者が中古市場で需要があるか判断しやすくなり、スムーズに買取をすすめることができるでしょう。特に、国内オフィス家具ブランドのオカムラやコクヨなどは、海外製品に比べて高い価値がつきやすい傾向があります。販売元と型番は必ずチェックしておきましょう。

Q.販売店などで回収してもらえるのか?

A.一般的に、ホワイトボードの回収は販売店で行っていません。新しいホワイトボードを購入する際、下取りサービスを利用したり、買い替えの際に古いものを回収してもらったりすることは、ほとんどの店舗でできない可能性が高めです。稀(まれ)に回収を行っている店舗があったとしても、回収費用がかかる可能性があります。手間と時間を省くためには、買取と処分が同時に利用できる回収業者に依頼したほうがベストな選択と言えるでしょう。

まとめ

ホワイトボードはオフィスなどで活躍する事務用品の1つです。一般家庭でも家族の連絡用として活用しているところは多いでしょう。そのため、中古のホワイトボードでも再利用できる状態なら買い取ってもらえる可能性があります。特に、大型のホワイトボードや、人気メーカーの商品は高価買取が期待できるのです。お得に処分したいと思っている方は、ホワイトボードの状態をチェックしてから査定に出してみるといいでしょう。