大型家具をお得に処分するコツは? 買取に出す方法や運び出しの注意点も


ダイニングテーブルやソファーなどの大型家具は、処分に時間と手間がかかります。搬出や運搬が難しく、何ゴミで処分すればいいのか悩みがちです。誤った方法で捨ててしまうと、不法投棄とみなされ罰金が科せられる恐れもあります。また、手間と時間がかかると悩んでいる方は多いでしょう。しかし、手間と時間をかけずスピーディーに処分できる方法はあるので安心してください。

本記事では、大型家具の処分方法とポイントを解説します。

  1. 大型家具は何ゴミに分類される?
  2. 大型家具を処分する方法
  3. 大型家具を買取に出す方法
  4. 大型家具を運び出すときの注意点
  5. 大型家具の処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、大型家具をお得に処分するポイントが分かります。悩んでいる方はぜひチェックしてください。

1.大型家具は何ゴミに分類される?

一体、大型家具は何ゴミに分類されるのでしょうか。

1-1.粗大ゴミになる自治体が多い

ベッド・ソファー・本棚・テーブルなどの大型家具は、ほとんどの自治体で粗大ゴミ扱いになります。一般的に、一辺が30cm以上になるものは粗大ゴミ扱いになるでしょう。粗大ゴミとして処分する場合は、普通のゴミとは違った手順で捨てることになります。ゴミ捨て場に持ち運ぶのではなく、回収日までに回収指定場所へ持って行かなければなりません。また、大型家具に粗大ゴミ処理券を貼りつける必要があります。自治体の中には、事前の申し込みが必要になるケースもあるので事前にホームページ等で確認することが大切です。

1-2.細かく分解すれば通常ゴミとして処分できる

粗大ゴミは回収日が決まっているのですぐに処分できない・搬出や運搬が難しいなどのデメリットがあります。けれども、細かく分解すれば通常ゴミとしてすぐに処分できるでしょう。解体すれば搬出・運搬に苦労することもありません。多くの家具はネジや接着剤で留めて組み立ててあるため、ドライバー等の工具を準備すれば安易に分解できるでしょう。パーツごとに分解すれば、女性でも気楽に運ぶことができます。ただし、安易に分解できない大きなパーツを処分する場合は、ノコギリやナタが必要になり手間と時間がかかるでしょう。さらに、金属や分厚い板を工具で裁断するのは困難ですし非常に危険です。

1-3.捨てる前にゴミの分類と処分方法を確認しよう

大型家具を処分する前に、必ず自治体のゴミの分類と処分方法を確認してください。ほとんどの自治体では粗大ゴミ扱いになっていますが、特別大型ゴミや資源ゴミ扱いになるケースもあります。処分方法も各自治体で異なるので事前の確認が必要です。自治体のホームページまたは掲示板をチェックしても分からないときは、役所の窓口に直接尋ねるといいでしょう。

2.大型家具を処分する方法

それでは、大型家具を処分する方法をいくつか紹介します。

2-1.自治体回収のゴミとして処分する

前述したように、大型家具の一般的な処分方法は自治体回収のゴミとして処分することです。分解すればすぐに処分できますが、分解が困難な場合は粗大ゴミ扱いになるでしょう。粗大ゴミとして処分する場合は200~500円程度で処分できるため、低費用で捨てることができます。ただし、回収して居場所に自分で運ばなければなりません。大型家具は1人では持ち運べないものがほとんどなので、最低でも2~3人で協力し合って運ぶ必要があります。費用節約のために自分で運び出そうとする方がいますが、絶対に無理はしないようにしてください。

2-2.不用品回収業者に回収してもらう

自分で搬出・運搬が困難な場合は、不用品回収業者に依頼するといいでしょう。不用品回収業者のほとんどは、出張回収を行っています。搬出から運搬まで請け負ってくれるので安心して処分できるのが大きなメリットです。ただし、処分費用がかかるため、見積書を細部までしっかりと確認してください。少しでも気になるところがあれば、依頼前に解消することが大切です。また、搬出・運搬費用がかかる可能性もあるので注意しましょう。

2-3.知り合いに譲る

できるだけ費用をかけたくない方は、欲しがっている人がいないか周囲に尋ねてみてください。新しい生活や1人暮らしを始めようとしている人の中には、ベッドやソファーなど大型家具を欲している可能性があります。譲り先が見つかれば、処分費用ゼロで捨てることができるでしょう。しかし、搬出や運搬を自分たちでしなければならないのでその点だけ注意してください。必要経費や作業の分担を事前にしっかりと決めておくことが大切です。

2-4.まだ使えるものは買い取ってもらう

要らなくなった大型家具の中には、まだ使える状態のものもあると思います。「まだ使えるのに捨てるのがもったいない……」と悩んでいる方は、リサイクルショップや買取店に買い取ってもらうといいでしょう。正常に使える状態で激しい汚れや傷がついていないなら、ほとんどの店舗で買い取ってもらえる可能性が高めです。ただし、多くのリサイクルショップは店舗に品物を持ち込むことが前提になっているので注意してください。引き取りに来てもらう場合は、出張料が買取額から差し引かれる場合もあります。

3.大型家具を買取に出す方法

ここでは、大型家具を買取に出す方法とポイントを解説します。

3-1.出張買取を利用するのが1番

大型家具は搬出と運搬が1番の問題点なので、出張買取を行っているリサイクルショップまたは買取店に依頼しましょう。店舗に品物を持ち込むことが前提になっている店舗は、手間と時間がかかるのでNGです。出張買取を利用すれば、自分の家で査定を行い搬出や運搬も業者に任せることができます。買取実績があるところほど、スピーディーかつ丁寧に運び出してくれるでしょう。査定を依頼する前に、出張買取を行っているか必ず確認してくださいね。

3-2.大型家具の買取実績がある業者を選ぶ

なるべく高く売りたい方は、大型家具の買取実績がある業者を選ぶのがポイントです。買取実績がある業者は、中古市場の需要を把握しています。どんな大型家具が売れるのか熟知しているため、より適切な金額で買い取ってくれるでしょう。ホームページでどんな大型家具がいくらで買い取られているのかチェックしてみてください。また、複数の業者に無料査定を依頼し比較するのも方法の1つです。

3-3.ネットオークションやフリマアプリで売却する

大型家具を自分で売る場合は、ネットオークションやフリマアプリを利用する方法があります。近年、利用者が増えているので買い手が見つかるかもしれません。希望の金額を設定して売ることができますが、買い手が見つかったら自分でこん包して送る必要があります。大型家具の場合は送料が高額になるため、場合によっては赤字になってしまうこともあるでしょう。手間と時間がかかる点を理解した上で利用してください。

3-4.不用品回収を行っている業者に買い取ってもらう

リサイクルショップや不用品回収業者の中には、不用品の回収と買取を同時に行っているところがあります。たとえば、リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターでは、不用品の回収と買取が可能です。たとえ、買取不可になったとしても処分が依頼できるので手間と時間をかけずに捨てることができるでしょう。また、大型家具以外に買い取ってもらうことができれば処分費用の節約にもつながります。無料査定や無料相談も受けつけているのでぜひ1度ご相談ください。

4.大型家具を運び出すときの注意点

大型家具を運び出すときに注意してほしいことがあります。

4-1.収集・運搬費用がいくらかかるのか確認する

業者に搬出・運搬を依頼する場合は、収集・運搬費用がいくらかかるのか必ず確認してください。悪徳業者との間でよくあるトラブルが、「後で追加費用を請求された」というケースです。処分費用のほかにも収集・運搬費用がかかるとは思っていなかったと訴えても、聞き入れてくれないでしょう。トラブルを未然に防ぐためには、事前の確認が大切なのです。確認するときは、追加費用が発生するケースも併せてチェックしておくといいでしょう。

4-2.搬出・運搬経路を確認する

大型家具を運び出す前に、搬出と運搬経路をしっかりと確認しておかなければなりません。部屋のドアや玄関をくぐることができるか、搬出経路に十分なスペースがあるのかなど入念に確認してください。特に、2階以上から運び出す場合はエレベーターを使うか、階段を使用するかも確認が必要です。場合によっては、ベランダからロープを使って1階に降ろすこともあります。きちんと搬出・運搬経路を確認しておかなければケガをする恐れがあるので要注意です。

4-3.しっかり養生をしてくれるか

業者に回収を依頼する場合、ドアや壁などが傷つかないようにしっかり養生してくれるかどうかも確認が必要です。きちんと確認していなかったせいで、搬出時に家の中を壊された・傷がついたというトラブルが起きています。悪徳業者の場合は、傷がついても補償してくれないので注意しなければなりません。ダンボールなどクッションの役割を果たしてくれるものをドアに貼りつけてくれるか、養生の確認は必要です。

5.大型家具の処分に関してよくある質問

大型家具の処分に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.引っ越し時に大型家具を処分したいときの対処法は?

A.引っ越し業者に処分してもらう方法があります。特に、食器棚・タンス・ベッド・ソファーなど自分で2階から運び降ろすのが難しい場合は、引っ越し業者に依頼するのがおすすめです。プロに任せることでスムーズに処分してもらうことができるでしょう。ただし、引っ越し業者は不用品回収業者よりも割高になりがちなので、余裕を持って処分するのが1番です。

Q.買い取ってもらえる大型家具の特徴は?

A.正常に使用できる状態の大型家具であれば買い取ってもらえる可能性が高いと言えるでしょう。特に、有名メーカーや人気モデルの大型家具は相場よりも高額で売れる傾向にあります。ただし、有名メーカーの大型家具でもギシギシと音が鳴ったり、ネジがはずれたりしているものは買い取ってもらえません。

Q.高価買取のポイントは?

A.大型家具をできるだけ高く売りたい方は、査定前に掃除してキレイにしましょう。汚れや傷がついていると買取額が下がる傾向があります。新品と同様にキレイな状態にしておけば買い取ってもらえる可能性が高くなるのです。ただし、汚れを除去するために洗剤を使うと色が落ちたり、木材が傷ついたりすることがあります。自分で落とすことができない汚れは無理に掃除する必要はありません。あくまで自分ができる範囲で掃除してください。

Q.回収業者に依頼する際の費用はいくらぐらいか?

A.大型家具の種類や大きさ・量などによって異なりますが、相場は1点あたり3,000~6,000円程度です。基本料金に加えて、処分費用・オプション費用などが追加されることになります。自分たちで家から搬出して業者のトラックまで運ぶことができれば処分費用をある程度抑えることができるかもしれません。けれども、無理してしまうとケガをする恐れがあるので注意が必要です。

Q.悪徳業者と優良業者の見極め方は?

A.悪徳業者の多くは対応が悪く、見積書の内容が大ざっぱな傾向があります。内訳が記載されていないため、どの大型家具にいくらかかるのか分かりません。トラックに積み込んだ後で高額な追加費用を請求する可能性があります。特に、無料回収業者には注意してください。無料回収業者とのトラブルが相次いでいるため、適切な費用で処分している業者を選んだほうが安心です。どうしても無料回収業者に依頼したい場合は、なぜ無料で回収できるのか理由をチェックしてください。

まとめ

大型家具の処分は搬出・運搬が困難なイメージがありますが、自分たちで運び出さなくても処分できる方法があります。たとえば、不用品回収業者の多くは出張回収を行っているので、自分たちで運搬する必要がありません。回収業者の中には、回収だけでなく買取を行っているところもあります。買い取ってもらうことができれば、処分費用の節約につながるでしょう。正常に使える大型家具なら買い取ってもらえる可能性があります。1度、査定を依頼してみてはいかがでしょうか。