着物を処分したい人は注目! 一番簡単&お得に処分する方法やコツは?


「古い着物を処分したいけど、ゴミに出すのは気が引ける」「高価な着物なので買取してもらいたいが、いい方法はないか」とお考えではありませんか? もう着ることがなくなった着物でも、大切にしていたものほど処分に困ってしまいますよね。それに、どこにどんな方法で処分を依頼できるのか、買取してもらえる条件は何かなど、よく分からないことも多いでしょう。

そこで今回は、着物の処分について詳しく解説します。

  1. 着物を処分する方法
  2. 買取対象になる着物の条件は?
  3. 着物を高く売るポイントは?
  4. 着物を買取に出す方法
  5. 着物の処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、着物を処分したり買取に出したりするポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.着物を処分する方法

最初に、着物を処分する主な方法について見ていきましょう。

1-1.自治体回収に出す

着物は、自治体回収で可燃ゴミとして出すことができます。ただし、自治体ごとに回収ルールが異なるため、事前に確認してから出しましょう。

メリット

  • 無料で処分できる

デメリット

  • 集荷場所まで運ぶ必要がある
  • 集荷場所・曜日・時間が決まっている
  • まだ十分に着られるものも廃棄処分になる

1-2.知人や友人に譲る

不要になった着物でも、状態がいいものは知人や友人に譲るのも一つの方法です。着物をよく着る人や近々着る予定がある人なら、もらってくれる可能性が高いでしょう。

メリット

  • 知っている人の手に渡るので安心
  • 中古でも喜んで着てもらえる

デメリット

  • 必ずしも譲り先が見つかるとは限らない

1-3.不用品回収業者に処分してもらう

不用品回収業者に依頼して着物を処分してもらうこともできます。傷みや汚れの激しいものやほかに処分したい不用品が多いときなどにおすすめです。

メリット

  • 集荷場所まで運ぶ必要がない
  • 着物以外の不用品も同時に処分してもらえる
  • 店頭持ち込みや出張回収など都合がいい方法が選べる
  • 出張回収は都合のいい日時・場所で回収してもらえる

デメリット

  • 着物一枚だけの処分だと回収費用が割高になる

なお、当埼玉出張買取コールセンターでも、着物の処分をお受けしています。まずは、お気軽にお問い合わせください。

2.買取対象になる着物の条件は?

買取対象になるのはどんな条件の着物か詳しく見ていきましょう。

2-1.有名な作家の作品

有名な着物作家の作品は、中古でも高額で取り引きされています。着物マニアにとっては、たとえ中古であっても喉から手が出るほど欲しい作品もあるのです。特に買取人気が高い着物作家の一例は、以下をご覧ください。

  • 北村武資
  • 京屋林蔵
  • 久保田一竹
  • 羽田登喜男
  • 和田光正

上記のほかにも、名工と呼ばれる作家が多く存在しています。より詳しい内容は、着物の知識に詳しい業者に問い合わせてみてください。

2-2.有名な産地のもの

有名な産地の着物も、買取人気が高いものです。たとえば、以下のようなものが盛んに買取されています。

  • 琉球紅型(りゅうきゅうびんがた)
  • 大島紬(つむぎ)
  • 結城紬(ゆうきつむぎ)
  • 加賀友禅
  • 西陣織

2-3.保管状態がよい

保管状態がよく、シミや色あせ・虫食いがない着物は買取してもらえる可能性が高くなります。未使用の着物なら、仕付け糸が切られていないものが理想的です。使用済みの着物でも、きちんとクリーニング・防虫対策がしてあり、キレイにたたまれた状態のものは買取に出した際に有利になります。

2-4.中古需要が高い種類

中古需要が高い着物も、買取してもらいやすいでしょう。たとえば、訪問着など着る機会を多いものや、成人式用の振袖が特に人気です。訪問着は、オーソドックスな色でシンプルなデザインのものが高額査定を期待できます。振袖は時代ごとの流行が大きく影響されるので、色柄によって査定金額に差が出やすいでしょう。

2-5.素材が絹製

絹製の着物は、多くの業者で買取対象になります。絹製の着物は高価ですが、手触りがなめらかで上品な光沢があり、着物が上品に仕上がるのが特徴です。絹製のほかにも、木綿・紬(つむぎ)・麻などさまざまな素材の着物がありますが、業者によっては買取不可となることがあるので注意してください。また、最近では安価なポリエステル製の着物も出回っていますが、ほとんど買取してもらえないでしょう。

3.着物を高く売るポイントは?

着物をできるだけ高く売るためのポイントをご紹介します。

3-1.クリーニングをしておく

着物を高く売るためには、買取に出す前にクリーニングをしておきましょう。クリーニングで保管時の汚れがすべて落ちるとは限りませんが、随分キレイになって業者の印象がよくなるのです。着物は、一度でも着用すると皮脂や汗・ホコリなどの汚れが付着します。そのまま保管すると、シミやカビ・虫食いの原因になり、買取金額が大幅に低下するので注意が必要です。なお、特に高価な着物は、着物のクリーニング専門店に依頼しましょう。費用はかかりますが、丁寧な作業で見違えるほどキレイにしてくれるので安心です。

3-2.購入時の証紙を用意する

着物を購入したときの証紙がある場合は、必ず用意しておきましょう。証紙とは、着物の産地や織り元・作者などを証明するものです。証紙がある・なしで大幅に買取価格が変動するので、忘れずに添付してください。また、購入した当時のたとう紙があると、なお望ましいでしょう。

3-3.帯や小物類も買取に出す

着物だけでなく、帯や小物類も同時に買取に出しましょう。着物に合った帯や小物類があるとセット品として売りやすく、業者が査定金額をアップしてくれることがあるからです。また、小物類だけで買取してもらうことが難しい点からも、着物とセットで売ることをおすすめします。

3-4.着物の知識に詳しい業者に依頼する

着物の知識に詳しい業者に依頼することも重要なポイントです。着物を正しく査定するためには、価値のあるものを見抜く知識と経験が必要になります。同じ着物でも、業者によって査定金額に大きく差が出るのも事実です。なるべく高く売るためにも、着物の知識に詳しい業者かどうか、買取実績や評判などを参考に見極めてください。

4.着物を買取に出す方法

着物を買取に出す主な方法を詳しく解説します。

4-1.中古着物買取専門業者に売る

不要になった着物は、中古着物買取専門業者に売ることができます。高価な着物を買取に出す場合は、特におすすめです。

メリット

  • 豊富な専門知識による適切な査定が期待できる
  • 帯や小物類も買取してもらえることが多い
  • 大量の買取依頼も対応してもらえる

デメリット

  • 専門知識が豊富なために細かなデメリットもマイナスされることがある
  • 買取不可の場合は引き取り処分も依頼できない

4-2.リサイクルショップに売る

リサイクルショップでも着物を買取してもらえることがあります。買取を希望する場合は、業者の店頭に持ち込んで査定を受けてみてください。

メリット

  • 買取後は中古品として再販してもらえる
  • 着物以外の不用品も同時に買取してもらえる
  • 持ち込んだその場で査定から代金受け取りまで完了する

デメリット

  • 査定金額が安い
  • 着物は買取対象外となる場合も多い
  • 買取不可の場合は引き取り処分も依頼できない
  • 個人店の多くは店頭持ち込みだけ対応可能

4-3.不用品回収業者に売る

不用品回収業者の中には、着物を買取しているところがあります。着物の買取実績が豊富にあるところなら、きちんとした査定が期待できるでしょう。

メリット

  • 日時・場所指定で回収してもらえるので便利
  • 買取不可になってもそのまま引き取り処分を依頼できる
  • 着物以外の不用品を同時に買取してもらえる

デメリット

  • 着物の価値が分からない業者だと査定金額が安くなる
  • 別途回収費用がかかることがある

4-4.ネットオークションやフリマアプリで売る

ネットオークションやフリマアプリに出品し、着物を売ることもできます。ただし、個人間取り引きとなり独特の流れがあるため、普段からやり取りに慣れている人におすすめです。

メリット

  • 業者で買取不可になった着物も出品できる
  • 自分で売りたい価格を設定できる
  • ネットオークションでは思わぬ高額落札もあり得る
  • 中古の着物を欲しがっている人と直接やり取りできる

デメリット

  • なかなか落札されないことがある
  • 商品クレームや支払い遅延など何かとトラブルが起きやすい
  • こん包や発送の手間がかかる
  • 出品中はこまめなチェックとやり取りが必要

5.着物の処分に関するよくある質問

最後に、着物の処分に関する質問に回答します。それぞれ確認してください。

Q.着物をゴミとして捨てるときもクリーニングすべきか?

A.廃棄処分する場合は、特にクリーニングする必要はありません。

Q.虫食いやシミがある着物は捨てなくてはダメ?

A.親族の形見や思い入れのある着物などは、無理に捨てなくても構いません。ただし、クリーニングや防虫対策をきちんとしてから保管しましょう。また、比較的キレイな部分を利用して手芸材料にし、バッグなどにリメイクして活用する方法もあります。

Q.着物の寿命は何年ぐらい?

A.きちんと手入れすることができれば、50年以上は持ちます。もちろん、着物も消耗品であるため、経年変化による素材の劣化や着用による傷みを避けることはできません。しかし、多少の劣化や傷みなら、仕立て直しや染め直しをすることでまた着続けることも可能です。

Q.着物の買取相場はどれくらい?

A.未使用で状態のいいものは、新品の10%程度が買取相場です。ただし、有名な作家の作品など、プレミア価格が付いているものもあります。相場より安く売って後悔しないためにも、ネットの公表買取金額を調べたり業者に査定を依頼して比較したりして、相場を調べてみるといいでしょう。

Q.着物以外にも大量の不用品があるときにおすすめの処分方法は?

A.不用品回収業者に依頼することをおすすめします。買取も積極的に行っている業者なら、不用品の処分と買取を同時に依頼でき、都合のいい日時と場所で回収してもらえるので便利です。当埼玉出張買取コールセンターでも、不用品の処分と買取を同時にお受けできますので、ぜひご利用ください。

まとめ

今回は、着物の処分について詳しく解説しました。不要になった着物でも、中には買取してもらえるものもあります。まずは、着物の状態をチェックして買取してもらえそうな場合は、中古着物買取専門業者やリサイクルショップなどに査定を依頼してみるといいでしょう。なお、着物の処分は、不用品回収業者に依頼することも可能です。処分したい着物が大量にある、着物のほかにも不用品を処分したいといった場合におすすめします。また、状態のいい着物は、不用品回収業者でも買取してもらえることがあるので確認してみるといいでしょう。