オーディオアンプを高価買取してもらうには? 買取査定額の目安も!


「使わないオーディオアンプを買取に出したいが、どこに依頼すればよいのか?」「いくらぐらいで買取してもらえるのか知りたい」とお考えではありませんか? オーディオアンプは音楽が好きな人に愛用者が多いため、中古でも需要があります。不要になったときは、買取に出すとお得に処分できる可能性があるでしょう。

この記事では、オーディオアンプの買取相場や買取業者選びのコツなどをまとめてご紹介します。

  1. 買取対象になるオーディオアンプの条件は?
  2. オーディオアンプの買取査定額を紹介
  3. オーディオアンプを高額買取してもらう3つのポイント
  4. オーディオアンプの買取業者を選ぶコツ
  5. オーディオアンプの買取に関するよくある質問

この記事を読むことで、オーディオアンプを買取に出す前にやるべきことや、中古でも人気のメーカーなどが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.買取対象になるオーディオアンプの条件は?

まずは、どんなオーディオアンプが買取対象になるのかをご紹介しましょう。

1-1.正常に動作するもの

買取対象になるかどうかの第一条件は、「正常に動作する」ということです。壊れていて音が出ないものや不具合が頻繁に起こるものは、買取対象にならない場合がほとんどでしょう。ただし、多少ノイズが入る程度であれば、買取してくれる業者もあります。買取に出す際は、不具合の有無や程度を正確に伝えるようにしましょう。

1-2.目立つ汚れや傷がないもの

基本的に、目立つ汚れや傷があるものは中古需要が少ないため、買取してもらえない可能性があるでしょう。オーディオアンプは年式が古くても高額で買取してもらえるものもありますが、状態の悪さは査定額に大きく影響します。当然、破損やひび割れがある場合も買取対象外になる可能性が高いでしょう。

1-3.有名メーカーのもの

オーディオアンプの中古需要には、メーカー名が大きく影響します。マランツやBOSE・ONKYOなど有名メーカーのオーディオアンプは中古市場でも人気が高いため、買取対象になる可能性が大いにあるでしょう。逆に、無名メーカーのオーディオアンプは状態がよくても買取してもらえない場合もあります。

2.オーディオアンプの買取査定額を紹介

オーディオアンプの代表的なモデルごとに、買取査定額の目安をご紹介します。

2-1.デノン プリメインアンプ PMAシリーズ 3,000~28,000円

オーディオアンプの人気メーカーであるデノンからは、次々と新しいモデルが発売されています。新モデルだと30,000円近い値段がつくこともありますが、古いモデルのものは3,000円前後で買取されることが多いでしょう。

2-2.パナソニック ハイパワーアンプ WA-H30 11,500円

パナソニックは知名度が非常に高いメーカーなので、オーディオアンプの中古需要も安定しています。状態がよければ10,000円以上で買取してもらえるケースがほとんどです。

2-3.マランツ PM4000 1,000~2,000円

マランツは代表的なオーディオアンプメーカーで、PM4000はその中でも人気の型番となっています。状態がよくなくても1,000~2,000円の買取価格がつくでしょう。

2-4.アキュフェーズ C-2820 プリアンプ 650,000円

アキュフェーズのC-2820は、発売当初1,200,000円以上の価格で売り出された高級オーディオアンプです。状態がよければ600,000円以上の買取価格がつくこともあるでしょう。

3.オーディオアンプを高額買取してもらう3つのポイント

オーディオアンプを少しでも高く買取してもらうためのポイントをご紹介します。

3-1.きれいに掃除をしておく

オーディオアンプにはインテリアとしての要素もあるため、見た目も買取価格に大きく影響します。柔らかいブラシやクロスなどで表面のホコリを落としておくなど、しっかり掃除してから買取に出すようにしましょう。ただし、ぬれた雑巾などで拭くと故障の原因になるため、必ず乾いた布などを使って掃除してください。

3-2.付属品をそろえておく

できるだけ新品の状態に近づけるために、保証書やケーブルなどの付属品をすべてそろえておきましょう。外箱があればなお高額査定につながります。また、不要なスピーカーアクセサリーがあれば一緒に買取してもらうのがおすすめです。

3-3.できるだけ早く買取に出す

オーディオアンプはモデルチェンジが早いため、古いモデルの価値はすぐに下がっていきます。そのため、不要になったらできるだけ早く買取に出すようにしましょう。

4.オーディオアンプの買取業者を選ぶコツ

オーディオアンプの買取業者を選ぶ際は、以下のポイントを参考にするとよいでしょう。

4-1.豊富な買取実績があるか

オーディオアンプの買取実績が豊富な業者であれば、その価値や中古需要に詳しい査定員がいるはずです。適切な価格で買取してもらうためにも、過去の実績をしっかりチェックして業者選びをしましょう。

4-2.手間をかけずに買取してもらえるか

買取に出す際に面倒な手間がかからないかチェックしましょう。自分でこん包しなければならない・箱を用意しなければならないなど、手間がかかる方法だと面倒になってしまいがちです。オーディオアンプのほかにも買取に出したいものが多数ある場合などは、自宅まで買取に来てもらえる出張買取を利用するとよいでしょう。埼玉出張買取センターでは、不用品の買取と回収を行っています。オーディオアンプが買取対象にならなかった場合は回収という形で引き取ってもらえるため、新たに処分方法を考える必要がないでしょう。

4-3.スタッフの対応はよいか

スタッフの対応も、業者の良しあしを判断するポイントになります。電話の対応は丁寧か・買取についてしっかり説明してくれるか・迅速な対応かなどをしっかりチェックしてください。誠実な対応をしてくれる業者であれば、安心して買取を依頼できるでしょう。

5.オーディオアンプの買取に関するよくある質問

「オーディオアンプを買取に出したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.オーディオアンプのほかにスピーカーも処分したいのですが、一緒に買取に出したほうがよいでしょうか?

A.はい。複数の不用品をまとめて買取に出したほうが高価買取につながりやすくなります。

Q.音が出ないオーディオアンプは廃棄するしかないのでしょうか?

A.中には、ジャンク品として買取してくれる業者もあります。

Q.オーディオアンプを買取に出すときのために普段から気をつけておくべきことは何でしょうか?

A.日焼けしないように日の当たらない場所に置き、定期的に掃除しておくことをおすすめします。また、傷がつかないよう丁寧に扱うよう心がけましょう。

Q.自分で改造したオーディオアンプは買取してもらえませんか?

A.買取対象外になる場合が多いでしょう。事前に問い合わせておくことをおすすめします。

Q.悪質な不用品買取業者に多い特徴を教えてください。

A.業者の所在地を明らかにしていない・古物商の許可を得ていない・依頼した不用品以外のものも強引に買取しようとするなどの特徴があります。

まとめ

不要なオーディオアンプを買取に出すにあたって、買取対象になる条件や高価買取のポイント・買取業者選びのコツなどを詳しくご紹介しました。オーディオアンプは中古需要があるため、比較的状態がよければ買取に出して処分するのがおすすめです。ぜひこの記事を参考にして買取に出し、お得に処分してください。