廃品回収業者によるトラブル事例をチェック! 悪質な業者を見破るポイント


「無料といっていたのに回収後で高額な費用を請求された」「回収してもらったものが不法投棄されていた」など、廃品回収業者とのトラブルが相次いでいます。これから廃品回収業者を利用しようと思っている方にとっては、トラブルに巻き込まれるのではないかと不安になってしまうでしょう。どうすれば悪質な廃品回収業者を見極めることができるのか、頭を抱える問題です。

そこで、本記事では、廃品回収業者によるトラブル事例のほか、悪質な業者を見破るポイントも解説します。

  1. 廃品回収業者によるトラブル事例
  2. 悪質な廃品回収業者を見破るには?
  3. 回収業者とのトラブルを避けるポイント
  4. 廃品回収業者とのトラブルに関してよくある質問

この記事を読むことで、廃品回収業者とのトラブルを避けるポイントも分かります。気になっている方はぜひチェックしてください。

1.廃品回収業者によるトラブル事例

まずは、廃品回収業者によるトラブル事例をいくつかチェックしておきましょう。

1-1.「無料」といっていたのに回収後で高額な費用を請求された

廃品回収業者とのトラブルでよくあるのはお金に関する内容です。たとえば、見積書には記載されていない追加費用を請求された・無料といっていたのに回収後で費用を求められたなどがあります。「無料で回収可能です」とアナウンスを流してトラックで巡回している無料回収業者を見かけますが、この「無料」という言葉に騙(だま)されてトラブルになるケースが多いのが現実です。無料の言葉で誘い出し、不用品を積み終えると回収費用を請求するのが悪徳業者の手口となります。無料で回収してもらえるからといって安易に依頼するのは危険です。

1-2.回収してもらったものが不法投棄されていた

廃品回収業者のトラブルで多いのはお金に関することだけではありません。回収した廃品の処分方法についても、業者とトラブルになるケースが増えています。特に、増えているのは、不用品を回収してもらった後に不法投棄されていたというケースです。空き地や林の中・道路脇などにそのまま不法投棄されているというトラブルになった例もあります。廃品を処分するにもお金がかかってしまうため、悪質な業者は回収費用だけもらい不法投棄をしているのです。不法投棄した本人は業者であったとしても、その不用品の所有者は依頼者になるので罰金を支払うのは依頼者となります。

1-3.必要なものまで強引に引き取られた

悪質な廃品回収業者の中には、依頼者が頼んでいないものまで強引に回収を行うところがあります。不用品回収の相談をして敷地内にスタッフが入ると、庭や家の中を物色しては高く売れそうなものを強引に回収しようとするなどです。お金に関するトラブルではありませんが、金目のものになると必要なものまで引き取ろうとする悪質な手口といっても過言ではありません。このような悪質な業者は、反論できない弱い高齢者や女性を標的にする傾向があるため、依頼していないのにもかかわらず、インターホンを鳴らす業者は家に入れないように断る勇気を持ちましょう。回収されたものは二度と手元には戻ってこないので要注意です。

1-4.理由を何かとつけて追加費用を請求された

何かと理由をつけて追加費用を請求するのも悪質な廃品回収業者の特徴です。ひどいところでは、見積書を書面で提示せずに口頭で伝える悪質な業者も存在しています。口頭だけでやり取りをしてしまうと、後で「いった・いわなかった」と押し問答になってしまうので注意しなければなりません。また、悪質な廃品回収業者の中には、「想定よりも廃品の数が多い」「時間と手間がかかったから」と適当な理由をつけて高額な追加費用を請求するところがあります。廃品回収業者の追加請求は、よくあるトラブルの1つです。

1-5.キャンセルをするとキャンセル料を求められた

トラックに不用品が積み込まれて最初の金額とは異なる高い請求をされたとします。通常、そこで怪しく感じキャンセルをするものですが、トラックから不用品を降ろすにはキャンセル料を支払わなければならないというトラブル事例です。このトラブルも結構頻繁に発生しており、悪質な業者ほどキャンセル料をしつこく要求してくる傾向があります。結局、依頼者側が折れてしまい、高額なキャンセル料を支払わざるを得なかったというトラブルが起きているので要注意です。

2.悪質な廃品回収業者を見破るには?

ここでは、悪質な廃品回収業者を見破る方法を紹介します。

2-1.産業廃棄物収集運搬や古物商の許可を取得しているか

悪質な廃品回収業者を見破る方法として、産業廃棄物収集運搬や古物商の許可を取得しているかが大きな要素となります。基本的に、所在地がある都道府県から取得しなければ、不用品の回収や買取を行うことはできません。不用品の回収・買取サービスを行っている場合、ホームページや事務所に許可証が掲載されているか必ずチェックしておきましょう。許可を取得していない廃品回収業者は悪徳業者の可能性が高いので要注意です。

2-2.見積書を書面で提示してくれるか

前述したように、悪質な廃品回収業者の多くは高額な費用を請求するところがほとんどです。特に、口頭だけで金額を伝える業者には注意したほうがいいでしょう。口頭では証拠を残すことがないため、依頼者に詳細を伝えていなかったとしても「伝えた」と一点張りです。そのため、悪質な廃品回収業者を見極めるポイントは、見積書を書面で提示してくれるか否かでしょう。口頭だけで説明したり、書面で提示してほしいと伝えても一向に出してくれなかったりする業者には注意してください。

2-3.スタッフの対応も要チェック!

悪質な廃品回収業者のスタッフは対応が悪く、返事も遅い傾向があります。しっかりしている優良業者ほどスタッフの対応が丁寧でとてもスピーディーです。どのような質問でも丁寧かつ分かりやすく説明してくれるスタッフがいる廃品回収業者に依頼すべきといえるでしょう。逆に、質問をしても答えてくれなかったり、はぐらかしたりする業者は悪質の可能性があります。特に、電話対応はスタッフの良しあしが分かりやすいポイントです。電話対応がいいか悪いかを事前に確認し、悪質な廃品回収業者を見極めてください。

2-4.口コミや評判もチェックする

ネット上で口コミや評判をチェックすることも悪質な廃品回収業者を見極める大切なポイントとなります。何らかのトラブルが起きたり、不正を働いたりする廃品回収業者には悪い評判がつくものです。中には、悪い評判がつくたびに名前を変えている悪質な業者が存在しているので、どこに店舗を構えているのか・固定電話の番号がホームページ等に記載されているかチェックしましょう。1つのポイントだけでなく、複数のポイントをチェックすることで悪質な廃品回収業者を見極めることができます。

3.回収業者とのトラブルを避けるポイント

ここでは、回収業者とのトラブルを避けるポイントについて説明します。

3-1.サービス内容と見積書をきちんと確認する

回収業者とのトラブルを未然に防ぐためには、サービス内容と見積書をしっかりと確認することが大切です。どのような方法で不用品を回収してもらえるのか・どのような作業にいくらかかるのかなど、具体的なことをきちんと確認しましょう。1番よくないのは、不明確なまま依頼することです。その結果、トラブルになってしまい「あのときにしっかりと聞いておけばよかった」と後悔することになってしまいます。見積書の内容を確認する際も、きちんと詳しく記載されているかチェックしましょう。念には念を入れて、追加費用が発生するケースもチェックしておきたいポイントです。

3-2.複数の業者に無料見積もりを依頼する

悪質な廃品回収業者の中には、通常の回収費用よりも高額な値段で回収を行っているところがあります。初めて利用する人にとっては、最初に提示された料金が通常だと思ってしまうでしょう。そして、後になってもっと安く処分できたことを知り、後悔してしまうというわけです。後悔しないためにも、複数の業者に無料見積もりを依頼してください。最初から1社だけにしぼって依頼してしまうと、悪質な廃品回収業者とトラブルになるリスクが高まります。複数の業者に無料見積もりを依頼すれば、だいたいの回収費用が分かるでしょう。

3-3.キャンセル料がかからないかチェックする

前述したように、廃品回収業者とのトラブルには、キャンセル料がかかってしまったというトラブルが起きています。そのようなトラブルを避けるためにも、事前にキャンセル料がかからないか確認しておかなければなりません。見積書の内容だけに注目してしまい、イレギュラーなことが起きたときの確認が不十分になりがちです。依頼する側ですと、どうしても恐縮してしまい遠慮がちになりがちですが、気になったことはどんどん業者に依頼すべきでしょう。

3-4.買取サービスを行っている回収業者に依頼する

回収だけでなく、買取といったさまざまなサービスを展開している回収業者に依頼するのも、廃品回収業者とのトラブルを避けるポイントです。さまざまなサービスを行っている業者は、どのような状況でも迅速に対応できる傾向があります。その中でも、不用品回収や買取の実績があったり、ホームページ等にサービス内容が細かく記載されていたりする回収業者ほどトラブルのリスクが低くなるのです。事前に、回収業者のホームページをチェックしておきましょう。なお、埼玉と東京を中心に不用品回収を行っているリサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターでは買取サービスも行っています。無料相談も受け付けているのでぜひチェックしてください。

4.廃品回収業者とのトラブルに関してよくある質問

廃品回収業者とのトラブルに関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.廃品回収業者への依頼時の流れは?

A.廃品回収業者への依頼時の流れは以下のとおりです。

  1. 電話またはホームページのフォームから無料見積もりを依頼する
  2. 不用品の量が多い場合、スタッフが家にやってきて無料見積もりを行う
  3. 査定・見積額に納得したら正式に依頼する
  4. 作業日時を決め
  5. 当日に作業を行い、料金を支払う(買取の場合は受け取る)

廃品回収業者によって具体的な流れが異なるため、事前にチェックしておきましょう。

Q.廃品回収業者に依頼する際、いくらぐらいかかるのか?

A.あくまで目安となりますが、不用品1点あたり約3,000~6,000円となります。1点ずつ回収を依頼するよりもまとめて依頼したほうがお得になるケースもあるでしょう。また、廃品回収業者の中にはパックプランを用意しているところもあります。大量の不用品を処分する際は、パックプランを利用してください。

Q.廃品回収業者とトラブルになったときの対処法は?

A.なるべく早めに、国民生活センターや消費者センターに連絡してください。訪問販売で強引に回収されてしまった場合など、一定期間内であればクーリング・オフ制度が利用できる可能性があります。クーリング・オフ制度とは、契約後の一定期間内であれば無条件で契約が解除できる制度です。早めに連絡したほうが解決策の幅も広がるでしょう。

Q.無料回収業者に依頼するのは危険か?

A.無料回収業者はトラブルになりやすい可能性があるため、安易に依頼しないほうがいいでしょう。無料といっていたのに回収後に費用を請求されたり、追加費用を求められたりしてしまうというトラブルも起きています。「無料」は確かに魅力的ではありますが、適切な費用で回収してもらったほうが安心です。

Q.廃品回収の費用を抑えるコツは?

A.廃品回収の費用を抑えたい方は、買取サービスを利用するのがおすすめです。不用品の回収だけでなく買取を行っているところもあるので、なるべく両方のサービスが利用できる業者に依頼しましょう。不用品の中に買い取ってもらえるものがあれば、処分費用の節約につながります。

まとめ

廃品回収業者から見積書にはない費用を請求された・回収されたものが不法投棄されていたなどのトラブルが多発しています。不正を働く悪徳業者が存在しているため、見極める目を持つことが大切です。悪質な廃品回収業者は、必要な許可を取得していなかったり、スタッフの対応が悪かったりする特徴があります。さまざまなポイントを押さえた上で、複数の業者を比較するといいでしょう。廃品回収業者の中には、不用品の買取を行っているところもあるのでぜひチェックしてください。


リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンター

不用品のお悩み全てお任せください!高価買取&格安回収!