切手の処分方法は? お得に処分する方法や買取のポイントを紹介


ゴミと思える切手でも、珍しくレア度が高いものは高額で買い取ってもらえる可能性があります。集めていた切手を処分しようと考えている方は、切手の買取を行っている業者に1度査定を依頼してみるといいでしょう。買い取ってもらえなかったとしても、いくつか処分できる方法があります。

本記事では、切手をお得に処分する方法や買取のポイントを解説しましょう。

  1. 不要な切手を処分する方法は?
  2. 切手を処分する際に注意するポイント
  3. 意外な価値のある切手とは?
  4. 切手を買取に出す方法とポイント
  5. 切手の処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、切手を処分するポイントなどが分かります。気になっている方はぜひチェックしてください。

1.不要な切手を処分する方法は?

まずは、不要な切手を処分する方法を解説します。

1-1.郵便局の商品・サービスと交換する

要らなくなった切手やはがきなどを郵便局に持って行くと、商品・サービスと交換できます。現金での返金は行っていませんが、ほかの切手や郵便はがき・郵便書簡・レターパック・スマートパックなどと交換可能です。大量の切手を処分するのは大変かもしれませんが、ほかの商品やサービスに交換できるなら一石二鳥といえるでしょう。ただし、交換するには手数料がかかるので注意してください。たとえば、郵便切手や通常はがきは1枚につき5円、レターパックなどの特定封筒は1枚につき41円などです。詳細に関しては、近くの郵便局に尋ねるといいでしょう。

1-2.チケットショップや金券ショップで売る

切手はチケットショップや金券ショップで売ることもできます。手元にある切手を手っ取り早く換金したい場合は、近くの金券ショップ・チケットショップに持ち込むといいでしょう。ただし、すべての切手が買取対象になるわけではありません。店舗によって買取基準や切手の種類によって買取金額が大きく異なります。できるだけ、高く売りたい方は、複数の店舗に査定を依頼し比較するといいでしょう。

1-3.使用済みの切手は寄付できる

まだ使っていない切手を捨てるのはもったいないと思っている方は、慈善団体に寄付することができます。慈善団体の中には、切手を集めているところもあるので寄付を受けつけてくれるでしょう。使用済みの切手でも、集めている団体はたくさんあります。専門にコレクションしている収集家にとっては価値が高く、慈善団体から買い取っている方も多いのです。切手の種類を問わず、寄付を受けつけているので慈善団体に引き取ってもらう方法もあります。

2.切手を処分する際に注意するポイント

それでは、切手を処分する際に注意するポイントを紹介します。

2-1.高く売れるのに捨てるのはもったいない

前述したように、古い切手の中にはプレミアの価値がつく種類があります。高く売れる可能性があるのにゴミとして処分するのはとてももったいないことです。だからこそ、不要な切手を1度整理してください。どんな切手を持っているのか、いくらで売れるのか確認が必要です。持っている切手がいくらで売れるのか確かめたいときは、インターネットで業者の買取実績をチェックするといいでしょう。どんな切手がどのくらいで買い取ってもらえるのか調べることができます。

2-2.手数料や使用料がかかる場合も

前述したように、切手を郵便局で別の商品やサービスに交換する場合、手数料がかかるので注意が必要です。また、ネットオークションを利用して切手を売る場合、使用料がかかる可能性もあります。オークションという性質上、売りに出した切手が必ずしも売れる保証はありません。買い手が見つかったとしても、手間の割に費用がかさんでしまうこともあります。また、金券ショップで売る場合も振込手数料がかかる可能性もあるので要注意です。

2-3.使用済みの切手も査定対象に

消印がついた使用済みの切手は買取対象にならないと思われがちですが、記念切手などプレミア価値がつくものは査定対象になります。使用済みだからと処分するのはとてももったいないことです。ただし、記念切手などは消印がイベントの日付になっていることが重要なので注意してください。日付がイベントの開催日になっていると、未使用よりも価値がつくことがあります。使用済みであっても売れる可能性があるので、未使用切手と一緒に査定してもらうといいでしょう。

3.意外な価値のある切手とは?

意外な価値のある切手とは、一体どのようなものなのでしょうか。

3-1.プレミア切手は価値が高い

価値が額面以上になる切手のことをプレミア切手といいます。プレミア切手は非常に価値が高く、コレクションしているコレクターも多いので高価買取が期待できるでしょう。たとえば、発行枚数が少なく希少価値があるものや、図柄などが評価されている切手などです。特に、1950年ごろに発行された見返り美人などでしょう。特に、日本文化に関心が高い海外コレクターの需要が高まっています。たった1枚で3,000円の価値がつく可能性もあるので、郵便局でほかの消費やサービスに交換せず買取専門店等で売ったほうがお得です。

3-2.歴史的価値がある切手

日本で最初に発行された郵便切手など、歴史的価値がある切手は高く売れる可能性があります。前述した見返り美人はもちろん、月に雁や市川蝦蔵などの切手は非常に高い値打ちがつくでしょう。また、1872年に発行された竜銭切手や、銭の単位に変更した切手なので歴史的価値がつきます。さらに、日本国内だけでなく世界各地で発行された切手も歴史的価値があるものです。海外の切手はデザインがおしゃれなので高く売れる傾向があります。

3-3.普通切手・記念切手・中国切手も

コレクターとしては、普通切手・記念切手・中国切手もプレミア価値が高く、高値で取り引きされる種類となっています。たとえば、当時の国際郵便用として作られた普通切手の鳥切手は1875年に発行された歴史的価値があるもので、約30,000~50,000円で取り引きされるでしょう。また、関東大震災で国の主要な印刷工場が被災し切手の発行が困難になったことから急遽(きゅうきょ)発行された震災切手や、明治天皇銀婚記念切手も高い価値がつきます。最近発行された切手でも、希少価値が高い記念切手、中国切手も価値がある切手の1種です。

4.切手を買取に出す方法とポイント

ここでは、切手を買取に出す方法とポイントを解説します。

4-1.切手を中心に買い取っている買取業者に依頼する

プレミア価値が高い切手は、切手を中心に買い取っている買取業者に依頼するといいでしょう。切手の価値が分かっている業者ほど、適切な価格で買い取ってもらえる可能性があります。逆に、リサイクルショップで査定を依頼すると、安い買値で買い取られる恐れがあるので要注意です。切手を中心に買い取っている業者なら安心して依頼できるでしょう。近くに買取業者がない場合は、出張買取や宅配買取を利用する方法もありますが、手数料がかかるか確認する必要があります。

4-2.不用品回収・買取業者に依頼する

大量の切手を処分する場合は、不用品回収・買取業者を利用するのも方法の1つです。たとえ、買い取ってもらえなかったとしても、処分してもらうことができます。買取不可になったからとほかの業者に依頼する必要もありません。また、切手以外に処分したいものがあれば、まとめて依頼できるのもメリットの1つです。出張買取リサイクルショップでは、不用品買取と回収を行っているのでぜひご相談ください。

4-3.複数の買取業者を比較するのも大事なポイント

できるだけ高く買い取ってもらうために、複数の買取業者を比較するのも大切なポイントです。最低でも3~4社の買取業者に査定を依頼し、買取額を比較しましょう。比較することで、最も高値がついた業者で切手を買い取ってもらうことができます。また、査定額を併せてサービス内容やスタッフの対応もチェックしてください。業者の中には、安く買い取り高く売りつけるところがあります。悪徳業者に引っかからないためにも、複数の業者を比較することが大切です。

4-4.まとめて売ったほうが高く売れる

切手はまとめて売ったほうが買取額が高くなる可能性があります。1枚ずつ売るよりもまとめて売ったほうが、査定の手間が省けるからです。また、整理されていない切手が大量にある場合は、種類や額面ごとに仕分けるといいでしょう。ごちゃ混ぜにして査定を依頼するよりも、種類別に仕分けて売ったほうが高価買取が期待できます。できるだけ保存状態をよくするため、日光に晒(さら)されないようにクリアファイルやクリアシートに入れて保存しておきましょう。査定に出すため、持ち運ぶ際に傷んでしまう恐れがあるため、保存状態に気を配ることも大切です。

5.切手の処分に関してよくある質問

切手の処分に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.切手の状態も左右されるのか?

A.切手の査定ポイントとして、状態も左右されることになります。発行年の古いものはコレクターの中でも人気がありますが、保管状態がよくなければ価値がつかなくなる可能性もあるので注意が必要です。たとえば、折れていたり、色があせていたり、破れたりしている切手は、人気がある切手でも買取不可になるか買取額が下がる恐れがあります。だからこそ、保存状態をよくしておかなければなりません。

Q.査定を依頼する前に準備すべきことは?

A.切手の名称・顔面と枚数・写真撮影・状態をチェックすることです。事前にチェックすることで、査定がスムーズに進められるようになるでしょう。また、買取業社等のホームページからメールによる事前査定を利用すれば、査定の手間も少なく済みます。査定がスムーズに進むほど買取額のアップにつながるので事前に準備してください。また、買取を利用する際は、身分証明書が必要となります。忘れないように事前に用意しておきましょう。

Q.いくらぐらいで切手が売れるのか?

A.切手の状態や種類・発行年数などによって買取額はバラバラです。100円で買い取ってもらえる種類もあれば、23,000円もの価値がつく種類もあります。たとえば、竜銭切手は数十万の価値がつく可能性があるでしょう。発行年数が古く、状態がいいものほど数万円という高い額がつく可能性があります。遺品の中に切手がある場合は、処分するのではなく1度買取業者に査定を依頼してください。

Q.ネットオークションに出品するメリット・デメリットは?

A.全国から買い手を見つけられるのがネットオークションを利用する大きなメリットです。買取業者に買い取ってもらえなかったとしても、ネットオークションに出品すれば買値がつく可能性があります。ただし、切手の種類や状態によっては買い手が見つからないケースもあるので注意してください。また、買い手が見つかったとしても手続きに費用がかかったり、相手に送るための手間や時間がかかったりするのがデメリットの1つです。ネットオークションを利用する際は、デメリットを踏まえた上で利用してください。

Q.シートごとのほうが高く売れるのは本当か?

A.一般的に、バラの切手よりもシートの切手のほうが高く売れる可能性があります。シートごとの切手があれば、バラバラにせずシートのまま査定に出してください。思わぬ買値がつく可能性があるでしょう。ただし、シート状態の切手でも、切手収集ブーム時に集めた切手は買取価格が安くなる恐れがあります。大量に発行され流通量が多いので、価値が高いものが少ないからです。切手を査定に出す際は、いつ発行されたのか発行年もチェックすることをおすすめします。買取業者のホームページをチェックすれば、大まかな買取額が分かるでしょう。

まとめ

一般的に、切手は紙でできているので自治体回収の燃えるゴミとして処分できます。しかし、切手の中には価値があるもの・レアもので中古需要があるものもあり、それらを捨てるのはとてももったいないことです。価値がある切手は処分ではなく、買取業者やリサイクルショップ等に買い取ってもらいましょう。ゴミに見えるかもしれませんが、コレクターにとっては宝物になるものもあります。買い取ってもらうことができれば、費用をかけずに処分できるので一石二鳥といえるでしょう。