遺品整理業者は見積もりで選ぼう! 注意点やチェックポイントを解説


遺品整理業者の需要が高まるにつれて、トラブルも増加しています。「遺品整理を業者に依頼したいけれどトラブルが心配」という人も多いことでしょう。トラブルを未然に防ぐためには、見積もりを作成してもらうことが大切です。しかし、「見積もりを作成してもらったけれど、どこを見れば業者の質を見抜けるのか分からない」と悩む人もいるでしょう。

そこで今回は、遺品整理業が作成した見積もりを確認する際のチェックポイントや注意点を紹介します。

  1. 遺品整理業者に見積もりを依頼する際の注意点
  2. 見積もりを確認する際の注意点
  3. 遺品整理にかかる費用の目安
  4. 業者を選ぶポイント
  5. 遺品整理に関するよくある質問

この記事を読めば、効率のよい業者の選び方も分かるでしょう。遺品整理業者の利用を考えている人は、ぜひ読んでみてください。

1.遺品整理業者に見積もりを依頼する際の注意点

最初に、遺品整理業者に見積もりを依頼する際、どんなところに注意すればいいのかを解説します。

1-1.複数の業者に見積もりを取る

1社から見積もりを取っても、比較対象がありません。必ず複数の業者から見積もりを取りましょう。見積もりを一括請求できるサイトなどを利用すれば、3社以上から簡単に見積もりを取ることができます。「見積もり無料」という業者も多いので、どんどん利用してください。

1-2.金額の内訳が書いていない業者は信用できない

見積もりに正確な書式はありません。業者ごとに異なります。ただし、合計金額の内訳が書いていない見積もりを作成してくる業者は、信用できません。担当者に内訳の内容を質問し、答えられないならば依頼はやめましょう。見積もり自体を作成しなれていない可能性もあります。

1-3.説明を面倒くさがる業者は信用できない

見積もりは作ってくれたが、内容の説明はほとんどしてもらえないという業者も信用できません。優良な業者ならば、内訳の説明もしっかりとしてくれるはずです。

2.見積もりを確認する際の注意点

では、見積もりを確認する際はどこに注目すればいいのでしょうか? この項ではその一例を紹介します。

2-1.合計金額の比較

遺品整理はまだ新しいビジネスなので相場がはっきりと決まっていません。しかし、見積もりを比べて他社より格段に安い場合や高い場合は、その理由をきちんと尋ねましょう。曖昧(あいまい)な答えしか返ってこなかった場合は、依頼しないほうがいいでしょう。

2-2.会社名や責任者の印が押されているかどうか

見積もりの書類に会社名が印刷され、責任者の印が押されている書類は信頼ができます。会社名もなく責任者印もない見積もりの場合、最悪「この見積もりは担当が勝手に作った」という言い逃れをされてしまう可能性もあるでしょう。会社として正式に作った見積もりであるとまずは確認してください。

2-3.追加料金が発生する条件を確認する

遺品整理の金額は、部屋の広さと遺品の量と内容で決まります。遺品が多いほど費用は高額になっていくでしょう。また、灯油やカセットコンロのガスボンベ、薬品など処分に時間と手間がかかるものや専門の業者に改めて処分を依頼しなければならないものがあった場合、費用が高額になります。見積もりを作成する際、業者は遺品をすべて確認するわけではありません。また、遺族も遺品の内容をすべて知っているわけではないでしょう。ですから、「このようなものが出てきた場合は追加料金がかかります」と見積もりに但し書きを記してある業者もあります。このような理由ならば納得できますが、理由もなく「追加料金が発生する場合があります」と記してあるときは、その理由を聞きましょう。答えられないような業者は依頼しないほうがいいですね。

3.遺品整理にかかる費用の目安

では、遺品整理にはどのくらいの費用がかかるのでしょうか? この項ではその一例を紹介します。

3-1.家が広いほど費用は上がる

家の広さと持ちものの量は比例します。家が広いほど遺品は多くなりがちです。ですから、大抵の業者は部屋の広さで料金の目安を定めています。1Rの場合は5万円代、1Kの場合は5~8万円というのが一応の相場です。2K以上の家は10万円以上かかるでしょう。庭のありなし、物置のあるなしでも費用は変わってきます。

3-2.遺品が多いほど費用は上がる

1Rでもゴミ屋敷状態で、足の踏み場もないほどゴミがある場合は遺品整理の費用が高額になりがちです。逆に、家は大きいけれどそれほど遺品がないという場合は相場より安く遺品整理が行えるでしょう。

3-3.処分に費用と手間がかかるものがある場合は費用が上がる

前述したように、処分に費用と手間がかかるものが遺品として残された場合は費用が上がります。灯油やガスボンベはもちろんのこと、危険物や農薬、農機具、ピアノなどの大型楽器などがある場合は費用が高額になると考えておきましょう。

4.業者を選ぶポイント

遺品整理業者を選ぶ際は、以下のような見積もりを作成してもらったうえで、以下のようなポイントをチェックしましょう。

  • 実績の多さ
  • 実際に利用した人の口コミ
  • 顧客に対する態度
  • 遺品の買取も行ってくれるかどうか

まだ新しい電化製品などがある場合、遺品の買取も行ってくれる業者のほうが便利です。見積もりに対する質問の答え方で、顧客に対する態度はある程度分かるでしょう。

5.遺品整理に関するよくある質問

この項では、遺品整理に関する質問を紹介します。

Q.孤独死した人が住んでいた部屋の遺品整理も依頼できるでしょうか?

A.可能ですが、特殊清掃を請け負っている業者がきちんと清掃した部屋に限ります。

Q.遺品を売却することは可能ですか?

A.はい。購入して5年以内の家電やキレイな家具、書籍、ホビー用品などは売却できる可能性があります。

Q.遺品整理業者が引き取れない遺品はあるでしょうか?

A.ペットや植物などは引き取れません。また、遺影・位牌(いはい)なども業者によっては引き取りが難しいこともあります。

Q.見積もりを取り、依頼をしないと料金が発生することもあるでしょうか?

A.見積もり無料と書いている場合、そのようなことはありません。

Q.遺品整理業者の目星をつけるには何を利用するのが一番いいでしょうか?

A.やはりインターネットがおすすめです。サイトを見ればおおよその活動内容や料金の目安が分かります。

まとめ

今回は、遺品整理の見積もりをチェックする際のポイントなどを解説しました。遺品整理業者の選び方を失敗すると余計な手間が増えます。遺品整理を早くしなければと焦るかもしれませんが、業者に依頼する場合はしっかりと時間をかけて選びましょう。