家電を廃棄する方法は? 簡単&お得に処分するポイントを教えます!


「そろそろ家電を買い替えたいけど、不要になった家電はどんな方法で廃棄できるのだろう」「なるべく簡単で安く家電を処分するコツを知りたい」とお考えでしょうか? 家電にはさまざまな種類があり、大きさも重さもそれぞれに異なるので、どんな方法で処分すればよいのか悩みますよね。それに、できるなら簡単で安く済む方法で廃棄したいことでしょう。

そこで今回は、家電の廃棄について詳しく解説します。

  1. 家電は何ゴミに分類される?
  2. 家電リサイクル法対象品目を自治体で処分できない理由
  3. 家電を廃棄する方法
  4. 買取対象となる家電の条件は?
  5. 家電を買取に出す方法
  6. 家電の廃棄に関するよくある質問

この記事を読むことで、家電を廃棄するときのポイントや注意点がよく分かります。不要になった家電を廃棄したい人は、記事を読んでみてください。

1.家電は何ゴミに分類される?

最初に、家電が自治体回収で何ゴミに分類されるのか見ていきましょう。

1-1.不燃ゴミ

比較的小型の家電は、不燃ゴミとして扱う自治体が多く見られます。ただし、規定のサイズを超えるものは粗大ゴミとなるケースもあるので注意してください。

  • アイロン
  • シェーバー
  • ドライヤー
  • 炊飯器
  • 電気ポット
  • ハンディータイプの掃除機

1-2.粗大ゴミ

自治体では、一定以上の大きさの家電を粗大ゴミとして回収してもらえます。たとえば、以下のような家電は粗大ゴミに分類されることが多いでしょう。

  • 電子レンジ
  • 掃除機
  • コタツ本体
  • ストーブ・ヒーター
  • 空気清浄機

1-3.そのほかのゴミ

自治体によっては、家電の種類によって金属ゴミなどで回収していることもあります。詳しくは、自治体のホームページなどで確認してください。また、家電によっては小型家電として処分することも可能です。小型家電として処分する方法については、この記事の「3-3.自治体に小型家電として出す」を参考にしてください。

2.家電リサイクル法対象品目を自治体で処分できない理由

家電リサイクル法の対象品目を処分できない理由を詳しく見ていきましょう。

2-1.家電リサイクル法とは?

家電リサイクル法は、指定家電に含まれる資源を有効活用することや、ゴミの総量を削減することなどを目的に作られた法律です。家電リサイクル法では、メーカーが責任を持って回収し、再資源化する義務を負います。したがって、自治体回収にゴミとして出すことはできません。なお、家電リサイクル法に基づいて処分する場合は、消費者が家電リサイクル料金を負担する必要があります。

2-2.家電リサイクル法の対象品目は?

家電リサイクルの法の対象品目は、以下の4つです。

  • 冷蔵庫・冷凍庫
  • エアコン
  • 洗濯機・乾燥機
  • テレビ

より詳しい内容は、一般財団法人家電製品協会 家電リサイクル券センターの対象廃棄物(家電4品目)一覧ページを参考にしてください。

2-3.業務用家電は産業廃棄物として処分する

業務用家電も家電リサイクル法の対象から外れますが、自治体でゴミとして回収してもらうこともできません。業務用家電は産業廃棄物扱いになるので、産業廃棄物収集運搬許可を取得済みの業者に依頼して処分してください。無許可の業者に処分を依頼すると産業廃棄物法違反になり、罰金刑を科されたり社会的な信用を失ったりするので注意しましょう。なお、当リサイクルショップ埼玉買取コールセンターでも、産業廃棄物の処分をお受けしていますので、お気軽にお申し付けください。

3.家電を廃棄する方法

家電を廃棄する主な方法を詳しく解説します。

3-1.家電リサイクル法に基づいて処分する

家電リサイクル法に沿って家電を処分する場合、料金販売店回収方式と料金郵便局振込方式の2種類から選ぶことができます。

料金販売店回収方式

家電販売店の店頭で対象家電の回収を申し込むのが、料金販売店回収方式です。料金販売店回収方式で家電を回収してもらう流れは、以下を参考にしてください。

  1. 家電販売店の店頭で家電リサイクル料金と運搬費用を支払う
  2. 家電リサイクル券の控えを受け取る
  3. 指定日時に配送業者が家電を回収する
  4. 配送業者が回収した家電をメーカーの再生工場に運んで完了

料金郵便局振込方式

郵便局で家電リサイクル料金を支払った後、自分で自治体の指定引取場所に家電を持ち込むのが、料金郵便局振込方式です。詳しい流れは、以下をご覧ください。

  1. 郵便局に出向き家電リサイクル料金を支払う
  2. 家電リサイクル券の控えを受け取る
  3. 自治体の指定引取場所に家電リサイクル券の控えを添えて家電を持ち込む

なお、指定引取場所に持ち込む前に事前予約が必要な自治体もあります。詳しくは、自治体のホームページなどで確認してください。

3-2.自治体回収にゴミとして出す

家電を自治体回収にゴミとして出す場合は、以下を参考にしてください。以下は、一般的な集荷方法と流れになります。なお、不燃ゴミや金属ゴミなどは無料、粗大ゴミは有料になる自治体が多いでしょう。

不燃ゴミ・金属ゴミなど

  1. 自治体ごとに決められた集荷場所・曜日・時間に家電を出す
  2. 自治体が集荷して完了

粗大ゴミ

  1. 自治体の粗大ゴミ受付窓口に連絡し、受付番号・集荷日時・集荷場所・処分費用の指示を受ける
  2. コンビニなどで処分費用分の粗大ゴミ処理券を購入する
  3. 粗大ゴミ処理券に受付番号などの必要事項を記入して家電に貼り付ける
  4. 集荷当日になったら、集荷時間より前に家電を集荷場所に出しておく
  5. 自治体が家電を集荷して完了

いずれの種類のゴミで出す場合も、自治体ごとに回収ルールが異なるので、事前に確認してから出してください。

3-3.自治体に小型家電として出す

家電の種類によっては、自治体に小型家電として処分してもらうことができます。小型家電とは、スマホ・タブレット・電話機・ドライヤーなど、比較的小さなサイズの家電です。自治体によって対象品目が異なるので、ホームページなどで確認してみましょう。小型家電として処分する場合は、役所や商業施設などに設置してある小型家電専用回収ボックスに投入してください。処分費用は無料です。回収後の小型家電は、自治体によって再資源化され、有効活用してもらえます。

3-4.家電販売店の下取りや引き取りを利用する

家電を買い替える場合は、家電販売店の下取りや引き取りを利用するのもおすすめです。家電販売店では、新規購入者向けのサービスとして、不要になった家電の下取りや引き取りをしている場合があります。買い替えと同時に不要な家電を廃棄できるのがメリットです。ただし、下取りや引き取りだけで依頼できない、購入した家電と同じ種類かつ同数だけ利用できるなどの制限がある場合があります。

3-5.不用品回収業者に処分を依頼する

不要になった家電は、不用品回収業者に処分を依頼することも可能です。大量にある場合でも1回で回収してもらえる、都合のよい日時や場所で回収してもらえるなど多くのメリットがあります。また、家電リサイクル法の対象品目を回収してもらう場合でも、基本的には家電リサイクル料金がかかりません。ただし、1回に付き数千円~の回収費用がかかります。したがって、家電の種類や量によっては、回収費用が高く付くこともあるでしょう。

4.買取対象となる家電の条件は?

買取対象となる家電の条件を詳しく解説します。

4-1.正常に稼働する

買取対象となる家電は、正常に稼働することが大前提です。業者では、家電を買取した後で、簡単なクリーニングや調整をしてから中古品として再販します。不具合や故障があるものでは、中古品として需要がありません。訳あり品として価格を安くしても、多くが売れ残って不良在庫になってしまいます。したがって、正常に稼働することが条件になるのです。

4-2.人気メーカー品

人気メーカー品の家電も買取対象です。特に、以下のようなメーカーの家電は、中古市場で人気があります。

  • パナソニック
  • 東芝
  • 日立
  • 三菱電機
  • シャープ
  • ダイソン
  • デロンギ
  • タイガー
  • 象印

4-3.外観に目立つ汚れや傷・破損がない

家電の買取を依頼すると、外観に目立つ汚れや傷・破損がないかチェックされます。中古家電であっても、見た目がキレイなものが圧倒的に人気だからです。また、外観がキレイな家電はすぐに買い手が付きやすいので、高額査定が出やすいでしょう。なお、査定に出す前に、自分で掃除しておくだけで査定金額がアップしやすいので、忘れずに行ってください。

4-4.ひどい臭いがない

ひどい臭いがないことも、家電の買取条件となります。特に、電子レンジや炊飯器といった調理家電や冷蔵庫は、ひどい臭いがあるとほぼ買取してもらえません。食品汚れやカビが原因で臭う場合が多くあり、中には、ゴミ屋敷状態で放置されていたなどの理由で嫌な臭いが染み付いてしまうこともあります。

4-5.購入時の付属品がそろっている

購入時の付属品がそろっていることも、家電を買取してもらうときの条件になります。使用説明書などを参考にして、購入時にあった付属品をできるだけそろえておきましょう。購入時の外箱や緩衝材・保証書もあればベストです。中でも、保証書はメーカーの正規品であることや購入年月日を証明することができるため、何かと役立ちます。付属品の欠品があっても、減額査定により買取してもらえることが多いでしょう。ただし、主要付属品が欠品していて家電が正常に使えない場合は、買取不可になります。

5.家電を買取に出す方法

家電を買取に出す主な方法を詳しくご紹介します

5-1.中古家電買取専門業者に売る

中古家電買取専門業者では、不要になった家電の買取を行っています。家電の買取実績と専門知識が豊富にあり、幅広いメーカーと種類の家電を買取しているのが特徴です。冷蔵庫や洗濯機などの大型家電の回収にも慣れているので、安心できます。なお、買取専門なので、査定で買取不可になった場合は引き取り処分も依頼できません。また、専門知識が豊富なことから、細かなポイントまで厳しくチェックされることもあります。

5-2.リサイクルショップに売る

不要になった家電は、リサイクルショップに売ることもできます。買取を希望するときは、直接店頭に家電を持ち込むなどの方法により、査定を受けてください。買取可能で提示金額に納得できる場合は、そのまま家電を引き渡して代金を受け取りましょう。なお、リサイクルショップも買取専門なので、買取不可の場合は引き取り処分も依頼できません。また、査定金額が総じて安い傾向があるのもデメリットです。

5-3.不用品回収業者に売る

不用品回収業者でも、家電の買取をしています。買取を希望するときは、査定を申し込んでみましょう。買取可能で提示金額に納得できる場合は、正式に依頼してください。なお、不用品回収業者では、万が一買取不可になった場合でも、そのまま引き取り処分を依頼できて便利です。また、都合のよい日時や場所を指定して回収してもらえる、家電以外の不用品の買取や処分も同時に依頼できるなどもメリットになります。なお、家電を引き取り処分してもらう場合は、1回数千円程度~の費用がかかることがあるので確認してください。

5-4.ネットオークションやフリマアプリに出品する

ネットオークションやフリマアプリに出品して、家電を売ることもできます。普段から利用しており、手続きの流れに慣れている場合は、検討してみるとよいでしょう。自分が売りたい価格を設定できたり、業者で買取不可になった家電でも出品できたりするのがメリットです。タイミングによっては、思わぬ高額落札も期待できるでしょう。ただし、クレームや支払い遅延が発生したら自分で対応する必要があります。また、冷蔵庫や洗濯機などの大型家電はこん包や配送が大変など、デメリットが多いのも事実です。

6.家電の廃棄に関するよくある質問

最後に、家電の廃棄に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.家電を廃棄するときに掃除する必要はある?

A.廃棄する場合は必要ありません。ただし、集荷場所に運搬するときなどに、手や服を汚すことがあるので、外観だけでもサッと掃除しておくとよいでしょう。

Q.自治体回収で家電をゴミとして出した場合はリサイクルされる?

A.基本的には、リサイクルされずにゴミ処理場に運ばれ、埋め立てなどの方法で廃棄されます。したがって、家電に含まれる資源を有効活用することはできません。

Q.家電が高く売れる時期は?

A.以下のような時期です。

  • 6~7月・12月のボーナスシーズン
  • 3~4月の新入学・就職シーズン

ただし、売るタイミングを待っているうちに、家電の劣化が進んだり中古市場での需要が下がったりすることがあります。家電は、不要になった時点ですぐに売ることがおすすめです。

Q.パソコンも自治体にゴミとして回収してもらえる?

A.いいえ。パソコンは、パソコンリサイクル法の対象品目となるため、自治体にゴミとして回収してもらうことはできません。ただし、自治体によってはノートパソコンを小型家電として回収しているケースもあるので、調べてみるとよいでしょう。

Q.家電の廃棄を依頼する業者はどんなポイントで選ぶべきか?

A.以下を参考にしてください。

  • 家電の処分実績が豊富にある
  • 回収後の家電をなるべく廃棄せず再販もしくは再資源化している
  • 可能なものは買取も積極的に行っている
  • 見積もりは無料
  • リーズナブルで分かりやすい料金システム
  • 都合のよい場所と日時を指定して回収してもらえる
  • スタッフが親切で顧客からの評判もよい
  • 古物商許可など業務に必要な許可を取得済み

なお、当リサイクルショップ埼玉買取コールセンターでも、家電の廃棄や買取を数多くお受けし、ご好評をいただいています。まずは、お気軽にお問い合わせください。

まとめ

今回は、家電の廃棄について詳しく解説しました。家電を廃棄するには、自治体にゴミとして出すほかにも、家電リサイクル法に基づいて処分する、販売店の下取りや引き取りに出すなどさまざまな方法があります。また、まだ十分に使える家電なら、買取に出すことも考えてみるとよいでしょう。なお、不要になった家電の廃棄は、不用品回収業者に依頼すると何かと便利です。この記事を参考にして信頼できる不用品回収業者によく相談してみてください。